最新閲覧日:

実は勤め先のトイレの床が大理石なのですが、(きっと人工大理石)男性用の小便器の周りの床が黒ずんでいます。
どうやら「お〇っこ」ちゃんが散りつづけて染み込んでしまっているようです。時々変な匂いもしますし、その辺りが妙にべたついたような感じのするときもあります。なんとかきれいにならないものかと考えているのですが良い方法がわかりません。また、多分酸性のものによるものと思われる、白く変色しているところもあります。勤め先ですのでなるべくリスクの少ない、費用のかからない方法があればどなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大理石は極めて酸性には弱く、弱酸性とはいえども、お勧めできません。


また、水にもあまり強いとはいえないのが本当のところ。水周りに用いているというのは決定的なミス。
石灰は、ホームセンターなどで購入可能だと思います。
ちなみに、人造の石調のものには樹脂で石の粉や石の粒を固めたものもあり、こちらは酸にも水にも比較的強く、他の床タイルと同様のメンテナンスで十分でしょう。
ただ、染みや匂いがあるとのこと。今回はきっと本当の石なのでしょう。
    • good
    • 1

素人ですが、こういう用途には、TVショッピングでやっている、スチームクリーナで、落ちると思います。


蒸気だけですので、化学反応もなく落ちると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
スチームクリーナーのようなものも考えたのですが、
やはり道具を購入するとなるとお金がかかるので今一歩踏み切れません。でも汚れが浮き出てくるときっとすごいんでしょうね。(においが)

お礼日時:2001/09/16 09:05

便器のクリーニングには酸性洗剤が安価で効果があり、一般的に清掃業者が使用しています。

一方大理石はじめ石材には酸は禁物です。みかげ石はけっこう強いですが大理石は(人工を含め)弱いです。清掃業者の立場から言うと、小便器の下に大理石を使うこと自体が建築設計のミスです。でもじっさいには見た目の高級感から多いのも事実。さて、このシミの除去ですが、専門業者以外は難しいのが現実です。専用の薬剤と粉末を用いてシミを「吸い上げる」作業になります。高度な技術ですが、予算があれば業者に相談するのがベストです。「リスクが少なく費用がかからない」となると、とりあえずテキトーな弱酸性の洗剤をじゅうぶんにしみこませて、石灰を盛り上げて一晩おいといてください。多少改善されるかも。漂白系洗剤というテもありますが、石材によっては化学反応を起こすのでオススメできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かに掃除する側からいうと便器の下が大理石だなんて設計ミスとしかいえないと
思います。実は会社のトイレではあるものの、社長やお客様など特定の人しか使用しないため、詳しい説明を会社にしにくいのです。
でもほかの上司が「トイレがにおう」とか「床が濡れている(しみがそのように見える)」と言ってくるので
何とか自分たちで出来る範囲のことがあればと思ったのです。ところで大理石は弱酸性ぐらいだと耐えられるのですか?また石灰ってどこで手に入るのでしょうか?

お礼日時:2001/09/16 09:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報