日本語を学習している留学生の日本語文法教科書を見て色々と気づく事があります。
形容動詞(静か、きれい)とか概念は日本語初学者の留学生に対して
na-verb
として形容詞扱いされて教えられていたりします。
だから留学生が"静か"や"きれい"という単語の品詞についての質問を日本人学生に質問しても
日本人学生は国語の時間にna-verbなんて習っていないので応えようがないと思います。

逆に
日本での受験英語で習った英語文法用語でも英語を母国語とする人は全く知らない英語文法があればお教え下さい。

例えば、
the present perfect
とか、
relative pronoun
とかは欧米人も自国語の時間に習うものなのでしょうか?

その他、
英語圏の国に留学なさって英語を学習された方で
ネイティヴの方に全く通じなかった受験英語文法用語とかありましたらお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず日本語文法に関してですが、外国人が習う日本語文法と日本人が習う日本語文法はかなり違います。



というのは、外国人が習うときはあくまで、現在の日本語の構造を端的に理解し、今後のさらなる習得のために効率よく覚えるのが目的だからです。したがって、あなたがおっしゃるとおり、「な動詞」だとか「て形(てけい)」といった用語が出てきます。「て形」というのは「書く・読む・走る」といった動詞の変化形で「書いて、読んで、走って」といった形のことです。なぜ、こんな教え方をするかといいますと、この形は応用範囲が非常に広いからです。ぱっと思いつくだけでも、「書いてくれた、書いています、書いておくれ、書いてみた、書いてない」といったように続きます。ね? すごくこの変化形が便利だということが分かるでしょう?

しかし、母国語とするわたしたちには、あまりにも自明のことですから、こういうふうには教わらないのです。

日本人に対する日本語教育というのは、英語圏における「国語教育」と違って、「文法教育、文学教育」に昔から重点が置かれています。「どう書けば効果的か」とか「どう読めば効率的か」といった教育は、英語圏の「国語教育」とちがって、あまり初等中等教育(小中高)では重要視されていません。

わたしたちが教わる「日本語文法」は、ギリシャ語・ラテン語文法の記述を参考にしたり、日本の古典の文章を解析するために作られてきた側面が大きいため、今後の母国語の能力を高めるためというより、「ふだん自由に使っている母国語を分析する」のが第一の目標になっているのです。これが外国人に役に立つわけはありませんし、逆に「な動詞」や「て形」といった言葉遣いになじみがなくても、しょげ返る必要もありません。あなたが将来的に、外国人に日本語を教える立場になりたいのなら、こうした用語や教え方を勉強しなくてはいけませんが。かれらに「未然形、連用形、終止形」などとった教え方は無意味です。

また、present perfectやrelative pronounに関してですが、この程度の文法用語なら、ネイティブ・スピーカーならだれでも知っているといっていいでしょう。

しかし、わたしたちには厄介な「仮定法」などは、英語教師はsubjunctive moodという用語を使うケースが多いのですが、これはネイティブにはなじみのない人もいます。これを知っているのは言語学をやったことのある人が普通でしょう。普通は、「仮定法(ただのif節)」だったら conditional sentence, 「仮定法過去」だったら first conditional sentence、と言ったほうが通りがいいでしょう。ま、こんな例もあることはあります。とはいえ、あなたが上げた2例などは、自国語の時間に習う類いのものですし、その他にも日本人が習う文法用語を辞書で調べて使ったとしても、だいたいネイティヴ・スピーカーに通じるのが普通です。

最初に書いた「日本語文法」の例と同様、私たちが習う英文法とネイティヴが習う文法というのはちょっと違いますから、同列には論じられません。文法というのとはちょっと違いますけど、私たちは自動詞 lie と他動詞 lay を覚えるのに lie, lay, lain / lay, laid, laid と何回も口慣れして覚えますが、ネイティブは決してこんな覚え方はしません。ですから、かれらに「他動詞 lay の過去分詞はなんだっけ?」と聞いても、すぐに答えは返ってこないものです。文章の中での形を聞かないと、ぱっと答えられないようです。こんな事例が、「文法」に関しても共通しているように思います。

わたしが外国人に日本語を少し教えているとき、日本語文法でなるほどと思ったことを思いだしました。それは「日本語の受動態には、迷惑・災難をこうむる、といった意味が込められる場合がある」ということです。「塀を壊された」とか「女房に逃げられた」というような例が思い出されます。こうした用例は、日本人には当たり前の用法であっても、けっして学校では習いませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
参考にさせていただきたいと思います。 

お礼日時:2005/04/23 13:22

past participleです。



大学での授業の時でした。
アメリカ人男性の30歳ほどの英語教師M氏は、
過去分詞形と過去形を混乱して覚えている生徒に対して、黒板に書いて説明していました。
その時、ある動詞の過去分詞形を書いて、
「えーと、これは…(なんて言うんだっけ英語で)」
と悩んでいました。
私が
「past participle」
とお助け舟を出すと恥ずかしそうに
「そうそう」
と言いました。

雰囲気からして、知ってはいるが普段使わないのでパッとは決して出てこない、という印象でした。

一例ですが。

namin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
参考にさせていただきたいと思います。 

お礼日時:2005/04/23 13:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング