是非みなさんに良い回答をして頂きたく願っています。
以下に内容を書かせて頂きますので、宜しくお願い致します。

埼玉を中心に焼肉レストランを10店舗ほど展開しています。(その他店舗としてはイタリアン、中華等。)月商は店舗によって異なりますが、約800万~1000万円です。

もともと売上が下降気味になってたところに、昨今の狂牛病騒ぎで10月の売上はかなり落ち込んでしまいました。
そこで顧客の呼び戻しを図る為に、効果的なマーケティングを施したいと思っています。
各店舗ごとの商圏設定の見直し、ターゲットの見直し、お客様に喜んで頂ける効果的なキャンペーン、あらゆる手段を使って新規顧客開拓やリピート率のアップを図りたいと思っています。

これから早急に具体的な対策を立てなければなりません。
そこで
(1)上記趣旨に沿った効果的なマーケティング方法。

(2)同業他社が過去に行った効果的なキャンペーンや、焼肉でなくても同じ飲食業(サービス業)での成功事例など、具体的な内容をご存知でしたら教えて頂けませんでしょうか。

(3)また私ならこうするといったアイデア提供でも構いません。

是非みなさんのお知恵をお貸し下さい。
宜しくお願い致します。

宜しくお願い致します。
では失礼致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

全国奮闘事例のです。

ご参考に
 ・血統書付の安心の牛しか取り扱っていない。
  →TVで繁盛例として流していた。
   もともときちんとした肉、資料を使っていた。
 ・豚シャブや海鮮メニューを増やした。
 ・チェーン店「牛角」は鳥取県米子市では新規オープン
  も手伝ってか2ヶ月たっても行列が出来ている。
  カルビ・ロース・タンが500円以下の安さも手伝ってか。
 ・オープンテラスで焼きながら食べさせている。
 ・バイキング形式にして成功した。
 ・子供をターゲットにメニューやプレゼントを始めた。
 ・料金は上がるが厳選肉だけ取り揃えた。
 ・外国産を歌って安心をアピールしているが、そういう
  肉を使っていたかと分かり行かなくなった。
 ・複合店舗では割引クーポン件の配布。
やはり、企画が大事と思われます。
日本人は周りが食べないと自分も食べない習性です。
「そろそろ、お肉を食べませんか。」
「やっぱり牛肉ですね。」
「これができたら1億円、狂牛病、もしもかかったら1億円」
正攻法と逆法で考えるのが常套手段です。


   
    • good
    • 1

今回の狂牛病騒動では、牛肉関係のフードビジネスは大変大きな影響を受けています。


もともと売上が下降気味だとのことですが、10年程前から焼肉市場は順調に成長を遂げてきており、安楽亭などの急成長や牛角や牛繁などのチェーンをはじめ、焼肉市場への新規参入が加速化し、ファミリーや若年層の市場開拓に大きな弾みをつけました。そろそろオーバーストア状況(貴社の売上下降傾向の原因にもなっていると思われます)が出現するものと予想していましたが、今回の狂牛病騒動により、オーバーストアによる過当競争どころか、食そのもに対する信頼感の喪失による顧客離れは、相当根が深く、焼肉という業種業態で顧客回復を行うことは、小手先の対処だけではいかんともしがたいものがあります。
低下価格政策を展開したところで、低価格による客数増の効果は薄く、売上増加には決して結びつきません。(顧客の利用動機が変化しているために、原因は価格ではないためです。バブル崩壊後に、ホテルは10,000円の客単価を3,500円までに下げて新聞チラシまで展開しましたが、3,500円にしたところで、ホテルで食事をする利用動機が増えるわけはなく、多くのホテルは業態の転換やシステムの見直しを図りました。そのノウハウがないホテル内飲食店は閉店に追い込まれました。)
話は少しそれましたが、回答者の皆さんの貴重なご意見にもありますように、
1.焼肉という業種で今後もビジネスの継続を続けるためには、
 (1)狂牛病騒動が落ち着くまで、じっと我慢をして耐える(企業体力が必要)
 (2)生産から流通、自店での販売まで一貫した仕組み作りを再構築し、顧客の信頼感を再構築する。(企業理念の再構築と業態の転換が必要)
2.業種業態を転換する
 (1)居酒屋などの業態に転換して、新しい事業形態を再構築する(当面の資金と業態ノウハウを必要とする)
その他、できる限りの対策を網羅して、自社にとって最適な方策(=顧客にとって最適な方策)を選択することが必要です。

参考URL:http://msiocc.co.jp/
    • good
    • 0

誰がどう見ても性急な「安全宣言」が出たことで、どう見ても不信はさらに大きくなっちゃいましたね。


それじゃ、何も信じられなくなっちゃいますから。

で、ひとまずクリアすべき課題は「信頼」なわけですけど、
このヒントは、「顔の見える人」だし「クチコミ」だと思います。

ひとは、時に(むしろ多分に)専門家の「正しい意見」なんかより、仲の良い友人の「ウワサ」の方をよほど信じるものです。

なぜなら、専門家は「顔が見えない」けど、友人は「顔が見える」からです。

高級スーパーでは以前から、生産者の顔写真入りの商品を売ったり、生産者自身に売場をまかせたり...なんてことをしていますよね。あれはまさにこういうことです。

では、そういう考えをbeaurahさんのお店に展開するにはどうしたらいいでしょう?

まずは、個別アプローチを重視しましょう...以前にクーポン回収型キャンペーンとか利用ポイント制度とかやって、顧客の所在を把握しているなら、DMやりましょう。
DMには、安心させるための基本的な情報とともに店舗スタッフの「顔」なども入れておきましょう。もちろん生産者レベルでの「顔」情報も入れておきましょう。
どんな質問にもこたえるというホットラインもつくって、もちろん回答者の「顔」も入れておきましょう。

なんども「顔」と書いてますが、=「顔写真」という意味じゃないですよ。
個人的な親近感を持ってもらえるきっかけになる情報ということです。

店頭対応も、店員の「顔」を印象づけることを重視しましょう。

最終的には、「多くの客を集めることを目指す」という発想ではなく、「すべては、来店者のロイヤリティと正のクチコミパワーを高めることを目指す」という発想に切り替えましょう。

どう考えたって、消費者にとって焼き肉って商品には、いくらでも代替手段(ブタとか)があるのだから、少しでも不安があるなら、それに根拠があろうとなかろうと、全体的にシュリンクしていくのはしかたがないでしょう。

そう言うときに、「個客数を増やす」という戦略はぜったいダメです。
「個客開拓深度を高める」...つまり、来てくれるという人を繰り返し呼ぶとか、既存客周辺層を開拓するとか...という戦略しかないです。

あと、ココからは別のはなしですが、
思い切って牛焼き肉を止めちゃうってことはできないですか?豚とか鹿とかカンガルーとかワニとかダチョウとかそういうのでイケル商品をつくるような。

牛への信頼低下は相当根深いものになりそうですよね?
ならば、なにをやっても、所詮大局的に見れば「対処療法」にしかならないですよ。
    • good
    • 0

yoko1mgsさんに賛成です。


今の日本の狂牛病問題で一番必要なのは、信頼です。
本来なら、政府・省庁をあげて信頼問題を早急に解決すべきですが、実際にお店に並んでいる商品は、信頼には足らないと思います。

なんて、政策の文句をbeaurahさんに言っても仕方ないのですが(むしろbeaurahさんが言いたいかと)(^^;)、まぁつまり信頼を顧客に与えればいいと思います。

yoko1mgsさんのおっしゃるとおり、安全である証明書があれば、今までどおり牛肉を買うと思います。(証明書の信頼度によりますが)
(ていうか、そろそろ食べたいけど、いまいち信用できないからなぁ…)

という、一消費者の意見でした。
頑張ってください。
    • good
    • 0

 beaurahさん、はじめまして。

スコンチョといいます。僕も飲食に関わる
仕事をやっておりますが、大変ですよね。

(1)マーケティングについては、同業他社との比較検討も含めたものを
リサーチできる人(会社)に頼むのがいいと思います。自社内で付け焼き刃
のマーケティングは時間とお金の無駄になる場合が多いですね。知人のプラ
ンナーも近い仕事をやっていますが、やはり餅は餅屋です。

(2)今現在の世情にあったキャンペーンでなければ、陳腐化しているもの
しか出来ないと思います。これも(1)と合わせてプロの仕事を依頼される
方が良いと思います。もっとも安易なキャンペーンは安くする事ですが、ハ
ンバーガーや牛丼は成功しましたよね。

(3)僕でしたら、消費者が不安感を抱いているモノに「安全だ、安全だ」
とお題目を唱えずに、「当店はオージービーフで勝負します」とか「オージ
ーだからこんなに美味い」とかをデカデカ張り出します。国内生産者の方には
申し訳ないですが、こちらも生活がありますしね。(-_-;)

 あと考えられるのは、クッキングテーブルを活用しての別料理(鍋・お好
み焼き等)を展開しているお店もあるようですね。


 偉そうに書きましたが、僕も店の営業に悩める人間の1人です。一緒に
頑張りましょう。(^_^)
    • good
    • 0

狂牛病が問題になり始めたとき、農水省の警告を無視して、肉骨粉を与え続けていた農家があったでしょ?情報が行き渡っていなかったことにもよると思いますが、あれだけイギリスで問題になっているにもかかわらず、ただ安い、便利というだけで何一つ問題意識を持たず肉骨粉を与えていたという事実が 生産農家に対しての不信感をつのらせているのだと思います。

どの牛も信用できないと感じさせているのです。そこで、多少高くついても、生産農家の現場の顔がはっきりとわかる安全な牛肉であるということをアピールするほうが値段を下げるより効果的だと思います。どこどこ農家のだれだれさんが肉骨粉を使うことも無く無農薬野菜だけで丹精込めて育てた牛肉だ、と現場の姿を教えられたら僕は高くても家族で食べに行きます。
信用できるあなたのお店と、信用できる生産農家の方々を知れば、何を疑うことがありますか?
今回の騒動は顔の見えない適当な農家や行政にたいする不安が原因なんだと思います。そういった農家はきっとあるはず。安全一徹な生産農家は必ずいるはず。そんな牛肉なら高くてもお客様は満足すると思います。
    • good
    • 0

近所のスーパーなんかでも、和牛の大特価をやっていますがなかなか厳しいものがあるように見受けられます。


 この際、お肉はしばらくの間あきらめて、シーフード&秋野菜バーベキューのキャンペーンをやってみたらどうでしょうか。
 無煙ロースターの上でうまそうに焼き上がっている海老、ホタテ、サーモン、ハマグリ、ナス、サツマイモ、そしてどまんなかに、松茸!! というような写真のはいったチラシを街頭でばらまくっていうのんはどないでっしゃろか?
 あっ、ついつい関西弁になってもうた。えらいすんまへん。
    • good
    • 0

おはこんばんにちは、テレビでやっていた事です、


出かけるまえで、よく見てないのですが・・・
 それは、この肉がどこでどのような成育方法で検査の結果はこうでした等。
という内容の証明書を店に提示し、それは店長自ら生産された所へ足を運んで
確認をとれ事実である物しか店に出さない。と言うような事だったと思います。
その店は連日満員御礼だそうです。
  個人的には肉を食べ、安くなっているので喜んでいるのですが、
 取り巻く関係者の方々は大変だと思います。
    この波紋に負けずチャンスと捉え打開策を見いだして下さい。
       私はリストラで無職の就職活動中です、お互い頑張りましょう。
    • good
    • 0

やはり世間的に気になっているのは、「何が良くて何が悪いのかがよく分からない」という事ではないかと思います(政府の安全宣言なんて誰も信じてないですしね)。


牛のどの部分がダメで、ダメな部分を使ったどの食品がダメで、という情報がなかなか伝わっていないので、逆に「全部ダメ」というイメージになっているような気がします。

なので、個人的にはそういったマルバツ情報を明確にしてもらえると助かります。
それと、やっぱりこーゆー時は値段をウンと下げる事によってとりあえず店舗に来てもらい、「焼肉が美味しかった」という事を思い出してもらうのも一つの手ではないかと思います。

以上、参考になると嬉しいです。
苦しい時だとは思いますが、頑張って下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見有難う御座います。お客様に明確に伝わる安心情報の発信に勤めます。
また値段をウンと下げるというのは既に実行済みです。
ただ永続的に出来る事ではないので、どこまで経営効果に結び付けられるかが焦点になってきます。
値下げによる集客効果のデータはまだ出ていないので何とも言えませんが・・・。
引続きいい情報があればご指導お願い致します。

お礼日時:2001/11/02 00:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆さんの家の今日の夕ご飯は、何ですか?家は、焼き肉風ときゃらぶき、刺身ときゅうりの漬け物と昨日の残り

皆さんの家の今日の夕ご飯は、何ですか?家は、焼き肉風ときゃらぶき、刺身ときゅうりの漬け物と昨日の残り物少しで~す。

Aベストアンサー

麻婆豆腐

Q顧客情報からのマーケティング

個人で商売しています。今までマーケティングとかは考えたことなかったのですが、
自分でできる範囲で集計したいです。お客さんの情報どのように記録して集計
すればいいのでしょうか?初歩的な部分がわかりませんのでアドバイスいただければと思います
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マーケティングってのは、簡単に言えば売れる仕組みを作る仕事です。

その中で顧客情報を用いて、それを分析して販売促進に活用すれば良いだけです。
これは販売する品物によって異なりますが、顧客の年齢や配偶者の有り無し、子供の有り無し、住んでる地域、職業、年収、これまでの購買履歴などなど、取得できうる限りの様々な情報からクロス集計などを行います。
「誰に」「何を」「いつ」「どうやって」を見出し、実際の製品開発や販売を行えば良いだけです。
今質問者さんがどのような顧客情報をお持ちか存じませんが、例えば昨年質問者さんの会社で最も売れた製品は、どのような年齢層の顧客で、どのような地域の方で、どのような職業の人が購入しているのでしょうか。
もしそこに一定の法則を見出すことができれば、そこに広告宣伝費を集中させるという戦術を使えます。

例えば、雪かき器を販売しているとします。
もちろん雪国でなければ売れないのですが、その事実を知らないとします。
顧客の購入履歴を見ると、どうも北の方にエリアが限定されているのようです。
そこで今まで全国にうっていた広告を、北の方に集中してうったら売上が1.5倍になりました。
という感じ。
もし年齢層に偏りが見られたら、そこにヒントがあるはずです。

私がネット上でコンシューマー製品を販売していた時は、購入時に任意で入力してもらう情報として年齢や職業などの入力欄を設定して情報を収集していました。
住所の情報も都道府県と市以下の住所は別管理として、全てエクセルに購買履歴のデータとともに保存してました。
そして簡単なとこで言えば、エクセルのピボットテーブルの機能を使って、年齢別の販売履歴を見てダイレクトメールの送り先を設定したりしました。
対法人の場合でも、どういう法人に営業をかけるかの目安にもします。

また、ある製品の買い替えサイクルが一般的に5年とします。
そうしたら4年前~5年前にその製品を購入した顧客に買替催促のダイレクトメールを送るなど。

とにかく収集の方法は、アンケート結果でも良いですし購入時に頂いた情報でも良いですし、さまざまです。
手元にある情報をどのように活かすかというのが、頭の使いどころです。
その情報を分析する手法は、統計学などで学べます。
その統計学をどのように使うかは、マーケティング論などの学問で学べます。

マーケティングってのは、簡単に言えば売れる仕組みを作る仕事です。

その中で顧客情報を用いて、それを分析して販売促進に活用すれば良いだけです。
これは販売する品物によって異なりますが、顧客の年齢や配偶者の有り無し、子供の有り無し、住んでる地域、職業、年収、これまでの購買履歴などなど、取得できうる限りの様々な情報からクロス集計などを行います。
「誰に」「何を」「いつ」「どうやって」を見出し、実際の製品開発や販売を行えば良いだけです。
今質問者さんがどのような顧客情報をお持ちか存じ...続きを読む

Q焼肉が食べられないのです。。。

焼肉が食べられないのです特に牛肉がです。焼き肉を食べると気持ち悪くなりひどい時は嘔吐します。鶏の肉やから揚げなどは食べられるのですが。

会社の付き合いなどで焼き肉を食べに行く時などは無理して食べるからか必ずと言っていいほど嘔吐します。
普段は肉一切れ食べただけでも胃がもたれた感じがします。焼き肉の匂いもだめです。
身体が肉をうけつけないです。普段はお酒はほぼ毎日で量は結構飲みます。食事ですが三食きっちり摂ります。

これは病気でしょうか?肝機能などが悪いのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本当のところは医者に診察してもらうしかありませんが。
食べ物の好き嫌いで「病気」といっても・・・
もちろん、医者で検査すれば、何らかの「病名」は付くと思いますが。
酒が飲めない人、肉がキライな人、野菜が嫌いな人、いろいろですから
酒が飲めない人は付き合いでも飲みませんよ、お茶やコーラで楽しくやる人もいますし、顔だけ出して直ぐ帰る人もいます。
焼肉がキライなら「私は肉は苦手です」とちゃんと言いましょう。
無理強いするほうがどうかしています。
他人が何と言おうとダメなものはダメなんですから。
そういうと誘われなくなるのがイヤなら、一緒に行っても肉は食べない、肉以外のメニューにする、酒だけは飲む、とかの工夫が必要ではないでしょうか。

Qウェブサイトの効果証明。マーケティング?

会社で、ある企業向けITサービスを売り出すことになったのですが、そのサービスに関するウェブサイトを設けていません。
そこで、商品を宣伝するにはウェブサイトが効果的であることを会社に説明するのに、これだけの企業もしくは人がウェブを通して商品(サービス)購入に至っている、というような数字を出して提案したいのですが、どこかにいい資料はありませんでしょうか。
マーケティングの手法が必要なのかもしれませんが、マーケティングのマの字も知らないド素人ですので、無料で参照できるサイトや図書館で借りられる資料などを教えていただけますと助かります。
おおよその動向がわかるくらいの、ざっくりした資料でも良いと思っております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的に言って、商品を宣伝するのにウェブサイトが効果的であるという事実はありません。数年前、経済産業省と中小企業庁は中小企業白書の中で、ウェブサイトを作ったけれども何も効果がなかったという実例をいくつか挙げ、漫然とウェブサイトを作ることが無意味であると警告しています。

これはウェブサイトがすべて無意味だという意味ではありません。どのような内容で、どのようなサイトを作り、どのように運営するのかというノウハウが必要なのであって、ただ作っただけでは効果がないということです。大きな効果を上げているウェブサイトもあります。
それは効果があるように慎重に計画を立てて作って運営しているウェブサイトです。ただ単に作るだけでは効果がないことがわかっています。

広告というのはマーケティング・ミックスと呼ばれる、マーケティングの4つの要素の一つです。4つの要素というのは
製品:Product
価格:Price
販路:Place
広告:Promotion
の4つのPです。4Pをうまく組み合わせる(ミックス・フィット)ことによって売れる仕組みを作るのがマーケティングです。まず、4P全体をどのように組み合わせるかを考えます。そのうえで、4Pの中の広告としては、どのような媒体をどのように組み合わせるか(プロモーション・ミックス)を考え、媒体の1つとしてウェブサイトを使うのであるなら、どのように使うのかを考えたうえで、その使い方にあったサイトを作るのです。

マーケティングの4P全体を考えないと失敗します。

マーケティングの入門書として↓を紹介します。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%8C%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8-%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%8C%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E8%A5%BF%E5%86%85%E5%95%93/dp/4827206015

一般的に言って、商品を宣伝するのにウェブサイトが効果的であるという事実はありません。数年前、経済産業省と中小企業庁は中小企業白書の中で、ウェブサイトを作ったけれども何も効果がなかったという実例をいくつか挙げ、漫然とウェブサイトを作ることが無意味であると警告しています。

これはウェブサイトがすべて無意味だという意味ではありません。どのような内容で、どのようなサイトを作り、どのように運営するのかというノウハウが必要なのであって、ただ作っただけでは効果がないということです。大き...続きを読む

Q焼肉のタレ

宜しくお願い致しますm(_ _)m

焼肉店開業に向けて焼き肉のタレを何十回か作ったのですが、色々なものを入れると市販の焼き肉のタレと殆ど同じ味になってしまいます。

また一般的な焼肉店の醤油ベースのあっさり系のサラサラしたタレにも挑戦していますが、どうしても砂糖醤油の強い印象が残ります。

当たり障りのない食べ放題のようなタレの作り方を知っている方がいましたら宜しくお願い致しますm(_ _)

Aベストアンサー

こんにちは。

答えになっていないかも知れません。
焼肉のタレと言っても、店毎の戦略があります。
a店 甘みを強くして満腹感を早めに出す
b店 辛味を強くしてビール等の売り上げに繋げる
etcですね。

当たり障りの無いタレ・・・
万人向けって事なので、市販品っぽくなるのは当然かと。
奇を衒うより確実なので、市販品ぽいのをメインに
豆板醤や唐辛子を効かした辛い系、レモン等を効かした
サッパリ系等のバリエーション作ったらどうですか?
他店と同じになってしまうと思いますが、やはり王道かと。
肉で差別化を図る事をお勧めします。
良い肉使ってると、塩胡椒で食すお客様が多くなりますよ。

Qマス・マーケティングよりもセグメントマーケティング

マスマーケティングよりもセグメントマーケティングのほうが有効になりつつ理由を教えてください。できれば、企業の例もつけてもらいたいです。

Aベストアンサー

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースから始まり、いまの日本メーカーまで続いて来ました。

この原動力は、市場側ではニーズの多様化であり、生産技術的には、トヨタのカンバン・システムでした。

現在はこの多様化がもっと進みつつあり、One-to-one マーケティング(↓URL第2段落目)が必要だと言われています。問題はどう生産がコストを上げずに対応するかです。ITに熱いまなざしがそそがれていますが。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fitbiz/crm/crm01/crm02.html

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースか...続きを読む

Q一人焼肉

最近とても焼き肉を食べたくてたまらない時があります。
人を誘って食事に行くのは苦手なのですが、みなさん一人で焼き肉に行ったことありますか?

Aベストアンサー

こんばんは。

昔、外回りの仕事をしていたときに、ランチで何度か食べました。
同様の仕事着のお客さんも見かけたので、あまり気になりませんでした。

「一人居酒屋」や「一人カラオケ」に比べれば、
ハードルは、低めだと思います。

Q【マーケティングは大企業ほど効果がない?】 大企業が新製品をCMで放送しても視聴者は新製品ではなく

【マーケティングは大企業ほど効果がない?】

大企業が新製品をCMで放送しても視聴者は新製品ではなく大企業名に目が止まり、大企業が新製品を出したんだなと認識して新製品を認識してくれない。

大企業が新製品を出したという認識はあるので大企業に出向くが新製品を覚えていないので新製品ではなく大企業の商品は買っていく。

要するに、大企業が新製品のCMを打っても新製品が売れずに自社製品はCMを打つと売れは良くなる。

けど、無名企業が製品のCMを打つと、無名企業名ではなく商品名を覚えて、その商品をピンポイントで探し求めてくる。

これはなぜでしょう?

大企業は新製品をピンポイントで購入してくれるマーケティングを打ちたいはず。

大企業ほど新製品のCMを打っても新製品より企業名だけが頭に残るので新製品のCMの費用対効果は無名企業より悪い。

なので大企業が新製品をCMを打って宣伝しても思ったより売れないので大企業は新製品をひっきりなしに変えて売っている。

新製品が爆発的に売れるときはCMやマーケティングではなく購入者のSNSの口コミでたまたま有名SNSerに拾われて売れるということが殆ど。

新製品の起爆剤がCMではない。

企業のマーケティングで唯一成功しているのはテレビで商品を紹介して貰えるときだけ。

ヤフーニュースのトピックスに新製品が載っても話題になるだけで売れるかというと売れない。

大企業がCMで新製品を発表しているマーケティングは広告代理店に騙されていると思う。

どう思いますか?

【マーケティングは大企業ほど効果がない?】

大企業が新製品をCMで放送しても視聴者は新製品ではなく大企業名に目が止まり、大企業が新製品を出したんだなと認識して新製品を認識してくれない。

大企業が新製品を出したという認識はあるので大企業に出向くが新製品を覚えていないので新製品ではなく大企業の商品は買っていく。

要するに、大企業が新製品のCMを打っても新製品が売れずに自社製品はCMを打つと売れは良くなる。

けど、無名企業が製品のCMを打つと、無名企業名ではなく商品名を覚えて、その商品...続きを読む

Aベストアンサー

全てあなたの憶測に基づくものと思いますね。
エビデンスを提示しないことには始まりませんよ。

Q名古屋市栄の焼肉屋さん。

名古屋市栄の国際ホテルに泊まります。近くに美味しい焼き肉屋さんはありますか?
取引先の方をお連れするので、値段が高めのお店でも構いません。美味しい焼き肉屋さんを教えて下さい。

Aベストアンサー

名古屋市地下鉄東山線・名城線 栄駅8番出口より
直結しておりますサンシャインサカエ6階に
炭火焼肉たむら名古屋店があります。
宿泊されます名古屋国際ホテルから近いところです。

参考URL:http://yakiniku-tamura.shop-pro.jp/?mode=f6

Q店舗の集客。3階以上の階段を上る店舗。あまりない?

そういえばテナントビルでエレベーターのないビル。
結構あると思います。
でも、3階以上の階数で店舗を構えているところはかなり少ないように感じます。

駅から5分以上離れるとあまり人が来ないとか色々データはあるようですが、階段で3階以上は客足が遠のくとかのデータってありますか?

Aベストアンサー

 マーケティングの分野ではないのですか?。
 その辺で調べてみるとか。
 飲食関係は、2階以上は人入らないとなんて、良く耳にはしますよね。
 同時に、飲食店のあるビルは、他業種はあまり入りたがらない、以前飲食テナントのスペースだったところを異業種が借りる事は少ないなんてのも私は聞きます。ゴキブリ、ねずみが出やすい為とかで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報