最新閲覧日:

先ほど、NHKで放映されたNHKスペシャルを最後のほうだけ見たのですが、地球に生命が存在するのに木星の存在が必要で、木製型の惑星を探すことが地球のような生命のいる惑星を見つけることにつながるという内容でした。

最初の方を見ていないので、なぜ地球に生命が生まれるのに木星が必要かということがわかりません。
放送をご覧になった方、おられましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

NHKスペシャルはおもしろいですね。


回答ですが、太陽系の外縁部には、無数の小惑星が存在しているそうです。
これが、なにかの拍子に太陽に向かって(引力に引かれて)動きだすらしいのです。これが、彗星や巨大隕石のと呼ばれるものらしいです。
木星は地球より外側の周回軌道にあり、木星の強力な引力によって、隕石等をひきよせたり軌道を大きく変えてしまうらしいのです。

もし、木星のような巨大惑星が存在しなかった場合、地球に衝突する隕石の数は現在の1000倍の量となっただろう、つまり、ディープインパクトのような隕石の衝突が頻繁に発生していたら、生物の進化、文明の発展にとって非常に都合が悪い。
というのが質問の根拠のようです。

個人的な考えでは、仮に木星が存在しなかったとしても生命はたくましく進化を遂げたのではないかと思うのですが・・・。
そうでなくても、現在の地球はぜんぜん別の姿になっていたのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただいてありがとうございました。
気になっていましたが、すっきりしました。

お礼日時:2001/09/24 08:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報