祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

 子供の身長を伸ばすための本というのを読んでいます。そこには、ソーセージなどにはリン酸塩が含まれるため、多量に摂取すると成長を阻害する、というようなことが書かれていました。
 身長の低い我が子のために、「それはいけない!」と思ったのですが、いざソーセージなどの原材料を見てみても、リン酸塩の記載はありません。これはどういうことなのでしょうか?炭酸カルシウムというのは違いますよね?ソーセージにはリン酸塩は含まれていない=安心して食べさせていいということなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

食品添加物の表示は、添加物名を表示する必要が無いものがあります。

例えば、一括名表示では、添加物名を表示する必要はありません。酸味料,乳化剤,pH調整剤などはリン酸やリン酸塩を使っている場合がありますが、この場合物質名を表示する必要が無く、「乳化剤」などの名称だけの表示で良いことになっています。

即ち、表示欄の原材料名の中に表示されていないから添加されていないというのは間違いです。

リン酸塩は、食肉製品,魚肉練り製品,惣菜,清涼飲料水など非常に多種類の加工食品に添加されています。1品ごとでは大した量では無いでしょうが、合計するとかなりの量になると思われます。
このため、リンの摂取量がカルシウムの摂取量に比べ過剰になりやすく、骨などの成長を阻害します。

消費者の対策としては、できるだけ加工食品の摂取を控えること、カルシウムを含んだ食品を摂取するくらいしかないのではないでしょうか。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とても参考になりました。やはり、記載が無くてもリン酸塩が含まれているのですね。とりすぎに気をつけたいと思います。

お礼日時:2005/06/20 16:04

マーガリンについて一言。



市販のマーガリンは、部分水素添加という工程を経て作られていて、この結果として、トランス脂肪酸と言う成分が含まれます。

トランス脂肪酸は、最近、欧米で規制の対象になっています。

その理由は、

1.(バター等に含まれる)飽和脂肪酸は、体内で悪玉コレステロールを増やすので、摂り過ぎは体によくない
2.(マーガリン等に含まれる)トランス脂肪酸も、体内で悪玉コレステロールを増やすので、摂り過ぎは体によくない

からです。

つまり、これまでは飽和脂肪酸についてだけ義務付けられていた成分表示を、トランス脂肪酸についても義務付けることにした、と言うものです。

...なんですが、どうも最近、2番目の事実だけを取り上げて、
「マーガリンは体によくない」
と言い出す人が増えてるようです。

これは完全な間違いで、実際、アメリカでトランス脂肪規制を行っている政府機関FDAは、消費者向けQ&Aの中で、
「トランス脂肪を避けるために、マーガリンに替えてバターを使うべきですか?」
と言う問いに対して、明確に
"NO"
と答えています。
(全体としての悪影響は、バターよりマーガリンの方が「まし」だからです)

栄養バランスの取れた食事で、(飽和脂肪を含む)バターや、(トランス脂肪を含む)マーガリンを適量摂るように(決して摂りすぎないように)心掛けられれば、問題ないと思います。

それでも不安だからマーガリンは止める、と言うことでしたら、お子さんがバターを摂りすぎないよう、気を配ってください。

参考URL:http://www.cfsan.fda.gov/~dms/qatrans2.html#s4q1
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。子どもが生まれるまで、食品のことはあまり気にしたことがなかったのですが、知らない事が本当にたくさんです。教えていただいてありがとうございました。マーガリンもバターも取りすぎてはいけないのですよね。

お礼日時:2005/06/20 22:29

たまたまちょっと自分の所の冷蔵庫を調べたら、焼豚のハムには亜硝酸塩くらいが悪そうな添加物でした。


 あとフランクフルトにはちゃんとリン酸塩が表示されていました。
 書いてなければ入ってないのではないでしょうか。

 リン酸塩がどうして悪いのか知りませんが、もしリンが悪いというのであればそれは間違いだと思います。リン酸塩以上にリンは肉の本体に沢山入っていると思われます。そして、リンは骨を作る時に必須の栄養素でもあります。骨はリン酸カルシウムだからです。

 微量の添加物にそれ程神経質になることもないのではないでしょうか。
 食べない方がいい食品より、栄養を不足させないように気をつけル事が大事ではないかと思います。
 
 それと関係ない話しですが、食べない方がいい食品としては、小さい子供の様々な成長に影響しそうなもので「水素添加脂肪」というものがあります。マーガリン、ショートニング、など本当は妊娠中にも注意して排除してほしい食品です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスあるがとうございます。子どもがハムとかソーセージ系のものが大好きなので、毎日のようにとらせていいものかと思い質問しました。マーガリンが良くないとはしりませんでした。

お礼日時:2005/06/20 16:02

ピロリン酸、ポリリン酸、メタリン酸などの表示はありませんか?これらはリン酸の仲間です。

書いてなければ入っていないのでしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。リン酸という名前でないものもあるのですね。

お礼日時:2005/06/20 15:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリンを減らす食品はありますか?

家族が腎臓病で困っています。 体内のリンを減らさなければなりませんが、なかなか改善しません。 もしもリンを減らす、体内から排泄する働きのある成分、または食品などお分かりの方がいらっしゃいましら是非教えていただけないでしょうか。
何方か、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

リンが多く含まれる食品は、たんぱく質系の肉や魚や卵や牛乳類や豆腐類です。
特に骨ごと食べる小魚やチーズに多く含まれています。カルシウムも取りたいところですが、それらの食品を多く食べるとリンも上がってきます。
あとハムやちくわなどの肉や魚の練り製品にも多いですし、保存料にリン酸化合物として含まれてますので市販の加工品にも注意したいです。
食品でリンを減らすのは無理ですので、リンの多い食品をなるべくさける事と薬が出ていればきちんと服用する必要があります。

リンを多く含む食品
http://sizen-life.com/mineral/rinshokuhin.html

また、値段は高いですが治療食を配達してくれる会社もあります。どうしても作れないときとか忙しいときとか利用してみるのもよいかもしれません。

ミールタイム
http://www.mealtime.jp/mealtime_shop/
ファンデリー「慢性腎不全の食事のポイント」
http://www.fundely.co.jp/mealtime_point/mansei_jinfuzen.htm

リンが多く含まれる食品は、たんぱく質系の肉や魚や卵や牛乳類や豆腐類です。
特に骨ごと食べる小魚やチーズに多く含まれています。カルシウムも取りたいところですが、それらの食品を多く食べるとリンも上がってきます。
あとハムやちくわなどの肉や魚の練り製品にも多いですし、保存料にリン酸化合物として含まれてますので市販の加工品にも注意したいです。
食品でリンを減らすのは無理ですので、リンの多い食品をなるべくさける事と薬が出ていればきちんと服用する必要があります。

リンを多く含む食品
...続きを読む

Qセルロースは食品添加物?

最近、添加物について気になっています。粉チーズやピザ用チーズなどに入っている「セルロース」って食品添加物なのでしょうか?
なるべく食品添加物は取らないように心がけたいと考えています。教えて下さい!!

Aベストアンサー

>なるべく食品添加物は取らないように心がけたい
そのような心がけには意味がありません。
食品添加物を十把一絡げにするのは愚の骨頂です。

原材料成分としてセルロースと書かれているなら食品添加物です。ですが、その商品を摂らないようにしたところで、セルロースが口にはいらないかというと、あり得ない話です。
セルロースというのはヒトが消化できない多糖類(炭水化物)であり、植物の細胞壁を作る上で重要な成分です(だからcellulose=細胞の糖と言うのです)。食物繊維と呼ばれることもあります。なので、野菜を食べるというのは大量のセルロースを摂取すると言うことでもあります。

このように、元の食品に含まれていれば食品添加物ではなく、敢えて加えれば食品添加物となります。ですから、「食品添加物を摂らないようにする」という行為は無意味です。お茶に含まれるカテキンなども加えてしまえば食品添加物です。何が悪くて何がよいのかは、その成分の種類と量で決まるものですから、「食品添加物」などという大きな括りではリスクマネジメントとは言えません。

Q加圧加熱殺菌(レトルト殺菌)に使われるF値について

微生物の加圧加熱殺菌に指標に使用されるD値、Z値、F値について教えてください。
また、詳しい解説のでているような書籍やWEBサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

不十分かもしれませんが簡単に
D値:ある一定温度で目的の細菌数を1/10に殺菌する時間。単位は通常(分)、90%致死時間のこと。通常、縦軸に細菌の生存数の対数、横軸に加熱(殺菌)時間をプロットした生存曲線(直線)の傾きから求める。一定温度でのD値を比較すると、その温度での細菌の熱耐性を評価できる。
Z値:細菌のD値は温度によって変化するので、D値では不十分、Z値は死滅速度がどの程度温度に依存するかを示す値。細菌のD値と温度をプロットしたとき、D値が1/10になるときの温度幅。単位は(℃)、縦軸にD値の対数、横軸に加熱温度をプロットした耐熱性曲線(TDT曲線と呼び通常直線)の傾きから求める。一般に栄養細胞と芽胞等を比較した場合、前者が熱に対する感受性が高く、Z値は小さい傾向にある。
F値:実際の殺菌は一定温度で行われるわけではなく、加熱、冷却に伴って温度が変化するためトータルの殺菌効率、致死率を表すものが必要。これがF値、各プロセスの致死率Lを積分したもの。通常、基準温度250゜F(=121℃)における殺菌時間に相当する。
   ちなみに L=10^{(T-Tr)/Z} 
   T:殺菌温度  Tr:基準温度
F0値はZ値を10℃に固定して求めたF値。細菌の耐熱性のデーターが含まれなくなるため、殺菌プロセスの評価によく利用されます。
また、缶詰製品のように常温長期保存する食品ではボツリヌス菌芽胞の完全殺菌が要求され、この耐熱性芽胞のD値の12倍の熱処理が要求されています。12Dの概念と呼ばれています。食品衛生法にある「120℃、4分間の加熱」はこれを想定してのことと思われます。

不十分かもしれませんが簡単に
D値:ある一定温度で目的の細菌数を1/10に殺菌する時間。単位は通常(分)、90%致死時間のこと。通常、縦軸に細菌の生存数の対数、横軸に加熱(殺菌)時間をプロットした生存曲線(直線)の傾きから求める。一定温度でのD値を比較すると、その温度での細菌の熱耐性を評価できる。
Z値:細菌のD値は温度によって変化するので、D値では不十分、Z値は死滅速度がどの程度温度に依存するかを示す値。細菌のD値と温度をプロットしたとき、D値が1/10になるときの温度...続きを読む

Q尿に白い不純物が混じっていたのですが・・

先日、健康診断があったのですが。朝七時半にタマゴ一個を使った卵焼きを食べてしまいました。
 一応看護婦さんに告げてから、通常の検査を行いました。
 そして九時に尿検査をしたところ、ものすごく大量の白いフワフワした不純物が混じっていてびっくりしてしまいました。尿の色もやけにオレンジっぽいし。
 あまりに大量に混じっているため、どうしようもできずそのまま提出してしまいました。
 朝にタマゴを食べたからといって、一時間後くらいの尿にそんなに不純物が混じるのでしょうか?
 検査の結果が恐くてたまりません。実は過去二回、尿に糖が混じっているともいわれました。微量?だったので心配しなくてもいいと医者に言われ病院には行っていません。
 何か病気の可能性があるのでしょうか?この場合泌尿器科に診察に行けばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご心配でしょうね!

確実に検査をする事が安心への 近道かも
しれませんね!

ケースが違うと思いますが
うちの息子が足を骨折した時
トイレに連れて行って 尿に
白い浮遊物がある事に気が付きました。
心配になり 病院に行って調べてもらったら 
リン酸塩という事でした。 

特に心配ないという事でした。

とりこし苦労であれば 良いですね♪

Qリンと燐酸  カリとカリュウム

リンと燐酸、カリとカリュウムの違いを教えて下さい

Aベストアンサー

肥料に関する
と解釈します。他の業界(農産加工等)ですと意味が変化します。

リン
リンを主成分とする肥料の有効成分を一括してリンと表記します。

燐酸、
リンを成分とする肥料の中の燐酸塩を代表する場合に使います。水溶性リン肥料成分を意味する場合がありますが.リンの代わりに使われる場合もあります。水溶性以外の場合には「クようせい燐酸」「その他燐酸」等の表記をします。

カリ
カリウムを成分とする肥料の有効成分を一括して表記します。

カリュウム
カリと同じ意味ですが.カリウムの古い表記がたしかカリュウムなので.古い本の場合にはカリウムの意味で使われている場合があります。

この名称の変更はたしか.1970年ごろに日本化学会で元素記号Kのカタカナ表記名を決めたときの変更です。
化学用語と農芸用語では一部違いがあります。肥料用語の場合は土壌肥料学会がどう名称を決めたかを見ないとわからないので.間違っている場合があります。

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Q高熱から回復後の子供の様子が変です。

お世話になります。
先日、2歳9ヶ月の子供が熱を出しました。
38度~40度を3日間さまよっていましたが4日目にやっと回復。
その後の子供の様子が変なのです。

まだまだ甘えたい盛りですし、週6で保育園意行っているのでまぁ理解できなくはないのですが常に抱っこちゃんになってしまいました。
いつもは泣きもしないような事ですぐ泣きます。
しかもなかなか泣きやまずその後もずっとうなっています。
夕食に誘ってもイヤ、お風呂に誘ってもイヤ、歯磨きもイヤ、お着替えもイヤ。
何でもイヤイヤなんです。
体をフルに使って泣き叫びます。
こんな事今までありませんでした。
それで仕方なく何もしないで、お布団に連れていくとスグ寝入ってしまいます。
いつも布団に入ってから20分程度は寝付かないのにものの1分もかからず寝てしまいます。
いつもの就寝時間よりも30分早く布団に入れてもです。

こんな事なかったのに心配になってきました。
2歳、3歳になるとイヤイヤ時期が始まりますが何か様子がそれとは違うように感じます。

その他変わった事は、以前よりあまりお話をしなくなりました。
話しても小声で何を言っているのかわからない事が多いですし、覇気も感じません。

3日続いた高熱のせいでどこかおかしくなってしまったのでしょうか?
考えられる病名などありますか?

年明けまで様子を見てやっぱりおかしいようだったら大きい病院に行って検査をしてもらう予定です。
その前に一応この場で意見を聞けたらなと思っています。

宜しくお願い致します。

お世話になります。
先日、2歳9ヶ月の子供が熱を出しました。
38度~40度を3日間さまよっていましたが4日目にやっと回復。
その後の子供の様子が変なのです。

まだまだ甘えたい盛りですし、週6で保育園意行っているのでまぁ理解できなくはないのですが常に抱っこちゃんになってしまいました。
いつもは泣きもしないような事ですぐ泣きます。
しかもなかなか泣きやまずその後もずっとうなっています。
夕食に誘ってもイヤ、お風呂に誘ってもイヤ、歯磨きもイヤ、お着替えもイヤ。
何でもイヤイヤな...続きを読む

Aベストアンサー

家の子はもっと小さい、8ヶ月ぐらいのときに発熱し、血液検査の結果が悪かったので、6日ほど入院しました。基本的に母親が付き添っていましたが、父親も毎日通って、交代してくれていました。
でも、父親のときは、ずっと泣いていたそうで、退院後もすっかりママっこになっていました。
退院して1週間後ぐらいに、3日ぐらい高熱をだしました。熱が下がってからが大変でした。全く無表情に近くなってしまったんです。母親でやっと位でした。でも、私も仕事を復帰したばかりで、昼間は見てあげれなくて、それが良くなかったのかなとも思います。結局は突発だったのすが、熱の出方が突発っぽくなくて麻疹をうたがいました。麻疹は怖い病気だそうで、脳に障害が出る場合があるとか。そのくらい、表情がなかったんです。もちろん、今は元気はつらつです。
自分の話が長くなりましたが、質問者さんのお子さんは、意思表示をしっかりしているので、大丈夫かなと思います。(あくまで素人意見ですが)
早く寝るのは、本人も泣くことが多くなって疲れているのでは?
やはり、お熱を出して疲れもあるし、不安になったんじゃないでしょうか。自我が芽生える時期ですよね。ママのこと信頼してるんだと思います。
おそらく、一時のことです。
今は、型にはめずに甘えさせてあげてください。
熱で、脳に障害が出ることはまずないらしいです。
ちょっと、ママが大変かとは思いますが、年末年始で保育園もお休みですよね。きっと、元気になりますよ。

家の子はもっと小さい、8ヶ月ぐらいのときに発熱し、血液検査の結果が悪かったので、6日ほど入院しました。基本的に母親が付き添っていましたが、父親も毎日通って、交代してくれていました。
でも、父親のときは、ずっと泣いていたそうで、退院後もすっかりママっこになっていました。
退院して1週間後ぐらいに、3日ぐらい高熱をだしました。熱が下がってからが大変でした。全く無表情に近くなってしまったんです。母親でやっと位でした。でも、私も仕事を復帰したばかりで、昼間は見てあげれなくて、それが良...続きを読む

Q貝殻焼成カルシウムと酸化カルシウムの違いについて

市販されている「ほたて貝殻焼成パウダー」「ホタテ貝焼成カルシウム」「貝殻焼成カルシウム」といった商品には、「除菌・抗菌作用、消臭効果」などがあると書かれ、洗濯や台所の除菌、商品によっては、水虫の治療にも効果があるそうなんですが、その主成分は、結局の所、酸化カルシウム(生石灰)とのことです。

貝殻焼成カルシウムのこういった除菌・抗菌作用、消臭効果は、普通の生石灰でもあるものなのか、それとも、貝殻焼成カルシウムには、何か微量な成分が入っていて、普通の生石灰とは異なるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

1.石灰は一番安価な強アルカリです。工業的には大量に使われているはずです。
また炭酸カルシウムはカルシウム化合物製造の場合のカルシウム源ですから反応の過程で石灰が出てくることが多いはずです。(ナトリウム化合物製造の場合のナトリウム源は食塩です。)
廃水処理の中和剤としての使用量はかなりの量になるだろうと思います。
現在日常で石灰を一番よく使う場面(工業的な用途を別にして)は畑にまくということでしょう。農協や園芸材料店では石灰が売られているはずです。多分20kg程の単位になった袋詰めでしょう。
運動場の線引きには最近は石灰ではなくて炭酸カルシウムが使われています。
漆喰を使うような建造物も最近はほとんどなくなったのではないでしょうか。

普通石灰と言えば消石灰です。作った直後のもの以外は消石灰と考えていいでしょう。生石灰が必要になれば消石灰を改めて焼くことになります。

生石灰と水との反応での発熱はかなりのものです。火事の原因になることもあるという記事を見ることもパリます。冬場に駅の売店で売られている弁当や日本酒の中にはこの熱を使って温める仕組みが組み込まれているものがあります。

2.私はそのように想像しています。アルカリ性を下げることもできますが燃料代の節約にもなります。

炭酸カルシウムは水に溶けにくいのでアルカリ性は弱いです。チョークの粉で考えて下さい。
チョーク(chalk)はもともとイギリスのドーバー海峡側の海岸にある白い崖の事です。崖を作る岩石の成分は炭酸カルシウムです。石灰石に直接対応する英語はlimestoneですがchalkが使われることもあるようです。

3.胡粉について詳しいい説明を見つけました。
http://www.nihon-kogeikai.com/SASAERU/SASAERU-103.html

#3に「貝殻を焼いて作る」と書いたのは誤りのようです。
畑にまく石灰は貝殻を焼いて作っていたというのと混同していました。

貝殻は表面に付着物があります。この付着物を取り除かないと顔料にはなりません。
上にあげたサイトの説明では10年寝かしたものを用いると書いてあります。


アサリやハマグリは普通、殻付きで売られています。ホタテや、カキはむき身にして売られています。産地には大量の殻が残ります。この殻の処分には困っているはずです。何とか利用する方法はないかと考えているはずです。チョークの材料にしているかもしれません。畑にまく石灰を作っているかもしれません。山から切りだした石灰石を焼くというのは個人需要の石灰ではやっていないかもしれません。焼くというのは燃料コストがかかります。二酸化炭素の排出というのも問題になります。炭酸カルシウムとしての売れ口があればそれの方がいいということにもなるでしょう。
乾燥剤の袋を見るとセメント製造で知られている場所が生産地として載っていることがあります。
この辺のからみは私にはよく分かりません。

1.石灰は一番安価な強アルカリです。工業的には大量に使われているはずです。
また炭酸カルシウムはカルシウム化合物製造の場合のカルシウム源ですから反応の過程で石灰が出てくることが多いはずです。(ナトリウム化合物製造の場合のナトリウム源は食塩です。)
廃水処理の中和剤としての使用量はかなりの量になるだろうと思います。
現在日常で石灰を一番よく使う場面(工業的な用途を別にして)は畑にまくということでしょう。農協や園芸材料店では石灰が売られているはずです。多分20kg程の単位になった...続きを読む

Q亜硝酸Naってどうなのでしょう?

コンビニやスーパーなどでの弁当に、発色剤(亜硝酸Na)と書いてあるのをよく見ます。いかにも、怪しい名前ですが、これは害はないのでしょうか。
また、もしご存知でしたら、「V.C」「リン酸塩」などについても、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、「発色剤」とは食品中の血色素成分と反応して安定化させ
肉のきれいな赤みを保つ働きをします。

「亜硝酸Na」は、魚肉などの第二級アミンと酸性下で反応して
ニトロソアミンという強い発ガン性物質を
生成することが知られています。

しかし、ニトロソアミンの生成は
「ビタミンC」によって阻害されることから、
ビタミンCが併用されている場合や、
ビタミンCを含む食品と摂取した場合は
ニトロソアミンの生成も抑えられているものと考えられます。

また、緑黄色野菜などから比較的多くに摂取されている硝酸イオンは
口腔内の微生物によって亜硝酸に変えられることから、
野菜由来の亜硝酸の量は、
発色剤として摂取する量の数十倍から数百倍に達すると考えられます。

したがって,実際問題としては発色剤が含まれていても
問題はないと思われます。

Qリン酸塩について

リン酸塩と洗剤について調べているのですが、どうしてもリン酸塩と洗剤を調べると、過去に使われていて、環境によくないから今は使われていないとしか出ていません。昔、使われていたからにはそれなりに役に立ったとおもうんです。どうして使われなくなったのではなく、リン酸塩が洗剤に使われていた理由が知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

リン酸は2分子以上が重合してポリリン酸となります。
ポリリン酸は硬水中のカルシュウムやマグネシュウムと結合するため、カルシュウムなどの除去に用いられています。
昔の家庭用洗剤にも水質軟化剤として用いられていました。また、洗浄力が改善されると言うことも聞いたことがあります。
補足:硬水とはカルシュウムやマグネシュウムの濃度が高い水のこと


人気Q&Aランキング