低インシュリンダイエットをしたいのですが、GI値について教えてくれませんか
情報が少なくて、どんな物を食べたらいいのか良く分かりません
どうぞよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NTVで放映された『低インシュリンダイエット』のもととなっていると思われる書籍が出ていますので、


読んでみればよいかと思います。
GI値の表も付いていますし、後半には低インシュリンダイエット用の料理レシピも
載っています。
ただし、アメリカ人がアメリカ人向けに書いているので、日本食のメニューがないのですが、
訳者が気をきかせて少し最後に載せています。

『シュガーバスター』講談社刊 H・レイトン・スチュワード他著 訳者:吉田まりえ
    • good
    • 0

特命リサーチには、低インシュリンダイエットについて詳しく書いてありますが、GI値の食品はここのHPに沢山載っています。

高いもの、中程度のもの、低いものに分けて紹介されているので、見やすいです。

参考URL:http://oak.zero.ad.jp/~zab11733/kirei/diet/fr-di …
    • good
    • 0

以前特命リサ-チで低インシュリンダイエットの特集がありました。


下記のHPの『Reserch data』という所に入り、8月5日の所を見てください。
そこにインシュリンダイエットの概要と、GI表が載っています。

参考URL:http://www.ntv.co.jp/FERC/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低インシュリンダイエットのGI値について教えてください。

低インシュリンダイエットのGI値について教えてください。
ご飯の場合、少し大き目の茶碗に二杯分だと、およそGI値はいくつになりますか?
また、そのGI値を春雨(はるさめ)に当てはめるとすると、戻した状態の春雨で、およそ何グラムに値しますか??ご飯と同じGI値の量の春雨を食べたら、結局は同じは意味無いのでしょうか?

Aベストアンサー

GI値とは、炭水化物の吸収速度をあらわす尺度で、
糖尿病患者の負荷試験用ブドウ糖液の吸収速度を100として、
他の食品の吸収速度をパーセントで表したものです。

たとえば、ブドウ糖100、蜂蜜90、ご飯84、砂糖75などです。
ご飯は84なので、消化吸収速度がブドウ糖液の84%であるわけです。

少し大き目の茶碗1杯のご飯のカロリーは230Kcalですが、吸収速度は84%です。
少し大き目の茶碗2杯のご飯のカロリーは460Kcalですが、吸収速度はやはり84%です。

少し大き目の茶碗1杯の玄米ご飯のカロリーは230Kcalですが、吸収速度は55%です。
少し大き目の茶碗2杯の玄米ご飯のカロリーは460Kcalですが、吸収速度は55%です。

なお、吸収速度が遅いということは消化に時間がかかるということです。
たとえば、白米ご飯と玄米ご飯を比較すると、カロリーは同じですが、
玄米の方が白米よりも消化に1.5倍も時間がかかるので、それだけ腹持ちが良いわけです。

玄米などの未精製の食品は一般にGI値が低いものが多く、栄養の損失も少ないので、
低GI値の食品を食べるとダイエットの成績が良いというのが低インスリンダイエットの
主旨です。

> ご飯2杯分のGI値を春雨に当てはめたとすると、およそ何グラムに値しますか??
> ご飯と同じGI値の量の春雨を食べたら、結局は同じは意味なのでしょうか?

炭水化物はブドウ糖が何百万個も結合したものの固まりです。
炭水化物が胃を通過するときに、ブドウ糖2個ずつの麦芽糖に分解され、
さらに小腸でブドウ糖1個ずつに分解されてから血液中に吸収されますが、
GI値とは炭水化物がブドウ糖になって吸収されるまでの時間のことですから、
ご飯のGI値を、春雨のGI値に、当てはめて考えることはできません。

ご飯2杯のカロリーは460Kcalですが、このカロリーに相当する春雨は、
乾燥春雨135gです。
戻した状態で何gになるか知りませんが、かなりの量になると思います。

その上で、ご飯460Kcalと春雨460Kcalのどちらが腹持ちが良いかですが、
春雨の方がGI値が低く、腹持ちが良いと思いますが、まだそれを測定した人はいないようです。

測定とは、乾燥春雨90gには75gの糖質が含まれているので、
春雨90gとブドウ糖液75gを実際に飲み比べて、血糖値を測定して、
吸収速度を比較するのです。



なお、巷に流れている低インスリンダイエットには大きな誤りがあるので、一言述べておきます。

先に書いたように、GI値というのは食品に含まれるブドウ糖の
吸収速度を試験用ブドウ糖液と比較して表したものです。
ですから、肉類や魚介類、卵など、糖質を含まない食品のGI値は
測定ができないはずです。

ところが、多くのサイトに肉類や魚介類のGI値が掲載されています。
これらのサイトは、GI値の意味を知らないまま掲載しているだけの
サイトなので、そこに書かれている記事はあまり信用しないようおすすめします。

GI値とは、炭水化物の吸収速度をあらわす尺度で、
糖尿病患者の負荷試験用ブドウ糖液の吸収速度を100として、
他の食品の吸収速度をパーセントで表したものです。

たとえば、ブドウ糖100、蜂蜜90、ご飯84、砂糖75などです。
ご飯は84なので、消化吸収速度がブドウ糖液の84%であるわけです。

少し大き目の茶碗1杯のご飯のカロリーは230Kcalですが、吸収速度は84%です。
少し大き目の茶碗2杯のご飯のカロリーは460Kcalですが、吸収速度はやはり84%です。

少し大き目の茶碗1杯の玄米ご飯のカロリーは...続きを読む

Q低インシュリンダイエットの表。。。

先日「特命リサーチ200X」で低インシュリンダイエットという
のをやっていましたが、番組中で紹介された表はメモ
できたのですが、もっとたくさんの食材のデータが欲
しいです。
どこかのサイトにないでしょうか?

Aベストアンサー

●80~90 「ライスフレーク、はちみつなど」
●70~79 「コーンフレーク、白パン、白米、カボチャ」
●60~69 「酢飯、レーズン、玄米など」
●50~59 「マンゴー、バナナ、スパゲティ、スイートコーン、スイートポテトなど」
●40~49 「オレンジ、ニンジンなど」
●30~39 「リンゴ、スキムミルク、オールブランなど」
●20~29 「グレープフルーツ、プラム、サクランボなど」
●10~19 「ピーナツ、大豆など」。

GIは『グリセミック・インデックス』の略です。
検索かければ他にも見つかるのではないかと思います。
基本的には糖尿病食と同じもの食べていれば大丈夫で章。

Q低インシュリンダイエット良い本やサイト教えて下さい。

低インシュリンダイエットという言葉を良く聞きます。いざ自分で実践してみようと本屋やサイトなどを探したのですが残念ながら力不足のため、なかなか満足できる内容のものに出会うことが出来ませんでした。毎日三食自炊をしているため、、低インシュリンダイエットに関しての基本的な知識をつけておきたいのですが、食材の組み合わせなどで、Gi値もかなり変わってくるとのことです。
もし宜しければ、この辺も解説されている図書やサイトなどご存知の方がおりましたら、是非ご教授のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このサイトはいかがでしょう?
参考になれば。
以前私も試そうと思い本も購入したのですがどこかに行ってしまったようでみつかりませんでした。
結構くわしく書いてあったたような気がしたのですが。

余談ですが、低インシュリンダイエット、お米大きな私には続きませんでした・・・。
でも今夕ご飯のみお米抜き(おかずは普通に食べる)
夕食はなるべく7時までに済ませる・・・という独自のダイエット方法で2週間で1,5キロ痩せました。

朝、昼は普通に食べてデザートもOKです。
今日もアイスを食べました。
夜も時々ビールやワインを飲んだりします。
先週末は友達と飲みにも行きました。

苦しいダイエットは続きませんよね。
お互い無理なく頑張りましょう!

参考URL:http://www7.plala.or.jp/pon31/insyurin.html

Qお腹が鳴るので低GI値の食品をとってみたのですが・・。

静かにしている時に限っておなかが鳴ります;そこである提案を思いつきました。前にダイエット方法で【低インシュリンダイエット】というのがありましたよね。GI値の低いものを食べると血糖値が緩やかになり空腹感が感じにくくなるとのことです。早速取り入れてみると・・本当におなかが鳴らなくなりました。もちろん名文句の【たくさんたべてOK!】という文字は無視して適量を守って口に運んでおります。
そこで疑問が。本当にGI値の低いものを摂取するとおなかが鳴らなくなるんでしょうか。私だけなんでしょうか。みんなに当てはまるものなのでしょうか。

どうか宜しくおねがいいたします。

Aベストアンサー

何でもお腹に物を入れれば良いような気がするのですが。

QGI 値について

最近低インシュリンダイエットが話題なので、色々調べてみました。
そしたら気になることが一つあって、どうしても分かりません。
カロリーの計算方法は食べた量の総数から消費した量の総数を引いたものですよね?GI値は100gあたりと言っているから、やはり計算できると見ていいですよね?
しかし、GI値が下がると言っているところから分かりません。それはどういう基準で計算しているのですか?
減ると言う事は足し算ではなさそうだから、平均かな?などとくだらないことで頭を悩ませています。
と思いつつも、本に書いてある通りに実行していて、別に困りはしませんが、気になりだしたら、ずっと気になっちゃうタイプなので、気になってしょうがないのです。どなたか、暇な時でもいいので、教えてください。

Aベストアンサー

■補足
カロリーについては、考えなくてよいと書きましたが、その理由です。カロリーは、「炭水化物、たんぱく質、脂質」→この3つの量にのみ依存しています。食べ物の種類によって異なりますが、おおむね炭水化物1g≒4kcal、たんぱく質1g≒4kcal、脂質1g≒9kcalです。

例えば、
(a)炭水化物50g・たんぱく質25g・脂質20g
の食事を3回とったとしたら、総カロリーは約1500kcalとなります。だから、タンパク質、炭水化物、脂質の「量」を決めれば、それはカロリー計算をしているのと同じことになるのです。だから、量を決めた上でさらにカロリー計算は必要ないという意味です。さらに、
(b)炭水化物70g・たんぱく質5g・脂質20g
(c)炭水化物20g・たんぱく質25g・脂質33g
この2つはどちらも3食食べれば1500kcalです。(b)は炭水化物の量が多めなので、この炭水化物が高GIの場合はインシュリンが過剰に分泌され、体脂肪は増えるでしょう。また、たんぱく質が少ないので、筋肉量が減ってしまいます。(c)については、炭水化物の量が少ないので、食事で脳が必要とするグルコースを間に合わすことができず、糖新生が起こってしまいます。

もうおわかりですね。(a)、(b)、(c)はカロリーは同じですが、太りにくいのは(a)のみです。カロリー計算はやめて、炭水化物とたんぱく質の「量」に着目しましょう。

■補足
カロリーについては、考えなくてよいと書きましたが、その理由です。カロリーは、「炭水化物、たんぱく質、脂質」→この3つの量にのみ依存しています。食べ物の種類によって異なりますが、おおむね炭水化物1g≒4kcal、たんぱく質1g≒4kcal、脂質1g≒9kcalです。

例えば、
(a)炭水化物50g・たんぱく質25g・脂質20g
の食事を3回とったとしたら、総カロリーは約1500kcalとなります。だから、タンパク質、炭水化物、脂質の「量」を決めれば、それはカロリー計算をしているのと同じことになるのです。だ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報