このカテゴリーとは違うかもしれないですけど
どこに当てはまるのかわからなかったので
ここに質問します。

僕のは名前は、こうすけ と言うのですが

ローマ字で書く場合
kousukeなのでしょうか?それとも
kosukeなのでしょうか?

野球のイチローも
ICHIROUではなく
ICHIROと表記してますよね

いったいどれが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

小学校で最初に習う訓令式なら


Kousuke

ヘボン式なら
Kosuke
になると思います。

パスポートを作るときに
「長音表記」を選べますので
そのときに
おー をoh に届けると
Kohsuke
となります。

訓令式は日本だけでしか使われないし、
ヘボン式なら外国人の発音に近いと
言われていますから

Kosuke または
Kohsuke で
表記する方がいいでしょう。

参考URL:http://66.102.7.104/search?q=cache:_gpvkBADUeEJ: …
    • good
    • 0

 英語で「オウ」という二重母音と「オー」という長音が区別される影響で,最近の人は「オウ」を「オウ」と発音しているかもしれませんが,日本語の本来の発音は


「オウ」という表記で「オー」と発音します。
「コウスケ」という表記でも発音は「コースケ」です。
ローマ字というのは日本語の発音を英字表記したものですから,Kosuke が正しいと思います。
    • good
    • 0

人名の表記には通常ヘボン式ローマ字を使います。



パスポートなどに使われてます。
通称ならこだわる必要はありませんが氏名を英文で表記するときはヘボン式ローマ字を使います。

ヘボン式なら kousuke です。
イチローは ichiro です。

参考URL:http://www.nta.co.jp/kaigai/hebon.htm
    • good
    • 0

ローマ字には、いろいろな表記法があります。

長音にアッパーバーを付けたりすることなどもあって、これが正解と一つに絞ることは無理なようです。
ただ一つ言えることは、あなたの名前が「コースケ」か「コウスケ」かによって大きな違いが出てきます。
詳しくは、参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.halcat.com/roomazi/iroiro1f.html
    • good
    • 0

「こうすけ」であればKOUSUKE。


「こーすけ」であればKOSUKE。
しかしながら、ローマ字表記は、単にひらがなを英字表記して読みやすくしているだけなので、正解はないともいえます。
    • good
    • 0

ローマ字ならkousukeです。


ただ、英語標記とすればkosukeですね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘボン式ローマ字で、かとうを、KATOで、よめるか?旅券の話です。

ヘボン式ローマ字で、かとうを、KATOで、よめるか?旅券の話です。

Aベストアンサー

読めません。ローマ字は外国人向けに発音を示すための書き方ではありませんから、外国人が正しい発音で読めないのは当然だし、それで全く問題ありません。けれども日本人が見ても読めないのは大問題です。

ローマ字は日本語なので正しいローマ字なら日本人が見れば正しい発音で読めます。ところが旅券で使われる「外務省ヘボン式」は読めません。これは英語の書き方であって、正しいローマ字ではないからです。自分の名前を(場合によっては自分でさえ正しく読めない)外国語の書き方にしているわけで、国際的にも恥ずかしい状況だと言えます。

Q正確なローマ字表記、英語表記が分かりません…

共友社、、という個人事業での会社を設立したいと
思っています。ですが何分、学が足りないため、
正確なローマ字表記、英語表記が分かりません、、

親切な方いらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか。
読みは、きょうゆうしゃ、きょーゆうしゃ

どちらでも構いません、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

パスポートなどで用いられるヘボン式だと

Kyoyusha

となります。
「きょゆしゃ」と読まれかねませんが仕方ありません。
o と u の上に - か,∧ をつけることもありますが,
外国の方に読んでもらうための表記としては
Kyoyusha とするのがいいと思います。

たとえば「北九州市立大学」は
The University of Kitakyushu
としています。
http://www.kitakyu-u.ac.jp/

Tokyo もそうです。

Qヘボン式ローマ字 氏名表記

こんにちは

表彰状にヘボン式ローマ字で名前を入れるのですが
判断に迷っているものがあります
(1)ショウコ→shoko? shouko?
(2)ミユウ→miyuu? miyu?
どちらが正しいでしょうか?

初歩的な質問で申しわけございませんが
ご指導よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

「ヘボン式ローマ字」という事なら・・・・

  (1) ショウコ → shoko
  (2) ミユウ → miyu

 下記サイトに『姓または名の末尾であるか否かに関わらず、ふりがなを「う」としたものは「U」を入れない』で『ショウタ → SHOTA』『中條(ちゅうじょう)→ CHUJO』って例がありますから。

 http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/
 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/2315/hebon.html

 ただし,「ヘボン式」でなければ,「shouko」や「miyuu」も正しいでしょう。表彰状なら,「ヘボン式」に拘らず,本人の希望する方で良いのではないでしょうか?

参考URL:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/, http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/2315/hebon.html

Qローマ字表記

こんにちは。ローマ字で「ゆうすけ」と打ちたいのですが、Yuusukeとyusukeあるいはuの上に棒を引くやつのどれでうったらいいのでしょうか??
また、伸ばすときに母音の上にひく棒の打ち方も教えて下さい☆

Aベストアンサー

Yusukeで良いと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/samito/romaji.htm

Qヘボン式ローマ字

こんにちは

ヘボン式ローマ字表記について質問させていただきます。
加藤はKatoと表記しますが。
新津(にいつ)はNiitsu or Nitsuどちらの表記が正しいでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

パスポートの申請をするときなど、例外もありますがヘボン式を使いますよね?

長音で省略できるのは、原則的に「オオ」か「オウ」のときの「o」「u」だけです。
よく、表記例で見かけるのが、「東宮御所」の「東宮(トウグウ)」を「Togu」と表記するというのを見かけます。

ニイツ(ニーツ)は、原則的に省略できませんので、「Niitsu」と、「i」を2つ使うのが正しい表記、といえると思います。

ただ、パスポート申請の場合は、特別に「非ヘボン式」使用の申請書を出せば、使えるかもしれませんが、そんなことをしたことないので・・・

Qガッチャンのローマ字表記

僕のあだ名はがっちゃんです。
ローマ字表記を教えてください。

gacchan?
gatchan?

それとも他に?

Aベストアンサー

No.2で回答したものです。
参考URLがちゃんと表示されていないようでしたので、
改めてこちらに書かせて頂きます。
http://www.nta.co.jp/kaigai/hebon.htm
http://www.halcat.com/roomazi/iroiro1f.html

ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

Qヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。

ヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。

ヘボン式では「ふ」は "fu" ですが、なぜ "f" を使うことになったのでしょうか?
ヘップバーンは "hu" だと human や humid のように「ヒュー」と発音するから短母音の「ウ」を出すためには "f" の方が良いと判断したのでしょうか?

つまり、Huji、 Hukui、 Hirohumi などの表記を見せると「ヒュージ、ヒュークイ、ヒロヒューミ」のように発音すると思ったのでしょうか?

Aベストアンサー

yoko_igaさん、こんにちは。

>>>ヘップバーンは "hu" だと human や humid のように「ヒュー」と発音するから短母音の「ウ」を出すためには "f" の方が良いと判断したのでしょうか?

それはありえないと思いますよ。
fuel, fuse, confuse, fusion ・・・
のように、フーではなくフューという発音を含む英単語はたくさんあります。

food の foo は、日本語的な発音の「ふう」と似てはいますが、違います。
(fの発音は、下唇を上の前歯に触れさせて発音します。日本語のフはそうではありません。)
これは、「し」を si ではなく shi としても、依然として発音が違うことと同様です。
「違う発音だけれども、聞いたときに(印象が)なるべく近い音を選んだ」ということにすぎないのです。

Q名前のローマ字表記について

「ゆうや」
「ひむか」

をアルファベット表記にするとそれぞれどんなスペルになるのか教えてください。

yuya・yuuya

himuka・himka・himuca・himca

いろいろ考えてみたのですがどれが正しいのかわかりませんでした。

また、日本人の名前をアルファベットで表記するときの法則などがもしあったら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

 学校などで教えるのは訓令式で、一応はこれが正式なものとされています。
 ただ、パスポートに記載する氏名などについてはヘボン式が正式です。
 前者は文部科学省、後者は外務省の所管です。

 おたずねの名前については、どの方式でも次のようになります。ただし、パスポートへの記載の場合、長音などでヘボン式に依らない氏名表記が認められる場合もあります。

「ゆうや」→"Yuya"
「ひむか」→"himuka"

http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&id=1000003935&clc=1000000068
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/index.html

Qパスポートのヘボン式ローマ字は強制ですか?

パスポートの氏名表記について、ローマ字はヘボン式に統一
されており、外務省ホームページなどでも、
「”ゆうこ”はYUUKOではなくYUKOと表記する」など、
具体的に書かれています。
これは強制力を持つものなのでしょうか?

子供の名前が上記例の”ゆうこ”に似た名前で、親としては
音を忠実に表記したいので、YUKOではなくYUUKOと書きたい
のです。
「ウチの子は”ゆこ”じゃないっっ」っていう思いです。

ヘボン式でない表記について云々、という説明もありますが、
基本的に外国名(姓含む)の場合を想定しているように読め
ますので、生粋の日本人である我が家の場合は当てはまらな
いのかな、と思っています。
この辺についても解説頂けると助かります。

できればパスポート行政に従事されているような方からコメ
ントを頂けるとうれしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ゆうこをYUKOと書こうがYUUKOと書こうが、それって既に日本語ではありませんね(戸籍ではそうなっていないという意味です)。つまりYUKOあるいはYUUKOは「ゆうこ」をアルファベットで記す便法に過ぎない、つまり一種の記号であると私は思っています。そうだとすると一定した表記法が決められていないと、日本人も外国人も混乱するでしょう。海外で聞かれたら、YUKOはユーコと発音するのだと説明すればいいのではありませんか。ヘボン式にしろ訓令式にせよ、ローマ字は日本語の発音を近似的に表現しているに過ぎません(たとえばローマ字では鼻濁音は無視されているし、あるいは役者を日本語で発音すればYakshaに近いがローマ字ではYakushaと書く約束になっているし、備中という地名をローマ字でどう書きますか)ローマ字で「正しく」書いた自分の名前を外人がアクセントを含めて正しく発音してくれることなどまずないといってよいでしょう。逆に外人の名前や地名も日本人が正しく発音できるなどということもまずないと思います。要するにその人や場所を特定するための記号だと思えばいいのだと思っています(それ以外に方法はないのですから)。

ゆうこをYUKOと書こうがYUUKOと書こうが、それって既に日本語ではありませんね(戸籍ではそうなっていないという意味です)。つまりYUKOあるいはYUUKOは「ゆうこ」をアルファベットで記す便法に過ぎない、つまり一種の記号であると私は思っています。そうだとすると一定した表記法が決められていないと、日本人も外国人も混乱するでしょう。海外で聞かれたら、YUKOはユーコと発音するのだと説明すればいいのではありませんか。ヘボン式にしろ訓令式にせよ、ローマ字は日本語の発音を近似的に表現しているに過ぎま...続きを読む

Q人の名前のローマ字表記について

例えば、一郎(いちろう)
という名前で

Ichiro と表記する人もいればIchirouと表記する時もあります。
実際どちらが正しいのでしょうか?
日本人の名前で最後尾が伸びている場合uをつけるべきかつけなくてもいいのか迷います。

外国人の方はそのuあるかなしかで理解頂いているのか疑問に思う事もあるのですが、
実際uつけなくてもつけても通じるのでしょうか?
それともあまりたいした違いはないとか?

ずっと疑問に思っていたのですが、ややこしい質問ですみません。

Aベストアンサー

いろいろなご意見の回答があるようですが、
単純に法的な裏付けで言うなら、
「ローマ字のつづり方」(昭和29年12月9日付内閣告示第一号)によると、
 1.一般的に国語を書き表す場合は、第1表に掲げたつづり方による
   ものとする.
 2.国際的関係その他従来の慣例をにわかには改めがたい事情にある
   場合に限り、第2表に掲げたつづり方によってもさしつかえない.
ことになっています。

そして、〔備考〕として、
「上記第1表(訓令式)のほか、下表のつづり方が用いられることもある.」
として、「ヘボン式」「日本式」が挙げられています。

また、〔そえがき〕の中には、
「○長音は母音字の上に^をつけて表す。
   なお、大文字の場合は母音字を並べてもよい」
との説明もあり、Oosakaの例が挙げられています。

〔備考〕の中には、
「○旅券の氏名記載には、ヘボン式を用いる.
 また、オ列長音の表記に「O」「OH」のいずれかの表記を
 選択することができる (「佐藤」を「SATO」または「SATOH」とするなど).」
とも書かれてあります。

そこで、質問者様の疑問に対しては、
「Ichiro」若しくは「Ichiroh」とするのが、適切ではないかと思っています。

長音として、「u」を付けることはあり得ません。
多くの方々が言われているように、外国人から見たら長音としては理解されず、
違った発音で呼ばれることの方が多いからです。

いろいろなご意見の回答があるようですが、
単純に法的な裏付けで言うなら、
「ローマ字のつづり方」(昭和29年12月9日付内閣告示第一号)によると、
 1.一般的に国語を書き表す場合は、第1表に掲げたつづり方による
   ものとする.
 2.国際的関係その他従来の慣例をにわかには改めがたい事情にある
   場合に限り、第2表に掲げたつづり方によってもさしつかえない.
ことになっています。

そして、〔備考〕として、
「上記第1表(訓令式)のほか、下表のつづり方が用いられることもある....続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報