インフレになった場合にもっとも困らない貯蓄方法はなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1 本邦のみがインフレになるなら、 外貨預金 但し円高になったら損失発生


2 インフレ=諸物価高騰と考えれば 株式保有 株安になったら損失発生
3       〃         純金積立 金の流通量が増えれば損失発生

しかし価格の安定性から考えれば、3の金が妥当かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

今、株価下落対策として金が値上がりしてますね。

お礼日時:2001/09/15 12:47

(1)インフレのみに関して、保険を利用して、と言うことになると、


 やはり変額終身保険がおすすめでしょう。
(2)インフレのみに関して、保険以外を含めて、となると、
 お金の価値と連動性のある株式投信でしょう。
ただし、ついつい、○○年後にインフレになったら、と考えがち
ですが、インフレにならなかった時は、損失も覚悟しなくては
なりませんね。まぁ、今は株価も底に近いとは思いますが。

そこで、「利率変動型終身保険」や債券系の比較的安全な商品で
足元を固めた上で、変額終身保険など、ややリスクのある商品と
株式などの直接的かつ積極投資型投信、という形の分散投資を、
私としてはおすすめします。
それも、日本だけ、とか、一カ国にまとめず、なるべく影響のない
国のものをいくつか組み合わせた投信が良いでしょう。
私も貯金しなきゃ・・・
    • good
    • 0

 変額終身保険とは


「死亡保障は最低保証されているが、死亡保障(最低保証よりも上がる場合)解約払戻金は運用によって変動する保険です」

 その運用先を自分で決められるものがお勧めです。
 運用するためのファンドが色々あるのですが、主に「世界株(アメリカ・ヨーロッパなど)」「日本株(大型株・小型株・成長株)」「債券型」などなどです。

 月々はらう保険料の中で、例えば世界株に50%日本株に30%債券型に20%等自分の好みで選べます。インフレに対応したいのならば、日本株の割合を多くするといいでしょう。

 仕組みは確定拠出型年金に似ています。
 他にも変額保険有期型や年金型がありますが、
 私見ですが、一番リスクが少ないのは終身型かもしれません。
万が一運用に失敗しても死亡保障として考えれば他の終身保険よりもお安いので・・・
しかし、あくまでも保険ですので、たくさんの収益をあげるには不向きかもしれません。
    • good
    • 0

インフレになった場合にもっとも困らない貯蓄方法はなんでしょうか?


→日本のインフレを心配されるのでしたら、貯蓄を外貨の商品で運用されるのが良いと思います。ただし、同じように海外でもインフレ等はあり得ますので、例えば
日本・米国・欧州等の通貨で3分の1ずつ運用するなど分散して運用するのが良いのではないでしょうか。(どこかの国の通貨が例え紙くずになっても損失は3分の1ですみます。)また、貯蓄の方法も、貯金・株・債券と分けて運用するのも1つの手段です。
    • good
    • 0

変額終身保険お勧めです。


ファンドが自分で選べるものに限ります。

 保険金は保証されているので保険と両方で考えてみてはいかがですか?
 ただし、株などで運用しているので、リスクはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

変額終身保険ってなんですか?

保険についてほとんど知らないもので・・・

お礼日時:2001/09/15 12:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Q財形貯蓄をしているけど・・もっと有利な貯蓄方法は?

25歳男です。
毎月10万円財形貯蓄をしています。
よく分からないので、財形貯蓄に給料から天引き
する形をとって貯蓄しようとしてきたのですが、
預金利率の面で、インターネットバンクとかを
見ていると年利率1%のところもあったりして、
他にも貯蓄方法でより有利な金利なものが
あるのかもしれないと思い始めました。

財形は利息に税金がかからないものだと
思っていたら、550万??までの分だけだと
知ったし、利率もいくらなのかいまいちよく
分からないので、財形の分を減らして、
他の貯蓄に回そうと思っています。

利率が高く、財形より有利で、元本保証?
の貯蓄の仕方をどなたか教えて下さい。。

財形ってお得なのですか?・・

Aベストアンサー

端的に申し上げて、財形のメリットは唯一つ
「天引きで貯まる」
点に尽きると思います。
と、いきなりかなり大げさな表現で失礼させていただきましたが、知らないうちに貯まると言うのはやはり大きいと思います。
毎月10万円と言うのはすばらしい金額ですので、例えば半分の5万円をそのまま財形貯蓄をされて、残りの5万円でいろいろなリスクのある商品を研究されるのもいいかもしれませんね。
元本保証の商品以外にも、投資信託といったリスクのある商品で手ごろにできるのもが今はたくさんあります。
これからいろいろ経済の勉強をされる一環としても、投資信託に触れるのも個人的にお勧めしたい点です。

最後に愚念ながら一言。
現在ローリスクハイリターンな商品と言うのは存在しません(昔はありましたが)。
リターンがいい商品は、やはりどこかにリスクがあるものだと思った上で投資されることを助言申し上げます。

Q三大疾病による保険料払込免除特約は必要でしょうか?

こんにちは。
私は29才女性、終身の医療保険加入を検討中です。
色々考えてDr.ジャパンに入ろうかと思っているのですが、
「三大疾病による保険料払込免除の特約」を付けるかどうかで迷っています。

もともと特約は無しで良いかなあと思っていたのですが、
代理店の方に「これは付けた方が良いですよ」と勧められ迷い始めました。
代理店の方いわく「うちで申し込む9割以上の方が付けてます」との事。

もちろん人が付けているから付けるという訳ではないのですが、
やっぱり付けておいた方が安心かなあと思ったり、
特約保険料(350円程)もかかるしわざわざ付ける必要ないかな
と思ったりで揺れています。

主人の医療保険なら間違いなく付けたと思うのですが、
妻の方にも付けた方が良いのか・・・本当に悩みます。

みなさん、どうお考えですか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

保険は「もしそうなったら・・」の為に加入しますよね。yuzu55さんが三大疾病になったら、とイメージして下さい。その時に保険料払込免除の特約は必要ですか?

付けるメリットとしては、当たり前ですが月々の支払いをしなくても入院すればお金が貰えることです。三大疾病になったら他の保険に加入することは(殆ど)無理でしょうから、その保険をずっと続けていくようになります。長生きをすればいずれその保険は時代遅れ?になってしまうかも。それでも続けていかなくてはならないとしたら?
ただ終身の医療保険の保険料自体はそれほど高額ではなかったと思いますので、免除にならなくても支払いが継続出来るから関係ない、といった考えもできますが。

350円位なら付けておいた方が良いかも。30歳の女性で今後20年以内に三大疾病になる確率は8.5人に一人です。また患者さんは全年齢合計430万人以上います。(H14年厚生省の患者調査)
自分には必要ないと思うならもちろん付けることはありません。

Q不安定・不定期収入の場合の貯蓄方法

小さな自営をやっていて、収入は不安定かつ不定期です。1ヶ月くらいほとんど入ってこないこともあれば、10日間の間にどかっと入ることもあります。

今までは固定支出も少なかったので何とかなってましたが、この春実家を出て独立したため、金銭管理をもっとシビアにしていかないといけないと思っています。

支出の内訳ですが
~~固定支出(多少変動有)~~
・家賃
・携帯、電話、ネットなどの通信費
・借金返済(後1年半)
・子供の習い事、保育料
・保険等

~~変動支出~~
・光熱費
・食費
・その他(雑費、娯楽費など)

となります。
今までは入ってきたお金を、とりあえず「仕事用」「家庭用」の二つのお財布に分けて、家庭用の何割かを「貯蓄用」として貯金してました。
今後は上記の「固定費」だけは先に確保しておかないといけないなと思っています。

ただ問題が貯金です。
月末になるまで、実際その月の収入が分かりません。なので「定額を強制的に貯金」が結構難しいのです。かといって「余った分を貯金」だとほとんど余らなくなりそうです。(元々収入がそんなに多いわけでもないですし、さらに引越し後で必要なものが沢山あり、支出が多いです)

今まで貯めたお金は、引越しやそれに関連することでほとんどなくなってしまったため、ゼロからの出発です。最低限3か月分の生活費はためないと安心できないので頑張りたいのですが、私のように物凄く不定期で不安定な収入の場合、どのように貯蓄していくのが効率が良いでしょうか?

一応仕事やプライベートで大きな買い物が予定されてるものは、それ以外に使えない「友の会」などで積み立ててはいます。後は毎日お財布に入ってる小銭を貯金箱に入れて毎月月末に通帳に入れています。

もちろん家計簿もつけていますが、良いアイデアがあればお願いします。

小さな自営をやっていて、収入は不安定かつ不定期です。1ヶ月くらいほとんど入ってこないこともあれば、10日間の間にどかっと入ることもあります。

今までは固定支出も少なかったので何とかなってましたが、この春実家を出て独立したため、金銭管理をもっとシビアにしていかないといけないと思っています。

支出の内訳ですが
~~固定支出(多少変動有)~~
・家賃
・携帯、電話、ネットなどの通信費
・借金返済(後1年半)
・子供の習い事、保育料
・保険等

~~変動支出~~
・光熱費
・食費
...続きを読む

Aベストアンサー

あまったら貯金をするというスタイルでは、よほど生活経費が少ない人でないかぎり貯蓄は難しいと思います。

「定額」貯金が無理ならば、「定率」で貯金したらどうですか?
収入があれば、かならず一定率を貯蓄に回し、絶対にそこに手をつけないようにします。貯蓄用の銀行口座を別の銀行に新たに作り、収入があったらそこからまず定率の天引きをしその口座に預けるようにします。この時無理な定率を設定しないように、実現可能な率にすることが重要です。そのルールを文書として書き残し、実行します。実行できないようならルールを修正し、日付を入れて書き直します。

残りのお金で生活し、それで、生活が苦しいようですと、支出スタイルが収入と見合っていないということになります。収入を上げるか、支出スタイルを変更するしかありません。支出スタイルに手を付ける場合、ある支出をあきらめるか、グレードを落とすということになります。

また、仕事のほうでも必要経費があると思いますが、これも家計と分けたほうが、良いのではないかと思います。

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む

Q現在、元金保障で利率の良い貯蓄はなんですか?

タイトルどうりです。
短期・長期、どちらも教えていただければうれしいです。
200~300万くらいの予算です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定期預金であればネット銀行系で良い利率を提示しています。

以下のURLを参照してみてください。

個人向け国債も冬に発行されますが、変動型だとどのくらい動くか分からないです。(最低利率補償はありますけど。)

参考URL:http://money.yahoo.co.jp/rate/

Q低解約返戻金特則付 特定疾病保障終身保険(無配当) 三大疾病に備える。

という保険をジブラルタ生命から勧められています。入ろうかなと思った矢先、同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。確かにタイトルの保険は、三大疾病のための保険なんです。皆さん、どう思われますか。     
http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/tokutei_shippei_hoken/tokutei_shippei_hoken.pdf
がこの保険の説明書です。

Aベストアンサー

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまった場合は確かに有効かも知れません。 また、死亡でも同額保障されて 「解約返戻金」も貯まりますので、掛け捨てが嫌な方は選ばれたり致します。

(個人的には入院日額給付タイプの 医療保険よりは有効かと思います)

 良い商品か悪い商品か と言うことではなくて、ご自身の 希望に合っているかどうかだと思います。


ただ、パンフを見ると 低解約返戻金型にしては それ程保険料が安いわけではないようですね。
 
保障額 100万円から契約出来る会社もありますし、普通の終身タイプでも、もう少し割安な商品もあると思いますので、比較検討されてみてはいかがでしょうか。
   

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまっ...続きを読む

Q生命保険相互会社で財形年金、財形貯蓄、個人年金の貯蓄を行ってます。ペイ

生命保険相互会社で財形年金、財形貯蓄、個人年金の貯蓄を行ってます。ペイオフの対象になりますか?
もし なるようでしたら 各 積み立て保険金が合算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険会社は預金保険の対象にはなっていません。
》http://www.dic.go.jp/kikan/kikan.html

では、生命保険会社はというと生命保険契約者保護機構という機関があって保護されています。一例ですが
》https://www.nissay.co.jp/hojin/shohin/fukuri/zaicho/goryui.html
・但し、預金保険のように上限1,000万円のような説明は見あたりません。

Q三大疾病特約とガン特約は必要ですか?

保険の見直しを行っています。
そこで、三大疾病特約を付けるか?
また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか?
はたまた、特約は付けないか迷っています。
現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、
ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円
をお支払します。
ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

Aベストアンサー

一度、保険のパンフレット・約款などをしっかり確認してみてください。
脳卒中や心筋梗塞の欄に、「60日間以上症状が続いたと医師の診断があった場合」などと書かれている様でしたら、その保険に入る意味はあまり無いと思います。
(現在のほとんどの日本の保険会社の3大疾病特約にはどこかに小さく書いてあります)
脳卒中や心筋梗塞で60日間も入院することはほとんどありませんので。

ガンの場合は個室に入りたいとおっしゃる方が多かったり、入院後の通院で高価な抗がん剤を投薬受けたりすることが多いですので、ガンになられたら一泊あたり2万円程度は出るようにされることをお勧めします。

Q財形貯蓄の利点及び定期貯蓄

一般及び住宅の違い(550万非課税)というのは理解しております。
そこで、質問です。

・財形貯蓄は給与天引きですが、月々の月給に控除されるのでしょうか?月々の所得税が少なくなる?
・住宅財形にした場合、特典ってありますか?例えば、住宅金融公庫からの借り入れがスムーズもしくは金利が低いもしくは借り入れ金額がUP。仮に上記内容が可能であれば何年以上の積み立ての実績がないと適用になりませんか?
・回りの人間は、財形は必ずした方がいい。財形がある企業はいい会社。といいますが、最大のメリットは何でしょうか?
・また給与天引きで貯金をする場合、利率の良い金融商品ってありますか?

以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

1.所得税への減免はありません。その代わりに一般の預貯金の利息にかかる利子税(現行20%)が有りません。
2.パンフレット等を参照されることをお勧めいたします。
3.1,2がメリットではと思います。
4.給与からの天引き貯金のメニュー(?)は会社単位で金融機関と契約する事ですので、お勤め先の総務等にお問い合わせしてください。
おまけ:財形貯蓄には、住宅以外に年金と一般(おそらくGOKINGさんの言われている定期貯蓄?)の3つがあります。
年金財形も住宅財形とほぼ同様、ただ払い戻しは年金形式だけが可能です。個人年金をお考えでしたら選択肢に加えても良いかとおもいます。
(いずれもの財形貯蓄も日本版401Kとは別物です。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報