dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

松田聖子、中央大学法学部通信教育課程を卒業「法律を学ぶことができた4年間は素晴らしい時間」 Yahoo
※凄いですよね?

A 回答 (7件)

若い時分、彼女は歌手になることを目指し、一直線に突き進んできました。


紆余曲折を経て、高校卒業直後の1980年4月1日に歌手としてデビュー。

恐らく幼い頃から歌手になる夢を持っていたものの、中学/高校と学生時代の大半を勉学に費やして来なかった、出来なかったと言う後悔の念と言うか、負い目のようなものが、大人になってずっと後の中年期以降に大波のように押し寄せたのではないですかね。

もともと向上心や向学心が強かったことに加え、あれだけ成功を収める歌手になるだけの実力と共に運も備わっていましたが、彼女の中に学業に対する純粋な探求心があったのでしょう。
勉強をしたいと言う素直な気持ちが集約され、一昨年暮れに娘さんを亡くしたことできっと一時何も手に付かなかったと思いますが、4年間で立派に修められました。
素晴らしいことと思います。
    • good
    • 0

むしろ、、、



高校を卒業して18歳の4月にデビューしてから、スターダム一直線で寝る暇もなく仕事をしていたのでしょう。そうした、トップスターが大学卒業しようと思う方が凄いです。
    • good
    • 0

学ぶ姿勢が素晴らしいです。

    • good
    • 0

中央大学法学部通信教育課程を4年で卒業するのは大変なことです。



中央大学法学部通信教育課程、レポートの添削にも力を入れていています。 レポートは難しいですが、合格するまで、レポートを何度提出しても添削料がかかりません。 しっかり調べて書いて、自分が納得できるまで何度も挑戦することができます。

因みに通信課程の場合は入学に際し、学力試験はありません。 しかし、学習難易度は、通学と同じレベルです。 入学は簡単ですが卒業は難しいと覚悟する必要があります。 中央大学通信教育課程の卒業率は、だいたい7%くらいと言われています。 レポートを5通以上提出した人の卒業率でも、26.5%です。 レポートも科目によりますが合格するのは大変です。 特に刑法と刑事訴訟法、刑事政策など、刑事法関係は異様に難しくなっています。 また、卒論が必須なので、卒論を完成して合格するまで至るにはかなり骨が折れます。

中央大学法学部通信教育課程は、レポートが厳しく評価される等、しっかり法律が学べる通信制大学ですが、簡単に卒業できるわけではありません。 その分、卒現生の多くは、税理士・社会保険労務士・行政書士などの資格試験に合格者しています。

以上の通り、松田聖子が中央大学法学部通信教育課程を4年で卒業したことは「凄い」と言えます。
    • good
    • 1

通信課程ならどうにでもなる。


別に凄くはない。
欲しかったのは法律の知識ではなく冠でしょう。
    • good
    • 1

通信制大学を4年で卒業は見事です。

    • good
    • 1

はい凄い

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A