アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

ふるさと納税の対象は国に納める所得税ですか、それとも市区町村民税6%、それとも都道府県民税4%ですか

A 回答 (3件)

ふるさと納税自体は、どれでもないです。


その自治体への寄附金なのです。

その寄附金分を、ご自分の所得応じた
①所得税からも
②市町村民税からも
③都道府県民税からも
控除してくれて、
そのうえ、寄附金した自治体から
お礼の品をもらえるので、人気があるのです。

特に大きな控除があるのは、②③です。
②③は、まとめて個人住民税と呼ばれています。

①からは寄附金控除(各自所得の税率分)
②③からは、寄附金税額控除(10%)
ふるさと納税特有の
ふるさと納税特例控除(残り全部)があり、
ふるさと納税した金額から2000円
引いた金額が、全部軽減されるのです。

そういう意味では、住民税からの軽減が
大きいと言えるかもしれません。

いかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/12/26 13:22

こんにちは。



 確定申告をした場合は、所得税と住民税(市区町村民税6%+都道府県民税4%)が混在しています。
 ワンストップ特例制度を利用した場合は、住民税(市区町村民税6%+都道府県民税4%)が対象です。
 なお、ふるさと納税による減収については、地方交付税により、減収額の75%が国から補てんされる仕組みがあります。

(参考)
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/102500/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/12/26 08:14

ふるさと納税による減税は (1)(2)(3) の3段階があり、


(1)・・・所得税
(2)(3)・・・住民税 (市県民税)
です。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/12/26 08:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!