個人で事業をしています。
平成12年5月分の法人相手の売掛金が回収出来ずに
困っています
毎月請求書は出していて、今年3月に
少しずつ支払いする内容の文書が来て、5月に
7万円程入金があり、その後支払いがありません
残高が25万円になったので、少額訴訟を起こそうと思っていますが
この場合時効は成立してしまっているのでしょうか?
法人相手であるので2年だと思いこんでいます。
内容証明を出せば時効は延長出来るのでしょうか?
また、時効が成立してしまった場合の
税務処理も教えてください。よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

jun_junさん、こんにちは。



ご質問の文面拝見しました。
まず、文面中の法人相手の売掛金との事で話しを進めたいと思いますが、
毎月、毎月ご請求書を発行しているとの事でしたら、法的には、催告と
同じ意味があります。
但し、催告を行っていたとしても、その催告より6ヶ月以内に具体的な
手段(裁判上の法的請求)を行わない限り、時効中断の効力はないと
言えます。(民法153条)
しかしながら、本年(2001年3月)において、債務者が
>少しずつ支払いする内容の文書が来て、5月に 7万円程入金があり、~
との記載がありましたので、民法147条の規定により、その債務が存在
する事を承認していると思われます。
更に、一部の返済があっているので、これは間違いないと思います。
これであれば、現時点では、時効が中断していると思われます。
上記の内容の文書がどういったものかどうかは不明なので、もう少し
具体的な内容に触れる事は出来ませんが、その文書がその法人の
代表者名での発行であれば、間違いなく時効の中断が問えます。

小額訴訟も宜しいですが、それよりも、別のご回答者がご記入になって
いる簡易裁判所による「支払督促」が早いのではないかと考えます。
一度、簡易裁判所に行かれて、手続き等をご照会になれば、その手続き
も含めてご相談にのって頂けると思います。
こちらの手続きは、非常に簡単であり、法的執行力も確かです。
詳細は、別のご回答者がご記入になっておりますので、割愛いたしますが
頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答をいただきありがとうございます。
内容証明・小額訴訟と考えていましたが、
簡易裁判所に出向いて相談しようと思います
ありがとうございました

お礼日時:2001/10/26 12:32

参考URLにあるように時効は2年で間違いないですね。


平成12年5月の支払期日から2年が時効満了時となりますので
平成14年5月までに法廷手続きを行い、時効停止を行わなければなりません。

内容証明郵便には時効停止の効力はありません。
相手に対して支払いを督促したという証明に過ぎません。
5月を最後に約半年間も支払がないことを考慮すると早期に回収作業に入る
げきだと考えます。

小額訴訟というのも選択肢のひとつだと思いますが、容易さとスピードの双方
から、簡易裁判所で支払督促行うことの方がベターだと思います。
支払督促手続きを行い、相手から異議が出されず、仮差し押さえの手続きを
行えば裁判所の判決と同じ効力があります。

税務処理に関しては、損金計上できるはずですが、詳しくは税務署または会計士
にお尋ねになられた方が良いでしょう。

内容証明を出して反応がない場合は即、簡易裁判所(相手法人を所轄する)
に行くべきだと思います。

参考URL:http://www.jusnet.co.jp/business1/bus0102.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
支払い督促手続きとものがあることすら
知りませんでした。
どうもありがとうございます

お礼日時:2001/10/26 12:27

製造業・卸売業・小売業の売掛代金は2年で時効になります。


売掛代金の時効は、商品を納品した時点から起算します。
ただ、時効には、 一定の理由がある場合、それまでの経過してきた時効期間の効力を失わせて新たに時効期間を起算させる、時効の中断という規程があります。

一定の理由とは、相手が債務を認めた場合や、代金の一部を支払ったとき等で、この場合は時効が中断して、その時点から新たに時効が進行します。
ただ、単に請求書を送っただけでは駄目で、相手が承認した証拠として、残高確認書などが必要です。

今回の場合、今年の5月に入金が有ったので、この時に時効が中断しています。
その時点から入金も残高確認もないままで、2年経過すると時効が成立します。 

一番確実に時効を中断するには、内金が入ったときに、複写の領収書に残金が****円と記入して、相手の署名か印鑑を押してもらっておくことです。
これで、領収書の控が残高確認書の変りになります。

税務上の処理です。
仮に、時効が成立して、相手が時効を主張すると回収が出来なくなりますから、「貸倒損失」として、経費処理が出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答どうもありがとうございます
せまい(いわゆる世間がせまいと言う意味です)業種で
どこでどうつながりがあるのか
わからないにので、出来るだけ穏便方法で
回収をのぞんでいます。
相手の会社が綱渡り状態なのはわかっているのですが
倒産の引き金になりたくないのが本音です。
時効が中断しているのがわかりました。
どうもありがとうございました

お礼日時:2001/10/26 12:23

事項は成立していません。


民事での事項は6年ですが、小額訴訟を起こす前にご指摘の通り内容証明郵便を送る事は絶対必要です。
また別の方法があります。
支払命令を簡易裁判所から発行してもらう方法です。
相手に対し金25万円を何時までに支払えと言う内容の書面を送付する事になります。(この送付は手続きをすれば裁判所が行います)
書状到着が確認されてから2週間以内に相手から書状に対する異議の申し立てが行われない場合、仮執行宣言付の書状が相手に届き、書状は判決と同じ効力を発揮し、直ちに差し押さえが可能となります。
相手が、2週間以内で異議の申し立てをよこした場合は裁判となりますが、負ける裁判ではないでしょうから、受ければよいわけです。
従いまして、税務処理は必要になりません。
簡易裁判所で総てを教えてくれます。
最も、最初から小額訴訟を起こした方が早いかもしれません。
ちなみに、時効についてですが、仮に時効が成立していた場合、支払命令を送り、相手から返答が無い場合、時効などに関係なく、その支払請求額は判決と同じ効力によって保証されます。
但し、支払いに関する権利が保障されるだけであって相手からの取立ては自分でやらないといけませんが…(強制執行など)
参考URLを見て下さい。
では。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj1075/hou/card/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく回答いただきありがとうございます。
少額訴訟以外にも選択肢があると言うことですね
ありがとうございました

お礼日時:2001/10/26 12:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人の取締役が個人事業を営んだ場合、法人の業務内容の一部を外注として個

法人の取締役が個人事業を営んだ場合、法人の業務内容の一部を外注として個人に依頼した場合、税務上は役員報酬の過大計上になりますか?外注費でもいいのでしょうか?また、個人事業の所得区分は給与所得と事業所得に別けていいのでしょうか?全て給与所得でしょうか?税務上の取扱いがわかれば、その条文を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

書類上だけでなく、実態なども分かれていれば問題ないかもしれません。
ただし、税務上に問題がなくとも、株主や役員に他人がいる場合には、背任行為などになる可能性もあるでしょう。

法人が顧客から受けた業務でない、法人で取り扱わない業務などで社内の業務である業務であれば、取締役会や株主総会などを通せば、おかしくはないでしょう。

私の経営する事業では、法人2社と個人事業1社で活動しています。書類上のやり取りや資産・備品などをしっかりと分けて業務を行っています。先日税務調査を受けましたが問題視されませんでしたね。ただ、一部の業務についてのみ、実態の確認がしづらい部分は、寄付金や給与認定(役員報酬に該当する部分は否認)となる可能性の指示を受けました。まだ、交渉の途中ですがね。

外注とした場合には、個人側は事業所得です。これを給与所得にすれば矛盾することになり、給与として扱われ、事前確定給与の届出や定期定額給与に該当しない給与よして否認されてもおかしくないでしょう。

外注する業務によっては、源泉所得税の徴収が別途必要となるかもしれません。

すべてのパターンが条文となっているわけではなく、条文となっていても実態と照らし合わせにより判断が変わりますし、過去の判例などでも確認するしかないです。それでも絶対ということはないでしょう。

書類上だけでなく、実態なども分かれていれば問題ないかもしれません。
ただし、税務上に問題がなくとも、株主や役員に他人がいる場合には、背任行為などになる可能性もあるでしょう。

法人が顧客から受けた業務でない、法人で取り扱わない業務などで社内の業務である業務であれば、取締役会や株主総会などを通せば、おかしくはないでしょう。

私の経営する事業では、法人2社と個人事業1社で活動しています。書類上のやり取りや資産・備品などをしっかりと分けて業務を行っています。先日税務調査を受けました...続きを読む

Q倒産会社への売掛金支払い

 先月の下旬、発注先の土建会社が2回目の不渡りを出し倒産しました。相手に支払わなければならない120万円ほどの売掛金に関して、倒産会社の社長さん(当時)から再三支払いを求められるのですが、支払っていいものでしょうか。あるいは、支払いはしばらく見合わせたほうがいいのでしょうか。みなさんのお知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 倒産といっても、その会社が破産宣告されたり、債権自体が仮差押、債権譲渡(通知あり)などの通知がなければ、その返済は有効となります。ただ、代表者が代表権をはずされたことなど、知っていれば(民478・480)、二重払いの可能性が出てきますので、債権額を供託すれば、問題はなくなります。下記のHP参照。

参考URL:http://www.law.gr.jp/lawfaq/mainpage/LAW/commlaw/law1-2-6.htm

Q自己破産した取引先(個人及び法人)から売掛金の回収は?

こんにちは
自己破産した取引先(個人及び法人)からは、売掛金の回収は、
できないんでしょうか?
免責になってる場合となってない場合について教えて下さい。
泣き寝入りするしかないんでしょうか?

Aベストアンサー

相手が貴方の債権を含めて免責になった場合は泣くだけです。
払う義務を免責されてしまったんですから。

自己破産だけだとしても全額回収することはほぼ困難です。
払えるなら自己破産なんてしませんもん。
債務額を確定し、破産者の財産を公平に分配するくらいです。
払えるぐらいの財産有ればいいんですけどねえ・・・

含んでいない場合は別の対応になるようですが。

Q法人(財団・社団)や独立行政法人、国立大学法人、学校法人ってなんですか

法人(財団・社団)や独立行政法人、国立大学法人、学校法人ってなんです?どなたか誰でもわかるように噛み砕いて教えていただけませんか。

Aベストアンサー

噛み砕いてないけど

法人ウィキペディア参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E4%BA%BA

社団法人・財団法人・学校法人:非営利法人欄の各法人をクリック
独立行政法人・国立大学法人:公的法人欄の各法人をクリック

Q10月に仕入れたものの支払いが11月の場合、どちらの月の経費になりますか?

確定申告で領収書を整理しているのですが、
ものを買った月でなく、支払いを行った月で領収書は発行されている場合が多いですが、支払った月の経費としても問題ないですか?
それとも納品された月の経費になりますか?
会社ではなく個人でやっているものです。

Aベストアンサー

領収書というのは支払ったことの証明として受領するものですから、支払い時であるのが当たり前です。
現金主義選択の届出をしていない限り、支払いがどうであれ、消耗品なら購入したとき、何らかのサービスについては提供を受けたときが経費の計上のタイミングです(発生主義)。
領収書はお金を払ったことの証明に過ぎず、実際に何をいつ買ったのかの証明にはならないので、それだけでは不足です。実際の経理処理では、物を買ったりサービスを受けたとき(発生時)の納品書や契約書と、支払い時の領収書の両方が必要になります。購入したときには納品書なり契約書が手元に残るはずし、業者間の取引なら請求書もあるはずですから、それに基づいてまず発生を計上し、その後、支払い時に決済について計上するのが経理の流れです。銀行振り込みで支払った場合には、振込み依頼書の控えが領収書と言うことになります。
なお、もし消費税の課税事業者なら、消費税が課税される支払いが3万円以上の場合には、帳簿の記載プラス請求書の保存が必須です。領収書を保存するだけでは仕入税額控除が適用されません。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/shohize3/shh3303.htm

領収書というのは支払ったことの証明として受領するものですから、支払い時であるのが当たり前です。
現金主義選択の届出をしていない限り、支払いがどうであれ、消耗品なら購入したとき、何らかのサービスについては提供を受けたときが経費の計上のタイミングです(発生主義)。
領収書はお金を払ったことの証明に過ぎず、実際に何をいつ買ったのかの証明にはならないので、それだけでは不足です。実際の経理処理では、物を買ったりサービスを受けたとき(発生時)の納品書や契約書と、支払い時の領収書の両方...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報