自分のお店を開く時の心構えとは? >>

 知りあいが困っています。何か良い情報がありましたら,教えてください。
 股関節の人工関節手術後,股関節脱臼と感染により,人工関節を抜去し,ほとんど関節がない状態です。一応,杖を使って歩くことは可能ですが,関節が非常に不安定で杖なしではまったく歩くことができません。かばって歩いているうちに反対側の足,特に膝も痛くなってきております。
 主治医には再手術で人工関節を入れることは不可能といわれております。
 手術前はゴルフなどもできるほど,元気に動くことができました。関節を固定して関節を安定させ,とにかく歩行ができるようにしたほうが良いのではと話をしてくれる人もいます。
 セカンドオピニオン,良い治療法あるいは手術のうまい病院や医師,なんでも良いです,情報がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>人工関節を抜去し、ほとんど関節がない状態です。

一応,杖を使って歩くことは可能ですが

人工関節というと「骨盤側の臼」と「大腿骨の骨頭」と両方とも置換&取り去ったのでしょうかね?

その方の詳しい情報が無いので自信ないのですが、股関節を構成する骨等が無い状態で歩き回る事は、(私としては)お勧めしません。患側には加重出来ませんから、多分「ほとんど片足歩き」のような感じだと思います。良いほうの膝は更に負担がかかりますし、骨の無い関節部もどんどん破壊される危険があります。

周囲の骨がしっかりしていれば再手術の可能性は否定されません。「再手術不可」ということは、「もともと骨がかなりもろく」て、はじめの手術も「上手くいくかどうかの賭け」だったのだと思います。そして「感染によって骨が結構ひどく障害を受けてしまった」ために、たとえ再手術してもセメント(接着剤・パテ)やスクリュー(ねじ)等による固定が上手くいかないであろう と、担当医は考えておられるのでしょう。

セカンドオピニオンを求められるのでしたら、人工関節置換術をよくおこなう先生に診てもらえるといいですね。例えばリウマチ患者さんが遠方からも集まるような、入院施設もしっかりしている整形外科(総合病院や大学病院も○)が近くにあると宜しいのですが。。。
とりあえず、ある程度の規模の病院にいる整形医にお尋ねになるとイイです。詳しい先生の紹介もしてくれると思います。

「受傷以前の状態に戻ろう」とこだわったり、「歩くことに固執」しないほうが、かえって予後が良いものになりそうな気がします。車椅子を上手に使う練習をおこなうほうが、結果としてその方のQOLを上げるかも知れません。

ただ、良い治療法が見つかるか開発される日までに お尻周りや下肢の筋肉が落ちないように、筋トレはずっと続けて貰ってください。関節部は動かさずにグーッと力を入れ続けるような感じで です。(骨の状況に合わせてエクササイズ・プログラムを組む必要があるので、実際の訓練担当の意見を守ってもらってください。)

以上、簡単ですがご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切かつ詳細なアドバイスありがとうございます。
荷重は体重の1/3程度は可能なので杖1本で歩行,きついながらも室内歩行程度の距離は可能です。路面状況が悪いとさらに歩行距離は低下します。
おっしゃっていること,内容はもっともです。
しかし,まだやりたいこともたくさんあり,歩行をまったく捨てることは到底考えられません。
できれば関東地方などに良い大学病院なでご存知内でしたら教えていただきたく思います。
インターネットアドレスでも良いです。

お礼日時:2005/06/14 22:20

私は自骨で股関節の手術を受けました。


私が知っている先生は、M先生(男性)とH先生(女性)です。
2人は、考えも正反対の先生なので、2人に診てもらうのはどうでしょうか?
2人とも股関節において、名医で関東で診察できます。

H先生 http://www004.upp.so-net.ne.jp/take-dr/
M先生 http://www.kokansetsu-murase.com/

よい方向に向かうといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。
もう少し情報を集め 2,3の病院に絞って近いうちに診察していただく方向で検討しております。
また情報がありましたらお教えください。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/21 19:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工股関節手術の失敗例

伯母が昨年人工股関節手術をしたのですが、疑問に思う事があるので。。。
通常、2時間もあればこの手術は終わりますが、出血が止まらず、輸血しながら7時間にも及びました。なんとか命は取り留めましたが、術後、意識が混濁し、ベッドで絶対安静の時期に腕にさされている管を全部はずして、ベッドから起き上がり、どうやって歩いたのかわかりませんが、意識のないまま院内を夜中に徘徊し、独り言を言いながら歩いていたところを看護士さんが見つけてくれ、ベッドに戻されたのですが、本人は一切記憶がないのです。ちなみに精神的な病気は一切ありません。7時間にも及ぶ手術、出血多量の原因を担当医に聞いたところ「骨を切れば血はでます」と答えたのみで、理由を教えてもらえませんでした。何度聞いても答えてくれず、話をそらされるのです。医療関係の友人に相談すると、ミスを隠しているのだと皆同意見です。手術の時には、執刀医、助手らしき人が数人、大きな手術室に複数の患者(手術を受けている)がいたそうです。私立の医科大学付属病院で、有名な先生で全国から患者がおしよせてくるので予約は半年待ちですが、実際の手術は助手にさせているような印象を持ちました。手術の際、慣例なのでしょう、御礼としてかなりの額を包む事になっていたので、他の患者さんと同じように御礼を渡しましたが、執刀医を名乗る先生は黙って素早く受け取り、ポケットに入れたので驚きました。出血多量で死の危険があり、なんとか切り抜けたものの理由も説明されず、術後、かなり衰弱して結局新たな感染症を引き起こし、現在別の病院で入院治療中ですが、予後の厳しい病気で予断を許さない状況です。人工股関節手術で動脈や静脈を切ってしまい、出血多量で死亡した例がありますが、仕方ないこととして済まされるのでしょうか?これが病院、医療の常識でしょうか?ご意見をいただければ幸いです。

伯母が昨年人工股関節手術をしたのですが、疑問に思う事があるので。。。
通常、2時間もあればこの手術は終わりますが、出血が止まらず、輸血しながら7時間にも及びました。なんとか命は取り留めましたが、術後、意識が混濁し、ベッドで絶対安静の時期に腕にさされている管を全部はずして、ベッドから起き上がり、どうやって歩いたのかわかりませんが、意識のないまま院内を夜中に徘徊し、独り言を言いながら歩いていたところを看護士さんが見つけてくれ、ベッドに戻されたのですが、本人は一切記憶がないのです...続きを読む

Aベストアンサー

伯母様のご年齢や合併症の有無、股関節の変形の度合いなども
不明ですし、その場を見たわけでもないのではっきりしたことは言えませんが、
ご質問の内容から推察する限りの私の印象ということでお聞きください。

私もミスを隠しているとは思いません。

理由を教えてもらえなかったと感じていらっしゃるようですが、
「骨を切れば血は出ます」というのは十分な理由です。

骨からの出血は、筋肉などの組織からと出血のしかたが違います。
筋組織からの出血であれば血管を結紮したり、電気メスなどで凝固したりして
止血できますが、骨からの出血は止めようがないということです。
手術中も術後もじわじわと出血し続けるので、
骨を切る手術はどうしても出血量が多くなります。

通常は他の人の血を輸血せずに済む範囲であることが多いですが、
出血量が多くなると輸血が必要となることはそれほど珍しいことではありません。


>実際の手術の手術は助手にさせているような印象を持ちました

手術はチームで行うものなので、執刀医の監督のもとに助手がなんらかの
操作を行うことはありえます。
しかし、出血量も多く7時間もかかっていてるというような危険な状況で、
最終責任者である執刀医でなく、助手が中心となって手術をしているとは
考えにくいと思います。


人工股関節の手術は大量に出血することがある程度の確率で起こりますので、
それ自体は医療ミスとは言いません。
ご質問にある出血多量で死亡したという例については、
輸血などの適切な処置がなされていたかどうかが問題となってくると思います。


以上は私の推測ですので、気になるようであれば
直接、担当の先生と会う約束をして、すべて聞いてみるのがよいと思います。

病室に診察しに行ったときに呼び止められて説明を求められることもよくありますが、
その場で十分な時間を取れず、しっかりとしたご説明ができないことも多々あります。
詳しい話を聞きたいときは、あらかじめ会う約束をしておくのがよいです。


伯母様が一日も早く回復することをお祈り申し上げます。

伯母様のご年齢や合併症の有無、股関節の変形の度合いなども
不明ですし、その場を見たわけでもないのではっきりしたことは言えませんが、
ご質問の内容から推察する限りの私の印象ということでお聞きください。

私もミスを隠しているとは思いません。

理由を教えてもらえなかったと感じていらっしゃるようですが、
「骨を切れば血は出ます」というのは十分な理由です。

骨からの出血は、筋肉などの組織からと出血のしかたが違います。
筋組織からの出血であれば血管を結紮したり、電気メスなどで凝固したりし...続きを読む

Q妻が股関節の手術をします。経験者の方教えて下さい。

人工股関節置換手術をします。
手術後はかなり関節の動きに制限があるみたいですが、SEXはだいじょうぶでしょうか?

Aベストアンサー

大丈夫ですよ。

体重を掛けない事が一番大切な事です。
理学療法士に質問すれば体位なども教えてくれます。
恥ずかしがらずに聞いて下さい。

関節手術は要するに、わざと骨折させるようなものです。
そう想像すると、養生のサポートが楽だと思います。
骨折なら身近な人に経験者も多いので、参考になること聞けますよね。

術後傷は早く癒えますが、痛みを感じる期間が長い(自然になるまで三年くらい)ので、
それを理解して、優しくしてあげてください。

以後一生、長い時間の立ち、歩き、重い荷物を持つ事が良くありません。
ガラスの靴ならぬ関節を履かせてあげたと思い、奥様を大切にしてあげてくださいね。

お幸せに!

Q人工股関節を入れたら足の長さが1CMズレました。医療ミスでしょうか?

人工股関節を入れたら足の長さが1CMズレました。医療ミスでしょうか?

知人が6月に人工股関節を入れる手術を受けたのですが、
両足の長さが1CMズレてしまっていて違和感を感じると
のこと。実際歩き方もぎこちないです。これって医療ミ
スなんでしょうか?
手術を担当した医者は、人工物を入れる以上それぐらい
は許容される誤差の範囲だとの趣旨の話をしたというの
ですが、本当ですか?

Aベストアンサー

許容範囲でしょう。
中には5cmくらい違う人もいるそうです。
7cmというのが私の聞いた中で最大。
人工関節ではなく、自骨を使ったRAOなどでも長さは変わります。
1cmでは、医者は「おれって上手いじゃん」と思っているかもしれません。

私も人工関節入れていますが、ちょっとずれている気が・・・
(足では無いですが)

1cmなら靴底などで調整すればいいだけです。

Q股関節置換術後の筋トレ・柔軟体操について

先天性股関節脱臼症だったいとこが、昨年に引き続き、2011年3月に股関節置換術をうけました。
42歳です。
片方の術後から、姿勢が良くなり、
両足の置換術後は歩くのがとても楽になったと喜んでいます。

現在職場復帰していますが、先日の術後健診で、『股関節が固い』と言われたそうです。
本人は、結構ショックだったようですが、
リハビリについては、術前も術後も これといった指導はありませんでした。
術後 2、3日で「はい、歩いてみましょう。」と言われて、おっかなびっくり歩いて見せたところ、
「あぁ、歩けるね。痛くない?! そう、なら大丈夫。」とのこと。
次の日から、院内を歩き回るように指示されただけです。
1か月程で退院しました。
今は、日常の動作に支障は無いですが、
指摘されたように、股関節が固く、
床にお尻をついて座って、両足を75度開くのがやっとです。
生まれてからこれまで、開脚というものをしてはいけないと言われていたのですが、
人口股関節になったら、筋トレや柔軟体操をして良いのでしょうか?!
また、やっても良いトレーニング(リハビリ)や柔軟体操がありましたら、
教えて下さい。

先天性股関節脱臼症だったいとこが、昨年に引き続き、2011年3月に股関節置換術をうけました。
42歳です。
片方の術後から、姿勢が良くなり、
両足の置換術後は歩くのがとても楽になったと喜んでいます。

現在職場復帰していますが、先日の術後健診で、『股関節が固い』と言われたそうです。
本人は、結構ショックだったようですが、
リハビリについては、術前も術後も これといった指導はありませんでした。
術後 2、3日で「はい、歩いてみましょう。」と言われて、おっかなびっくり歩いて見せたとこ...続きを読む

Aベストアンサー

術後に筋トレなどの指導がなかったとの事でしたね。

股関節の専門外来または股関節専門の先生にかかると、術後すぐから筋トレや運動をリハビリで教えてもらえると思いますよ。今の先生が専門医かどうかわかりませんが、普通の整形外科の先生だと、専門外の事は教えてもらえない事もあるようです。

とは言っても先生をかえるのはなかなか難しいですよね。


でしたら患者さんの会に入るのはいかがでしょうか?
先天性の股関節脱臼や変形性股関節症の患者さんの会で「のぞみ会」と言う会があり、入会すると患者さんに役立つ情報や会報、シンポジウムやお医者さんの情報、リハビリや筋トレの仕方なども質問したり、相談出来ます。パソコンが無くても情報が入るし、必ず役立つ事があると思いますよ。

Q人工関節の手術では、手術保険金が出ないの?

母が人工関節を入れる手術をしました。
3週間入院をしました。
かんぽ生命の終身保険 第一種疾病障害特約付き に入っていたので、保険金を請求しました。
入院については支払われたのですが、手術は出ませんでした。

支払い対象の項目に、「四肢関節観血手術」というのがありましたが、これにはあてはまらないのでしょうか?

かんぽのコールセンターに聞くつもりですが、その前にご存知の方がいらしたら、お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>人工関節を入れる手術
原因にもよりますが一般には当てはまりません。
「四肢関節観血手術」は骨折などでギプスで固定できず切開するような手術です。

一般的な入院保険だと「人工関節置換術」が挙げられていますが簡易保険だと有りませんね。

Q変形性膝関節症の人工関節置換術の体験者の方いますか?

母が長年の膝の痛みから整形外科の専門医の診療を受けたところ、医師から手術を提案されました。他の治療法では難しいくらい症状が進んでいるとの事で、一度は母も覚悟を決めて手術を受けることを考えていたのですが、病院の説明書に手術後の感染は0%ではない(全国平均で1~2%程度の報告ありとの事)との記述があり、場合によっては人工関節の抜去もあるとの事、また、知人の医師(但し、整形の医師ではない)3人ほどに聞いたところ「自分の親にはあまり手術はすすめない」との感想を聞いた事からも現在は迷っています。
そこで、人工関節を入れた方、あるいは、知人や家族で経験された方の手術後の感想等をお聞かせ頂ければと思い、この質問を投稿しました。
人工関節は120度程度しか曲がらないそうですが、生活上の支障などについても教えて頂ければ、と思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の母は、45年間関節リュウマチですが、膝の方は3年前に人工関節をいれました。

母が通院している病院はリュウマチ科ですが、もう毎年のように入院しているので、友達がたくさんいて、人工関節を入れている人は多いですと言うのは手術の名医がいるで有名だからです、他の病院からも手術をしに来ます。

その病院の場合ですが
私が先生とお話しをして聞いたのは、人工関節は最終手段ですので、なるべく年を取ってからの方がいい。
という事でした、母は60歳の時に手術をしていますが、もう少し若い方もいます。

患者の方は痛いから何とか楽の方へ逃げようとしますよね。だから、手術をほとんどの人は頼むのですが先生は「まだ、大丈夫」と言って手術をしてくれないそうです。(母達の話はいつもそれなんですが)
母の時は、人の足が向いてはいけない方向ってありますよね、そのぐらいになるまで「まだ」と言ってしてもらえませんでした。ただ、病状によって手術の時期のタイミングと言うのもある様ですよ。

膝の曲がりは、人によっても多少差はありますが、母親の場合は120度よりまがりますが、無理をしてあまり曲げない方がいいそうです。人工ですので、飛び出たり壊れるたりするといけないので。

生活的には膝だけでしたら、筋肉、体力がある人なら普通の生活にはそれほどの大きな支障はないと思いますが、筋肉、体力のない場合(母はそうなのですが)は、階段(段)がのぼれない、イスにしか座れない湯ぶねに入れない(またげない)等々いろいろ出てきます。

ガンガン出かけたり、ガンガン仕事をしていた母の友達は、無理のしすぎで腫れ上がり再手術をしました。

これは、私の母の例ですので、こればかりは、薦めることも止めた方がいいとも言えないですが、参考になればと思います。

私の母は、45年間関節リュウマチですが、膝の方は3年前に人工関節をいれました。

母が通院している病院はリュウマチ科ですが、もう毎年のように入院しているので、友達がたくさんいて、人工関節を入れている人は多いですと言うのは手術の名医がいるで有名だからです、他の病院からも手術をしに来ます。

その病院の場合ですが
私が先生とお話しをして聞いたのは、人工関節は最終手段ですので、なるべく年を取ってからの方がいい。
という事でした、母は60歳の時に手術をしていますが、もう少し若い方も...続きを読む

Q変形股関節症 手術したくない!

私は50代の主婦ですが、変形股関節症です。特に左の股関節の痛みがつよく、台所仕事をしていてもつらくなります。しかし手術はしたくありません。何か良い方法があったら教えてください。漢方、サプリメント、整体どのような方法でも試してみたいと思っています。

Aベストアンサー

整形外科医をしていますので、私の意見はすでに病院でお聞きになっているかも知れませんが、ちょっと裏事情的な内容を。

まず、股関節症治療に対してヒアルロン酸という意見が出ていますが、股関節には保険が適用されていませんので、原則使用できません。

手術をしなければいけないか、という点に対してですが、関節症の場合、これは必ずという物ではありません。というのも、関節症のレントゲン所見と痛みとは相関しないことが知られています。ぼろぼろの関節でも動きは悪いですが、痛みはそれ程でもなく、機嫌良く過ごされている方はたくさんおられます。また、数ヶ月の激痛の後、痛みが改善してくるケースも良くあります。

ですから、手術が必要かどうかは、レントゲンの傷み具合ではなく、あなた自身がどの時点で、どれほど痛みを取り除きたいか、ということにかかっているのです。極端な話、痛みさえ我慢できるレベルなら、手術は必要ありません。
ただ、関節症は日常の動きが激しいとやはり症状は出やすくなります。
症状改善へのキーワードは「局所の安静(杖や手すりを積極的に使う、台所仕事はイスに座って、など)」と「筋力による関節の安定化(特に外転筋といわれる筋肉)」です。具体的には規約違反になりますので、病院で聞いてください。
これらを基本とすれば、色々と試されてもよいとは思いますが、くれぐれも人の弱みにつけ込むような商売に引っかかることのないようにしてくださいね。
軟骨再生に関しては世界中で研究中であり、そこらのメーカーが簡単に開発できる代物ではありません。もし開発すれば、いくら日本のサプリ業界が潤っていると言ってもたかが知れてます。特許をとって世界中の製薬会社に売り込む方が商売としては成立しやすいですし、孫の代くらいまで遊んで暮らせる金が入ってきます。
また、骨盤のゆがみ等の理屈も余りあてにならないことも多いです。骨盤のわずかなゆがみよりも、股関節そのものの変形の方が大きいわけですから。
弱り目につけ込んでくる類が多いですが、ちょっと冷静になれば、何が正しいことか判断できると思います。手術するしないはあなたの判断です。あなた自身がもっともよいと思う道を選択されてもよいと思いますが、確率的には手術した方がメリットは多いと思います。
どうぞ、お大事にしてください。

整形外科医をしていますので、私の意見はすでに病院でお聞きになっているかも知れませんが、ちょっと裏事情的な内容を。

まず、股関節症治療に対してヒアルロン酸という意見が出ていますが、股関節には保険が適用されていませんので、原則使用できません。

手術をしなければいけないか、という点に対してですが、関節症の場合、これは必ずという物ではありません。というのも、関節症のレントゲン所見と痛みとは相関しないことが知られています。ぼろぼろの関節でも動きは悪いですが、痛みはそれ程でもなく...続きを読む

Q外科手術後の熱が、、、

7/23に母が膝に人工関節を入れる手術をしました。その後、微熱が続いていたが、そのままリハビリを進め、その間も夜には38度以上の熱が出たりして、CTスキャンやMRIをとったりして検査をした。しかし原因が分からないらしく、血液を採取し検査機関に出して、、、だが、既に1ヶ月が経つというのに病院側は原因が分からないので、今度は膝の水を採取して検査しましょうって、、、大丈夫なの?説明をして欲しいと言っても、未だに検査中だとか原因が特定できないとか、菌がどうとか、、、非常に心配です。院内感染とかですか?家族としてはどうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

専門家です。

人工関節の手術の後、1ヶ月も微熱が続いてさぞかし心配なことでしょう。
ただ、心情的にはご家族のみなさんとともに主治医も気が気でない状態だと推察します。(少なくてもワタシが主治医なら...)。
人工関節の手術での感染率は1~2%と云われます(執刀医、施設により前後します)。ただ、残念ながら1,000例以上手術して1例も感染しなかったという報告は皆無です。手術で切って開く以上、雑菌が手術創に紛れ込む可能性はゼロにはできません。よってこのケースも1ヶ月も原因不明の微熱が続けば手術創の感染を想定せざるをえないでしょう。

話の流れからするとこの主治医は発熱の原因検索をしっかり行ってくれてますし、最後には直接、細菌が手術創・関節腔内にないかを調べるしかなく、そのため、関節穿刺を行ったのでしょう。この場合は検査結果は早くて数日ででますが、この間、お母様、mamihiroさんはもちろん、主治医も「細菌が検出されたらどうしよう」と不安に思っていることでしょう。

説明不足があるかとも愚考しますが、さすがに医者でも「分からないものは分からない」と答えるしかないこともしばしばです。下手に憶測で事を運んで、かえって患者さんを苦しめることは厳に慎むべきでしょうから。とはいえ、治療機会を逸してはなりませんので、検査結果が出れば速やかに主治医から報告してもらい、今後の検査・治療方針につき説明を受けて下さい。その場合、かなり突っ込んだ話になることも予想されますので、落ち着いて、感情的にならず、事実をしっかり理解し受け止めてください。その上で、今後の治療方法について提示があるものと思われます。現時点ではこれを待つよりありません。

感染と決めてかかっているようなアドバイスでしたが、当然、「培養結果:陰性」とでることもありますので、その場合は今後の検査、対処法を主治医と詰めていってください。

早期の回復を祈念します。

専門家です。

人工関節の手術の後、1ヶ月も微熱が続いてさぞかし心配なことでしょう。
ただ、心情的にはご家族のみなさんとともに主治医も気が気でない状態だと推察します。(少なくてもワタシが主治医なら...)。
人工関節の手術での感染率は1~2%と云われます(執刀医、施設により前後します)。ただ、残念ながら1,000例以上手術して1例も感染しなかったという報告は皆無です。手術で切って開く以上、雑菌が手術創に紛れ込む可能性はゼロにはできません。よってこのケースも1ヶ月も原因不明の微熱が...続きを読む

Q人工股関節の耐用年数

 52歳の男性です。股関節変形症の末期で人工股関節が現実味をおびてきた者です。しかし、年齢が少し若すぎるといわれています。
 いろいろなHPや書籍では、手術後の間もない方の体験談は拝見できるのですが、10年近い方の体験談は殆ど聞けません。
 書籍では、現在の耐用年数(再置換手術までの年数)は、10~15年とかかれているものが多いのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
 また、人工股関節置換手術後10年近く経過した方の現在の様子をお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

手術で入院中に聞いた話ですと、

日ごろから杖をつくとか絶対重いものは持たないとかして大事に使って20年後の置換でも片側(骨盤側と骨頭側のうちの骨盤側だったでしょうか)は全然弛んでなかった方がいました(そちらは手術では換えなかった)。

12年くらいで再置換になって「よくもった方よ」と言ってた方もいました(ちょっと体重が重たそうでした・・・)。

私の病院では50歳くらいから人工股関節が適用になっていました。もちろん痛みがひどくて本人の希望があれば45歳くらいでも可能です(と言われました)。
人工股関節の寿命は使い方次第ですから。

私が話を聞いた方は皆さん女性の方ばかりなのですが、52歳の男性ですとまだまだ足を使う機会が多そうです。でも痛いのは辛いですから、再置換もありと覚悟して手術するのも悪くないと思います。

Q身体障害者手帳申請、等級はもらえるのでしょうか?

身体障害者手帳申請、等級はもらえるのでしょうか?
4年前に右頚骨高位骨切り術を施行しました。
術後も痛みは良くならず、手術をして良かったなと思えることは、わずかに歩けるようになった
ことだけです。
階段昇降は手すりを持って何とか少し。
歩行は続けてだいたい3分歩くと膝に痛み、違和感を感じ、休憩しながら。
何もしていないときでも、腫脹、熱感、違和感があります。
手術をしていない左足も痛いです。
生活していて、不自由さがあります。

膝や股関節の人工関節術は、片足の施行で4級もらえる権利がある。との話?ですが、
この頚骨高位骨切り術は、同じくいただけるものなのでしょうか?
毎日の生活で、母が辛そうなので、代わって、質問させていただきました。
せめて、障害者マークの駐車場に車を止められるようにしてあげたいのですが。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

変形性膝関節症で高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)を受けたのではないですか?
頚骨(けいこつ)だと、発音は同じですけれど首の骨ですから。
骨切り術の場合、文字どおり骨の一部を切り取って痛みを和らげるだけなので、一般に、人工骨頭や人工関節に置き換えたりはしていません。

膝関節または股関節を人工骨頭や人工関節に置き換えたのでしたら、身体障害認定基準・身体障害認定要領という基準(ANo.2に書かれているのがそれ)があるんですけれど、「一下肢の膝関節または股関節の機能の全廃」で、肢体不自由のうちの下肢障害4級(4級の5)になり得ます。
けれども、人工骨頭や人工関節に置き換えたわけじゃないときは、基本的に、ROM(関節可動域検査)やMMT(徒手筋力検査)の数値が基準を満たさないと、身体障害者手帳の等級の対象になりません。
また、痛みがどんなにひどくっても、あるいは長い時間歩けないというときでも、ただそういうことだけで認定されることはありません。

下の級の5級(5級の1)だと、ROMが30度以下でMMTで筋力3相当以下、ということが条件になります。
そうすると、「一下肢の膝関節または股関節の著しい障害」として、身体障害者手帳が出る可能性はあります。
ですから、まず、ROMやMMTを調べることが大事です。

膝関節または股関節の障害だと6級はありませんし、7級は単独では手帳が出ない(7級が2つ以上ないと、手帳の対象外)ので意味がありません。
そして、手帳が交付されることが障害者施策を受けるための大前提になっています。
たとえば、脚が不自由な人でしたら、駐車禁止指定除外の適用とか、車いすや杖の支給なんていうのがありますし、自動車税の減免などというのもあります(これらの適用には一定の対象範囲条件があって、どんな等級の人にも認められるというわけではありません)。
そのほか、手帳さえ持っていれば、所得税や住民税の軽減対象になりますよ(かなり大きな恩恵です)。

変形性膝関節症で高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)を受けたのではないですか?
頚骨(けいこつ)だと、発音は同じですけれど首の骨ですから。
骨切り術の場合、文字どおり骨の一部を切り取って痛みを和らげるだけなので、一般に、人工骨頭や人工関節に置き換えたりはしていません。

膝関節または股関節を人工骨頭や人工関節に置き換えたのでしたら、身体障害認定基準・身体障害認定要領という基準(ANo.2に書かれているのがそれ)があるんですけれど、「一下肢の膝関節または股関節の機能の全廃...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報