プロが教えるわが家の防犯対策術!

経済学の考え方で、「労働力は企業に買って貰っている」とありますが、何故このような考え方があるのでしょうか?

A 回答 (6件)

労働者は、労働力と交換に


賃金を得ます。

これは、お金を出してモノを
買うのと同様の行為と
考えられるからです。
    • good
    • 1

> 経済学の考え方で、「労働力は企業に買って貰っている」とあります



経済学の本などでは、見かけたことがないです。
高校や大学の教科書にも出てこないように想像します。
    • good
    • 0

事業を経営して行く中で必要な物品・資材などは「経営資源」と呼んでいます。



経営資源としてよく言われるのはヒト・モノ・カネであり(それ以外にも情報や知的財産などもある)、経営者から見るとヒト(人材、労働力)はモノ(原材料・資材・設備・エネルギーなど)などと同じ考え(経営資源)になります。

経営者は与えられた資本を使って価値ある商品を作り出していくわけで、経営者は資本を投じてそのために必要なもの(経営資源)を使いこなすわけ。
    • good
    • 0

それに寄り 組合 等で企業へ要求を


言えるからじゃないですかね
    • good
    • 0

これは働く人の考え方です。



資格を持って働く・自分の労働力結果で多く結果を出したので、その対価を請求する。

自分の能力を買って貰って代価を貰うから。
これはサラリーマンでもいえる、能力によって給料が上がる、階級が上がる。
    • good
    • 0

資本主義ではモノやサービスの提供には対価が支払われるもので、それを売買というからでは?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A