電子書籍の厳選無料作品が豊富!

日ごろ、自衛隊や在日米軍については、何かと批判を行っている

日本の平和市民団体は、どうしてロシアに対しては何の批判もしないのでしょうか?

「平和は大事」「戦争反対」「戦争では何も解決しない」「話し合いで解決すべき」

「アメリカの戦争に巻き込まれたくない」「若者を戦場に送るな」

「どんなことがあっても戦争だけは絶対に、やってないけない」

「再び同じ過ちを起こしてはいけない」「一緒に酒でも飲めば分かり合える」

と言っていたはずが・・・

「ロシアは、その戦争を行っているんですが・・・」

というと・・・

「は?どうしてロシアばかり批判するの?」

「ウクライナだって悪いでしょ」

「戦争は、どんなことがあってもやってはいけないでしょ?」

というと・・・

「戦争をする国だって、それなりの理由があるんだよ」


「話し合いで解決すべきなんでしょ?」

というと・・・

「さっさと降伏しないウクライナが悪い」


どうして、こんな志向になるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    いいえ、その護憲派がロシアを擁護しているんです。
    北朝鮮は、日本の鼻先の日本海で、ミサイルの発射実験を繰り返しています。
    軍事演習が煽るような行為なら、ミサイルの発射実験は慈善活動だとでも言うのでしょうか?
    ウクライナは、以前には核兵器を保有していました。
    それを放棄しなければロシアは、攻めてこなかったでしょう。
    憲法9条の交戦しないとの考え方は、ロシアにとっては好都合です。
    わざわざ「私は家にカギを掛けていません」「現金や預金通帳などご自由に持って行ってください」
    「警察には連絡しませんから大丈夫です」と、泥棒に話しかけるようなものです。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2024/03/02 21:16

A 回答 (14件中1~10件)

>どうして、こんな志向になるのでしょうか?



最初から「ロシア正しい」ありきだからです。
「先に仕掛けたのはウクライナ」みたいな論調は全てそれ。

同じロジックでいえば、「ロシアはCSTOで敵対的態度を示したり、各国に居住するロシア人はマフィアを形成して治安を乱している」のだから、ロシアは侵略され、ロシア人を幾ら虐殺しても正当ということになる。

西側は理性的なので実際にはそんなことはしない。
主権国家がどことどんな条約を結ぼうと、それに干渉することは内政干渉だと知っている。外患を誘致して国内治安を著しく悪化させるような【国民】は、出自が何系であろうと罰せられるのは当然という常識を知っている。

知らないのロシアと媚露派だけ。獣とは同じ地球に住めないということをつくづく実感させられる。

ロシアと【国境を接しているNATO加盟国】は、ロシア本土とはエストニア、ラトビア、フィンランド、ノルウェー、ロシア飛び地とはリトアニア、ポーランド。何でロシアは侵攻しない? 一度、まじで遣り合うべきじゃないの?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

お礼日時:2024/03/12 07:57

よその国の事だからです。


日本人が口をはさむ事ではない。
    • good
    • 0

先に仕掛けたのはウクライナですし...(NATO参加の野心を示したり,露系住民を迫害した)

    • good
    • 0

世の中にはとにかく日本政府が大嫌いというか、「お上」のやることになんでも反対したがる連中が一定割合います。



政府がアメリカと仲良くするから連中は反米になる、そのアメリカがウクライナの肩を持つ、日本もそれに従っているから、連中はロシアの肩を持つという具合です。あまりそこに論理性はありません。
    • good
    • 3

だって活動資金は○○から出てんだから・・・

    • good
    • 2

善悪を抜きにして、国が取るべき行動としては、正解。

そもそも何故侵攻したかと言えば、西側が、ソ連崩壊後に、NATOへ、ソ連離脱した国を加え始め、ロシアとしては、安全保障に危機感をいだき、ウクライナのNATOへの加入を反対していて始めは西側も入れないと明言していたが後になって、入れると言い出した。ロシア側からすれば、明確にウソをつかれた状態だったが、ロシアは、ゼレンスキーに入るな!入れば大変な事になると警告したが彼は無視した。つまり戦争はゼレンスキーが呼び込んだ災厄。ロシアは、国家としては、正しい判断。侵攻したから悪、されたから善とか、全く馬鹿らしい事。80年前の我が国の行動も、これと似たような環境で、植民地解放と人権尊重の精神は、白人への打撃になったのは確かでアジアから植民地が消えたのは、我が国の功績。負けたから悪者にされたが良い事したのは我が国。一概に善悪は、決められない。ロシアには、ロシアの理屈があるし、冷静に考えるとロシアは世界にハメられたのはたしか。なんせ今宣伝工作はCIAがメインでやってるから、ウクライナが善、ロシアが悪と我々は、思わされている。いろいろな予言では、光と闇の戦いが最終戦争では起こるとされているが、闇は案外、我々かも知れない。
    • good
    • 1

ロシア擁護してるのは反ワク陰謀論者とプーチンのマブダチ安倍晋三信者だけですよ。

    • good
    • 0

日本の護憲はロシアを批判しているでしょう


ロシアは悪くないウクライナが悪いなどと言っている
政党や団体は無いと思います

これまでの戦争では、どちらは一方だけが
悪いわけではないです

アメリカが北朝鮮の鼻先で米韓お軍事演習をするなど
煽るような行為をしたり、戦争を誘発するような
威嚇をしている

あなたに聞くが
もしウクライナが日本だったら
どうやって戦争を終わらせますか?
すでに兵隊と民間人で3万人以上亡くなっていおり
多くの町が破壊されています
ウクライナのようにアメリカや世界各国に武器を要請し
死者5万人、10万人まで頑張るべきですか
昔の日本のように女性や子供にも武器を持たせ戦うべきですか?

憲法9条の交戦しないとの考え方は
ウクライナのように交戦して4万人、10万人亡くなることを
防ぐ考えです
この回答への補足あり
    • good
    • 0

全くの事実誤認です。

 日ごろ、自衛隊や在日米軍については、何かと批判を行っている日本の平和市民団体の親玉である日本共産党も、明確にロシアのウクライナ侵攻を批判しています。 また、ウクライナ支持も明確に表明しており、ウクライナへの支援金も送っています。 鈴木宗男などのごく一部のバカを除いて、ほぼ日本全体がロシア非難、ウクライナ支持の立場です。

2022年3月25日の、「しんぶん赤旗電子版」に、当時の志位委員長の以下のような談話が掲載されています。 

ロシア・プーチン政権のウクライナ侵略――三つの無法を糾弾する

ロシア・プーチン政権によるウクライナ侵略が始まって1カ月になります。まず、私は、みなさんとともに、ロシアの蛮行に対して強い抗議を突きつけるとともに、ロシア軍の軍事行動の即時中止を求めるものであります。(拍手)

 プーチン政権は三つの無法行為をやっています。

 第一は、武力の行使を禁止した国連憲章に反する侵略だということです。

 第二に、ロシア軍は、原発を攻撃し、病院を攻撃し、民間人を無差別に攻撃しています。マリウポリなど各地で深刻な人道危機が起こっています。これは、どういう性格の戦争であれ、どんな国であれ、守らなければならないジュネーブ条約など国際人道法に違反する戦争犯罪と言わなければなりません。

 そして第三に、プーチン大統領は「核兵器大国」ということを自慢して、核兵器の先制使用の恫喝(どうかつ)を世界に対して行っています。昨日、ロシア大統領府のペスコフ報道官は、ロシアが「存亡の危機」に陥ったら、核兵器使用もありうると言いました。絶対に許すわけにいきません。「核兵器を使うな」という声を、被爆国・日本から急いであげていこうではありませんか。

「核抑止」はいよいよ無力に――危険をなくす道は核兵器廃絶しかない
 みなさん。いま世界が目にしているのは、核兵器という兵器を人間に持たせることがどんなに危険か、核兵器というのは人間に持たせてはならない「絶対悪」の兵器だということではないでしょうか。

 核兵器保有国が核を持つ最大の理屈にしてきたのは、“核を持てば「核抑止」が働いて戦争を止められる”という理屈でした。しかし、プーチン大統領のような先制核使用を公言する、自分の国の国民が報復によってどんなに犠牲になろうと核兵器を使うことをためらわない指導者が出てくるもとで、「核抑止」はいよいよ無力だということが、世界の目の前で明らかになっているのではないでしょうか。

 ならばみなさん。この危険を打開する道――核兵器を使用させない道はただ一つ、全世界から核兵器をなくすことではないですか(「そうだ」の声、拍手)。そのことがいよいよ急務だということを訴えたいと思います。

経済制裁とともに非軍事の人道支援を――ウクライナ支援募金にご協力を
 みなさん。国際社会がどう対応するか。もちろん国際社会が協調しての効果的な経済制裁を続けることが必要です。同時に、日本の支援としては、非軍事の人道支援が大切です。日本共産党としてはウクライナ支援の募金運動に取り組んでまいりました。今日までに6846万円を、お寄せいただいたことをご報告したいと思います。(拍手)

 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とユニセフ(国連児童基金)に、第1次分をお渡しいたしましたが、そのときに私は、現地のお話をうかがいまして、350万人を超える国外への避難民の方々のほとんどが女性と子どもだということでした。しかも家族がバラバラにされる、そのことへの深い心の痛みをかかえている、心のケアも含めた国際社会の支援が必要ですという訴えでありました。

 日本国民ができる支援で一番役にたつものは何ですかと聞きましたら、「現金が一番役にたちます」との答えでした。ウクライナ支援募金に引き続き取り組みますので、ご協力をよろしくお願いいたします。(拍手)

危機は深刻だが歴史は無駄に流れていない――国際世論の包囲で侵略を止めよう
 どうやって侵略を止めるか。何よりも重要なのは、国際世論です。つまり世界の多くの国ぐにの政府と市民社会が、「ロシアは侵略をやめろ」「国連憲章をまもれ」「国際人道法をまもれ」――この一点で声をあげ、力を合わせることこそ、侵略を止める一番の力になるということを、私は訴えたいのであります。(拍手)

 あのプーチン大統領に、国際世論なんて効き目がないのではないかという声もあるかもしれません。しかし、彼が一番恐れているのは世論の力なのです。その証拠に、プーチン大統領は、“虚偽の報道をおこなったメディアを厳罰に処す”というとんでもない法律をつくりました。こんな法律をつくったら自分で自分を罰さなければならなくなりますが、こういうものをつくるということは、彼がいかに世界の世論を恐れ、国内の世論を恐れているかを示すものではないでしょうか。(拍手)

 そして私は、訴えたい。危機は深刻ですが、歴史は無駄に流れていないということを。この間、国連総会で、ロシアの侵略を国連憲章違反と糾弾し、ロシア軍の即時・無条件撤退を求める決議が、国連加盟国193カ国のうち7割をこえる141の国の賛成で採択されました。これまで国連総会で、アメリカ、旧ソ連、ロシアの行った侵略に対する非難決議があがったのはこれで6例目になります(注)。六つのケースのなかでも141カ国という数は史上最高の数となったということを強調したいと思います。

 歴史は無駄に流れていません。ジグザグはあっても平和を求める声は世界で着実に広がっている。ここに確信をもって、国際世論を広げに広げ、プーチン大統領を包囲し、侵略を止めようではありませんか。(拍手)

 (注)米ソ・ロに対して国連総会が行った非難決議は、1979年のソ連のアフガニスタン侵略、83年の米国のグレナダ侵略、86年の米国のリビア攻撃、89年の米国のパナマ侵略、2014年のロシアのクリミア併合、22年のロシアのウクライナ侵略の6例になります。

ロシア覇権主義と正面からたたかってきた党、100年間、反戦平和貫く党の躍進を
 この問題で、国民のみなさんとお話ししておりますと、「でもロシアって共産党じゃないんですか」――こういう声も聞かれるといいます。

 とんでもありません。

 だいたいソ連共産党を名乗る党が解散してから、もう31年もたっています。いまのロシアの政権は、「共産党」とも「共産主義」ともまったく無関係です。

 そして旧ソ連の時代に、ソ連が行った、1968年のチェコスロバキアへの侵略、79年のアフガニスタンへの侵略などに対して、社会主義とは縁もゆかりもない覇権主義だと、断固反対を貫いた自主独立の党が日本共産党であります。(拍手)

 ソ連の党は、私たち日本共産党に対して、「いいなりの党になれ」という乱暴な干渉の攻撃をかけてきましたけれども、すべてをはねのけて相手に非を認めさせた、そういう党であります。ですから1991年にソ連共産党が解散したときには、「覇権主義の巨悪の党がなくなったことに、もろ手をあげて歓迎します」という声明を出したのが、日本共産党であります。(拍手)

 日ロ領土問題が大きな問題になっていますけれども、この問題の根っこには、第2次世界大戦の戦後処理の不公正という問題があります。つまり、“戦争に勝った国も領土を拡大しない”、これが戦後処理の大原則だったのですが、この原則に反してスターリンが覇権主義をふるって千島列島を横取りした。ここに一番の問題があるのです。この不公正を大本からただして全千島列島の返還をという、正義と道理にたった主張を堂々としているのが日本共産党だということもお伝えしたいと思います。(拍手)

 私たちは、そういう歴史的な経験をすべてふまえまして、2年前の党綱領一部改定のさいにこういう一文を綱領に書き込みました。

 「どんな国であれ覇権主義的な干渉、戦争、抑圧、支配を許さず、平和の国際秩序を築く」

 「どんな国であれ」というところが大事なところです。世界で覇権をふるっているのはアメリカだけではありません。中国もロシアもふるっている。どんな国であれ覇権主義を許さないという立場を貫く党が日本共産党です。

 私たちは、今年で党をつくって100年になりますが、100年にわたって反戦平和を貫いてきた日本共産党を、どうか世界平和のために大きく伸ばしてください。よろしくお願いいたします。(大きな拍手)
    • good
    • 0

彼ら、左翼、オレッテイシキタカイジャン系パヨクにとっては、戦争反対や平和は方便です。

彼らにとって、敵は日本とアメリカであって、日本を貶める半島なんかは上下を問わずに大好き。

左翼は、アメリカと、アメリカと仲の良い日本が好きじゃないなので、日米安保を破棄してロシアと友好善隣条約を結べば日本が大好きになる。

イシキタカイ系パヨクは日本が大嫌いだから、歴史も含めて滅亡させて自分達が望む日本にしたがっている。だから、そんな日本と仲が良いアメリカは全否定で、立憲やれいわのように日本を破壊する主張の政党が本能的に大好き。
水道水の安全検査基準さえも否定して、ミネラルウォータであれば、独自安全基準のものを妄信する。農薬を全否定して無農薬じゃなきゃ駄目だと力説する。雁屋哲なんかをイメージすると分かりやすい。塩や塩はいいけどNaClやC₁₂H₂₂O₁₁は化調だから駄目といった頭の悪い詭弁を連発する。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A