こんにちわ、jixyoji-と申しますm(__)mペコ。

9月11日(火)に世界貿易センターが全壊したのは周知の事実ですが、昨晩のNHKで周辺の4つ(?)のビルも全壊、半壊したそうですがそれは世界貿易センタービルを中心とする「擁壁」内にあったが為軒並み地面に落ちていく感じで倒壊したようなのですが、その「擁壁」をgoogleなどで検索をしましたが今一よくわかりません。一個住宅の「擁壁」に関してはたくさんあるのですがビルに関する「擁壁」のサイトが見つかりません。素人なのでどなたか詳しい方専門家の方、ビルの「擁壁」は日本はどうなってるのでしょう?詳しいサイトもあれば教えて下さい。

日本は大型ビルはかなり地中まで基礎を打ち込みますがアメリカと日本では建築工法そのものが全く違うのでしょうか?もし日本の例えば新宿の東京都庁が世界貿易センタービルと同じ状況になったら地下7階位のクレーターができ尚且つ周辺ビルも全壊、半壊しますか?それと日本の各ビルの建築工法、基礎や擁壁がどうなってるかそのビルの管轄の行政に行って見るのでしょうか?宜しくお願いしますm(._.)m。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 世界貿易センタービルを中心に大きな地下街がありました。


 ちょうど弁当箱のうえにビルが並んでいる様子を考えてください。
 で、ほぼ中心の世界貿易センタービルが倒壊したため、弁当箱のふた(ビルから見れば地面・地下街から見れば天井)の部分がもろくなり、結果として周囲のビルも次々と倒壊することになりました。
 日本では耐震基準などから、基礎工事を地中まで行うためにこのような倒壊の仕方はしないでしょう。(素人ですので、この辺は専門家の方の回答をお願いします)

 地下7階のクレーターというのは、つまりそれだけ地下街が大きかったという事でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございますm(._.)m。

なんと・・・そういう構造だったのか・・・(゜_゜;)。確かに地下街などは狭い都心部でスペースを有効活用できて便利は便利ですがあのような危険と隣り合わせになるのですね・・凄く怖いです`s(・'・;)。幾ら日本のビルの耐震構造が地震に強いとは言え、ボーイング767級の飛行機が特攻をかけたら全壊は免れないことがわかった以上何かあった高層ビルからできるだけ遠くへ逃げないと巻き込まれる可能性が大きいみたいですね(゜o゜)。地下街や地下鉄の上にビルが立ち並ぶ場所へはこれから充分気をつけたいと思います

どうもありがとうございましたm(_ _)m。

お礼日時:2001/09/19 15:51

 すでに調べられたと思いますが、簡単に言えば擁壁は土留めの壁ということになります。


すなわち、#1でのaltyraさんの例えを借りると「お弁当箱の壁」が擁壁ということになります。

 で、私は現地を知らないんでなんともいえないんですが、多分基礎工事はちゃんと地下まで
やっていたと思われます。
 でないと、あれだけの高さのビルを維持することは不可能です。
 多分お弁当箱にお箸を貫通させた状態を想像していただいたほうがいいですね。

#地下街の道路部分は、地上でも道路部分であるはずです。

 で、まず貿易センタービルが倒壊したために瓦礫で一緒に地下街を覆う道路部分が崩壊。
地下街の天井部分はビルを側面から支えていたために、そのバランスが崩れ連鎖して倒壊…
って感じです。

 で、新宿に似たような攻撃を受けた場合…同様のことはありえます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございましたm(._.)m。

「多分お弁当箱にお箸を貫通させた状態を想像していただいたほうがいいですね。」なるほどわかりやすい例えですね(゜o゜;)。バランスが崩れて連鎖倒壊したんですね・・・うむむ・・・それが新宿の副都心にも当てはまるとなると尚更震えてきます(+_+)。

ちなみに9月19日(水)の読売新聞の夕刊に高層ビル倒壊のメカニズムを専門家を交え解説していましたがどうもビルが倒壊するか否かはほんのわずかの差だと結論づけていました。やはり高層ビルへボーイング767級のジャンボ機が特攻する事を想定してビルは建築されていないので(当たり前ですが( ;^^)ヘ..)幾らコンピュウターシュミレーションしたところで何とも言えないのが事実かもしれないですね(^_^;。

どうもありがとうございました(^^ゞ。

お礼日時:2001/09/20 17:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q擁壁(ようへき)の種類・価値?

いま不動産の勉強してまして。気になったのですが。宅地の土台部分とか、山道ドライブ中に、壁ってありますよね。擁壁です。

たしか擁壁とか門扉は、建物価格でなく土地価格に含まれるのだったと思うのですが。

擁壁でも、いろいろありますよね。粒が大きい岩だったり。面がキレイに平面で整ってたり。デコボコだったり。それぞれ、価値や強度に◆違い◆はあるのでしょうか?排水性だけで、価値が決まるのでしょうか?

表面だけフェイク岩で、内側は実はコンクリというのもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 擁壁の分類方法としては、用途による物と構造による物があります。

 用途による物としては、宅地造成用擁壁と道路用擁壁とがあります。又、それらとは別に、護岸用擁壁という物もあります。

 構造による分類としては、ブロック積擁壁、重力式擁壁、半重力式擁壁、もたれ式擁壁、鉄筋コンクリート擁壁などがあり、鉄筋コンクリート擁壁はさらにその形状によりL型擁壁(片持ちばり式擁壁)、逆T型擁壁、控え壁式擁壁、U型擁壁などがあります。

 ブロック積擁壁は、その名の通りブロックを積み上げていく形式の土留め工法で、コンクリートブロックの他に天然石を用いる物などがあります。前面に勾配が付いているのが特徴です。
 宅地、道路、護岸など割と広く使われる構造様式ですが、せいぜい5mくらいが限界です。

 重力式と半重力式は、無筋コンクリートを使ったあまり高くない擁壁で、コンクリート自体の自重で安定を図ります。前面に勾配が付いている物が多いですが、あまり勾配のない物もあります。

 もたれ壁式擁壁は、無筋コンクリートの自重を利用し、斜面にもたれさせるようにして支える擁壁です。
 比較的高い物もありますが、道路の切り土側にしか使われることはありません。

 鉄筋コンクリート擁壁は、文字通り鉄筋コンクリートで作られている擁壁で、特に一般的なのはL型擁壁です。これは、現場打ちの他、プレキャストによる工場製品も多く出回っています。
 逆T型はL型擁壁の底版の一部が前面に飛び出している形状の物で、底版幅がL型よりも小さくできますが、その分前面側に用地が必要になります。L型よりも構造上高いものが作れます。
 控え壁式は、逆T型擁壁などの背面に、壁を支えるついたてのような物があるタイプです。L型や逆T型よりも構造上強度が増すので、より高さのある擁壁を作ることが出来ます。
 U型擁壁は、2つのL型擁壁が向かい合うようになっている形状をしていて、坂路などを作るときに適用します。
 
 さらに、テールアルメ工法や、法面保護工の一種となりますが、ジオテキスタイルという物もあります。

 背面排水については、擁壁は必ず考慮します。構造による排水性の違いというのはあまりありません。
 土砂が水分を含むと、重量が大きくなるので、そのままにしておくと擁壁が転倒や沈下などを起こす恐れがあります。そのため、背面土砂の排水を速やかに行えるよう、適切な処理が施されています。

http://www.agri-ed.org/shiken/sekou/moji/text/t43.html

 擁壁の分類方法としては、用途による物と構造による物があります。

 用途による物としては、宅地造成用擁壁と道路用擁壁とがあります。又、それらとは別に、護岸用擁壁という物もあります。

 構造による分類としては、ブロック積擁壁、重力式擁壁、半重力式擁壁、もたれ式擁壁、鉄筋コンクリート擁壁などがあり、鉄筋コンクリート擁壁はさらにその形状によりL型擁壁(片持ちばり式擁壁)、逆T型擁壁、控え壁式擁壁、U型擁壁などがあります。

 ブロック積擁壁は、その名の通りブロックを積み上げ...続きを読む

Q敷地境界のもたれ壁を鉛直擁壁に変更したい

我が家の道路側の敷地境界は、深さと幅が50cmほどのコンクリート造り側溝に面しています。この側溝の横壁に接するように1:0.5程度の購買で高さ0.5m~2.5mのもたれ壁になっています。もたれ壁ですので、かなり敷地境界に入り込んでいます。この分、敷地が無駄になっているので、前面が鉛直の擁壁をくっつけて立ち上げ、もたれ壁面を滑らないように固定し、敷地を有効に使いたいと思っています。
そこで教えていただきたいのは、次の2点です。

・このような工事を勝手に行っても良いものでしょうか。宅地造成関連で市役所の許可がいるのでしょうか。
・このような工事を行った例をご存知の方、この2つの擁壁を一体化させるための良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

高さ2.0mを越える擁壁を築造する場合は確認申請が必要です。
よって、仰るような擁壁は許可が下りないと思います。
とりあえず市役所の建築課(課は違うかもしれません)等にご相談下さい。

Q擁壁(ようへき)の工事について

擁壁(ようへき)工事の業者を探しています。
信頼できる業者をどうやって探せばよいのでしょうか。アドバイスをください。
住所は神奈川です。

我が家は軟弱地盤です。(家については杭を深く打つ形で地盤補強をしました。)
家の真横には小さな用水路のようなもの(下水?)が流れており、その法面と、その上(内側)に積んだブロックで土を押さえています。
先日の地震で市が管轄している用水路の法面(幅の広いコンクリートブロックみたいなもの)の一部に亀裂ができ、我が家側のブロックにもひびが目立っています。

市はひびの入った部分についてのみは補修の検討ができるとのことでした。我が家側の工事を行って市側のものを痛めるとまずいので、そのあたりの調整もできる業者を探したいと思っています。
今回はブロックではなくコンクリートでお願いしようと思っています。
以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

神奈川県と雖も大変広いです、面積もですが
土壌地質に大差あり 且つ自治体の指導が違います
出来れば地元で信頼出来そうな業者を選ぶ
市の土木課に相談して 市の指定業者の中から候補を2・3挙げて貰うとか
東京に近いのであれば 知った業者もあるが

Q給水工事の工法は分岐工法かヘッダー工法か?

現在、新築一戸建てを検討中で給水工事の工法で迷っています。
4LDKで2階建てですが、2階に水周りはありません。給湯はエコキュートです。
お風呂使用中に台所やトイレを使用したときに水量が減ったりしないようにしたいのですが、この場合さや管ヘッダー工法がいいでしょうか?
HM標準は分岐工法でヘッダー工法にすると15万のコストアップになります。
分岐工法でも、樹脂管のサイズを大きくすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧が落ちるエコ給湯みたいなので。
あくまで個人的にですが気にならないと思います。(シャワーについては、台所等の同時使用の場合は気になる場合もあるかもしれません)
どこまで質問者様が気にするかだけの問題です。

※ヘッダーにしたからといって水量の変化は必ずあります。あくまで少ないということだけです。メンテも床下は入れるなら特に問題なしと考えます。
気になるならシャワーだけ簡易ヘッダーみたいに一番手前で分岐をして配管してもらっては?どうなるかはわかりませんが・・・。

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧...続きを読む

Q擁壁のツタ

よう‐へき【擁壁】に生えた「ツタ」が擁壁に悪影響を及ぼすと聞いたのですが本当でしょうか?。夏の強い日差しを少しでも和らげるためには残しておきたいと思っています。

Aベストアンサー

コンクリート自体は、水分が有れば半永久的に硬化していくと言われています。
コンクリートの養生的に考えれば、ツタは最高の養生シートなんです。

参考URL:http://www.hfri.pref.hokkaido.jp/kanko/kiho/pdf/kiho62-24.PDF

Q隣地に4.5mの擁壁

そこには現在住んでいないのですが、所有している隣地に、企業の遊戯施設が出来るそうで、4.5mの擁壁が事前の説明もなく出来ました。境界にはU字側溝がありそこから1m離れて作成し、建設上問題はないと言われました。とても圧迫感があるのですが、対処は出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

対処といっても…建築の法令上、改める法律はありません。
遊戯施設の場合、騒音の点からいってもあった方が良いのでは?と思います。
逆に塀がないと…騒音に悩まされて、協議の上、
両者の費用で境界上に建てるという経路をたどります。
通常だと2M程度ですね。
相手側の了解が得られない場合は自分の敷地内に塀を建てることができます。
今回の場合は「U字側溝がありそこから1m離れて」ってことになると、
1M離しているのであれば、高さに文句は言えないでしょう。
法制限もクリアしているだろうし・・・。
境界線ぎりぎりに建てられなくて良かったと思うしかないのでは?

日本では、自分の敷地内の権利の行使が優先されます。
隣地は自分の土地ではありませんので、今は更地でも周り全てに建物が建つことは覚悟しないといけません。
このため、「隣の土地は高くても買え」って言う言葉があるぐらいですから。
それが嫌であれば、地域内で事前に建築協定を結んでおく必要があります。
(例えば、隣地境界から2M以内に2M以上の塀を建ててはいけない。とか、独自に建蔽率を設定するなど…)
建築協定のマイナス面は、地域内の全員の了解が必要なのと協定がある分、資産価値が下がる恐れがある点ですね。

対処といっても…建築の法令上、改める法律はありません。
遊戯施設の場合、騒音の点からいってもあった方が良いのでは?と思います。
逆に塀がないと…騒音に悩まされて、協議の上、
両者の費用で境界上に建てるという経路をたどります。
通常だと2M程度ですね。
相手側の了解が得られない場合は自分の敷地内に塀を建てることができます。
今回の場合は「U字側溝がありそこから1m離れて」ってことになると、
1M離しているのであれば、高さに文句は言えないでしょう。
法制限もクリアしているだろうし...続きを読む

Q行政機関が昔建設した不適合擁壁の改造

前面道路の既存擁壁(不適合擁壁)が、私有地の中にあります。色々と経緯を調べていましたが、明治時代に道路を建設時に、行政機関が既存擁壁を建設したようです。この既存擁壁(不適合擁壁)の前面に、新しい擁壁を建築予定ですが、その費用を区に費用負担を依頼しておりますが、何の回答もありません。
区に費用を負担してもらう、法的根拠等ありましたら、ご教示ください。
 ・区側には、新しい擁壁を設置する旨、連絡済み。
 ・道路と民地の境界は、大正時代に確定済み。

Aベストアンサー

>擁壁を取り壊す。道路側の民地を掘削する。道路よりも低い民地側の地盤を下げる。等の道路に影響が無い工事は、許可出来ない。

これ、書き間違いだよね?

【誤】道路に影響が無い工事は、許可出来ない。

【正】道路に影響がある工事は、許可出来ない。


> <間違っていない?>
>⇒以上から、区が道路法第4条の私権の制限を行使して、道路に影響が出る工事を停止させている。
>⇒因って、擁壁が道路法に基づいた道路の付属物になる事を区が認めている。(第2条)
>⇒道路の付属物になれば、その修繕義務は、道路管理者が負うことになる。(第42条)
>⇒行政機関は、道路法に基づき、当該擁壁を補修する義務が発生する。但し、その補修方法は、建築基準法や宅地造成規制法に、因らない。道路設計基準に因る。

上記の主張はなんとなく正しそうだけど・・・でも、

擁壁が区のものだとして、それを修繕する必要があるかどうかは、質問者さんの判断ではなく区が判断することですよね。
区が質問者さんの敷地の擁壁の修繕を今すぐにやらなければいけない状況なんですか??
(区道だっていっぱいあるだろうし、予算も限られていることから、その年に修繕できる道路の構築物は限られるでしょう。「90年前の大谷石擁壁ですので、政令で定めらた技術的基準の擁壁ではない。擁壁に水抜き穴が存在していません」と書いてあるが、今年修繕をしなければいけないような状況ですか??  YESならそれを区に訴えるべきです。 NOなら区が修繕しないからと言って文句を言っちゃいけない。)


>⇒①区が、擁壁を直した場合:建築基準法を満足していないので、防護壁が必要

意味不明です。区が擁壁を直す際に、建築基準法を考慮するとは思えない。「防護壁が必要 」って、質問さんにとって必要という意味ですか。

>②区が、擁壁を直さない場合:管理義務を怠った

だから上記で書いた通り、擁壁を直さない=管理義務を怠った とどうして言えるんですか? それが言える根拠があるなら、それを区にぶつければいいでしょう。

>その損害を賠償する責任がある。

損害って何ですか?

>擁壁を取り壊す。道路側の民地を掘削する。道路よりも低い民地側の地盤を下げる。等の道路に影響が無い工事は、許可出来ない。

これ、書き間違いだよね?

【誤】道路に影響が無い工事は、許可出来ない。

【正】道路に影響がある工事は、許可出来ない。


> <間違っていない?>
>⇒以上から、区が道路法第4条の私権の制限を行使して、道路に影響が出る工事を停止させている。
>⇒因って、擁壁が道路法に基づいた道路の付属物になる事を区が認めている。(第2条)
>⇒道路の付属物になれば、その修繕義務は...続きを読む

Q擁壁の水抜き穴と側溝について

前回も擁壁の件で色々教えていただきありがとうございます。
擁壁の水抜き穴の件で教えてください。
一般的に,家同士の境界で利用される擁壁には水抜き穴を付けずに,それぞれの敷地内で水はけを考慮して排水し,水抜き穴を擁壁に付ける場合は,水抜き穴から出てきた水を処理するために擁壁の下に側溝を付けるのが一般的なのでしょうか?
水抜き穴が擁壁にあるけど,流れ出た水は隣の敷地内に流れたままの擁壁工事は工法として、おかしいのでしょうか?
道路とかに面した擁壁の場合は水抜き穴だけで側溝などは付けないが,家同士の境界の場合は水抜き穴を付けた場合は側溝を付けるのが普通だと聞いたのですが・・・。
っというのも我が家の東側の擁壁が水抜き穴があり,側溝がついておらず,うちの庭にチョロチョロと水が流れてましたが,先日お風呂の栓が抜けたように大量の水が流れ出してきました。
このような工法が問題なら何とかしてもらおうかと思い,質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し様子が解りました。
擁壁のトップ部分にお隣の土地のレベルでU字構を入れてもらい表の道路の側溝へVU管で落としてもらうよう、工事中に工務店に伝えてください。
隣も今は、家が建っていないので、雨がふると、水が来ますが、家が建てば、土地に吸収される雨量が減って、U字構でほとんど水が流れて、水穴は水がほとんど出なくなると思いますが。。。。。。

となりも家が建ちますよね????

Q境界上の擁壁の費用負担

隣地との高低差があるため、敷地購入当時、当該敷地境界内側ぎりぎりに擁壁がありました。
その後、隣地がさらに地盤面を低くし、高低差をさらに拡大したために当初の擁壁では不十分と判断し、
その隣地所有者が、隣地敷地内に境界ぎりぎりに当初の擁壁を補強する形で擁壁を造りました。そのため、
擁壁が二段階状になっています。40年近く経った現在、当該敷地の共同建住宅を建設するにあたり、
隣地にある2段目の擁壁が崩れかかっているため、隣地所有者負担で擁壁を補修させることはできるでしょうか。
擁壁を隣地所有者と共同で造ったのであれば、当時費用負担の取り決めがあったのかもしれないところですが、
土地購入時(当該土地は隣地所有者から購入)の写真を見る限り、1段目の擁壁しかなく、2段目の
擁壁は、後から隣地に建物を地盤を下げて建設する際に造られたので、2段目の擁壁にかかる費用負担
は全額隣地所有者と考えていいでしょうか。もしこのまま、当該土地に共同住宅等を建設した場合、その
影響で擁壁が完全に壊れ、さらには隣地建物にも損害を与えてしまっては、隣地所有者に擁壁を負担させ
るどころか、当方が擁壁や隣地建物を損壊したとして費用負担が生じてしますので、なんとか隣地所有者
に崩れかかっている二段目の擁壁を修理させたいのですが、いい方法はないでしょうか。

隣地との高低差があるため、敷地購入当時、当該敷地境界内側ぎりぎりに擁壁がありました。
その後、隣地がさらに地盤面を低くし、高低差をさらに拡大したために当初の擁壁では不十分と判断し、
その隣地所有者が、隣地敷地内に境界ぎりぎりに当初の擁壁を補強する形で擁壁を造りました。そのため、
擁壁が二段階状になっています。40年近く経った現在、当該敷地の共同建住宅を建設するにあたり、
隣地にある2段目の擁壁が崩れかかっているため、隣地所有者負担で擁壁を補修させることはできるでしょうか。
...続きを読む

Aベストアンサー

隣地との実際の敷地高低差はどの位なのでしょうか?
今回の共同住宅建設において自敷地内の擁壁は触りますか?
またその擁壁への負荷の検討はされているのでしょうか?
また擁壁への負荷を考慮した建築計画になっているのでしょうか?
その地域は宅造規制区域内ですか?

恐らく40年も前の擁壁であればいつ崩れてもおかしくないものかもしれませんね。
新規に建設となれば二段目の擁壁の補修の要求というよりも、自敷地内で二段目の擁壁に影響を与えないような擁壁を作り直さないといけないかもしれませんね。
影響を与えない根拠を示したにも関わらず二段目の擁壁が崩壊となれば隣地側の責任も問えるかと思いますが。

Q隣家との擁壁のトラブル~その後~

以前、擁壁について相談をしたものです。その後、お隣さんと相談およびお願いにあがったところ、何とか削除されたよう壁について再工事をすることに話がまとまりました。しかし、一度、削除されたよう壁部分に同じようにつなげると強度面で不安があるようなことを聞いたことがあるのですが、知っている方教えていただけたらと思います。
現状
お隣の接する面(長さ約20m高さ2.5m)の擁壁をしてあるのですが、中央部分幅6.3mは擁壁が1m低く高さ1.5mほどしかされて折らず凹状のようになっており、今回その削除された部分に擁壁を再工事で建てる予定です。
我が家として
(1)削除された部分を他の擁壁と揃える形に建てる
(2)削除された部分を他の擁壁の壁厚(20cm)のうち数cm我が家側にずらし建てる。
(3)削除された部分を他の用壁の壁の後ろ側(擁壁に接するように)建てる。
のいずれかにしようと思っております。
ただ、(2)(3)の擁壁を我が家側にずらすというのは、相談の中に出てきたことでなるべく要望に答えられたらと思っているのですが、そのために、擁壁の役割および強度面で劣るようでは困るのですが、いかがなものでしょう?
さらに、擁壁をずらす部分は防犯上大人の足がかかりにくい範囲であることも重要かと思うのですが、あわせて皆さんのご意見を聞かせていただければと思います。
長文で失礼致しました。

以前、擁壁について相談をしたものです。その後、お隣さんと相談およびお願いにあがったところ、何とか削除されたよう壁について再工事をすることに話がまとまりました。しかし、一度、削除されたよう壁部分に同じようにつなげると強度面で不安があるようなことを聞いたことがあるのですが、知っている方教えていただけたらと思います。
現状
お隣の接する面(長さ約20m高さ2.5m)の擁壁をしてあるのですが、中央部分幅6.3mは擁壁が1m低く高さ1.5mほどしかされて折らず凹状のようになっており、今回その削...続きを読む

Aベストアンサー

>やはり心配な点があるのでしょうか?

 既存の擁壁が現場打ちなら何とかなるかも知れませんが、プレキャストだとどうにもなりません。壁厚が薄いですから、打ち継ぎでは強度が全く出ないでしょう。
 建築確認が必要な構造物となりますから、構造計算を行う必要があります。打ち継ぎを行う場合の構造計算というのは聞いたことがないですが、その辺もしっかりやってくれる業者かどうか、でしょうね。
 わたしだったら、基礎からやり直しますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報