『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

道路幅4m未満の、いわゆる2項道路に接道する家に住む者です。

現状の接道が建築基準法上の道路「4m」に満たない場合、法施行前から存する「2項道路」として扱われること、そして再建築する場合は、自己の土地とはいえ、道路の中心線からそれぞれ2m以上「セットバック」した位置でなければならないことは、存じ上げております。

しかし、沿道の家が次々と建て直しされているのを見ても、一軒としてセットバックする家はありません。それはナゼなのでしょうか?4m道路になれば、車が通れるようになるし、間違いなく不動産としての資産価値だって上がると思いますし、そもそも緊急時に救急車も消防車も入れない道は危険極まりないと思います。また、セットバックなしで建築確認申請や完了検査にパスしていることが不思議でなりません。皆インチキをしているのかと疑いたくなります。

但し、ここ数年で4~5件の家が建て替えられるのを見ていて、自分なりにひとつのカラクリに気付きました。ピカピカの家を建てたのに、周りを囲う塀だけは古いままだからです。そして、しばらく経ってから塀を作り直してます(もちろんセットバックなんてしません)。きっと、完了検査時に塀(=道路との境界にある工作物)さえ再構築されてなければ、セットバックする必要はないのだと判断されるのでしょうか。これは私見に過ぎませんが、正しい見解でしょうか?

自分の土地が削られるのは誰だって嫌です。でもこれでは、いつまで経っても道は広くならないと思います。どうすれば4m道路になるのでしょうか?ちなみに私も建て替えを検討していますが、永遠に車も通れない道ならば、当地に見切りをつけるべきかと考えています。正しい見解や良いご助言をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おっしゃるとおり、ガイコウをあとにまわすとセットバックからは逃れられます。


うちの実家の周辺には地主さんだらけですが、同じ方法で何度も建て替えています。
道路は3.3Mのまま・・・。
やはり土地を削られるのが
イヤなのでしょうね・・・。
世代が変わるとどうなるかわかりませんが、見切りをつけられるならつけてもよいかもしれません。
30年すんでいましたが、いまだに3.3mのままでした。
私は結婚して6m幅の広いところを購入予定です。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。やはり外構(塀)に手をつけないことがセットバック逃れの常套手段だったんですね。それにしても建築基準法ってザル法の極致だと思います。この点だけを見ても、正直者が馬鹿を見る悪法だとわかります。

お礼日時:2005/05/08 23:01

>>なるほど、2項道路ではなく、正しくは『ただし書き道路』と呼ばれる接道だったのですね。



典型的な2項道路だと思いますよ。
    • good
    • 14

この問題点は、法律の制定と運用が中途半端な所にありますね。


セットバックしてない人は、異口同音に
「自分は道路部分(セットバック部分)の固定資産税を負担しているから、利用するのは当然。」
的な屁理屈を言いますね。
確かに、セットバックしたところで
所有者が管轄行政(固定資産税課税窓口)に、自分の敷地利用実面積がセットバックした事により減少している事の調査依頼を申請しない限り、
セットバック部分を含んだ宅地面積で課税され続けます。
所有者もわざわざ、↑のような申請をして固定資産税を僅か数パーセント減額してもらうよりは、
そのままこの問題を放置して、↑のような屁理屈を言って
自分の利用権を主張した方が得なのでしょう。
将来どこかの市町村(建築確認業務は市町村レベル)が、この野放し状態の問題に、
罰則規定のある条例を制定して問題解決に乗り出しでもすれば、
世論の意識改革につながり、国レベルでの法改正に繋がればなぁ・・
と個人的には期待していますが、
なにせ国会議員は自分への利権が絡まない問題には疎いですからね。

狭隘道路上の角地のセットバックの問題は特に深刻ですね。
建築基準法は角地部分を底辺2メートルで角切りする事を必要条件にしていますが、
外壁後退をした後にその角切り部分に、
所有者が置石や鉄柱を立てるケースをよく見ます。
自動車の横を擦った後が無数にありますからね。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。本当にその通りだと思います。スミキリの件、ウチの近所の角地に住む人は、自分で勝手にコンパネの型枠作ってステコン打って、車のタイヤが通れないようブロックしてます。丁度死角になる低さ&角が鋭いので、サイドを擦ってパンクする人数知れず。げに恐ろしきは地主の土地への執着です。

お礼日時:2005/05/08 23:10

 建築物の敷地は「幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない」というのが建築基準法43条1項に規定された『接道義務』ですが、この場合の「道路」とは、あくまでも建築基準法で定義された『道路』のこと。

一般概念
でいうところの『道路』とは、若干異なる部分もあります。また、幅員が4m未満の道路でも建築基準法の定義(42条2項)にあてはまれば、セットバック(敷地境界線を道路中心線から一定距離まで後退させること)を前提に通常の
道路と同様に取り扱われます。

 しかし現実には、見た目は一般の道路と何ら変わらなくても建築基準法による道路の定義に当てはまらない『通路』や『遊歩道』あるいは暗渠(あんきょ)にした『水路』(上部にふたをして外部から分からない状態にしたもの)なども数多く存在します。さらに、道路などには全く接していなくても、隣が公園などで建築基準法の目的とする「安全の確保」にはあまり支障のない敷地などもあります。
 そのような『接道義務』の原則に該当しない敷地での建築を一律に禁止するのではなく、建築基準法43条『ただし書き』において例外規定を設けています。
 それによって「交通上、安全上、防火上および衛生上支障がない」と認められ許可された敷地では、前記の『接道義務』を満たさなくてもよいことになっています。つまり、この適用があれば前面道路が建築基準法の道路ではなくても建築確認取得には問題がないことになります。このような法定外の道路のことを『ただし書き道路』と呼ぶ場合もあります。
 お尋ねの敷地でも、あそらくこの『43条ただし書き』が適用されるものと思われます。
  ただし、適用の許可にあたって建物用途の制限、構造や規模の制限などが付加される場合もあるので注意が必要です。
 しかし、たとえ『43条ただし書き』の適用が受けられても、全く問題がないわけではありません。以前には『43条ただし書き』の適用可否が建築主事(役所の建築許認可担当者)の裁量とされ、比較的ゆるやかに運用されていました。事前に建築主事に相談すれば、建築確認取得の確約が得られたり、適用する路線や敷地等をあらかじめ明示している自治体もありました。
  ところが、平成11年5月の法改正によって『43条ただし書き』の適用が、建築審査会の同意を得たうえで特定行政庁(建築主事をおく役所)の許可を要することとなっています。この許可には、建築確認申請前に法43条の『許可申請』を提出(手数料が必要)しなければなりません。

 また、『43条ただし書き』の適用はあくまでも例外措置であることを忘れてはなりません。建築確認が取得できることと、住宅ローンなどの審査での担保評価とはまた別問題。
 地元の工務店に確認してみてください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

なるほど、2項道路ではなく、正しくは『ただし書き道路』と呼ばれる接道だったのですね。いつかは車が通れるようになるのだと淡い期待をしていましたが、ほぼ絶望的なことがわかりました。最終的な結論は工務店に相談してからにします。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/06 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセットバックしない建替えはペナルティなし?

平成7年~11年にかけて道路幅2mに満たない近所で5軒ほど建替えがあり、うち1軒だけがセットバックしないどころか車庫まで作っています。残り4軒はきちんとセットバックして、塀や門も出ないように作っています。件の1軒は住宅メーカや造園業者さんの営業の話を無視したのは明らかですが、こうした場合何も注意されることはなく、既成事実を作ってしまったもの勝ちでペナルティを科されることはないのでしょうか?他人の土地は放っておくしかないですが、たまたま建替えを検討している友人からセットバックについて聞かれたので、こちらの状況を話してみたところ「単なる行政指導でないはず、おかしい」とのことでした。何かご存知の方おられましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

明らかに建築基準法違反です、と言っても道路の狭いとこはどこでもあります。

この手の違反は完了検査後に車庫を建築し、塀、門も同様に建物検査後に築造するのがこの業界の常識です。

とりあえず、市町の建築担当に通報しましょう、多分何も出来ないと思いますが違反指導の義務はあります。

個人的には基準法のセットバック規定は良い条文だと思いますが、地価の安い昭和25年につくられた法律であり、その当時は機能していたと思います、しかし今の時代にはそぐわない法文でもあります、なんせ、個人の土地の権利を制限していますので。

国の「えらいさん」が法律改正をしてくれない限り、この問題は永遠に続きます。

Qセットバックについてトラブルになっています

数年前に、セットバック済の新築戸建を購入しました。

向かいの家もセットバックしてあり、4m道路になっていました。
しかし、向かいの家は、以前から近所とのトラブルが絶えない方で

「以前は広場で広々としていたのに家が建ったのが気にいらない。
以前は車の出し入れがしづらかったのに、おまえの家が建ったから
車の出し入れや、広場でUターンができなくなった。
おまえの家の車も出し入れしづらくしてやる」
と怒鳴られ、一週間もしないうちに
自分のセットバックした土地をブロック塀で覆って道を狭くしてしまいました。
(初対面で、でした。)


近所の方がおっしゃるには、どうやら向かいの家は、以前、好意で
セットバックしただけなので、土地の所有権は自治体ではなく家の持ち主にある、とのこと。
なにされるかわからないから黙っておいたほうがいいかも、と聞かされました。

そうこうしているうちに、我が家に頻繁に市役所の道路課の職員が訪れるようになりました。

「セットバックした部分にツタが出ているので、はみ出さないように」と注意されます。
「ここはもうすぐ舗装するのだから、セットバック部分に何か植物など栽培しないように」と
頻繁に注意に来ます。
毎週来る状態です。不自然だなぁと思っていたら、向かいの家が市役所に頻繁にクレームを
入れていることが、職員の方の言葉からわかりました。

舗装することはほぼ決まっているようなのですが、
職員の方が言うには
「向かいの塀は、セットバック部分に塀といっても
向かいの家が所有権を持っているので、どうにもできない。
買い取ることも、拒否されたので、今後もこのままだと思う」
とのこと。

ということは、向かいの家以外の道路両側が全員、セットバックしているのに
そこだけボコっと飛び出ている状況で、道路の舗装をするということなのです。

私としては、道路の舗装をする前に、残り一軒のセットバックを
先にしてほしいと思います。
税金の無駄使いにすら感じてしまいます。

そもそも、それほど傷んでいない道路なのに
「ガス工事で道路に1メートルの穴をあけるので、そのついでに
この通り全部を舗装してしまう」
と、市役所の方は向かいの塀をスルーしようとします。

舗装をするなら向かいの塀をどうにかしてほしいし
塀がどうにかならないなら、舗装は不要だと思うのです。

これはどうにもしようのないことなのでしょうか。

とても理不尽で、納得がいかないのです。
.
お詳しい方、教えていただけると本当に助かります。
よろしくお願いいたします。

数年前に、セットバック済の新築戸建を購入しました。

向かいの家もセットバックしてあり、4m道路になっていました。
しかし、向かいの家は、以前から近所とのトラブルが絶えない方で

「以前は広場で広々としていたのに家が建ったのが気にいらない。
以前は車の出し入れがしづらかったのに、おまえの家が建ったから
車の出し入れや、広場でUターンができなくなった。
おまえの家の車も出し入れしづらくしてやる」
と怒鳴られ、一週間もしないうちに
自分のセットバックした土地をブロック塀で覆って道を狭く...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者ですが、建築基準法での道路後退(セットバック)は建築課などの担当課です。
セットバックという表現だけでどのような道路なのか?わかりかねますがおおよそ42条の2項に該当する通称2項道路なのか?とは思います。
以前そのお向かいさんがセットバックしていたという経緯は、好意によるものではなくそのお宅の建築時に、道路後退を要求されたからであり、質問者さんの建売が建築確認を受けた際、事前協議といって道路中心線などを確定し後退する図面や協議書に押印しているか?または自己の確認申請時に作成済みのはずです。原則これがなければ建築確認が許可になりませんから。
役所の建築を担当する係りに申請すれば、書類の閲覧が可能です。まずはどのような道路で、相手方がどのような内容の書類に承諾印を押印しているか?調査する必要があります。
相手方が何らかの書類へ署名押印していれば、当然にセットバックを承諾して確認を取得しているわけで、その違反行為や損害賠償などを請求できる根拠は生まれます。これは法的に解決するしかありません。
しかしその様な相手方と訴訟をしてまで・・・・・・は、質問者さん次第でしょう。
また、相手方が今後建築確認行為(建て替え)を行うような場合は、必ずセットバックしなければ許可はおりません。
上記を調査して、役所に苦情を申し立てるならば道路担当課ではなく、建築担当課です。建築基準法違反ですから。災害時などの緊急自動車等の進入の妨げになると抗議しましょう。
たまにその様な輩はいます。今はそれで済みますが将来、相続した子息が売却する際や建て替え時など周辺の協力は得られないので、確定協議すら整わず、安くしか売買できません。因果応報です。
納得はいかないでしょうが、戦う覚悟が無い限り、無視したほうが無難でしょう。

不動産業者ですが、建築基準法での道路後退(セットバック)は建築課などの担当課です。
セットバックという表現だけでどのような道路なのか?わかりかねますがおおよそ42条の2項に該当する通称2項道路なのか?とは思います。
以前そのお向かいさんがセットバックしていたという経緯は、好意によるものではなくそのお宅の建築時に、道路後退を要求されたからであり、質問者さんの建売が建築確認を受けた際、事前協議といって道路中心線などを確定し後退する図面や協議書に押印しているか?または自己の確認申...続きを読む

Q二項道路が解除されることってありますか?

建築予定の土地の東側の道が二項道路に指定されていることが分かりました。
土地は、南北に約17メートル。東西に約8メートルです。
南側が4メートル道路に面しています。
東側のお隣との間に幅1.6メートルの細道があり、これが現在二項道路に指定されているのです。
1.6メートル道路の先には、小さな空き家が一軒と1区画の土地があります。その後ろは山です。
一番奥の土地には、昔家があり人も住んでいましたが、道幅が狭く、消防車などの車が入れないとの理由で、新築が出来なかったそうで、今は他の土地に新築されて、引越しして建物もありません。空き家は相当古く、近所の人が書庫として借りているようです。

    山
----------
   | |
   | |家が建てられ
   | |なかった土地
   | |←2メートル
   | |------
   | |空家
   | |
--- |------
    ||←1.6メートル
    ||
 ウチ|| お隣
    ||
    ||
---  -------
    4M道路
-------------

県の建築指導課に問い合わせたところ、東側の道は2メートルの幅があることになっていて、そのため2項道路になっているそうなのです。その指定が昭和52年のこと。おそらく奥にあった家の方が、新築を考えたときに問い合わせてその時指定されたものだと思われます。

確かに、細道の入り口は1.6メートルなのですが、ウチの敷地が入り口から17メートルあり、終わったその向こうから2メートルに広がっているのです。

なんだかこう見ると、もともと2メートルあった道にウチの土地が、40センチ出てきたみたいですが、もう半世紀くらい昔の話、ホントは1.6メートルよりも狭かったそうなのです。
リヤカーが通らないから・・・と言う理由で、うちのほうが譲ったらしいのです。境界線だとかも、なぁなぁだった時代の話ですけど・・・

余談でしたが・・・
建築指導課の方と状況をいろいろ話していると、昔と状況が変わっているようなので、一度現地確認してみますという話になりました。

奥の土地を持っていらっしゃる方もお気の毒だとは思いますが、このまま1.2メートルのセットバックがウチの方に進出してくることになると、細長い土地なので、間取りも思うようにならずに悩んでいます。
以前の建物は2年ほど前に壊したのですが、1.6メートル道ぎりぎりに建ってたんですよねぇ。。東側のお隣さんも今、1.6メートル道ぎりぎりに建ってるのです。

このような状況で、2項道路が解除されることってあるんでしょうか??

ポイント
4メートル道路との接地道幅は1.6メートル。
約17メートル先から道幅2メートルに。
全長約40メートルくらい。その先は行き止まり。
奥に土地はあるけれど、人は住んでいない。現状新築は不可能。
現在、東側のお隣さん宅は1.6メートルの道ぎりぎりまで建物が建っている。

建築予定の土地の東側の道が二項道路に指定されていることが分かりました。
土地は、南北に約17メートル。東西に約8メートルです。
南側が4メートル道路に面しています。
東側のお隣との間に幅1.6メートルの細道があり、これが現在二項道路に指定されているのです。
1.6メートル道路の先には、小さな空き家が一軒と1区画の土地があります。その後ろは山です。
一番奥の土地には、昔家があり人も住んでいましたが、道幅が狭く、消防車などの車が入れないとの理由で、新築が出来なかったそうで、今は他の土地に...続きを読む

Aベストアンサー

都市計画区域の指定がされたときに既に奥に2件以上のお家が建っていた(住んでなくても)とき特定行政庁が2項道路と指定できます。また、1.8m以下なら建築審査会の同意を得て指定をしているでしょう。

大抵別の道路に接続していていわゆる一番手前の方は自分は接道しているのに何で後退しなくちゃいけないのということでその説明をすると納得できないとおっしゃいます。

でも、行政的(つまり、多くの人の幸福や救済を考える)に見れば新築、増築時には中心線から2m下って建築してくれないと奥の土地の方は火事になっても助けられないし、工事も手で運ぶので膨大な手間を取られるし最終的にはそこでは生活できない事になってしまいます。
法律だからご理解頂きたいというお願いではありません。守って下さいという事になります。つまり守らなければ違反です。つらいところですね。でも、そういう条件の土地になってしまっているのです。

解除するためにはおそらく建築審査会の同意が必要です。市役所だけの判断にはなりません。建築見識者の集まりで決定されます。しかし、奥の方の同意が取れるのか、現在空き家もあるにしろ2件の家が立ち並んでいるという状況が変わっていないなどという事を考えると2項道路でなくなるということはまず考えにくいでしょう。

都市計画区域の指定がされたときに既に奥に2件以上のお家が建っていた(住んでなくても)とき特定行政庁が2項道路と指定できます。また、1.8m以下なら建築審査会の同意を得て指定をしているでしょう。

大抵別の道路に接続していていわゆる一番手前の方は自分は接道しているのに何で後退しなくちゃいけないのということでその説明をすると納得できないとおっしゃいます。

でも、行政的(つまり、多くの人の幸福や救済を考える)に見れば新築、増築時には中心線から2m下って建築してくれないと奥の土地の方...続きを読む

Qセットバック部の工事費負担について教えて下さい。

セットバック部の工事費負担について教えて下さい。

今検討しでいます土地が、道路境界から65cmバックする必要があります。また、敷地が道路面から1.2m高いいため、セットバックするには、擁壁をやりかえる必要があります。

このような場合、工事費の
負担は全てこちらもちなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

今、検討されているということは、これから購入しようか迷っておられるのですね?
他の方がおっしゃっているとおり、そこに建物を建てようとしている建築主の費用負担になります。
敷地が高い側であれば、2項道路の後退ラインにある擁壁は、撤去しなければなりません。
根拠法令は、建築基準法の第44条になります。

自治体によっては、塀や生け垣を撤去する費用の一部を補助するところがけっこうありますが、私は擁壁をセットバックするための費用の補助をする自治体があるとは聞いたことがありません。

65cmであれば、いわゆる1間半の2項道路と思います。
「瑕疵」のある土地とお考えになり、セットバックで新たに擁壁を作り直す費用を必要経費と計上したうえで、購入をご検討ください。

建物を建てる予定が無く、単なる青空の資材置き場や駐車場程度に使うのであれば、購入しても作り替えは不要です。
敷地が広大であれば、擁壁を撤去・後退後に、斜面にして法面保護で対応することも考えられます。

余談ですが、建築には既存不適格という言葉があります。
今回の内容は集団規定が適用される都市計画区域内についてですが、法の適用以前、あるいは都市計画決定以前からすでに存在する擁壁で、以降手が全く加えられていなければ、不適格に該当する可能性があります。
もしこれであれば、建築行為に際して擁壁自体には全く手をつけなければ、2項道路のセットバックは不要となります。

都市計画区域に編入された時点からすでに擁壁が存在しており、以降一切手を加えていないことが確実に証明されなければなりません。
場合によっては、お住まいの区域を担当する特定行政庁の既存不適格台帳に記載が必要です。

ただ、既存不適格の擁壁は、将来にわたって一切補修などはできません。
手を加えた時点で不適格は消滅し、敷地単位で違反擁壁・違反建築物となります。
手を加えようとする時は、あらためて全体を後退させて作り替えなければなりません。
早いか遅いかの違いです。

No.2様がおしゃっている、セットバックをしなくていい塀も、このパターンです。
ただ、どれも事例は極めてまれ、と思います。

狭隘道路の問題が解決しないのは、多くが確認申請では門・塀含めてセットバックする内容で申請をしておきながら、完了検査を受検せず、実際はセットバックをしない違反者が、あまりにも多いから。
自分のわずかな土地を道路用地に提供することを惜しみ、後退にかかる費用を惜しむから。

2項道路の概念は、救済です。
本来は4m以上の幅員のものしか道路扱いをしないのを、後退を前提に道路とみなしているのだから、後退を拒めば建物は建てられない。

各人の順法精神の問題でしょう。
法が施行されてから、すでに60年ほど経過しています。
これ以降、都市計画決定以降に建てられた建築物は、既存不適格が無ければ、本来は全てセットバック済のはずですから、建物が建てこんでいる市街地では、あらかた4m未満の道などは消滅しているはずです。

それと仮に既存不適格に該当しても、今の状態で擁壁自体の安全が確認できなければ、そのままほおっておかれることは無く、法第19条を根拠に是正・後退を求められると思います。

セットバックした土地は、課税担当課に相談をすれば、登記地目は宅地のままでも、その部分だけ面積を算出し、現況地目を公衆用道路として、固定資産税の減免が受けられます。

自治体が後退用地の無償の寄付を受けるかどうかは、そこの状況によります。
今後、維持管理で手間や費用が発生しそうなら、自治体はタダでも引き受けませんから。
タダで寄付を受けるとしても、測量や分筆や登記の費用は、おそらく自治体側は負担しません。

こんにちわ。

今、検討されているということは、これから購入しようか迷っておられるのですね?
他の方がおっしゃっているとおり、そこに建物を建てようとしている建築主の費用負担になります。
敷地が高い側であれば、2項道路の後退ラインにある擁壁は、撤去しなければなりません。
根拠法令は、建築基準法の第44条になります。

自治体によっては、塀や生け垣を撤去する費用の一部を補助するところがけっこうありますが、私は擁壁をセットバックするための費用の補助をする自治体があるとは聞いたこ...続きを読む

Qセットバック破りについて

前面道路は2項道路で市が管理しています。市の所有部分の道路幅は3mです。私は建て替え時に市と協定を結び50cmのセットバックを完了しました。その時の道幅は3.5mになりました。

しばらくしてお向かいさんも建て替えを始め道路中心から50cmのセットバックを行い、前面道路の幅が4mになりました。しかし、驚いたことに家が建って確認検査が終わった直後、お向かいさんはセットバック部分にブロック塀を継ぎ足したのです!

よって道路は幅3.5mに戻ってしまっています。

お向かいさんの土地には市との境とセットバックの境を示す杭が打たれています。

お向かいさんのやっている行為には違法性はないのでしょうか?強制力をもって継ぎ足したブロック塀を撤去させるのは不可能なのですか?クルマの往来がやりやすくなると思ったのに相変わらず不便なままで困ります。

説明のため画像を添付しております。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

道路内には建築物、工作物に関わらず突き出して設けることはできません。
よって明らかに違法行為です。

道路内に建築、築造できるのは、地下や公衆便所、ブリッジなど法に定められた範囲内で、
特定行政庁から許可を受けた場合のみです。(建築基準法44条:道路内の建築制限)

お向かいさんは完了検査後にブロックを突き出したのとのことなので、違反であることは承知の上ですよね。

いきなり撤去しろというとトラブルになりかねませんので、まずは役所に充分に相談してみてください。

Qセットバックしない方法ってあるんでしょうか?

自宅建替えを検討の際に道路が狭い為、セットバックが必要だと某ハウスメーカーの営業マンから言われました。

セットバック工事費が、助成金で賄える範囲なら問題ないのですが、工事費の見積もりが2000万円も掛かると言われました。

高額な工事費の理由は、セットバック部分が10メーター程の崖で、土砂を運搬するにも道路が狭くトラックが入ってこれず割増しになるとの事です。

セットバックだけで2000万円も掛かると建物を建てる予算がないので、新築を諦めかけています・・。

もしセットバックしないで建替え出来る方法がありましたら是非教えてください。
また、特例等で助成金の上限を超える金額を受けれる場合はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

セットバックの条件があります。
通常は道路の中心線より左右に2mずつ振り分けるもので、センターバックと呼ばれます。
特例は道路の反対側が河川や海などの水面やガケなどの場合です。この場合は自分の敷地側に一方的にセットバックすることとなりますが、ご質問の敷地の周囲はどのような状況なのでしょうか?
自分の敷地側にガケがあり、反対側の敷地には道との高低差がなければ、質問者さんの敷地にはセットバックは発生せずに反対側の敷地に発生すると思われますが?
セットバックの判断は、自治体が行いますので、一度確認されてはいかがですか?
また、自治体によっては狭隘道路の拡幅に関する条例を定めているところも増えてきていて、セットバック部分を寄付すれば、工事を行ってくれるところもありますので、併せて確認されることをお勧めします。

Q42条2項道路について

家を購入して3年になるのですが、
先日隣人から、「この道は私有地だから、車の進入をしてもらって
は困る」みたいな事を言われて面食らってしまいました。
家を購入する際、不動産屋からは、「42条2項道路ですから、隣接
して建築した家の所有者は使用する権利があります」と言われて
いたので、困惑しております。確かに法務局?かなにかの図面で
確認したので、42条2項道路であることは間違いないと思うのですが、
その道路全てが私有地なんていうことはあり得るのでしょうか?
やはり、所有者の言う通りに通行する事はできないのでしょうか?
ちなみに私の所有する家以外に2件の家が建っています。
皆様どうかご教授下さいませ。

Aベストアンサー

道路の所有者も法務局で調べることができます。
個人の所有であった場合、解決策としては、その道路を使用する住人同士で所有者から道路の持分を買い、共有の道路とする案があります。
これによって、お互い気持ちよく利用できると思います。

不動産屋は使用する権利があると言っていたのに、隣人には車の進入をされては困ると言われた件について。
本来なら、私道であっても道路なのだから、誰もが道路として使ってよいはずです。
しかし、私道の問題は非常にデリケートです。
自分が所有権を持っているのに、他人に公道と同じように使われると不快に感じます。
そこで、“使用権はあるが所有権はない”人は、その道路を徒歩や自転車で使用する権利は当然にあるが、車での通行は慎んでもらいたい、ということなんです。
考え方として、まぁ妥当かなぁという気はします。

法的には、道路の所有者は他人の通行を妨害できません。
妨害されてから解決策を見い出すよりは、今話し合うことが必要に感じました。

Q4m未満の道路に接した土地。セットバックはいつやるの?セットバックの概念は??

土地が、幅員4mに満たないせまい道路に隣接しています。

4m未満の道路ですので、いつかはセットバックすることになると思うのですが、
このセットバックは、一体「いつ」行うものなのでしょう?

例えば、建物を建てたり塀を作ったり等、なにか手を加える際にセットバックするものなのでしょうか?
それとも、既に道路の中心から2mまでの部分は「セットバック状態」になっていて
既設物の撤去をわざわざしなくても良いが、手を加えてはいけない「保護区」になっているのでしょうか?

数年前、敷地内をアスファルトにしました。
道路との境目にブロックが1段だけ積んであり、ブロックギリギリまでアスファルトにしました。
このときにブロックを撤去し、セットバックした位置に新たにブロックを積み直してから
アスファルトを敷かなければならなかったのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

4m未満だから必ずセットバックがあるというわけではありません。あくまでセットバックが指定されているところが対象です。(ただ4m未満でセットバックを求められない道路だと建て替えなどでも支障が生じるので余計厄介ですが)

で、セットバックしなければならないとされている場合には、
・「既存のものはそのままでよい」
・「新規にそこに建築物(塀なども含む)を作ることは認められない」

です。ですから、ご質問のように既存のブロックが一段既に存在する状況では、そのブロックを撤去する義務はありませんが、一度撤去した後に、再び設置はできません。

Q前面道路4mは狭いですか?

家を建てる為に土地を探しており、一つ気になる物件がありました。

255m2、南4m道路に接道、間口15m、
本当は前面道路6mは欲しかったのですが、予算的に厳しいのです。駅から3キロほど離れるような場所なら接道6mあるような物件も買えるのですが・・(私が検討している物件は駅まで一キロほどです)

そこで質問なのですが、4m道路だと不便だったり、言い方は悪いですが見た目が悪かったりするでしょうか?デメリットがあればお教えください。

それか、駅から離れた6m道路のほうがよいでしょうか?

主人の父が前面道路幅をとても気にしているので、どうしたらいいか悩み相談させていただきました。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

情報不足なので一概には言えませんが、一般的な建築的なデメリットを述べます。
用途地域が住宅用の場合としてですが
1、容積率が200%だとしても4mの道路であれば160%までしか建ちません。
2、道路斜線の制限がかかり道路に近い部分は2階建ての通常の高さを取れない場合があります。160%なら3階だても!なんて思っても道路に面して高くできないので方角によってはかなり不利。

ただ、今回の土地は広めでかつ、南道路でありますので上記の問題に苦しむことなく設計できると思われます。
なので後は車の使用の際の不便ですね。車庫の間口や奥行きを普通よりは大きめに取りましょう。
見栄えは難しいですね。一般的には完成写真を撮ろうと思っても道路からではとりにくいくらいの幅ですが、これも敷地が広いので見栄えはよく作れると思います。

Qセットバック後の部分に塀が作られようとしています

セットバックについて教えていただきたいのですが。
私の家は古くからの家で前の道も狭く軽自動車がやっと入ってこれる程度でした。ただ、3年前くらいにこの道の入り口の家が壊されアパートが建ちました。この時このアパートのオーナーがセットバックをしてくれたおかげで、間口が広がり普通車が入ってこれるようになりました。現在私も普通車を自分の家に駐車しています。
ところが、最近我が家とは全く関係のない、いざこざで、このアパートのオーナーが怒り、急にセットバックした元の塀の位置に壁を作ると言い出しました。当然こうなってしまうと普通車は入ってこれなくなります。このオーナーに懇願しても聞いてもらえず挙句の果てにアパートの駐車場を(有料で)貸してあげるといわれる始末です。
今はまだ脅しかもしれませんが、近日中にも壁を作るといっています。何とか阻止する方法はないでしょうか。
(それにより困る家は我が家と最近隣に新築を立てて引っ越してきた2件です)

Aベストアンサー

>明らかに建築基準法違反なのですが罰則規定がないのが残念です。
いえ、違法建築事態に対しては罰則はありませんが、しかし、役所の命令に従わなければ罰則はありますよ。

建築基準法第9条にて、役所(特定行政庁で通常建築指導課です)は工事の施工の停止や除去、移転そのほかの命令を出すことが出来るようになっています。またこの命令に違反した場合には一年以下の懲役または300万以下の罰金に処せられます。
また違法に建築したものの撤去命令に従わない場合、役所が行政代執行により撤去することも可能です。

違法建築しようとする人にとって法律はそんなに甘くはありません。

それよりは役所の方が現実の違法建築に対して目をつぶっているだけですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング