先日、友人が国産の無添加だというワインを持ってきました。飲んでみたら、ワインというよりも上質のぶどうジュースみたいな味がしたのですが、友人は「これは無添加だから赤ワインの渋みがなくてうまい」と言ってたのですが私はどうも違ってるような気がします。ワインに入っている保存料などの添加物はワイン本来の味を損ねているのでしょうか?どなたか詳しい方がいらしたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 赤ワインの渋みは果実に由来するタンニンから来るものです。

添加物とは直接関係はありません。

 タンニンは基本的には葡萄の種から抽出されるものと考えていいと思います。うんと大雑把に言うと、赤ワインは醸しという工程で発酵中の果汁に果皮や種子が残っていますので、タンニンが抽出されやすくなります。

 国産の無添加ワインは若飲みのワイン(長期熟成させるのではなく、さっさと飲んでしまうワイン)ですから、葡萄品種としてももともとタンニンの少ない葡萄を使っており、醸しの工程も比較的短いと思われます。

 でも、あんまり理屈を言うよりも、おぉ飲み易くてうめぇうめぇ、と飲んでしまうのが飲み手にもワインにも幸せでしょう。私は酒の席でこんな解説をして他人から嫌われます....。
    • good
    • 0

 無添加ワインは代わりに熱処理がしてあるので、ワイン本来の味や香りは飛んでしまうのだそうです。

だから、ぶどうジュースのようになるのは無理ありません。

 しかし人間の味覚は思い込みの影響が強いので

>「これは無添加だから赤ワインの渋みがなくてうまい」

と思う人もいるのでしょうね。

 無理に反論せずに「独特の味だね……」と聞き流すのが無難でしょう。

参考URL:http://www.gem.hi-ho.ne.jp/hirokei/columns/1999/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難う御座いました。
今思い出してもあれはワインと呼べるものではないと思ってます。熱処理してあれば香りや味が変化してしまうのもしょうがないですね。大変参考になりました。有難う御座いました。

お礼日時:2001/10/24 11:08

亜硫酸塩やソルビン酸という添加物が使われていることが多いですね。


ワインを醸造する際には、ワインの酸化防止と殺菌のために、多かれ少なかれ、必ず亜硫酸塩を添加しますし、瓶詰めする際にもソルビン酸を加えて、酸化や劣化を防止します。

この程度の添加物だったらそれほど味に影響を与えないとされています。

しかしワインによってはいろいろな物を添加する場合があります。詳しくは参考URLを見てみてください。

参考URL:http://www.gulf.or.jp/~houki/essay/zuihitu/addit …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答有難う御座いました。
亜硫酸塩等の事は知ってはいたのですが、その味までは考えた事がありませんでした。味にはそれ程影響しないという事がわかって安心しました。有難う御座いました。

お礼日時:2001/10/24 11:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本だけが使用しているような危険な食品添加物・化学調味料

外国では使用が禁止されているのに、
日本では認可して使用している添加物はありますか?
また、食品添加物の中で、特に危険とされているものはありますか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.2さんが仰るように、すべての物質には毒になる量が存在します。
医薬品をデタラメな使い方として過剰に摂取すれば副作用を起こすでしょう。
医薬品と同様に、食品添加物も、毒になる量が存在し、
医薬品と同様に、食品添加物も「よほどデタラメな使い方」をすれば毒になります。

実は、我々の生存に不可欠な栄養素も、毒になる量があります。
例えば、脂肪を過剰に摂取すれば、メタボリックシンドロームという命に関わる病気になります。
世間で言うメタボリック、一昔前は、生活習慣病です。
ビタミンも過剰摂取すれば毒になります。
特に有名なのがビタミンAです。
次のサイトには、ビタミンAの不足と過剰摂取による健康障害が記されています。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail171.html
季節的にビタミンCが注目されますが、不足のみならず過剰摂取しても健康障害を引き起こします。
ビタミンCは強い抗酸化作用を持つため酸化防止剤として食品に添加される場合があります。
ビタミンCは栄養素であり、食品添加物でもあります。

食品添加物、医薬品、栄養素など全ての物質に関して毒になる量は、
体の大きさによって異なります。一般論として体重に比例します。
医薬品で子供と大人の服用量が違うのはその為です。
ラットやマウスなどの実験動物と人間では毒になる量が異なります。

ANo.1さんが挙げる亜硝酸Na(亜硝酸ナトリウム)ですが、
生体内にて他の物質との反応で発癌性物質が発生するという動物実験の結果があっても、
ハムなどの加工食品において、ボツリヌス菌が引き起こす食中毒の防止には必要不可欠な
食品添加物なので禁止されません。
欧米では、ハム、ソーセージなどの食肉加工品による食中毒防止のための保存剤として
重要視されています。
http://www.n-shokuei2.jp/food_poisoning/faq/page06.shtml
http://www.taro.org/blog/index.php/archives/870
動物実験を基に毒にならない量を添加していますので発癌性のリスク自体は極めて小さいです。
そんな極めて小さい発癌性のリスク何かよりも、ボツリヌス菌食中毒防止の方が
はるかに我々の社会にとってはベネフィット(便益)が大きいから禁止されないのです。
つまり、発癌性のリスクを無視できる程に我々の社会にとっては有益なのです。
これは、交通事故で毎年数千人台の死者を出しているにも拘わらず自動車を禁止しないのと
同じ論理なのです。無論、添加物の健康被害リスクは、交通事故よりも桁違いに小さいです。
ですから、生活していく上で、添加物の危険性何かよりも交通事故の方をもっと心配して下さい。
あっ、いけない!、中国産は例外でしたね、何せデタラメな使い方が多いから。

ANo.2さんが仰るように、すべての物質には毒になる量が存在します。
医薬品をデタラメな使い方として過剰に摂取すれば副作用を起こすでしょう。
医薬品と同様に、食品添加物も、毒になる量が存在し、
医薬品と同様に、食品添加物も「よほどデタラメな使い方」をすれば毒になります。

実は、我々の生存に不可欠な栄養素も、毒になる量があります。
例えば、脂肪を過剰に摂取すれば、メタボリックシンドロームという命に関わる病気になります。
世間で言うメタボリック、一昔前は、生活習慣病です。
ビタミ...続きを読む

Qワインってどんな味なんですか?赤ワイン、白ワインのそれぞれの味を教えてください!

ワインってどんな味なんですか?赤ワイン、白ワインのそれぞれの味を教えてください!

Aベストアンサー

赤ワイン
グレープジュースの甘みを取って 苦みと渋みを付け加えた感じ
始まりは食事の時 チーズ(本場は臭いもキツい)やジビエ料理の癖を消して美味しく食べる飲み物
白ワイン
甘みが強いのでジュース感覚で飲め 魚介類に合うと言われてる。

料理に合わせてワインを選び飲むのが普通です。

私は魚介類は日本酒の方が合うと思う。

Qなぜ日本の食品添加物は多いのですか?

厚生労働省が認可している食品添加物は、アメリカの倍以上、欧州先進国の数倍もあるということですが、なぜそんなに許可しているのでしょうか?

サプリメントなどは、アメリカ以上に厳しいのに、なぜ添加物に限り、他国で禁止しているようなものまで許可するほどに、寛大なのでしょうか?

厚生労働省が添加物に限り他国以上に寛大なのは、何か知らされていない背景などがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 補足ありがとうございました。追加ですみません。
>コンビニ弁当を続けていたら、しまいには、どれも味が同じ感じがしてきて、とても気持ち悪くなったのを覚えています(サンドイッチだろうが幕の内だろうが、どれも同じ味がしたあの感覚は、とても気持ち悪いものでした)。
 
 同感です!ただ基本的に食品添加物は無味無臭(あたりまえ)ですし、コンビニ弁当は比較的食品添加物の使用が少ないもののひとつですので、これは添加物うんぬんより調味料による味の画一化の問題ですね。確かにいわゆる「化学調味料(造語)」をつかいすぎると皆同じ味になりますが、コンビニ弁当が毎回味が違うのではそれはそれで苦情の嵐になりそうで怖い。したがって、失礼ながらコンビニ弁当ばかり食べる食生活自体に問題がありそうです。ちなみにいわゆる「化学調味料」の危険性はすでに科学的に否定されていますので、体への影響は心配しなくていいと思います。

>ファーストフードはもう論外ですね。
 う~ん・・・。いちいち難癖をつけて申し訳ないですが、外食産業でつかうメインの食材は冷凍が中心となっています。冷凍は食品添加物を使わないための方法のひとつでもあるんですよ。こっちも添加物は意外にすくないんじゃないかな。

 補足ありがとうございました。追加ですみません。
>コンビニ弁当を続けていたら、しまいには、どれも味が同じ感じがしてきて、とても気持ち悪くなったのを覚えています(サンドイッチだろうが幕の内だろうが、どれも同じ味がしたあの感覚は、とても気持ち悪いものでした)。
 
 同感です!ただ基本的に食品添加物は無味無臭(あたりまえ)ですし、コンビニ弁当は比較的食品添加物の使用が少ないもののひとつですので、これは添加物うんぬんより調味料による味の画一化の問題ですね。確かにいわゆる「化学...続きを読む

Q白ワインよりも、コテコテの赤ワインが好みって邪道ですか?

 例えば・・・
 多人数の酒の席で、今日はワインを飲むとなったとき
 何故か、自分以外の皆は白ワインを注文したがります
 私が好む濃厚な赤ワインは、誰も好まない様子です

 因みに
 赤色の靴下は嫌いです
 赤色の服も好みません
 自動車も赤色系を所有したことはありません
 だけども赤色のワインだけは、本当に美味しいな~
 と、心底と感じています
 とある方から忠告されたのですが
 こんな私は邪道ですかネ?
 
 肉でも魚でも、赤ワインでやっちゃいます ^^;

Aベストアンサー

日本はワインが主流の国ではなく、当然飲み慣れた方も少ないでしょう。
一般的に考えれば、白は万人に飲みやすいものが多く、赤は渋い感じなので、飲み慣れたり好みが偏る方が多い、それだけの理由なので、邪道などという観点で考えること自体、ありえません。

しいて言うなら、これも一般的ですが、赤は肉料理を引き立てるような味であるとか、専門家などは、このワインは○○によく会うという批評などがされます。
貴族やブルジョアの食事会などではないでしょうし、先にお答のように、ご自分の好みで飲まれる方、国なども多いです。

Qアフリカで食品添加物をばらまく日本企業

テレビのニュースを見ててびっくりしました。

内容は、味の素をアフリカのコートジボワールで大々的に販売しようとしているという内容でした。
番組の趣旨は、その販売宣伝の仕方が、日本的で地道に現地の人と交流しながら・・・みたいな、ほのぼのした内容でしたけど。

いや、そのことはよくっても、その売ってるものなんですけど、味の素やハイミーなんかは、欧米ではMSGと呼ばれて、脳に障害を与えたり味覚障害になったりと、健康に害があるとして有名な食品添加化学物質です。法的にも確か規制されていたはずです。

日本では、それを作ったのが日本の企業だからだからか、その危険性が伏せられて堂々と売られてますけど、日本人がそれで健康を害するのは自分たちのせいだとして、それを知識のないアフリカの人たちにどんどん売り込んでいいんでしょうか。10数年後に、あるいはもっとその後に、奇形児がたくさん生まれたり、がんになる人が増えたり、味覚障害や摂食障害で肥満者が増えたりして、その責任が取れるとも思えません。

このことをWHOに報告したら、なんとかしてもらえるでしょうか。
欧米の人たちがこれを知って、なんとも思わないんでしょうか。

テレビのニュースを見ててびっくりしました。

内容は、味の素をアフリカのコートジボワールで大々的に販売しようとしているという内容でした。
番組の趣旨は、その販売宣伝の仕方が、日本的で地道に現地の人と交流しながら・・・みたいな、ほのぼのした内容でしたけど。

いや、そのことはよくっても、その売ってるものなんですけど、味の素やハイミーなんかは、欧米ではMSGと呼ばれて、脳に障害を与えたり味覚障害になったりと、健康に害があるとして有名な食品添加化学物質です。法的にも確か規制されていたは...続きを読む

Aベストアンサー

 詳しいところは他の回答者の皆さんが答えてくれていますので、私は皆さんが触れていないところだけをかきますね。

 いわゆる化学調味料については、2000年初頭の段階でほぼ完全に安全性が証明されたことはすでにご理解いただいていると思います。

 ところが、添加物を悪くいう人たちってのは常にいらっしゃるわけで、そういう方たちは常に攻撃目標を探しています。いわゆる化学調味料についてはすでに2000年ころから関心は離れてしまっていまして、その次には「たん白加水分解物」が標的になりました。
 「たん白加水分解物」は文字通りたんぱく質を加水分解して作られるうまみ成分でして、原料も製法も用途もいわゆる化学調味料とほぼ酷似したものです。ところが、添加物ではなくて「原料」に区分されるものなので、「化学調味料無添加!!」なんかを売り物にするインチキ業者が好んで使ったんですね。

 で、この「たん白加水分解物」を作る際に塩酸を使うと「3-MCPD」って不純物ができるんですが、これに発がん性の疑いがあるってことで、添加物を悪くいう人たちが飛びつきました。ただし今では製法も改善され、日本で作る分には問題にならないほどに不純物の生成が抑えられるようになっている(それはそれで攻撃目標になったおかげでもある)んですが。

 そうなると、添加物を悪くいう人たちの次の目標は、「海外(中国なんかがやり玉になります)で生産される「たん白加水分解物」が問題だー!!」ってなります。←今このあたり。

 このように、食の安全をめぐる問題は日進月歩で進んでいるんです。

 たいへん失礼な言い方にはなりますが、いわゆる化学調味料もそうですし、他の回答者様へのお返事にもある以下の項目のように、質問者様の情報はちょっと古くて、内容に偏りがあるように思います。

>マーガリンなどもNYではすでに規制され始めているのに、
 ⇒規制は「総脂肪摂取量の多い国」が中心です。とはいえ、日本人の5倍も脂肪を摂取しているアメリカでさえ、厳しい使用規制はカリフォルニア州とNY市くらい(他は表示の義務化)ですよね。日本ではすでに科学的な評価が出ていて、「現状では規制の要なし」となっています。

>アスパルテームその他は発がん性があるかもしれない
 ⇒発がん性なんて確認されてませんって。「飲むとフェニルケトン尿症になるっ!!」って、トンデモを日本の民間団体がかましたことは有名ですけどね。(ご存知の通りフェニルケトン尿症は先天的遺伝症。飲んで後天的になることなんてありえない)

>一時期は海外の団体が(アメリカか、何らかの団体だったのかは覚えてません)日本にもMSGの危険性を認識して法的規制をするように警告してた
 ⇒海外の団体もピンからキリまでありますので、今でもそんなことを主張する「団体」はありますが、科学的な根拠のあるものはありません。

 この内容だと情報ソースは20年ほど前のものじゃないかと思いますし、出所のはっきりしないものもあるようですよ。情報は常に最新のものを、出所のはっきりした複数のソースから得ることが肝心かと思います。

 とはいえ、いわゆる化学調味料については、多用はするべきではないと個人的には思っています。ただしそれは、安全性の問題ではなく、食文化の問題。特に味覚の未発達な幼児期で多用が正常な味覚の発達を阻害してしまう可能性があります。
 そのあたりは質問者様と方向性は同じだと思います。

 詳しいところは他の回答者の皆さんが答えてくれていますので、私は皆さんが触れていないところだけをかきますね。

 いわゆる化学調味料については、2000年初頭の段階でほぼ完全に安全性が証明されたことはすでにご理解いただいていると思います。

 ところが、添加物を悪くいう人たちってのは常にいらっしゃるわけで、そういう方たちは常に攻撃目標を探しています。いわゆる化学調味料についてはすでに2000年ころから関心は離れてしまっていまして、その次には「たん白加水分解物」が標的になりました。
 「...続きを読む

Q「クカトゥー・スパークリング・レッド」ワインと同じ味の赤ワイン

「クカトゥー・リッジ・クカトゥー・ブラック・スパークリング・レッドNV」(フルネーム?)の味が大好きなので、これと同じ(限りなく近い)味の、香ばしく、濃厚な味わいの赤ワインを探しています。スパークリングでもそうでなくても構いません。

  イメージ引用:
  http://www.exwine.net/s/catalog/7801569n.html

ワイン通の皆様、そのようなワインをご紹介いただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レッドスパークリングは皆ダメだと思っていました。
葡萄の実を完熟させなければ、キレイなレッドスパークリングは作れない。
葡萄の実を完熟させると、酸味が抜けるので、えぐみも出やすくて美味しいスパークリングワインは造れない。
ところが、クカトゥーリッジのレッドスパークリングは、美味しい。。。
味は、レッドスパークリングですからネムイというかボケていてキレは無い。
でも、とてもやわらかっくて、、、不思議な魅力のスパークリングワインです。
・・・美味しいですねこのワイン。

で、クカトゥーリッジのレッドスパークリングに似たワインは難しいと思います。
多少、、、感じが似ているのは、バルネイブスタリーかな?と思います。
同じバルネイブスタリーのレッドワインも美味しいですよ。
オススメします。

ネットで探したのですが、ちゃんとした写真が見つかりませんでした。
スミマセン。

バルネイブスタリー・カベルネソーヴィニオン/スパークリング コノワラ
http://plaza.rakuten.co.jp/lunatic/5000
バルネイブスタリー リザーブ・カベルネソーヴィニオン コノワラ
http://www2.yappa.biz/drink/0/150_5.html

レッドスパークリングは皆ダメだと思っていました。
葡萄の実を完熟させなければ、キレイなレッドスパークリングは作れない。
葡萄の実を完熟させると、酸味が抜けるので、えぐみも出やすくて美味しいスパークリングワインは造れない。
ところが、クカトゥーリッジのレッドスパークリングは、美味しい。。。
味は、レッドスパークリングですからネムイというかボケていてキレは無い。
でも、とてもやわらかっくて、、、不思議な魅力のスパークリングワインです。
・・・美味しいですねこのワイン。

で、...続きを読む

Q日本の天然水で添加物が入っているメーカー

はないですか?あったら教えてください。

Aベストアンサー

 ないと思いますけれど。
 日本で販売されている水で「天然水」って厳密な分類はありませんが、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーターと同意義とされています。これらの定義では添加物を加えることはみとめられていないはず。
 というか、容器に詰められた「水」はろ過や加熱殺菌で変質原因である菌を除去し、瓶詰めという方法でその後の汚染を防ぐことで腐敗・変質を抑止できますので、そもそも添加物なんて使わなくてすむものですよ。
 何年か前にどこかの飲料メーカが「保存料ゼロ」なんてサイダーを出して、「そもそもどこに保存料を使うサイダーがあるんだよ」って業界で笑いもの(というか優良誤認)になったのは耳に新しいところです。

Qなぜワインはブドウの味がしたらそれはワインじゃない

なぜワインはブドウの味がしたらそれはワインじゃないと言われるのでしょう?

ワインを飲んで濃厚な生葡萄のヌメっとした果実、果汁の濃厚な味がした方がワインとして美味しいと思うのですがなんで葡萄の味がしたら、安物のワイン扱いされるのでしょうか?

製造上の工程でブドウの風味が飛ぶのが普通なんでしょうか?

Aベストアンサー

味と風味は違います
葡萄の葡萄らしさを作る要素は、糖分です

葡萄の中の糖分を、細菌の力で分解して 
アルコールとガス(二酸化炭素かな?)にしているのです
発泡性のお酒は、ガスを閉じ込めたまま発酵させてるです

葡萄らしい味のするワインは、まだ発酵が十分にされてないと思われるのではないか?

私は考えます

Q食品添加物としての炭酸水素カリウム

炭酸カリウムは,製麺のための「かんすい」の材料として,
広く一般的で,食品添加物なのですが,
炭酸カリウムが例えば空気中二酸化炭素と
反応してできる炭酸水素カリウムは,日本では食品添加物として
使用できないようです。
この理由をご存じの方,いらっしゃらないでしょうか。

実は,水耕栽培の水槽に肥料の一つとして,炭酸水素カリウム他を
入れているのですが,これが安全であることを説明するのに,
食品添加物であるということを書いています。しかし,
炭酸水素カリウムだけが,食品添加物としてNGでした。
http://www.fcg-r.co.jp/daijiten/

海外では,食品添加物として認められているようなのですが,
日本で認められていない,理由をご存じの方,
いらっしゃいましたら是非教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。農&食関係です。

医薬品として登録されていても食品添加物になるのは可能です。
特に炭酸水素カリウムの場合、欧米で食品に使われていますので
認可はされやすいはずです。
しかしながら、(2)(3)の理由によりメリットが少ない。
ラボ内で8.4gと10.0gならたいして違わないでしょうが、
産業として大規模に利用するとなると30kg入り袋が84袋と100袋
トラック8台と10台とやはり「ナト」に軍配が上がります。
食品分野を含む多くの業界の方は申請しないはずです。意味がないから。

若干「カリ」が有利なところとしては、あなたがやられているような
農薬あるいは農業資材としての利用時が考えられます。
「ナト」だと塩害があり不都合だからです。
その場合でも「農業に使うときに安全性をうたいたいので
食品添加物として認めて下さい」という申請はとてもできないでしょう。

そんな感じの事情があるのではないかと推察されます。

Qワイン通の方教えて! 紅茶の香り(味)がする赤ワイン

はじめまして。
ワインは好きなのですがほとんど素人です。

以前知人に連れられて行ったフードバーで、紅茶のようなすばらしい芳香の赤ワインを飲みました。あまりに印象的で忘れられません...。
「言われてみたら紅茶っぽいかも...」くらいの芳香ではなく、「おお!紅茶!」ってくらい紅茶っぽい感じでした。(稚拙な表現でごめんないさい)
銘柄がわからないのです。マスターに「赤のグラスワインを」とオーダーしたら出てきたのがそれなんですよね...。
グラスワインとして出てくるぐらいだから、そう高価なものではないのだと思うのですが...。

ネットショップ等で取り扱いがあればぜひ購入したいです(*^^*)

Aベストアンサー

紅茶の香りってのは、それほどめずらしくなく、同じワインでも年度によっては、「今年は紅茶の香りで・・・」ってのがあったりします。
私のおすすめでは、これです。
http://www.rakuten.co.jp/asahiya/425165/462915/
 
それとここ
http://www.fuchu.or.jp/~class30/html/wine_thismonth_2000_02.html
にある「シャトー・ヴュー・ジョルジョ」も。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報