調べてもいまいち理解できていないのですが、たとえば
Bが、Aからある物を売ってほしいと頼まれた場合に買主Cを探して
AとCの間の連絡をとりもつ場合だと契約はAとC間での成立だと思うのでこれは使者になるんですよね?
Aから品物を渡され、それをCに現金と引き換えに渡してそのお金をAに渡す場合などは代理人になるのですか?
頼まれたところで最終的に金額などで売るかどうか決めるのがAの場合は、
取引はBがかわりにしたとしてもBの立場はあくまで使者という事でいいのでしょうか?

A 回答 (4件)

>この、「本人のためにすることを示した」というのは


>本人に代わって契約をしにきたと表明するということですか?
その通りです。これをしないと通常相手は代理人が契約の相手だと勘違いしてしまいますよね。

>これは、??円で売ってーと頼まれてる場合だと媒介人で
いえいえ。この場合でも代理人ですよ。
確かに売買の要素としての代金の裁量は与えられていませんが、売買の相手方の選択の裁量は与えられていますから。
(この場合、代理人は??円であれば、AでもBでも好きな方に本人の承諾なく売却できますよね)

>後者の場合落札後に本人と取引しようが代理出品者と取引しようが、
>代理出品者の立場はかわらないということですね
これを読むといろいろなことがごちゃまぜになって間違ってます。
「代理」は、あくまで代理人と相手方が契約当事者です。本人にはその契約の効果が帰属するにすぎません。
本人と相手方が契約当事者になる場合には代理人は存在し得ないです。
この場合、間をとりもった者は先の回答で説明した媒介をする者ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あらためてご返答ありがとうございます。
ようやく理解できました。
民法の本など読んだのですが、文がいまいち理解できなくて・・
特に関係あるような事ではなかったのですが気になってしかたなかったので
ホッとしました。

お礼日時:2005/08/03 22:22

>代理人と使者の違い


私の理解だと
代理人:契約内容に一定の裁量が認められている。その裁量内の代理行為ならば本人が予めそれを決定していなくても、本人に効果が帰属する。
使者:契約内容は予めすべて本人が決定している。単に本人のなした意思表示をそのまま通知するだけ。
といったかんじ。
使者は本人の意思表示の単なる伝達手段だから、当然にその効果は本人に帰属する。代理人はその意思表示の効果が一定の要件の下で、本人に帰属する。

質問の前段は使者でも代理人でもないです。
商法の概念としての媒介にあたると思います。
媒介を業とする者には媒介代理商と仲立人がいます。
>商法第四十六条  
>代理商トハ使用人ニ非ズシテ一定ノ商人ノ為ニ平常其ノ営業ノ部類ニ属スル取引ノ代理又ハ媒介ヲ為ス者ヲ謂フ
>商法第五百四十三条  
>仲立人トハ他人間ノ商行為ノ媒介ヲ為スヲ業トスル者ヲ謂フ
具体例としては、旅行代理店はあくまで客と旅行会社の間の契約をとりもつにすぎないので、媒介を業としていることになります。(特定の旅行会社のために業務を行うものが前者、そうでないものが後者)

質問の中段は、Bに代理権が授与されているか否かで結論が違うと思います。
代理権がBに授与されてBがCへの顕名をすれば、BC間での売買の効果がAに帰属します。これが典型的な代理です。
>民法第九十九条  
>代理人がその権限内において本人のためにすることを示してした意思表示は、本人に対して直接にその効力を生ずる。
>民法第百条  
>代理人が本人のためにすることを示さないでした意思表示は、自己のためにしたものとみなす。ただし、相手方が、代理人が本人のためにすることを知り、又は知ることができたときは、前条第一項の規定を準用する。

しかし、商法には問屋営業というものが定められています。
>商法第五百五十一条  
>問屋トハ自己ノ名ヲ以テ他人ノ為メニ物品ノ販売又ハ買入ヲ為スヲ業トスル者ヲ謂フ
>商法第五百五十二条  
>問屋ハ他人ノ為メニ為シタル販売又ハ買入ニ因リ相手方ニ対シテ自ラ権利ヲ得義務ヲ負フ
この問屋は自分が相手方の契約相手になってまず売買を行います。その後、その売買によって生じた経済的利益を本人に帰属させます。
具体例としては、証券会社は顧客の株式購入の注文を受けて自己の名で株式を市場から取得(または売却)して、その後顧客に経済的利益を帰属させます。このとき顧客は株式売買の相手方と直接の契約関係にありません。

質問の後段は、使者といえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
この、「本人のためにすることを示した」というのは
本人に代わって契約をしにきたと表明するということですか?
あとよくオークションなどで代理出品という文面をみかけますが
これは、??円で売ってーと頼まれてる場合だと媒介人で
いくらでもいいからと言われて出品金額や落札金額を適当に決める場合だと代理人って感じでしょうか?
後者の場合落札後に本人と取引しようが代理出品者と取引しようが、
代理出品者の立場はかわらないということですね

お礼日時:2005/08/03 16:59

代理人は契約行為を行い、使者はただ依頼人の契約の履行をするだけでしょ?だから使者は契約について決定することはないんです。


Aが「Cさんと話ついてるから、これをいくらでCさんに売ってきてくれ」と言えば使者だし、「ただこれをいくらで売ってきてくれ」というだけなら契約の相手方を選ぶのはBだから、Bが自己の判断でCさんと契約させようという意思で代理を行っていると考えればいいでしょう。

〈AとCの間の連絡をとりもつ場合だと契約はAとC間での成立だと思うの でこれは使者になるんですよね?
 使者になるでしょうが、仲介人とも言えそう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
例えがあってるかわかりませんが、何か買ってくるように言われた時に
銘柄等指定された時→使者
何を買うか頼まれた人が決める時→代理人
というような感覚でいいんですね

お礼日時:2005/08/03 16:37

御質問の場合に、


Bが価格や納期、納入方法の決定等、取引における一定の裁量を認められている場合は代理人になるのではないでしょうか?
取引についてはA-C間で決定され、Bは単にお金を払う、ものを受け取るという役割しかしないのであれば使者になるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
よく「代理で受け取ってきて」とか言う場合はどうなるんだろうと思ってました。
すでに決まった事に対してかわりに行う事はたんなる使いの者ですね

お礼日時:2005/08/03 16:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「日曜日よりの使者」の英訳を教えて下さい

はじめて投稿させて頂きます。
機会があり日曜日よりの使者の一部を英語に訳しました。

翻訳サイトを使い翻訳してみましたが、自信がありません。
どなたかお詳しい方、ご指摘頂けると助かります。

どうぞよろしくお願いします。



流れ星がたどり着いたのは
悲しみが沈む西の空
Shooting star had finally arrived.
it was western sky that sorrow has sunk.

そして、東から昇ってくるものを迎えに行くんだろう
日曜日よりの使者
And, You would go to greet what came up from the east.
You are the "Messenger from the Sunday".

Aベストアンサー

The shooting star finally arrived to

The west sky where the sorrow should sink into

Probably you would go welcome whoever comes up from the east

You could be "Messenger from the Sunday".

QAがBに業務処理を委任し、BとC間で締結した契約の、Bの委任終了に伴う権利義務について

 AがBに対し、物品の売却業務を委任し、それに伴ってBがCと、それぞれ、契約の当事者として物品売買契約を締結しました。
 その後、物品の引き渡しや代金の支払いなどの契約内容が履行される前に、AがBに対する委任を解除しました。(そのことについてBは同意しています)
 そして、その後当初AがBに委任した内容と同じ内容をEに委任しました。
 このような状況で、BとCの物品売買契約内容を、EとCの物品売買契約として認めることはできますか?(Eは引き継ごうと思っています)
 できるとすれば、どのような手続きを取ればいいんでしょうか?
EがCに対して、Aから委任を受けましたということを通知して、Cが承諾すれば成立するんでしょうか?
 BとCの契約を解除し、EとCが新たな契約を結べばいいとも思いますが、どうなんでしょうか?(民法でいう更改?)
 Aは本社、B、EはAの営業所で、会社内部の取り決めでBに委任されていた内容をEに委任することになったという状況です。
 Cは個人のお客様です。
 このようなことを、法的にはどういうんでしょうか?

Aベストアンサー

>BとEは、A会社の営業所ですので、同じ会社、法人ということになると思っています。

 そうしますと契約当事者は、A会社とCであって、BとCではありません。B(正確には、A会社営業所Bにおいて権限を有している者)は、A会社の内部的な業務権限の配分により、A会社の代表者に代わって、A会社の名において、ある物品販売の契約を締結する権限が与えられているのであって、B(の権限のある者)が契約当事者になるわけではありません。
 従って、内部的にE(の権限のある者)が引き継ごうか、契約当事者はA会社であることに違いはなく、法的に独自の意味を有するわけではありません。当然、Cの承諾も不要です。(Eの担当者が引き継ぐことを知らせるのは、客商売としては当然でしょうが。)

Q事実はどうなのか。 大河ドラマで、真田丸で小田原攻めを放送ちたが、小田原の北条氏に使者として遣わさ

事実はどうなのか。

大河ドラマで、真田丸で小田原攻めを放送ちたが、小田原の北条氏に使者として遣わされたのは、真田丸では、真田信繁
軍師官兵衛では、黒田官兵衛
独眼竜政宗では、前田利家
が、太閤に降伏するように使者では入ったが
一体どれが正しいのか?
NHKは、大河ドラマは、史実に基づくとうたっているが、実際は、誰が使者として入ったのか?
この前の真田丸を見てそう思いました。
どなたか、本当は、誰が使者では入ったのか
歴史に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

小田原城攻めでの降伏勧告は、攻め手に加わった大名たちが各個に使者を送っていますので、
「どれも正しい」というのが答えです。
信繁ひとりが代表として遣わされたと言ったら史実に反しますが、他の使者については描写
を割愛しているだけなら、実際に信繁「も」使者にはなっているので「史実に基づいている」
と言っても嘘ではないのです。

Q原告A県在住、被告B県在住の場合、A県で調停

全くの素人です。知識として教えてください。
原告A県在住、被告B県在住の場合、A件で調停、裁判する方法はありますか。
私が調べたところ、被告の在住地の裁判所でないと原則、訴訟は行えないと。
ただし、相手の承諾を得れば、原告在住地の裁判所で訴訟可能だとか。

Aベストアンサー

調停に、原告、被告はありません。申立人、相手方ですね。
許可されるかどうか分かりませんが、自庁処理の上申書を提出するといいかも。
(病気などで、どうしても遠隔地に行けない場合などは可能性あり)

Q使者と代理人の疑問です

使者と代理人の疑問です。

代理人が権限濫用(引出した現金を持逃げ)した場合には93条但し書で、本人が保護され
る可能性がありますが、使者の場合にはどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

本人が「商品Aを買うと売主に伝えよ」と、使者に言ったものの
使者が誤って「商品Bを買う」と売主に伝えてしまった場合、
意思と表示のズレであり、錯誤の問題として処理するのが
通説的な考え方かと思います。

このことからすれば、代理人の権限濫用事案が
使者において発生する場合、
表示の錯誤はないのですが、動機の錯誤の適用ないし
類推適用(本人でなく使者の動機だから)の問題として
処理するのが妥当かと思います。
なにかの試験問題だったら私ならそのように書きます。

動機の錯誤をどう処理するかについては、
古い判例と学説上の争いのあるところですが、
説明は省きます。

QA、B、Cの内、売買契約でBが詐欺を働いた場合の物品の所有権。

小説読んでいたら気になる事が出てきたので質問させてください。

なお、この話は100%フィクションです。


ある会社A、B、Cがあります。

BはAから珍しい動物を1200万で購入する契約を結び、珍しい動物をもらいました。代金は2ヵ月後にまとめて支払う契約をしました。この2ヶ月間は動物の所有権はAにあります。

1ヵ月後、BはCへその動物を700万で販売しました。即日、Cは代金を700万円支払い、動物をもらい、BとCは売買の契約書を書きました。

Cは動物の所有権をBが持っていると思い、またBは私が動物の持ち主だとCに説明しました。

その後Bは倒産。経営者は行方を眩ませました。
Cのもとには動物と購入証が残ります。

BとCは共謀していない(Cは動物を買っただけ)です。

この時AはCに対し、法的に動物の所有権を主張することができるのか、という話です。


法律に詳しい方、どうか回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ああ、可能性としては低いけどもう一つ検討しておこうか。

もしも、Bは初めから騙し取るつもりでAと売買契約を結んだ(とはどこにも書いていないから、本来検討する必要はないがね。これは問題を勝手に作りすぎではある)とするなら、AB間の売買契約についてAが詐欺を理由に取消すという可能性があるね。この場合、どうなるかってーと、問題はどこでAが取消したかだ。まず、BC間の売買契約の後で取消したなら96条3項の問題として、Cが所有権を取得するということになる。BC間の売買契約の前に取消したならこれは判例では178条の問題で処理するのが筋ということになる。

んだけどね、そもそもAB間の契約には「所有権留保特約」が付いているわけ。そうすると、AB間の売買契約で所有権はBに移転していないというのは絶対なの。そして、無権利者から権利を取得することはできないのが原則だから、たとえ96条3項の適用があってもあるいは178条で処理するにしても、CはBから所有権を取得することはできないのが原則なの。96条3項にしろ、178条にしろ「一応は所有権を有する者から取得した場合」の話であって、Bには最初から最後まで所有権がないんだから、これは96条3項とか178条では解決できないの。だから結局は192条を考えざるを得ないわけだ。ってことは、最初から192条一本でけりが付く話なんだよ。だから96条は関係がないってわけ。

ああ、可能性としては低いけどもう一つ検討しておこうか。

もしも、Bは初めから騙し取るつもりでAと売買契約を結んだ(とはどこにも書いていないから、本来検討する必要はないがね。これは問題を勝手に作りすぎではある)とするなら、AB間の売買契約についてAが詐欺を理由に取消すという可能性があるね。この場合、どうなるかってーと、問題はどこでAが取消したかだ。まず、BC間の売買契約の後で取消したなら96条3項の問題として、Cが所有権を取得するということになる。BC間の売買契約の前に取消したならこれは...続きを読む

Q使者と代理人の疑問パート2です。

使者と代理人の疑問パート2です。

代理人が相手方と通謀虚偽表示を行った場合には、93条が類推されて、
法律行為は有効になりますが、使者の場合には、93条の適用でよいので
しょうか?

Aベストアンサー

そうだと思います。

使者の場合においては、意思決定者は本人でしかありえず、
「通謀」虚偽表示ではなく、片側虚偽表示、つまり心裡留保の「適用」に
なるのかと。

QA事業主の敷地内でB店経営者が不謹慎な行動をした場合、B店経営者に慰謝

A事業主の敷地内でB店経営者が不謹慎な行動をした場合、B店経営者に慰謝料などの請求は出来ますか。

某大型ショッピングセンター(以下A)に経緯は不明ですが、Bが「ここに店をおかしてくれ」と言います。
Bは法人ではなく、個人です。
契約が成立し、BはAの敷地内で商売を始めました。
しかし、Bが従業員又はお客さんに対し不謹慎な行動をし、民事裁判まで発展し、敗訴しました。
内容は、よくあるセクハラなど、それが知れ渡る事により、明らかに店及びショッピングセンターのイメージダウンに繋がる物とします。

これにより、AはBに対して契約を破棄して追い出したり慰謝料を請求する事はできますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

裁判が確定しているのなら損害との因果関係を証明できれば、
慰謝料はともかく損害賠償請求と契約解除は可能でしょうね。

通常契約書にも、背信的行為や反社会的行為があった場合解除可能と記載されています。

Q代理人と使者

決定した法律行為を単に伝えるのが使者。
その逆が代理人。

となってますが、
司法書士の申請業務はどうなのでしょうか?

実体法上の権利関係は既に確定しているものを申請依頼されただけで、
役員が再任されたのに、退任と申請できませんし、共同相続でも勝手に法定相続分と異なる持分を決められません、と言う事は、使者に該当しそうですが、代理人となってます。

代理人と使者の違いを教えてください。

Aベストアンサー

法律を学ぶ最中にありがちな「常識からの判断」を、忘れてしまってませんか。

郵便配達人は代理人ではないでしょう。
郵便物を配達するだけです。

司法書士が書面を作成するのは、司法書士の業務です。
その書面を提出するのも「作成・提出」という請負業務の中では「代理行為」です。

A司法書士が「外出するついでに、この封筒を法務局に届けてくれ」と妻に頼んだなら、妻はただの使者です。

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報