プロが教えるわが家の防犯対策術!

現在66歳で老齢基礎年金をすでに受給しています。

老齢厚生年金(3号)の期間が8年間しかなく受給できていないのですが、
後から納付することで10年にすることはできませんか?

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。
    老齢基礎年金が10年越えていれば、
    そこに老齢厚生年金の金額も、1か月以上あれば入っているってことなんですね。
    ありがとうございました。

      補足日時:2023/11/04 07:56

A 回答 (4件)

誤解があります。



日本の年金制度は、
①1号 国民年金→老齢基礎年金
②2号 厚生年金→老齢厚生年金
③3号 国民年金→老齢基礎年金
という制度で、
いずれも10年以上加入していれば、
老齢基礎年金は受給でき、そのうえ
②の老齢厚生年金は1ヶ月加入して
いれば、受給できます。

ですから、誤解している点は、
>老齢厚生年金(3号)
であり、それは国民年金の
加入期間であり、老齢基礎年金
部分なのです。

既に老齢基礎年金w受給しているなら、
65歳以上で国民年金の任意加入は
できません。

あなたは会社勤めやバイト等で、
②厚生年金(2号)に加入したことが
ありましたか?
加入期間が1ヶ月あれば、
老齢厚生年金は受給できます。

老齢厚生年金を増やすなら、
今66歳ということなら、
パート等で以下の勤務条件で
70歳まで働けば、
老齢厚生年金は受給でき、
年々老齢厚生年金は上乗せに
なりますよ。

加入条件は、
㉑勤務時間が週20時間以上
㉒1ヶ月の賃金が8.8万円以上
※交通費等含まない雇用契約の条件
★年106万相当なので(106万の壁)
といわれているのです。
㉓学生ではないこと
㉔勤務先が従業員101人以上の企業

あるいは勤め先の所定勤務の3/4以上
働く場合(週40時間なら30時間以上)

この条件に全て満たすと、
社会保険に加入でき、老齢厚生年金が
少しずづ増えていきます。

いかがでしょうか?
    • good
    • 1

基礎年金の受給要件(1~3号を合計して10年)を満たすなら、


厚生年金(2号)の期間が1か月でも、老齢厚生年金はもらえます。

もし、3号被保険者の期間が8年で残りが
いわゆる国民年金(1号)と言うことなら、
基礎年金しかもらえません。
    • good
    • 1

年金事務所に聞きましょう。


遡って払えないかを・・。
    • good
    • 1

はて、勤めぬと無理かなあ。


厚生年金というのは
会社員時代に得る物でしょう。
私はもっと短期間しか会社員時代無く、後は
国民年金と国民年金基金でした

でも厚生年金も入れてもらってますがねえ。

老齢年金です。
厚生年金基金が蚤の涙で入っているか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A