「教えて!ピックアップ」リリース!

はじめまして

大腸菌DNAの抽出でsolution I・II・III液は何のためにいれるんですか?

A 回答 (1件)

微力ながら回答させて頂きます。



solutionIは懸濁液で、細胞壁を破壊します。

solutionIIは溶菌液で、菌体のタンパク質とDNAを変性させます。大腸菌が溶けるために液の濁りが消え、大腸菌のゲノムDNAとRNA、タンパク質、プラスミドDNAなどが溶け出してきます。

solutionIIIを加えると中和し、プラスミドDNAは会合して、一方でDNAやタンパク質などはSDSやカリウムと複合体を形成するので両者を分離しやすくします。

以上です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のお返事有難うございました^^
1つ1つの液についてご説明大変わかりやすく
勉強になりました。
エタノール沈殿や、フェノール・クロロホルムの
入れる意味はかいてあるのですが
solution液のは探し出せず…
とてもうれしいです
重ねて御礼を申し上げます^ω^

お礼日時:2005/08/21 13:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング