Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

iDeCoと積み立てnisaについて
退職金がない者で、どちらかを始めようと考えております。iDeCoかなと思っていたのですが、60歳まで出せないと知って躊躇しています。

退職金として貯めるので60歳まで出せなくても良いのですが、別に積み立nisaで良いのではないですか?年間に何度も変えないですがいちおう銘柄変えれるわけですし。
何が大きく違うのかわかりません。

同じ投資ですよね?

退職金なのでまず3万円くらいから始めて歳をとって給料に余裕が出てくる度に額を増やそうと考えます。

楽天証券などで開設予定ですが、一度金額を設定すれば毎月勝手に引き落とされnisaに投資されるんですよね?

A 回答 (2件)

iDeCoとNISAはどちらも税制上の優遇があって、投資商品を選ぶものなのですが、税制優遇の内容はかなり違います。



NISAは利益に対して税金がかからない制度です。
一方でiDeCoの方は掛け金が所得控除の対象となりますが、その代わり、受け取る際は退職所得または公的年金として、課税対象になります。
したがって、iDeCoは年金を受け取る際よりも高い税率で所得税を払っている方が有利な制度です。

また、ご認識の通り、iDeCoは60歳まで破産しようが死なない限り引き出せません。

以上のことから、収入があまり多くない若い方にはiDeCoは向かなくて、比較的年齢が上の収入が多い人に向く制度です。
    • good
    • 0

iDeCoの運用商品には、大きく分けて「元本確保型」と「価格変動型」の2つがあります。

「元本確保型」は安全性が高い反面、大きな収益は期待できません。もう一方の「価格変動型」はリスクが伴いますが、大きな収益が得られることもあります。
大きなメリットは、税法上の控除が効くという事が挙げられるでしょう。

積み立てNISAは、投資信託ですよね?
投信には元本保証は有りません。
また非課税というメリットはありますが、控除にはなりません。

どちらにされるのかは、貴方の将来設計でお決めになる事です。

私はどちらも運用はしたことが有りません。
年金は国民年金基金で増額しましたし、
NISAは株式投資で使っています。
投信はどんなに頑張っても2~4%程度でしょうが、株は2倍、3倍に育ってくれますのでね。投信に魅力は無いですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A