エアコンの取り付け費用ってなんでしょうか?消耗品費でよろしいですか?宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

エアコンの取り付け費は、エアコン本体と一緒にして考えます。



購入価格が1ケ当り10万円未満のものは、購入時の経費として処理できます。
通常は「消耗品費」で処理をします。

10万円を超えて20万円未満の場合は、固定資産として「一括償却資産」に計上して、3年間で均等償却が出来ます。
この場合、期中の購入でも月割り計算の必要がなく、残存価格も0円です。

仕訳は下記のとおりです。
購入時
一括償却資産  / 普通預金又は現金
決算時
減価償却費 /一括償却資産

20万円を超えるものは固定資産として「備品」に計上して、法定の耐用年数で減価償却をすることになります。

なお、資本金が1億円以下の法人や自営業で、青色申告をしている場合は、要件を満たせば、30万円以下の固定資産は、固定資産(備品)に計上しますが、一括償却が出来ます。
なお、この30万円未満の一括償却の特例は、15年4月1日から平成18年3月31日までの取得分となっています。
詳細は、下記のページをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/houz …

減価償却については、下記のページをご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2100.htm

又、本体が既に有って、その移設のための取り付け費であれば、修繕費などで処理をします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。本体と一緒にして考えるんですね。取得価格は10万円未満なので消耗品費ということで処理するようにします。決算処理の為、今までの仕訳などをチェックしているのですが、本当にこれでいいのかと思うと悩んでしまいます。

お礼日時:2005/04/26 13:22

 こんにちは。

値段によります。

 先ず取得金額が10万円未満の備品、工具類などは「消耗品費」として、一括に経費で落とすことが出来ます。

 10万円以上は「備品」となります。
 例えば、エアコン2台180000円、取付工事30000円としますと、エアコンは取付工事一式といった感じで2台で210000円、同じ物を買ったとしたら、1台当り、105000円になりますね。経費の条件である10万円以下には当てはまりませんので、これは減価償却資産という事になります。この場合は、「備品」という科目で落とし、減価償却の時点で「事業主貸」と「経費」に分けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。取得価格が10万円未満なので消耗品費でいいというこですよね。

お礼日時:2005/04/26 13:15

会社で?の話しですよね。


エアコンを購入しての取り付け費用が発生したならば、エアコン(本体)に加えて『備品』の扱いにすれば良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。法人になります。

お礼日時:2005/04/26 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全国設置対応のネット通販店でエアコンを購入して 家に設置してもらうのでも大丈夫でしょうか?

エアコンを購入して家に設置工事をして貰うのは、近所の大型総合家電品店で購入して 家に設置した貰う方が良いでしょうか?
それとも 価格.com の全国設置対応のネット通販店でエアコンを購入して 家に設置してもらうのでも大丈夫でしょうか?
どちらが良いでしょうか?
ただ、 価格.com には、希望する安いエアコンが有るのは良いのですが。

Aベストアンサー

ネットの通信販売の店舗も一部店舗は設置工事を行ってもらえます。
ただし、事前に見積もりなりをもらっている方がよいでしょう。店が全国可能となっているなら問題はありませんが、記載がない場合は、一部地域限定だったりしますから、工事が出来るかは事前に確認している方がよいです。

量販店は、下請けに工事に回すので、下請けにより善し悪しがあります。
ネットもどこかの業者に依頼をしているので、やはり業者により左右される部分はあります。

エアコンってすでにとリア付けてある物を取り外す場合が多いです。
ネットだと、取り付け工事以外に、取り外しなりも金がとられる可能性もありますし、エアコンのリサイクル費用なり回収費用が別と発生する場合があります。
店頭だと、取り付け工事とか、取り外しての回収なりを含めて料金を出してくれる場合もありますので、結果的に価格的な差がない場合もありますし、逆に店頭の方が安価になる場合もありますので。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Qエアコンの取り付け料金、業者について教えてください。

エアコンの取り付け料金、業者について教えてください。
エアコンを省エネタイプに買い換えようと検討しています。
価格.comとかで安く購入して、取り付けて貰おうと思ってます。
ただ、エアコンのセット内容に、エアコン本体と室外機が有ると思うのですが、
配管などは工事料金に含まれているんでしょうか?
それとも別途料金で支払うのでしょうか?

よろしくオネガイシマス。

Aベストアンサー

NO1さん本当ですか??配管15m込で本体売っているんですか??

ネットで買って取付。工事業者もネットで募っている場合が多いですね。アフターの対応が遅いです。
標準工事の定義はまちまちですが、2.2k配管4mまで(曲がりなしのベランダ置きなら2m~2.5mで済みます)込みで¥10000~¥15000位が相場でしょうかね。
私なら迷わず量販店で買って工事もお願いしますよ。
エアコンは付けてから1年以上経ってからの不具合が多いですから、ネットでの1年保証なんて役に立ちません。
その点量販店なら「去年付けたばっかりだ!」って言えばすぐに飛んできますから安心です。

Q消耗品 消耗品費 簿記仕訳

決算整理前の合計試算表には
消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

とあります。どのような仕訳でこうなるのか教えてください。
ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です
お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入しています。金額は60-13=47です。
消耗品費  47  /現金など  47

これで期中における消耗品費勘定の合計額が60になります。

ここまでが期中、すなわち決算整理前合計試算表に計上されている金額です。


ここから、

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

を用いて、決算整理仕訳、つまり

消耗品 xx  / 消耗品費 xx

と言う仕訳を作成します。今分かっているのはこの決算整理仕訳を行なった後の消耗品勘定及び消耗品費勘定の残額です。それが損益勘定と繰越資産勘定に計上されています。つまり、

消耗品 10  / 消耗品費 10

が求める決算整理仕訳です。


ところで、

>ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です//

答えさせる試算表は決算整理後残高試算表ではないですか?決算整理前合計試算表だったら、既に

>消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60//

と出ているはずですから。私の指摘通り決算整理後残高試算表でしたら、問題として理屈が分かります。
そして、その問題を解答するヒントとして、損益勘定と繰越試算表は決算整理後残高試算表の金額を基に作成されるという事を付け加えておきます。

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入して...続きを読む

Qエアコンの電気代と値段について質問です

うちの親が近所の小さい電気屋(安売り店ではない)でエアコンを購入しました
http://prodb.matsushita.co.jp/product/info.do?pg=04&hb=CS-G28K4S
うちには三相200V(いわゆる動力)をひいているので動力用エアコンのほうが電気代は割安ということで店の側に薦められたようです。工事費などすべてあわせて26万(エアコン本体20万、工事費6万)かかるようです。エアコンはすでに設置しており、今はは数日後にお金を払う段階にあります。
価格.COMなどで他の、しかも最新エアコンの値段を調べたところ、エアコンの相場はだいたい8万から高くても15万くらいであると後で知りました。
http://www.kakaku.com/sku/price/215050.htm
動力エアコンは業務用とはいえこんなに値段がはるものなのでしょうか?。しかも価格.COMにのっていないほど古い(6年前くらい?)の機種なのに。性能的に動力とはいえ電気代の効率も悪そう。あと三相200Vと普通のやつではどのくらい電気代が違うのでしょうか?

うちの親が近所の小さい電気屋(安売り店ではない)でエアコンを購入しました
http://prodb.matsushita.co.jp/product/info.do?pg=04&hb=CS-G28K4S
うちには三相200V(いわゆる動力)をひいているので動力用エアコンのほうが電気代は割安ということで店の側に薦められたようです。工事費などすべてあわせて26万(エアコン本体20万、工事費6万)かかるようです。エアコンはすでに設置しており、今はは数日後にお金を払う段階にあります。
価格.COMなどで他の、しかも最新エアコンの値段を調べたところ、エ...続きを読む

Aベストアンサー

>電気代は割安ということで店の側に薦められた…
>三相200Vと普通のやつではどのくらい電気代が違う…

goo/OK-Webでは、法令類や諸規則に触れる行為の書き込みは禁じられていますので、正しい電気料金の支払い方法を書きます。

一般に、電気料金は「基本料金」と「従量料金」の2本立てになっています。それぞれの単価は電力会社によって違いますが、ここでは#2さんの数字をお借りしますと、動力が1kWH当り約10円、電灯が約23円というのは「従量料金」のことです。これだけ見れば確かにお店の人の言われるとおり、動力のほうが安く上がります。

電灯の場合、よく「エアコンを入れたらブレーカーが落ちた、アンペアを上げて、基本料金を多く支払わなければならない」となるのはお分かりのことと思います。
動力の場合、エアコンを1台ぐらい増やしても、ブレーカーが落ちることはあまりありません。そのため電力会社に申請しない方もまれにはいるのですが、それはルール違反です。動力の基本料金は、現在ある設備に見合った分だけしか支払っていなく、機械を1台でも増やせば、その都度申請して、契約容量を見直さなければなりません。

ご質問のエアコンは、おそらく契約容量が1kW増えるものと思います。電灯の基本料金をおよそ220円、動力を1,100円とすれば、基本料金の差は年間、
(1,100-240)×12=10,320円
従量料金の差でペイするための運転時間は、
10,320÷(23-10)=794時間
使用期間を夏2か月、冬3か月として1日あたり、
794÷(2+3)÷30=5時間20分

つまり、1年のうち5ヶ月間、毎日6時間以上使用して、はじめて動力のほうが安くなります。この計算は電気料の比較だけです。実際には、最初の購入費の差、10万円以上を考えると、もっともっと長い時間運転するのでなければ、動力エアコンはかえって高くつくことになります。
「近所の小さい電気屋」さんは、高いものを売るために、あえて基本料金の話を伏せたような気がします。

なお、大きな工場(等)で、高圧の電気を受けて自社内で変圧してお使いでしたら、この限りではありません。

>電気代は割安ということで店の側に薦められた…
>三相200Vと普通のやつではどのくらい電気代が違う…

goo/OK-Webでは、法令類や諸規則に触れる行為の書き込みは禁じられていますので、正しい電気料金の支払い方法を書きます。

一般に、電気料金は「基本料金」と「従量料金」の2本立てになっています。それぞれの単価は電力会社によって違いますが、ここでは#2さんの数字をお借りしますと、動力が1kWH当り約10円、電灯が約23円というのは「従量料金」のことです。これだけ見れば確かにお店の人の言われると...続きを読む

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。

Q結局、冷房専用のエアコンはどこの何が良いんでしょうか? 14畳の居間に取り付けを考えてますがどのエ

結局、冷房専用のエアコンはどこの何が良いんでしょうか?

14畳の居間に取り付けを考えてますがどのエアコンが良いのかわかりません。
価格.comの売れ筋ランキングできめれば間違いないでしょうか。
北海道ですので真夏に少し使う程度です。

良い情報あれば宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

以前は冷房専用機(ルームクーラー)がありました。現在はエアコン(冷暖兼用)になりましたね。使用期間が短いようなので、単機能のパナソニックかダイキンがお薦めです。良い工事屋さんを選んでください。

Q消耗品費・消耗備品費の違いを教えてください

経理をしているのですが、
いつも消耗品費・消耗備品費の違いが分からず、仕訳に困っています。
明確な基準がありましたら、教えてください。
ちなみに、この二つ以外に事務用品費の科目も使っていて、こちらは文具やコピー機の使用料として使っています(これは問題ないでしょうか?)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つまり勝手に勘定科目作っても良い)

ですから、消耗品費・消耗備品費・事務用品費と別れているなら、
より明確な勘定科目名を使っているものから、文字通り
事務用品費は、一般に事務用品店で販売しているノート・ボールペン・伝票など
消耗備品費は、金額が10万円以上となれば減価償却による費用計上を要するもの等
消耗品費は、金額が10万円以上となっても資産計上を要せず、貯蔵品となるものや
その他事務用品費や消耗備品費以外の消耗品。具体的には日用雑貨・トイレタリー等
でしょうね。

10万円は税法上の決まりでそうなっています。

ただしあくまで一般的な話ですので、会社でこの勘定科目の使い方はこうと決め
一度決めた勘定科目の性質は、みだりに変更しなければ問題なしです。

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つ...続きを読む

Q省エネのエアコンを探しています。

当方、マンションで、最初についていた、古い型のエアコンで、去年過ごしましたが、

ちょっとしか使っていないのに、1万を超えました。

ワット数(消費電力)は、780/980です。

今年は、省エネのエアコンで、過ごしたいと思って、消費電力が小さいエアコンを探しています。

メーカーとか、価格.comとかで、このエアコンは、消費電力が小さくていいという、商品を教えてください。
価格も安いのを希望しています。
お願いします。

Aベストアンサー

今は、どこも省エネですよ。
あと、エアコン選択基準があります。
部屋の材質(木造 or コンクリート)や広さに応じて、選択が必要。
選ぶ基準は、最適サイズよりも1サイズ上の能力を選択することです。

理由は、運転内容×運転時間=消費電力量(電気代)となるからです。

小さいエアコンだと、冷やすのに時間が掛かります=>消費電力{大}×運転時間{長}=消費電力{多い}
大きなエアコンだと、冷やすのに時間が掛からない=>消費電力{大}×運転時間{短}=消費電力{少ない}

という事です。

QOA用紙→事務用品費、インク→消耗品費

引き継いだときから、
プリンタの用紙は事務用品費で、
インクは消耗品費でした。
(用紙はFAXやコピー機などにも流用している)

途中で変えるのもなんなので、そのまま続行しています。
同じプリンタの補給品なのに変なのって思っています。

皆さんの会社ではどうですか?

Aベストアンサー

はじめまして、零細企業で経理を主に総務関係全般をしている者です。
よくこういった質問に答えさせて頂いておりますが勘定科目はこれは
絶対にこの勘定科目でって決まりはないのです。
あまりにかけ離れた科目は問題がありますが正直分かれば何でも
良いっていう事になります。税法上も特に問題はありませんしね。
今まで使っていた科目を変える事はあまり好ましくないと思います
のでそのままで良いかと思います。

因みに弊社では用紙もインクも事務用品費で統一しております。
これも以前からこの科目で処理されておりましたので一貫して
使っております。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング