今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

いつもお世話になります。
先日、妻が浜松医科大学付属病院で乳がんと宣告されました。
内容は、しこりの大きさ約2cm、ステージII、手術は右乳房の胸筋温存乳房切除術(乳房全部と腋窩リンパ節を取り除く)とのこと。そして、8月19日に今後の予定を決めることになっています。
担当の先生からすべての説明を聞き、こちらの質問にも親身に答えてくれました。どうしても他の病院で手術をしたいなら「紹介状を書きます」とも言ってくれました。

最悪の事態は想像していましたが、やはりショックでした。気丈な妻は私を心配しながら、いつものように家事と仕事をしていますが心配が一つあるようです。
それは、手術は浜松医大で大丈夫かということです。
確かに本人にしてみれば、体にメスを入れるのだから少し不安になっているようです。

浜松には他に県西部浜松医療センター、聖隷浜松病院と聖隷三方原病院と大きな総合病院がありますが、先日の夕方、妻の口から県西部浜松医療センターの名前が出ました。

浜松医科大学付属病院は国立の医大の病院だから情報も豊富で先端設備の整っていて信頼できると思うのですが、手術するのは本人ですからセカンドオピニオンで県西部浜松医療センターにも行っても良いのではと妻と話をしました。

やはり本人が納得して信頼できる先生と病院により手術するのが一番ですから。

浜松で乳がんの手術をするなら、この病院が良いという情報をお聞かせ下さい。(経験者、友人知人の話し等何でも結構です)

よろしくお願いします。また、東京~大阪までの情報も待っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

乳がん 看護」に関するQ&A: 乳がんの検査って女性の看護師などがしますよね?

A 回答 (5件)

こんにちは、妻が乳がんの治療を受けている者です。



東京、築地の国立がんセンターはやはり検査設備等も整っており、お医者さんも看護師さんも優秀な方が多いと思います。やはり、がん専門病院だけのことはあります。

なお、浜松であれば、渡辺医院という病院があります。ここには、渡辺亨という先生がいまして、乳がん(内科)の分野では日本をリードしている方の1人です。以前は築地がんセンターで乳腺内科の医長を務め、その後山王メディカルプラザでオンコロジーセンター長を務め、最近故郷の浜松に自分の病院を構えました。ネットで、「渡辺亨 乳がん」で検索するとたくさん関連記事も引っかかると思いますので、ご参考にされてください。下記リンクは、渡辺医院のリンクです。

この先生は外科ではなく内科ですので、手術自体は受けられません。ただし、外科治療・内科治療の両方を含めて、とても良いセカンドオピニオンをもらうことができます。命にかかわる病気ですから、やはり色々情報を集めて納得できる治療を受けるためにも、セカンドオピニオンをご活用されると良いと思います。私の妻もそうしており、とても有効活用できています。

なお、1つだけ注意点ですが、渡辺先生は民間療法は完全否定派です。民間療法のご相談には一切のってもらえませんのでご注意下さい。

渡辺先生であれば、がんセンターかもしれないし、それ以外の病院かもしれませんが、良い病院を状況応じて紹介していただけるような気がします。

どうぞ、奥様お大事になさってください。

参考URL:http://www.oncoloplan.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
また、お礼が遅くなり申し訳ありません。

地元の情報ありがとうございます。
浜松にこのような医院があるとは知りませんでした。
選択肢の中の一つにさせてもらいます。

やはり都会には、がんセンターとか有名な病院が多くてちょっとうらやましいです。

また、妻が皆さんの投稿を見てたいへん感謝していました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/18 20:04

再びMansyu です。


わざわざお礼メールをありがとうございました。セカンドオピニオンを受けられるそうでよかったですね。4年前の私自身の動揺を思い出すと、とても人事とは思えません。どうぞ納得のいくまで専門のドクターの方々とお話しください。乳がんは特別な種類を除いては比較的進行の遅い癌だそうです。そして乳がんのドクターは親切でやさしい方が多いです。
「今は患者さんも自分の病気のことについて勉強する時代ですから調べてみて下さい」と言われ、私もずいぶんインターネットのお世話になりました。
朝日新聞に渡辺先生のお話が毎週載っていましたが、まず抗がん剤で腫瘍を小さくしその後腫瘍を摘出する。あるいは抗がん剤だけでも腫瘍の消失した例もあるので今後もっと研究するいうお話でした。「4年前より乳がん治療は更に進歩している」と検診に行くたびに私の主治医もおっしゃっています。頑張りましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Mansyuさん二度も回答下さりありがとうございます。

8月22日の午後、浜松オンコロジーサンターの渡辺亨先生にお会いできました。
現在の最先端の治療方法(主流になりつつある術前抗癌剤治療)や外科医と内科医の考えの違い、今までの治療方法等を伺い、そして、今の疑問点や不安な点を聞いて頂きました。
とてもすばらしいセカンドオピニオンを受けることができました。
そして、8月23日に医大の紹介状を持って浜松医療センターを受診し、乳腺外科の徳永先生の話しも伺いました。治療方法は医大とさほど変わりませんでした。外科医だから先に手術をしたかったのでしょうか。

ところがです。浜松オンコロジーセンターの渡辺亨先生にお会いして来たことを告げると、目がキラッとして術前抗癌剤治療の話しが始まりました。そして、今では医療センターでも術前抗癌剤治療を積極的に採り入れていることも話してくれました。
また、渡辺亨先生と徳永先生は、もうお付き合いが10年あり、以前は一緒に働いていたそうです。そして、
「実は明日(8月24日)会う約束になってます」とも言ってました。

22日の浜松オンコロジーセンターの渡辺亨先生のお話しと、23日の浜松医療センターの徳永先生のお話しを聞き、妻の気持ちが決まりました。
まず、浜松医療センターで腫瘍の性格と骨とか内臓に転移が無いか調べ、その後、浜松オンコロジーセンターで術前抗癌剤治療を行う(しこりが無くなる可能性が高い)。もし、手術が必要になったら浜松医療センターで手術。

告知から一週間。不安と絶望感のある日々を送った妻。でも私には、いつもと変わらない様子を装っていてくれた妻。感謝です。
それが今では、「かつら」の毛の色、長さ、スタイルで悩んでいます。前向きになってうれしいです。

見ず知らずの私たちに貴重なご意見、励まし、情報、ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/24 20:27

4年前にII期、2,5cm 温存手術です。

最初の病院で全切除と言われたので他にセカンドオピニオンを受けに行きました。そこでは温存手術適応と言われ、説明も納得しましたので手術してもらいました。
ただ私はその時すでに50才を過ぎていたからできたのかもしれません。また逆に歳をとっているからもう必要ないでしょうと言われて安全のため全切除を薦められる場合もあるようです。どちらを取るかは本人や家族の考え方によりますが、一生のことですからセカンドオピニオンを聞かれることも悪くはないと思います。殊にお近くに、かの有名な渡辺先生がいらっしゃるのでしたらなおさらです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。また、お礼が遅れて申し訳ありません。

妻が先日、医大の先生にセカンドオピニオンのことについて申し上げたところ、浜松医療センターへの紹介状を快く書いてくれました。そして、「納得できない場合には、またここに来ても良いですよ」と言って下さいました。
来週の火曜日に専門の担当医がいますので受診の予定です。

渡辺先生のことをネットで調べるとすごく有名な先生ですね。私は渡辺先生にも会う価値があると思い、今資料を集め印刷して妻に見せようと思っています。

ただ、日がどんどん過ぎていき、病状が変わるのではと、とても心配です。

皆さんの貴重な意見と情報に感謝いたします。

お礼日時:2005/08/20 16:55

初めまして。

大阪在住ですので参考になるか分かりませんが、投稿いたします。
私の知り合いも先日乳がんと診断されました。奥様と同じで、しこりの大きさ約2cm、ステージIIだそうです。友人も大阪で数々の病院を受診したようですが、
そのうちの1つで「淀川キリスト教病院」が乳がん治療に力を入れているらしく、乳がんならキリスト教病院が良いと教えてもらったようです。
インターネットで「淀川キリスト教病院」を検索すれば病院の情報が見れますよ。
あと、これは余談になりますが、「フコイダン」も検索してみてください。もしかしたらお役に立つ情報かも分かりませんので念のため。
奥様、お大事になさってくださいませ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
また、お礼が遅くなり申し訳ありません。

大阪の情報ありがとうございます。
淀川キリスト教病院のHP見ました。
参考にさせてもらいます。
また、フコイダンについても検索してみます。

妻が皆さんの投稿を見てたいへん感謝していました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/18 19:52

東京人ですからお近くのベテラン病院を紹介できないのですが、御免なさい。

病院選定は奥様の希望どうりなさってあげては如何ですか。ご自分で納得されますよ。1925年生まれの男性です。7歳違いの妻が7年前乳左房全摘、市民病院でお世話になりました。転移防止の為でしょうか左脇の下もガッパリ切除しました。術後、執刀医が金属盆に載せられた乳房見せて呉れました。無駄な抗がん剤もやりました。転移が怖いので脇の下のリンパ線殆ど切除。従って身体が落ち着くと腕は小錦の腕に様相を替えます。何時も腕はパンパン命助かったが困惑してます。執刀前腕がリンパ液でパンパンに成らないようお願いしてみたら?、容姿の一部切り取るのですから術後最大の愛情を奥様に注いで下さい。女性は自分より亭主に申し訳ない気持ちが多いですよ。お大事に。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
また、お礼が遅くなり申し訳ありません。
私も妻の希望通りにさせようと思っています。
やはり、本人が手術するのですから。
参考になりました。

妻が皆さんの投稿を見てたいへん感謝していました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/18 19:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む

Q治療途中での転院は無理でしょうか?

乳がんの術前治療中ですが、手術から訳あって転院したいと思っています。聞いたところ治療途中では引き受けてくれる病院はないとの事、嫌がる先生もいらっしゃるようですし、自分の為にも変わらない方が良いのか…不安です。あと実績のある大きな病院で手術を受けたいと言う気持ちもあるのです。詳しいことをご存知の方いらっしゃいましたらどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.7のものです。お節介なものでまたまた登場させて頂きます。

>私は鬱状態になっていて、仕事で忙しい主人を度々困らせています。

乳腺科の先生にも、精神科の先生にも、どの先生からも「普通は鬱状態になりますよ。」と言われました。なので私も質問者さまも普通です。

>主人を困らせない為には私が強くなること、笑う事、なるべく考えないようにして毎日を送ること、こんなんじゃダメだと分かっているのですが、不安や恐怖は中々払拭出来なくて…、そんなんじゃガンに負けてしまうよ!と看護士さんや身内にも言われるのですが、そらもまたブレッシャーになって焦って…。

私は最初の病院でも精神科へすぐに行き、思いっきり泣かせていただきましたし、2番目に行った病院では、初診で診ていただいた乳腺の先生が私の異常な落ち込みぶりに気がつかれて「腫瘍精神科へ行ったほうがいいですよ。」とすぐに紹介してその日のうちに行き、そこでもまた、夫と先生の前で号泣させて頂きました。
笑う?なんて、ありえませんよ・・・。泣いたほうがいいですよ・・・。
ちゃんと泣く人専用なのか?ティッシュの箱が用意されていて、「どうぞ!」みたいに目の前に出てきました。
もうすぐ死んでしまうかもしれないのに笑う必要なんかない、と思いますよ。私はそう思ってひたすら泣いていました。
腫瘍精神科の先生は夫にこう言ってくださいました。「奥さんはあとどのくらい生きられるかわからないのだから、奥さんの好きにさせてあげて。思いっきり好きなもの食べさせて、好きなことさせてあげて。もっと明るくふるまえとか、前向きに頑張れ、なんて言っちゃダメですよ。奥さんはもう頑張らなくていいんです。もう十分頑張ってきたのだから・・・・ね。」救われた気持ちになりました。

>紹介状、セカンドオピニオン、それは、もう、今の主治医に(腕は良い先生だと思うのですが)嫌みを言われても止める覚悟でお願いしないといけません。ほぼ、主治医はその話を出すと、『何でそこに行かないといけないの?ここで治療出来ないの?!』或いは『ここで治療したくないのは何で?』『そこまで言うなら別に良いですよ!』と不機嫌になること間違いありません、

なぜそんなに医師に気を遣うのですか?医者が不機嫌になろうと、私は全く構いませんが・・・・。
なぜなら、主治医より私のほうが先に死ぬかもしれない状況なのだから、最後に後悔のないよう、自分の好きにさせてもらいます。
私は「鬱」で一言も口を聞けない状態だったので、全て夫に同伴してもらい、全て夫に言わせました。毎日おいしいご飯作ってやってんだから、そのくらいやって頂かないと・・・。
主治医や旦那さまがどれだけ偉いのか知りませんが、そんなに気を遣う必要はないと思いますが?
旦那さまについて行ってもらって、旦那さまから冷静に事情を話してもらい、奥様はひたすらハンカチを目にあてて、泣いていればよい(泣いているフリでも・・)と思います。

>今まで笑ってもらえたことも無いですし、何で貴方はそんななの?覚悟を決めて望まないと…ダメなものはダメ、出来るものはやる、それだけです。と厳しい言葉は良く言われてきました、先生なりのそれが励ましなのかも知れませんが…私にとっては、何も言い出せなくなってしまうのです。

転院するしないに関わらず、旦那さまから一言、「妻は厳しい言葉が苦手で、言いたいことが言えないようです。」と伝えて頂いたらどうでしょうか?
厳しい先生なら尚更、旦那さまに対応していただいた方がいいですよ。

>紹介状をお願いしてからの暫くの間通院を考えると、とても不安です。

紹介状なんか、遅くても翌日か数日後にはできると思いますけど・・・・。

>良い先生とはどんな先生なのか ?私には分かりません。どこの先生も厳しいですよと看護士さに言われる、

私が最初に行った病院の先生は、厳しいというか、私のガンは非常に厳しい状態だ、と言われました。怖かったです。
でも、あとで行った二つの病院の先生からは、「こんなの普通の乳ガンです。だからそんなに落ち込まないで・・・」と励まされました。言い方一つで、患者の気持ちは全く変わるんだな・・・と思いました。
夫もそう感じたそうです。

>こんな私では結局何処に行っても、ここは嫌とか合わないとか…そんな風になるのではと不安もあります。

「案ずるより産むが易し」ですから、心配しないで、この際他に色々行ってみて、ご自分に合うところを探されるのがよいと思います。

>長々すみません、やはり心の病は精神内科にかかることで良くなるのでしょうか。主人も一度行ったら良いのでは?と言います。

よくなるかどうかはわかりませんが、優しくしてもらえるので、救われた気持ちになります。
でも精神科より、ガン専門病院の腫瘍精神科の方が、話はよく通じます。何しろがん患者に慣れていますから・・・。
それも転院したい理由の一つに挙げたらいかがですか?
「どうやら妻は精神を病んでしまったようなので、腫瘍精神科のある病院で治療を受けたい。」とか・・・。
ガンセンターなら必ずあると思います。緩和ケアの中とかかもしれませんけどね。

ご存知かもしれませんが、治療についての相談は「神奈川 乳がん 相談室」の掲示板で相談しました。検索にかけてみてください。無料でとても親切に答えてもらえます。神奈川県民でなくても大丈夫ですよ。
「チームオンコロジー」の掲示板も親切に対応してくれますが、神奈川の方が回答が早いかもしれません。
それから参考になるかわかりませんが、過去の質問でこんなのを見つけました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1586365.html

病気になったのですから、医者や家族のご機嫌を伺わないで、感情の赴くままに振舞ったらいいと思います。
「もうすぐ死んじゃうかも・・・。」と泣いている人に対して、厳しく接する人はいないと思います。
本当は泣きたいのに、無理に笑ったり明るく振舞ったりすると、厳しくされるかもしれません。

No.7のものです。お節介なものでまたまた登場させて頂きます。

>私は鬱状態になっていて、仕事で忙しい主人を度々困らせています。

乳腺科の先生にも、精神科の先生にも、どの先生からも「普通は鬱状態になりますよ。」と言われました。なので私も質問者さまも普通です。

>主人を困らせない為には私が強くなること、笑う事、なるべく考えないようにして毎日を送ること、こんなんじゃダメだと分かっているのですが、不安や恐怖は中々払拭出来なくて…、そんなんじゃガンに負けてしまうよ!と看護士さんや身内に...続きを読む

Q乳がんのしこりの大きさと悪性度に関係がありますか?

54歳になる母が乳がんになりました。
初診(画像・触診・穿刺)ではステージ2だという話でした。
しこりの大きさは約2.5センチで自覚症状は乳首のへこみとしこりです。
しかし、今日主治医に詳しい話を聞いたところ、しこりの大きさは約3.8センチでその横にもう一つ1.5センチのしこりがあり、その2つがエコー画像で見る限りつながっているので、ステージ3だといわれました。
CTなどのくわしい画像検査はまだ結果がでていないのに、どうして初診とこんなに所見が変わってしまうのでしょうか?
しこりが大きいということは、深刻度も数倍になると思うのですが、大きさと悪性度の関係について教えてください。
あとリンパ節への転移ですが、最初は感じられないと言われたのに、今日は少し脇のリンパに触れるので転移の可能性が大きいといわれました。転移していたら、全身に遠隔転移している可能性が大だと思うのですが・・・
もうどうしてよいのかわからないです。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するというのは、乳腺に腫瘍ができやすいのかもしれませんが、乳腺の腫瘍ができやすいからといって、別の部位に癌ができやすい、あるいは転移を起こしやすいということはありません。乳癌とほかの癌は、とりあえず別のものと考えていいでしょう。もう一方の側で再発しても、やはり手術によって完治します。実際、乳癌を多く手術している病院では、両側乳房摘出などはめずらしいことではなく、経過も良好な人が多いです。また、腋の下のリンパ節に転移しているからといって、全身に転移しているかはわかりません。一般に、腋の下にはリンパ節が20個近くあります。そのリンパ節を一つ一つ輪切りにして顕微鏡で見て、転移しているリンパ節の数で全身転移を予想します。一概にはいえませんが、転移しているリンパ節10個以下の転移なら、全身転移の可能性は少ないと思います。もちろん、ゼロとは言い切れませんが。全身への転移というのは、もしあったとしてもわからないことが多く、あとになってからわかる、というのが現状です。もし将来全身への遠隔転移があった場合、もうすでに小さな癌の赤ちゃんともいうべきものが転移巣では存在しています。(現在の医学では、それを見つけることはできません)その将来を予想するものとして腋の下のリンパ節を切り取って調べるのです。

乳癌の場合、生命に危険が及ぶ場合はどういう時かといいますと、stage4、つまり全身に転移している場合です。この場合どうするかというと、まず癌細胞に女性ホルモンレセプターというものがあるかどうかを調べます。女性ホルモンレセプターというものが存在すれば、ホルモン療法という効果が高く副作用の少ない治療法が選択できます。また、そのほかに、タキソテール、CEFなどという薬を使った治療法があり、これも副作用があるものの治療成績はよいです。

というように、乳癌は、簡単にいって8割もの人が治っている病気です。手術ができれば多くの人が助かっています。確かに、乳房全摘は女性にとってデリケートで深刻な問題です。私のように文章が拙いものでは「乳房を切れ切れ」と書いていて、少し無神経ではないかとお感じになるかと思うのですが、いいたいことは
・悪性度は生命予後に直結しないということ
・乳腺に腫瘍ができやすいだけであって、ほかの部位にできやすいとは限らないということ
・従って乳腺さえとってしまえば再発は起こらないということ
・反対側に腫瘍ができる可能性はあっても手術の回数は増えますが同じように治すことができるということ
・手術ができるということは予後のよい部類であること
(手術によって治すことができる!)
・手術ができなくても、全身に転移していても、打つ手はまだあるということ
・実際に手術をしてリンパ節をとるまでは全身への遠隔転移について確実なことは言い切れないこと

以上です。悪性度と転移について、わかっていただけたでしょうか?不安を和らげる内容とは言い難いかもしれませんが、知識、理性が支えになってくれることをお祈りいたします。

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するという...続きを読む

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む

Q乳がん検診でひっかかり(エコー)、細胞診までしました。

乳がん検診でひっかかり(エコー)、細胞診までしました。
エコーに所見があり、細胞診をした人の中でどれくらいの人が悪性と判断されるのでしょうか?はやりここまで進んだ検査となると、大半の場合、悪性なのでしょうかね・・・。

Aベストアンサー

検診で引っかかった時点で不安な気持ちになりますよね。
私は、昨年乳がんになりました。

その時の検査の順序としては

問診→視触診→マンモグラフィー→エコー→細胞診

→MRI→マンモトーム生検(マンモトーム生検は確定診断
が出来る検査なので、ここで乳がんと診断されました。)

という流れでしたが、細胞診は良性か悪性化の区別がまったく
付いていない状態でも、マンモやエコーでちょっと変なところ
が見つかっただけでも行う検査だと思います。

また、細胞診の評価は1~5で評価され

1~2は良性・3は良性か悪性か判断できない・4~5は
強く悪性が疑われる。

という診断になります。

なので、この細胞診で1~2であればほぼ良性と考えて
大丈夫なのだと思います。(先生もそういってましたし、
3の場合でも殆どが良性だとおっしゃってました。
私の場合は違いましたが。)

長くなってしまいましたが、結論としては細胞診では
まだ悪性かどうかは確定はできないと言う事です。

乳がんと間違われる良性の病気もありますので
もしかしたらそっちかもしれないですし。

参考URL:http://nyuganwosirou.net/migicategory/shoujou.html

あまり心配せずに、細胞診の結果が4~5だった時に
その先のことを考えられてはいかがでしょうか。

検診で引っかかった時点で不安な気持ちになりますよね。
私は、昨年乳がんになりました。

その時の検査の順序としては

問診→視触診→マンモグラフィー→エコー→細胞診

→MRI→マンモトーム生検(マンモトーム生検は確定診断
が出来る検査なので、ここで乳がんと診断されました。)

という流れでしたが、細胞診は良性か悪性化の区別がまったく
付いていない状態でも、マンモやエコーでちょっと変なところ
が見つかっただけでも行う検査だと思います。

また、細胞診の評価は1~5で評価され

1~2は良性・3は良性か...続きを読む

Q乳癌の確率はどれくらい

人間ドックへ行きエコーで乳癌検査をしたところ良性のしこり、要精密検査という結果が送られてきました。
そこで乳腺科のある病院に行きマンモグラフィとエコー検査をしてもらったのですが再度精密検査になってしまいました。
次は細胞の検査をする予定です。
そこで質問なのですが細胞診断になった場合は癌の可能性はどれくらいなのでしょうか?
統計的なデータはあるのでしょうか?
また、マンモグラフィとエコー検査では良性、悪性の判断はつきにくく細胞診断までやるケースが多いのでしょうか?
良性のしこりと思い検査をしたので急な展開に不安でいます。
年齢は39才になります。
詳しい方のご回答をお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

良性のしこり 要精密検査
ということですので

多分 線維腺腫 か 葉状腫瘍 を疑っているのではないかと考えられます
が確実に良性だと診断するには細胞をとって検査しないとわかりません

とにかく安心するためにも細胞検査をしてください

要精密検査が全体の5%
発見癌が全体の0.05% ってのがだいたいのところです

もし、万が一癌だったとしても、おっぱいを全部とることは最近はしませんし、入院も2週間くらいです
200人女性がいれば、その中に一人は乳がんになったことがある人がいるという時代です
どうか、不安がって受診を拒んだり、ドクターショッピングして時期を逃すことがないよう、必ず検査を受けてくださいね

Q乳癌の手術後、抗がん剤は必ずやるのですか?

母が乳癌で明日手術です。
一応、1センチのものが1個と言われてます

早期の部類に入るそうです。
明日の結果がでないと何ともわかりませんが、浸潤、非浸潤などありますよね。

結果がスゴイ軽いものであった場合でも抗がん剤は投与するんでしょうか?
つまり、手術をした人は100%抗がん剤を投与するのでしょうか?

その場合は髪も抜けるんですよね・・・
それが辛いのですが、でもそれをやれば軽いものであった場合、「完全に」治るのですよね??

質問が3,4つありますが、答えていただけると助かります

よろしくお願いします

Aベストアンサー

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく初期の場合、女性ホルモンをエサにして増えていくと言われています。取ったがんに、ホルモンレセプターがあるかどうかが、再発リスクがあるかどうかの判断に使われます。レセプターがない、ということは、エサがなくても増えていくがんである、ということで、リスクの高い部類に入ります。
また、周りの組織への浸潤度(脂肪や血管、リンパ管への浸潤)も高いかどうか、もちろん、リンパ節への転移なども調べます。さらに年齢、家族のがん罹患歴なども見ながら、総合的にその方のリスクの高さを考え、どのように今後治療していくかを決めていきます。
乳がんは、ごく小さいしこりであっても、周りの組織に浸潤している時点で「全身病」になります。非浸潤であれば身体の他の部分には細胞は飛んでいませんが、浸潤しているということは、がんの微少な細胞が全身に行っている可能性があると言うことなのです。ですので、他のリスクも考えながら、全身療法といわれる薬物療法を行うことが一般的です。ホルモンの感受性がある場合はホルモン療法を、ない場合は抗がん剤を、感受性があってもリスクが高い場合はその両方を、というように、その人その人で行う治療が違ってきます。
抗がん剤をとても怖がるお気持ちは分かりますが、がん患者にとって一番こわいのは「がんが再発する」ことです。それを防止するための治療なのだと信じて、みなさん投与されているのではないでしょうか。
脱毛は一時的なことです(私も経験者です)。ドラマでよく出てくるようなシーンは大げさと感じます。抗がん剤はそれほどこわいものではないと、私自身は思っています。
ただ、どのように今後治療をしていくのか、ひいてはどのように生きていきたいのかは、お母様自身がお決めになることです。抗がん剤の奏功率とQOLの低下を天秤にかけて、やはり抗がん剤はしない、と決める方もいらっしゃいます。ご自身が納得して治療ができるよう、資料を集めたり、いろいろな方にセカンドを聞いたりして、サポートしてさし上げてほしいと思います。
私自身が利用させてもらったサイトのURLを貼っておきますので、参考になさって下さい。

参考URL:http://www.v-next.jp/

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく...続きを読む

Q乳がん部分摘出手術後の腫れについて

教えてください。
10月10日に乳がんの部分摘出手術を行いました。
センチネルリンパ節生検の結果は2箇所で転移なし、胸筋温存乳房部分摘術をしました。
術後痛みもなく、12日に無事退院しましたが、退院前日の11日に膿を注射器で20cc程度
抜きました。
15日に退院後の初診で、乳房2回、脇の下1回の膿を抜きました。
35ccと15cc程度でした。
抜いた時は、はっていた乳房が軽くなりましたが、この晩痛みで眠れませんでした。
翌日、病院でもらっていたロキソニンを服用したところ、落ち着き、もとに戻った感覚でした。
ところがまた、17日よりこめかみ痛みや、腕の裏側(こちらは手術してません)に痛みが走り、
薬を飲んでも効かなくなりました。
翌日、かかりつけ医(執刀医より風邪などの症状があればかかりつけ医で薬をもらうよう指示があり)行きました。抗生剤(フロモックを3日分もらいました)
脇の下も腫れ、乳房の腫れがパンパンに腫れてひどくなり、痛くて手が上がらなくなってきました。て
熱も37、5度以上の熱が1日の中で上がり下がりしました。
主治医の先生には明日診察で相談していますが不安です。
家で一日中寝ていると痛みは治まっていますが、これでは会社復帰どころか日常の生活もままならず、この先どうしたらいいのかと落ち込んできました。
リンパ節郭清をしていなくてもこんなに痛いのでしょうか。
なにか経験談などありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

教えてください。
10月10日に乳がんの部分摘出手術を行いました。
センチネルリンパ節生検の結果は2箇所で転移なし、胸筋温存乳房部分摘術をしました。
術後痛みもなく、12日に無事退院しましたが、退院前日の11日に膿を注射器で20cc程度
抜きました。
15日に退院後の初診で、乳房2回、脇の下1回の膿を抜きました。
35ccと15cc程度でした。
抜いた時は、はっていた乳房が軽くなりましたが、この晩痛みで眠れませんでした。
翌日、病院でもらっていたロキソニンを服用したところ、落ち着...続きを読む

Aベストアンサー

通常、排出液は日が経つにつれて、減っていきます。
質問者様の場合には、それが逆に、増えているようです。
となると、発熱もあるようですし、
感染症を起こしている可能性があります。
医師の診察を受けて、適切な処置をしてもらってください。

抗生物質の服用、点滴で様子を見る。
小切開を入れて、膿を出すなどの方法があります。
再入院ということもあり得ますが、
いずれにしても、診察しなければ、わからないことです。

ただし、術後の感染症は、癌とは無関係なので、
その点は、安心してよいと思います。

Q乳がんと乳腺症の違い

22歳の女です。
左胸を触ったところ1センチにも満たないくらいのものでしたが、
しこりがある気がしたので、先週乳腺外来に行き、乳がん検診を
受けました。
女医さんが念入りに触診をしてくださったところ、「触った感じ
ではそれらしいものはないですね」と言われ安心しましたが、
「せっかく来たんだから、超音波検査とマンモグラフィもしていっ
たらどうですか?触診では小さいしこりは発見できませんし」と言
われて、念には念をと思い受けることにしました。
先週マンモグラフィは済ませ、今週超音波検査をしました。
検査はすべて終えて来週まで結果待ちです。

超音波検査のときに、左胸を非常に長く検査されました。
それも左胸の一部分ばかりずっとです。右胸の検査はサラっと
終わりました。左胸の一部分ばかり見られたのは、マンモグラ
フィで先週しこりが実は見つかっていて検査技師の方がそれを
知っていたからなのか、超音波検査中にしこりが見つかったか
らなのか、無駄な憶測ばかりして勝手に不安になってます。

教えていただきたいのですが、
仮にしこりが発見されたとして、超音波検査で乳腺症などのしこり
と乳がんのしこりは容易に見分けがつくものなのですか?
それとも、細胞診をしないと区別できないものなのでしょうか?

また、通常乳がんは細胞分裂によって1年で2倍に増える進行の
遅いがんのようですが、若年性乳がんは進行が早いと聞きました。
どれくらい早いものなのでしょうか?

どなたかご存知の方いましたら教えてください。

22歳の女です。
左胸を触ったところ1センチにも満たないくらいのものでしたが、
しこりがある気がしたので、先週乳腺外来に行き、乳がん検診を
受けました。
女医さんが念入りに触診をしてくださったところ、「触った感じ
ではそれらしいものはないですね」と言われ安心しましたが、
「せっかく来たんだから、超音波検査とマンモグラフィもしていっ
たらどうですか?触診では小さいしこりは発見できませんし」と言
われて、念には念をと思い受けることにしました。
先週マンモグラフィは済ませ、今週超...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ、ご心配な事と思います。
来週まで結果待ちというのは、本当に辛いですね…。

私は乳腺症あり、良性の乳腺腫瘍多数あり、
昨年の検診でわかりました。
乳腺症は特に痛みのひどい所が、マンモに白っぽくうつってました。
良性腫瘍は、マンモには全くうつらず(私の場合は)
エコーには、黒い塊としてはっきりうつっていました。
専門の医師が見れば、乳ガンか良性腫瘍かの判断は
画像で大方つくそうです。
良性腫瘍、乳がん、独特の形があるそうです。
でもやはり、画像で良性に見えても悪性の事もあるので
画像上、明らかに良性腫瘍と思われても、
必ず、経過観察(3か月・6か月おきの検診)などになると
思います。
慎重派の先生であれば、念のため細胞診をされるかもしれません。
細胞診は、良性か悪性かをクラス(5段階だったと思います)で
わけるものだと思います。
でもきちんとした診断が出ないこともあるようです。
組織検査は、良性なら何の良性腫瘍、といった具合に
かなり確定的な診断が出ます。
私の場合は、しこりもかなり大きく場所も悪かったため、
最初からある程度確実に診断がつく、組織検査を受けるように言われ、
何の良性腫瘍かと診断がつきました。

いま大変不安かと思いますが、
まだ乳がんと決まったわけではありません。
乳房のしこりは、90%が良性と言われています。
とにかく今は、来週の結果を待ちましょう…。
とはいっても、実際自分もしこりがあると言われれば
とても不安ですよね。
私は毎日毎日、いろいろなサイトで調べまくっていました。
なので、wpandawの今も気持も非常にわかります。

的を得てない回答であれば申し訳ありません。
でも少しでもお役に立てれば幸いです。

こんにちわ、ご心配な事と思います。
来週まで結果待ちというのは、本当に辛いですね…。

私は乳腺症あり、良性の乳腺腫瘍多数あり、
昨年の検診でわかりました。
乳腺症は特に痛みのひどい所が、マンモに白っぽくうつってました。
良性腫瘍は、マンモには全くうつらず(私の場合は)
エコーには、黒い塊としてはっきりうつっていました。
専門の医師が見れば、乳ガンか良性腫瘍かの判断は
画像で大方つくそうです。
良性腫瘍、乳がん、独特の形があるそうです。
でもやはり、画像で良性に見えても悪性...続きを読む

Q乳がんの手術待ち

以前も質問させていただきました。
乳がんが確定して手術をすることになりましたが、がんの専門病院であり、患者さんが多いので2ヶ月先になりました。
私はすぐにでも手術してほしかったのですが仕方ないようです。
2ヶ月の間に進行するのではないかととても不安ですが、がんが2、3ヶ月でそんなに進まないしそれだけまっても大丈夫だからと看護師さんに言われています。
そうは言われても少しずつ大きくなっているので不安はなくなりません。
仕事をしている日は気が紛れますが休日はものすごく怖くなります。
同じ経験のあるかた、待っている間どのように過ごされましたか。
私はあまり行動的ではなく静かな性格なほうです。

Aベストアンサー

5月に乳がんの手術を受けました。
私も最初の病院で「手術は2か月先」と言われ、他に二つの病院にかかり、一番早く手術してもらえることになった病院で手術を受けました。
しこりを見つけてから2か月弱、告知の日から1か月でした。
海外在住のため、「早く帰国しなければいけないので・・・」と言って、最初の病院の先生に紹介状を2通作ってもらいました。

「乳がんは何年もかけて大きくなるもので、2、3か月で大きくならない」と私も言われましたが、私の経験では、それは一部の人だけにあてはまるものだと思っています。
乳がんの性質にもよるかもしれませんが、術前治療がないならば、やはり早く手術した方が有利な結果が得られると思います。

ホルモン受容体陽性、Her2陰性、Ki67が低くて核グレードが1なら進行は遅いのかもしれませんが、手術前の細胞診と、術後の診断結果が大きく変わることもあります(私がそうでした)し、何より精神的に私は耐えられませんでした。
精神科、精神腫瘍科にかかり、抗不安剤を処方してもらって毎晩飲んで耐えしのぎました。
私は静かな性格ではないので、医者の前で大泣きしたり、取り乱したり・・・だったせいか、手術を大幅に早めてもらいました。

早く手術を受けて、私の場合は大正解でした。
ただ、医師が「緊急性を要する」と感じた場合は手術を早めるそうですから、多分ご質問者さまの場合は、ルミナルA なのかもしれません。
私は手術前、核グレード3、KI67が50%と言われていたので、早めてもらえたのかもしれません。

命に関わることですから、ご自分にとって最前の選択をされますことを願っております。
どうぞお大事になさってください。

5月に乳がんの手術を受けました。
私も最初の病院で「手術は2か月先」と言われ、他に二つの病院にかかり、一番早く手術してもらえることになった病院で手術を受けました。
しこりを見つけてから2か月弱、告知の日から1か月でした。
海外在住のため、「早く帰国しなければいけないので・・・」と言って、最初の病院の先生に紹介状を2通作ってもらいました。

「乳がんは何年もかけて大きくなるもので、2、3か月で大きくならない」と私も言われましたが、私の経験では、それは一部の人だけにあてはまるものだ...続きを読む


人気Q&Aランキング