定時決定後、日給月給者が2等級以上の減給が生じた場合

3ヶ月とも基礎日数が20日以上の場合でも、随時改定の
対象にならず、来年の定時決定まで変更できない。との
社会保険事務所の方の回答なのですが

日給月給者の賃金は、固定的とみなされないのでしょうか

A 回答 (1件)

日給月給の場合でも、2等級以上の差が生じた時は、随時改定の対象に


なるとは思いますが・・・

もう一度、社会保険事務所の方に、
問い合わせして頂いたらどうでしょうか?

身近なところに、社労士さんがいれば、その方に
ご相談なされるのがよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます
勇気を振り絞って(笑)今日再度電話してききましたところ、

 2等級以上の差が生じた時点でその月を含めた3ヶ月のみが
 随時改定の対象で、その後数ヶ月後に20日以上の日が3ヶ月
 以上続いてもその時はもう該当しません
 
とのことでした。

社保の事務手続の本には、20日以上に関する条件の説明には
ただ、“3ヶ月とも”と書いているだけで、その指定はしていない
のに??    気が弱いもので(笑) ありがとうございました

お礼日時:2001/11/01 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、2WDと4WDのパートタイムの車を作らないのか?

例えばサーフ、パジェロミニや、デリカスペースギアなどパートタイムで切り替えできますが、普通のカローラとかレガシーのようなワゴンタイプとかでパートタイムありますか?ほとんどフルタイムで、なぜパートタイムを作ろうとしないのか不思議です。私はレガシーワゴンを乗っていますが、この車、パートタイムなら、もっと燃費が良くなると思いますが・・・作ることが不可能??なのでしょうか?あるときっと売れると思いますが・・・

Aベストアンサー

パートタイムをちゃんと乗りこなせる人がいないからかと思います。
変速がオートマチック中心になり、アクセルとブレーキだけで運転する時代です。4WDと2WDの切り替えを適切に行える、あるいは行おうとする人はどれだけでしょうか? かなり少ないと思います。
4WDの方式の違いを意識して買う人、普通のカローラなどを買う人には少ないのでは?

Q定時決定と随時改定

よろしくお願いします。

6月に実際支払われた給料で大幅に降給したとします。
6・7・8月の給料を記入した月額変更届を出す可能性があるとしたら、定時決定は行わず、8月の給料支給を過ぎてから月額変更届を出すのですか?

もし、7・8月の給料がまだわからなくて(下がったままかどうか)、随時改定の対象になるかもわからない場合は、とりあえず定時決定をするのでしょうか?

うまく説明できないのですが…。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

> 6月に実際支払われた給料で大幅に降給したとします。
降給とは固定的賃金の改定と解した上で、以降の回答文を作ります。

> 6・7・8月の給料を記入した月額変更届を出す可能性があるとしたら、定時決定は行わず、
> 8月の給料支給を過ぎてから月額変更届を出すのですか?
定時決定は行います。
実際に6.7.8月の給料データを基にして、
・3ヶ月間の支給対象日数は全て17日以上か?
・2等級以上の増減を生じているか?
・固定的賃金の増減方向と、等級の増減方向が一致しているか?
 [降給しているのに、等級が上に進んだのであればダメ]
を判断の上、必要ならば月額変更届を提出します。
http://www4.sia.go.jp/sinsei/iryo/syosai/12.pdf

Q日給制なのか日給月給制なのか分かりません。

日給制なのか日給月給制なのか分かりません。

求人票には、

日給制(日給8000~15500円)
基本給(月額換算・月平均労働日数22日で17600~341000円)
賃金締切日は毎月20日
賃金支払日は毎月28日

と書いてあるのですが、これって日給制か日給月給制のどっちですかね?

求人票には日給制ってあるけど支払いが1ヶ月単位みたいだから日給月給制っぽいし・・・
(ちなみに有給休暇はあるかどうか分かりません)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日給制ですね。

一日あたりの金額×日数で計算したものを月に一度の支給。

ということです。

日給月給制は、
あらかじめ月給が決まっており、欠勤など稼動していない日の分を
月給から(規定により)差し引く場合が多いです。

質問の会社は、日給が決まっていて、
その平均稼動日数で基本給を決めているようですので、
日給制といえます。

月給というのは、月に一度の給与支払いがあることを指すわけではありません。

Q日給・日給月給の算定基礎届での支払基礎日数

算定基礎届での支払基礎日数に関する質問です。

1日の単価に出勤日数を掛けて給料を計算するような人のことは、日給者というのでしょうか?
今まで日給月給者と言うのだと思っていたのですが、どうなのでしょうか?

日給月給の支払基礎日数を調べると「毎月の支給額が決まっているが、欠勤控除などがされる人のことを月給者と区別して日給月給者とすることがあります。基本的には、暦の日数から欠勤日数を差し引いたものが支払基礎日数になります。」となっており、
日給の支払基礎日数を調べると「毎日の支給額が決まっている人。支払基礎日数は、実際に出勤した日数に有給休暇の取得日数を加算したもの。」となっているため、
1日の単価に出勤日数を掛けて給料を計算するような人の支払基礎日数は、実際の出勤日数になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

給与の支払いをした日数が支払基礎日数になります。
出勤日数+有給日数

Qパートタイム4DW

質問です。海外でジープ等のパートタイム4DWでは取り扱い説明書に長時間四輪駆動で運転しないように記載されています。日本のパートタイム4DWでも同じなのでしょうか?カナダでは一般的にパートタイム4DWでトラクションのある路面を走るとタイヤの回転差で駆動系が壊れると言われています。日本でも同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

センターデフのあるフルタイム4×4でもセンターデフをロックすれば同じ現象が起こります。

>タイヤの回転差 =内輪差です

直結4駆で走行中は前・後輪の回転速度が同じとなるため、主に低速時でステアリングを切った状態で影響します、前後車軸のデフで吸収出来ない駆動力がかかっているため、と考えます(タイトコーナーブレーキング現象)

現象としてはまず曲がらない、車体の細かな振動などで体感できます。
積雪路など低μ時にはタイヤのグリップ力低下で、かかる力を逃がすのこの現象は起きません(直進性は強まります)

この現象を起こさないためにトランスファーの切り替え(低速走行時可能/ 不可能がある)、フリーハブの切断(電動/ または停止~バックで解除)などをドライバーが行います。
とはいっても、こんなパートタイム4×4を日本で探すほうが難しいです、農耕用の軽トラックくらいかな?

参考URL:http://oshiete.nikkeibp.co.jp/kotaeru.php3?qid=1987499

Q月額変更届(月給から日給へ変わった場合)

社会保険料の月額変更届についてお尋ねします。
3月まで月給制であった人が、4月から日給制に変更になりました。
 3月まで 月給額:30万円 → 4月から 日給額:1万円
 3月まで 標準報酬月額:30万円、健康保険:17,265円、厚生年金:26,742円、合計:44,007円
給料の計算は、毎月20日締めで末日支給です。

4月の給料は、3月21日~末日の月給制分として10万円、4月1日~20日の出勤日14日分として14万円の合計24万円
5月の給料は、4月21日~5月20日の出勤日18日分として18万円
6月の給料は、5月21日~6月20日の出勤日22日分として22万円 でした。
固定給が2等級以上変動したため、7月より月額変更届をすることになると思います。

それで計算の仕方なのですが、
(24万 + 18万 + 22万) ÷ 3 = 213,333 で
標準報酬月額:22万円、健康保険:12,661円、厚生年金:19,611円、合計:32,272円
となるのでしょうか? (A案)

それとも、各月を1日~末日までとして計算して、
4月は21日で21万円、5月は18日で18万円、6月は22日で22万円となり、
(21万 + 18万 + 22万) ÷ 3 = 203,333 で
標準報酬月額:20万円、健康保険:11,510円、厚生年金:17,828円、合計:29,338円
とするのでしょうか? (B案)

それともどちらとも違うでしょうか?
この例では月に3千円ほど、年で3.5万円ほど違ってしまいます。
実態はBなのに、Aだとかなり損をしてしまうように思うのですが・・・

年金機構のページや社労士のブログなどを見たのですがよく理解できなかったので質問させていただきました。
わかりやすく回答いただけたらありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

社会保険料の月額変更届についてお尋ねします。
3月まで月給制であった人が、4月から日給制に変更になりました。
 3月まで 月給額:30万円 → 4月から 日給額:1万円
 3月まで 標準報酬月額:30万円、健康保険:17,265円、厚生年金:26,742円、合計:44,007円
給料の計算は、毎月20日締めで末日支給です。

4月の給料は、3月21日~末日の月給制分として10万円、4月1日~20日の出勤日14日分として14万円の合計24万円
5月の給料は、4月21日~5月20日の出勤日18日分として18万円
6月の給料は、5...続きを読む

Aベストアンサー

別に途中で給与形態が変わっても、支給金額を分ける必要はないです。
あくまでも、この場合4月~6月に「支給」した給与全額で計算します。
これが、給与形態の変更ではなく単純に基本給が変わったと考えるとわかりやすくなるかと思います。

ですから、A案ということですね。

念のため管轄の年金事務所で電話などで確認されては如何でしょうか?

Qパートタイム4WDとフルタイム4WDの燃費

僕は北海道の雪が多いところに住んでて、現在、パートタイム4WDのパジェロミニを使っています。
これが使えなくなったら、次はテリオスキッドを買おうと思っています。
でもテリオスキッドは調べたら、2WDとフルタイム4WDしかありません。
フルタイム4WDは、2駆にして走るパートタイム4DWよりも、燃費が悪いんじゃないのかな?と思ってます。
でも雪国なので4WDは必須です。
そんなに燃費が違わないなら、テリオスキッドを買おうと思っています。

質問です。
フルタイム4WDのテリオスキッドと、2駆にして走るパートタイム4DWのパジェロミニと、4駆にして走るパートタイム4DWのパジェロミニでは、燃費はどれほど違うのでしょうか?
具体的にリッター何kmと答えて頂いても、だいぶ違うとかそれほど違わないとかの表現で答えて頂いてもいいですので、教えてください。

Aベストアンサー

うーん・・・確かにパートタイムの方が駆動ロスが少なくなりますが・・・・
大差ない、というのが実情でしょう

というかパートタイム方式の場合、ドコまで駆動系を切り離せるのか?というのが問題になります。

パジェロミニの場合、プロペラシャフトはトランスファー側で切り離されますが、
前輪のドライブシャフトはそのままです。
(デフ脇で切り離すタイプ)

ですので駆動カットはペラシャフト一本分のみです。

テリオスはフルタイムが前提なのでフロント駆動用のペラシャフトのジョイントも
静粛性に優れたタイプが採用されます。
つまり騒音、振動が少ないものになります。(騒音、振動=パワーロスそのものです)

昔のフルタイム(特にアメ車)の場合、この辺のジョイントがひどかったのでパワーロスがでかかったです。
ですので駆動系を切り離せるパートタイムの方がはっきりと燃費がよかったわけです。

テリオスはその辺が改良されているため、差が小さい、ということです。

Q定時決定と随時決定

確認のため質問させてください。

社会保険の標準報酬月額の改定で「2等級以上の差」がある場合には改定するのは随時決定の場合のみで、定時決定の場合は1等級でも変動があれば改定されるということでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

正しくは定時決定と随時改定ですよね。細かいですが、重要なポイントですので。

gottooさんの考え方はちょっと違う気がします。
定時決定は、改定ではなく、前回がどうであろうとそれで計算し、決定するということです。たとえばそれまでの標準報酬月額が41万円で、定時決定でも41万円と決定された場合、これは改定がなかったと考えるのではなく、従来がいくらだったかとは関係なく新たに41万円に決定したものと考えます。

ですから、そもそも段階が何等級変動した、というのは考える必要がありません。改定ではないからです。

Q44歳主婦子供無しです パートタイムでこれから 一人立ちして生活を考えたいと 思います。 やはり女性

44歳主婦子供無しです

パートタイムでこれから
一人立ちして生活を考えたいと
思います。

やはり女性一人でのパートタイムの
稼ぎでは老後生活は苦しいですか?

旦那だけの収入では生活は
しんどいので

Aベストアンサー

パートタイムと言わず、もっとガンガン
働いて下さい。

社会保険にも加入して、月20万ぐらい
稼げるところをハローワークに行って
探して下さい。職業訓練もできますし。
世の中、人手不足が深刻なんです。

職種を選り好みせず、何でもやってやろう
っていう気構えがあれば、いくらでも見つ
かります。

社会保険に加入すれば、将来厚生年金も
受給できるようになります。
自分の老齢基礎年金に加えて、老齢厚生
年金が少しでも受給できれば、助かると
思いますよ。

現状も将来も含め、具体的な収入や支出の
実態と、将来の見込み、思いとかないと、
どうすべきかが、見えてこないと思いますよ。

熟年離婚とかも考えてるんですか?A^^;)
ご主人の厚生年金は半分もらえたりします
けどね。

いかがでしょう?

Q日給月給?

月々の給料体系ですが、
日給と日給月給と月給の違い、メリット、デメリットを教えてください。

私は、月給制だったので、有給休暇があれば、毎月同じだけ給料はもらえました。
日給は、出勤した日数だけ1日あたりの賃金×日数だと思うのですが、

Q1
日給月給とは?

Q2
3つの給料体系のそれぞれのメリット、デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

補足します。
日給月給制は私傷病欠勤の給料は支給されませんので健康保険から所得の60%程度の傷病手当になります。
日給制は3ケ月以上の労働契約は労基法で禁止されています。
結果、前回答の最後の項目のように勤続期間で設定する期末手当、有給休暇のようなものはありません、健康保険も国民健康保険になります。
月給制が労働者に対しては最も優位で以下これに及ばない部分が、それぞれのデメリットと解釈できることです。
NO4さんの説明の雇用保険の日額算定は誤解で、月10日以下は除外されて月11日以上は1ケ月として30日で計算されます。
雇用保険の算定期間の所得金額が同じのときは雇用保険の支給金額も給料体制には無関係で同じです。


人気Q&Aランキング