市役所に行ったら今後地籍図もデータ化をおこないますのでと言われたのですが、実際市役所にある地籍図は、法務局にある14条地図をコピーしたものとききました。今現在市役所で地籍図を取れるのですから、わざわざデータ化する必要はないように思うのですが。地籍図のデータ化とは具体的にどのようなことをするのですか?それと、法務局で取る地籍図と、市役所で取る地籍図とは何が違うのですか?証明の効果か何か違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ご質問の後段部分についての回答です。

法務局の地積図も役所の地積図も、年に1回から2回程度しか修正加筆しません。法務局として地積図を所持しなければならない事はありませんが、法務局に地積図があることによって土地管理がスムーズに進みますので、役所が役所で管理している区域の地積図を2組作成して、1組を法務局においている役所・法務局もあります。

 土地の異動、分筆・合筆によって地積図に訂正・加筆をしますし、2組同時に作業を実施します。地積図では、証明事項はありません。土地の現況図としての、資料ですね。税務の課税にも使いません。課税は登記簿により処理しています。

 業者の方は、座標値を必要としますので役所の地積調査での座標データを、手数料を支払って入手します。

 国土交通省では、GISシステムにより国土のデジタル管理を進めています。紙図面での保管から、図面をデジタル化してコンピューターに入力するものです。今後は、法務局の図面の閲覧もネット上での閲覧も計画されています。ただ、デジタル化することにより、データーの不突合をどうするかが問題です。極端な例として、デジタル化して土地をつないでいった場合、理論上無くなる土地が出てくる可能性があるという点です。
    • good
    • 0

地籍図は分筆とか合筆されるつど、変わってきます。

法務局で申請を受け付けましたら、すぐに反映されます。それが正本です。市役所が必要なのは、主に固定資産税の徴収ですので、毎年1回の更新でいいはずです。そうであるなら、課税関係については、証明できても、実際の地籍状況とはタイムラグがありますし、作成権利者ではありませんので、課税以外では証明能力はほとんどないと思われます。
    • good
    • 0

本当は、以下の内容では説明不足なんですが、


この分野の専門知識がないと用語すら理解できないので
簡単に説明します。

昔の図面(地籍図や都市計画図)はすべて
アナログ(手描き)図面でしたが、
これから作る図面は全てデジタルになります。

作る手間や用途を考えるとデジタルの方が便利なんですよ。
例えば、図面の修正をする場合。
2箇所にある図面を修正する場合、アナログだと両方を描き直す必要が
ありましたが、データ化すれば1回描いてコピーすればいいですよね。
コピー機を使うと、絵が歪んでしまうんです。

あと、紙に描いた図面というのは、あくまでも絵であって、
情報を付加したり、画像処理したりはできないです。
その点、データ化されていれば、あれこれ使い回しができます。
保存という点でも紙に比べればスペースを省けますし、
情報劣化もないですよね。

もっと簡単にいうと、違う縮尺の図面が欲しい場合、
アナログ図面だと描き直すしかありません。(コピーは歪む為)
データ化されていればどんな縮尺にでもできます。

データ化の弱点といえば、
パソコンが無いと見れないくらいでしょうか?(笑

地籍図のデータ化はやったことがありませんが、
一般的な図面のデータ化は、スキャナーで紙図面を読み、
その絵を下図としてマウス等でなぞり、
座標を持たせた画像を作っていくことを指します。
若しくは、絵としてではなく、点の座標数値をパソコンに
入力して絵を描いたりもします。
また、新規で作る場合は紙を使うことなく、
全てパソコン上で編集処理されます。
当然、プロッターで紙出力した場合は
アナログ図面と同じ物が作れます。

法律上の証明の効果の差はわかりませんが、
市役所の地籍図が紙のコピーならば、絵としては若干歪んでいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法務局の戸籍係と市役所の戸籍係

いわゆる「ないことの証明」をとるため法務局の戸籍係に行きました。
このとき疑問に思ったのが「なぜ市役所では取れないのだろう?」ということです。
国からの委任事務?ではないから、というのが形式的な理由のような気がしますが、どのような政策的な判断に基づいて法務局の仕事と市役所の仕事を分けているのか非常に知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,
 市区町村がやっている戸籍事務は,国からの法定受託事務となっています。つまり,法体系としては,国が本来果たすべき事務を,市区町村に委託していることになっています。
http://www.hiraoka.rose.ne.jp/B1/jichigz08.htm

>どのような政策的な判断に基づいて法務局の仕事と市役所の仕事を分けているのか非常に知りたいです。

・大まかに書きますと,市町村は戸籍事務の実務,法務局はその統括をしていると思っていただくとよいと思います。
 簡単な例をあげて見ますと…

・市区町村で受理していいかどうか判断できない届けについては,法務局にその扱いを照会した上で,受理,不受理を決めます。(受理伺いと言います。)
・市区町村に提出された,戸籍の届(例えば婚姻届など)は,一定期間,市区町村で保管され,最終的には法務局に保管されます。
・戸籍の原本は,市区町村で保管されますが(戸籍謄本などを発行する必要があるためです),その副本が法務局で保管されています。市区町村の建物が損壊して,戸籍が滅失したときに再生できるように,二箇所で保管しているわけです。

 こんにちは。

 まず,
 市区町村がやっている戸籍事務は,国からの法定受託事務となっています。つまり,法体系としては,国が本来果たすべき事務を,市区町村に委託していることになっています。
http://www.hiraoka.rose.ne.jp/B1/jichigz08.htm

>どのような政策的な判断に基づいて法務局の仕事と市役所の仕事を分けているのか非常に知りたいです。

・大まかに書きますと,市町村は戸籍事務の実務,法務局はその統括をしていると思っていただくとよいと思います。
 簡単な例をあげて見ますと…...続きを読む

Q家系図作成のため、戸籍謄本を個人が法務局に請求することはできますか?

はじめまして。
現在、思い立って自分の先祖のことを調べているのですが、1800年代初頭で記録が無くなっているそうです。親が結構前に戸籍謄本を取り寄せて調べたそうですが、その当時水害があり記録が無いそうです。

しかし調べると、法務局でも戸籍謄本を保管しているそうなのですが、これらは一般人でも請求できますか?また法務局での保存期間を教えて下さい。

ちなみに残存していた記録の最後の方は、自分からして6代前にあたります。

Aベストアンサー

初めて、戸籍制度が出来たのは、1873年(明治6年)。
その年の千子にちなみ、壬申戸籍と言われものです。
それ以前の江戸時代は、キリスト教弾圧の為、民衆に各宗派への所属を強要し、そこで戸籍を管理させました。これが過去帳と呼ばれるもの。

で、戸籍の正本は法務局、副本は本籍地の市町村が管理。
戸籍の除票が請求できるのは、市町村役場になります。
が、正当な理由が無い限り、発行して貰うのは困難です。

Q法務局で謄本入手通達、陸運局、録事項等証明書を請求

法務局で謄本を請求しました。知人の会社なのですが、いまいち不振な点があったので調べようと思ったのです。小さな個人事業者です。

興信所を利用しようと思ったのですが、値段が高く、自分で行う事にしました。その際、実名を書いて請求したのですがこの場合は、私が謄本を請求した事が相手に伝わるのでしょうか?

例えば、私が請求した事柄等が、法務局より相手に通知が行く等の処置があるかどうかということです。

ご存知の方お願いします。

また、同様に上記人物が使用している自家用社の名義を、ナンバープレートより調べました。
陸運局で(登録事項等証明書)を請求しました。この時も実名にて請求したのですが、私が登録事項等証明書を請求した事が、陸運局から相手に通達されるのでしょうか?

Aベストアンサー

 原付については、市町村役場の税務課が課税のために、ナンバーを管理しています。

 市町村役場に問い合わせをしても、市町村役場ではでは教えてくれません。従って、問い合わせがあったことも、所有者には通知がされません。

Q南三陸町の戸籍データ消失、法務局保存分も水没

住民票を管理する住基ネットワークは完成しているのに、戸籍ネットワークがまだできていなかったとは。

戸籍を失った住民は行政の不作為の責任を問う、行政訴訟を起こすべきではないでしょうか。
ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

住基・戸籍のネットワーク化は市民団体からの反対もあります。
行政だけが悪いわけではありません。

行政の重要なデータ保管には、ネットワーク化して分散する以外にも遠隔地のデータセンターへ磁気テープなどの外部記録メディアに保存して搬送・保管するというサービスも存在します。
でも、それをやれるのは住基や戸籍など行政サービスが電算化されているところだけ。
※ついでにいうと、戸籍の電算化は結構難しいんです。

少なくとも住基情報は住基ネットにあるわけですからそこからリストは作れるはずです。


今回の災害を契機に戸籍ネットワークの本格的な開発は始まるでしょうね。以前から営業をかけている企業はあります。
問題は予算化して国の事業としていつ始めるか。自治体の予算はどう確保するか。災害で戸籍が失われた自治体はどうするか・・・
災害がなくても個人情報を扱うシステムの大規模ネットワーク化には問題が山積みなんです。
庁内だけならそんなに問題にはならないんですけど、開発にはカネがかかりますからね。


責任を問うとか行政起訴を起こすなんて当分は無理でしょう。
今はそれどころではなく生きて行くだけで精一杯です。
今そんなことを訴えても「馬鹿かお前は!そんな事より食料と燃料と住むところを何とかしろ!!」となるでしょうね。

住基・戸籍のネットワーク化は市民団体からの反対もあります。
行政だけが悪いわけではありません。

行政の重要なデータ保管には、ネットワーク化して分散する以外にも遠隔地のデータセンターへ磁気テープなどの外部記録メディアに保存して搬送・保管するというサービスも存在します。
でも、それをやれるのは住基や戸籍など行政サービスが電算化されているところだけ。
※ついでにいうと、戸籍の電算化は結構難しいんです。

少なくとも住基情報は住基ネットにあるわけですからそこからリストは作れるはずです。
...続きを読む

Q法務局への書類の提出

法務局に抵当権抹消の届出書を提出します。
自分で作成して持って行きますが、なるべく上質紙を使用してくださいと
書いてあります。
コピー用紙などでは受け付けてもらえないのでしょうか。

Aベストアンサー

現在日本国内で販売されている無地の用紙は、
99%以上が法務局の言う上質紙です。心配無用。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報