音楽歴35年・FLAKE RECORDSの店主DAWAの選ぶセンス光る注目曲ご紹介!

現在32歳の公務員の女性です。
7年ほど前、国IIの行政職の試験を受け、現在に至ります。
最近、自分の現状に疑問を抱き、転職を考えております。
現在、法科大学院を受験し、弁護士への道を目指すか、公認会計士を目指すか悩んでおります。
私自身、1番心配なのは自分の年齢です。資格を取得し働き始められるのが、早くても30台半ば~後半になるかと思われます。

(1)そうなった時、就職先があるのでしょうか?
 それとも、現実としてやはり難しいのでしょうか。

(2)具体的な勤務内容、収入、勤務体制など教えてください。

(3)私自身、公務員試験を受験する際、簡単にですが法律は少し勉強しました。が、 民法は苦手でした。また、最近仕事の合間に独学で簿記2級を取得しましたが、 こちらはあまり苦労もなく、私自身は簿記の方が楽しいような気がしました。
 適性としてはどちらが向いているのでしょうか。

質問が多くなってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 現在でも、弁護士、公認会計士とも就職難です。


 今後、司法試験の合格者数を減らす動きがありますが、仮に合格者を減らしても、弁護士は増えていき、現在、過剰状態にあるので、就職難は深刻です。35歳を過ぎていれば、就職先はありません。即独になります。
 公認会計士は合格者を減らすことが決定されましたが、就職難な変わらないでしょう。4割が実務経験ができず、合格者の浪人中とか。

 資格の供給過多によって、生活が不安定になります。弁護士の即独は、年収0円から出発します(というよりも、赤字経営から)。10年間は苦しい生活を強いられると考えた方がよいでしょうが、10年後の生活の保証はありません。生涯賃金で言えば、公務員の方がよいでしょう。公務員は、年齢とともに収入が増え、退職金、年金などを考慮した生涯賃金で言えば、公務員の方が収入が多いでしょう。一握りの弁護士は、多額の報酬を得ていますが、それは、能力、馬力、体力、努力、運、人脈、コネなどが特別に恵まれていなければ、困難です。そのような特別に優れた人は、役所や企業、他の職種でも成功するはずです。
    • good
    • 6

正義感が有る人は弁護士、無い人は公認会計士かな?公認会計士の仕事は知らないのでゴメン。


弁護士は年取ってからでも出来るのじゃないかな。
田舎のほうが弁護士会の面倒見が良いのじゃないかな。弁護士会からサラ金事件を照会してくれるし、法律相談もあるし。
司法試験の受験というのは、受験だから、要領が重要。過去問を解いて、模範解答を見て、そして、教科書を読むこと。最初から教科書を何度も読んで過去問を解くのは馬鹿。試験に良く出る箇所は決まっている。そこだけ何度も読むべき。
    • good
    • 2

3の方が書いていらっしゃるとおり、たしかに国IIの公務員を辞められるのは非常にもったいないと思います。


私は現在、質問者様の検討されている専門職についていますが・・育児との両立はとても大変です。今からでも公務員になりたいくらいです。ほんとに。(出産したことで解雇された人もいます。)また、諸々の会費で月に数万円かかり、年金や保険も自分で加入して用意しなければならず、それらの額が引かれることで実際の収入は見た目ほどは多くありません。
収入については、3の方がおっしゃるように、初年度から1000万円以上稼げるのは大規模渉外事務所に勤める場合で、そのような所に採用してもらえるのは、若くして合格した人か、30以上の人でも前職が魅力的な人(証券会社や投資銀行等で活躍、外国のエリート大学に留学等)というのが一般的です。また、そのような事務所に入っても、毎日夜中までの激務を課されるため、私的な時間は殆どとれなくなります。公務員でいる方が、ずっと人間的な暮らしができると思います。
30台後半、女性となると、率直にいって就職活動はかなり厳しいものになると思います。私もそういう人を何人か見てきましたが・・余程アピールするものがないと、筋の悪い事件や質の悪い依頼者ばかりの事務所、ボスが人間的に問題ありそうな(セクハラ、事件放置、人格攻撃)事務所に就職せざるを得なくなるかもしれません。
会計士のことはよくわかりませんが・・質問者様の場合、現在の環境は十分恵まれていると思います。なので、今置かれている状況の中で、改善できるものは改善していくという方がいい気がします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

実際働いていらっしゃる、また、育児と両立している方からお話が聞けて、とても貴重なご意見をありがとうございます。確かに家庭との両立を考えて公務員の仕事を選んだのですが、人間として考えたときに、現在の仕事に疑問を持ってしまいました。再度、自分でも考えてみたいと思います。本当に貴重なご意見をありがとうございました。

お礼日時:2005/09/05 17:19

私は、snowwhiteさんと、逆で、司法試験から公務員の転向組みなので、わかる範囲で答えさせてください。



まず、司法試験ですが、言わずもがなの最難関の試験ですが、これは国IIでどうのこうの次元ではありますん。まず、冷静に考えればわかることでしたが、平均合格年齢が27,28歳です。やはり大半は大学入学時や遅くても3年から始めるでしょう、すると平均5,6年というところでしょうか?
そして、ここがミソですが、合格者の!平均であるということです。目指す人たちは東大京大早慶中央あたりがメインでしょうか、ここからガクっとへりますが
明治法政立教もいます。
そしてこの人達が28歳で合格していくのです。
そして夢破れて去るもの(私も含めてですが)の平均年齢は考えたくもありませんw
大学入ってすぐ始めたが、素質がない?受からないなと判断して、新卒と悩んで民間に行くタイミングと
私のように卒業して少し粘ったが、やはり親の負担と自分の将来を考えて就職を考えて切り替えるもの。
そして20後半まできてしまい、就職経験もなく民間は絶望的、公務員も年齢制限が大半という立場で死に物狂いか、本当に気が狂ってしまう人など、多種多様で、なかには30過ぎてもがんばって、受かった方もいますね(実は30あたりというのはそんなに珍しくないようにも思います=勉強暦8年~10年)くらい。
行列の北村弁護士なんかもたしか30あたりでようやくとおっしゃっていたような気がします。
こればかりは家庭環境、弁護士にかける熱意、結婚相手のことなど、人によってさまざまですので、続けられることも大変ですが恵まれているなとも感じます。

大抵の者は予備校に通うでしょう。大学には溢れるパンフの山です。そして、必ずと言っていいほど、パンフの表紙には現役合格者の笑顔の写真です(現役合格とは在学中の合格者です。大抵東大ですがw)
これは、「君もやれば出来る!!!目指せ2年合格だ!!」と、激励しているのか惑わしているのか、
今現在ではどちらかわかりません。
とにかく、大手予備校には必ずある1年コース2年コースというのは、「私も頑張れば、(死ぬ気で頑張ったら私だってという根拠の無い自信)受かるという気にさせてくれます。」しかし、そういうものを見ると、
原則→例外が逆転して思えてきてしまうのです。
あくまで、彼らは超がつく位の例外と考えた方がいいのです、(東大生の中でも超を抜いて例外くらいかもしれませんが)
と言うのも私がそのようなの経験者だったわけで、おそらくそうやって大手予備校に30、40万払って「司法試験ってやっぱムズいんだな~」と教えてもらった人が大半だと思います。
私は、早稲田の政経で(これは自慢でもなんでもありません。ホントに。今はただの公務員を目指すただのすねかじりですから)司法を目指した仲間も10人近くおりましたが、現役で受かった者はおりませんでした。私より、全然すっげーーーと認めざるを得ないくらい努力を惜しまない人もいましたが、論文までしかいけず、就職していきました。

なんか書いてて悲しくなってきたw
えっと、質問に答えますと、
(1)受かれば問題なくあると思います。
なんのために法科大学院を作って既存の試験を廃止してまで3000人合格体制にしていくかを考えればわかりますね。30後半の新人弁護士も多くはないでしょうが、少ないとも思えません。
(2)これはあなたがどのような弁護士になりたいかによります。金儲け、人道、人権活動をしたいのか、によるのではないでしょうか。ちなみに↓の方の初年度から1000万プレーヤーというのは例外です、
つまりは先に述べた現役合格者達が、大手の渉外事務所(ライブドアのときに出てきたあの人達のような、弁護士のなかでもエリートです)に勤める時だけでしょう。(親が弁護士なら別でしょうが)大抵は5,600万スタートと聞きます。
もちろん数年たてば1000にのることは可能でしょう。

勤務状況は渉外は激務&給料がいい 地方弁護士は(ボス弁によりますが)渉外よりは勤務状況は厳しくないようですが、給料もその分安いと考えて良いと思います。

(3)については、笑ってしまうというか、はっきり言って公務員の民法で、苦手といっていたら、司法の民法その他の法律科目はこなせないでしょう。
公務員の法律科目といったって、司法を少しでもやっていたものから言わせれば、あれはサワリにすぎません。「基本の概念と判例を覚えなさい」ですよね。
判例があるところには通説すら出てこないのがほとんどで、少数説や論点(考えの対立点)ってありました??それをイヤっていうほどの数を、理解して暗記して、理論だった(少数説を趣旨からさかのぼってつぶして(否定して)自説の展開をするんです。
それ×六法です。(ロー生はプラス行政法、労働法とかもなのかな??)

司法試験は大学受験で、自分がエリートだと勘違いした者を、お前はただの人間に過ぎない!
と、わからせるための試験だと聞きました。
つまり、大学受験においては日本のトップに立てた東大生ですら、「あ、オレって大した人間じゃなかったんだ」って思わせてくれる試験なのです。

最近、橋下弁護士や丸山弁護士(二人とも早大出身だったかな)のおかげで弁護士に対するイメージがとっても身近になった気がしますが、あの人達は実はメッチャすごい人なんですよねw

と、司法試験についての脅し?!
は、この位にしますが、こんな長文教えてgooで見たことないよ!って位書いてしまいましたが、
おそらく、snowwhiteさんは国IIのお仕事に疑問を感じておられるようですが、それはもうちょっと、やりがいのある仕事だと思ってたよ!これじゃ一生国Iのつかいっぱしりと同じじゃないか!っていう、不満でしょうか、または女性特有のものでしょうか、前のでしたら、入る前からわかっていたことではないでしょうか?私自身は公務員は女性にとっては、やはり魅力的な職場だと思います(産休、育児休暇等)民間ではあっても、取るのは事実上厳しいのが実情ではないでしょうか?

ちなみに、ロー(法科大学院)を出て三振せずに(三振が分からなければ調べてくださいね)合格して、司法修習おわって、数年後の1000万プレーヤーになっている頃には国IIでも、額面700、800近く行く人(40台中盤)もいるのではないでしょうか??あれ、あんまり変わらない??
の割には受からない場合は実にリスキーですよ。
ロー(三年間)三振(三年後)には現在32ですから、
39歳40歳の無職院卒です(マスター)。
この場合就職できて、企業法務でしょうが、大学ストレートで三振した者は28歳です。はたして、公務員経験ありで40歳と28歳どちらを採用するでしょうか。

厳しいことだらけで、読むのもうんざりとお感じでしたら、失礼しました、その位司法を目指すにはお金と時間(ローは3年500万三振率5割)となによりの「断固たる決意」がなくては無理だということをお伝えしたかったまでです。

それでも、目指すと決意したならば大いに応援いたしますっ!がんばってください。
しかし、公認会計士と司法試験を並列にお考えの時点で、どうしても弁護士というよりは、「いわゆる、自分ひとりでも生きていける資格」というものの中でお考えの段階でしょうか?
そしたら、司法書士、社労士といった司法よりは易しい(司法書士も十分リスキーですが)検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、公認会計士は知り合いが4人おります。
一人は在学中に合格(誰もが認める努力家。
私はその方と遊んだことはありませんワラ)
他の三人は大学中からしっかりと勉強して、卒業して一年目で合格しておりました。(ちなみに全員早大です。)

また、簿記との比較ですが、
よく言われるのは一年で簿記一級受かるなら素質ある。といった話しです。
二級合格とのことですが、なにぶん私は全く検討対象外でしたので、簿記がどの程度難しいかわかりません、また二級と一級は近いものなのか、はたまた二級と一級は別物と考えた方がいい といった難易度の乖離によって話しは大きく変わってきますよね。
会計士目指すなら、一年で一級合格、目指してみたら、いかがでしょうか?

よく言われることが「資格=飯を食えるは勘違いだ」
ということです。弁護士、会計士ではさすがにいないでしょうが、
司法書士>>社労士>>行政書士 と受かりやすくなればなるほど、資格をとった後!の営業活動次第ということはよく聞きます。また、開業資金・・・など黒字経営までには数年かかるとも・・・。
そう考えると昨今の資格ブームはちょっと加熱しすぎかとも思います。

国IIのお仕事もストレス等大変でしょうが、安定、あがっていく給料等を考えると非常にもったいない気がします。

「あなたになりたい」人が今年も何人も受験するんですよワラ
逆に私の方がいろいろ聞きたいわ!!
と、書いてて少し思いましたw
では、なまいき且つ駄文、長文失礼いたしました。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

いろいろと詳しく説明してくださり、ありがとうございました。やはり、試験自体も相当大変だという認識はありましたが、具体的にお話を伺うと想像以上かもしれません。とても、参考になりました。もう1度考えてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/05 17:15

就職先、土地をえらばなければあるのでは。

東京、大阪、名古屋といった大都会は大変ですが、地方の県庁所在地以外の都市であれば、ニーズに見合う員数が不足しているので、就職も可能と思います。
収入は公認会計士はしりませんが、弁護士では場所によりますが、最悪でも10百万円が出発ラインの最低線でしょうか(見習い期間でももう少しあると思います)。公認会計士も多分これに準ずるはずですね。勤務内容は間違いなく見習いです。おつとめになる先は、通常の業務をこなすだけの人員は非資格者でまかなっているはず、ただし資格者が少ないため、まずは名前だけでも資格者をやとい、非資格者のアシスタントをさせて実務勉強をさせるはずです。
適性云々は正直わかりません。法科大学院が今後どうなるのか全くわからない(弁護士の既得権主張の声がどこまでとおるかによりそうですね)のですが、当初のうたい文句で、現実の人気であれば法科大学院にご入学され司法試験のほうがはるかに楽そうですが。どちらの試験でも本気にならなければ道が開けないためその間の生計をどうするかが最大の難問でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂き、ありがとうございます。やはり、東京等は難しいのですね。参考になりました。ありがとうございます。確かに、法科大学院の今後に対して不安がありますので、その辺りも含めて検討していきたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/30 16:55

ファイトがおありですね。



1,弁護士:30代後半で弁護士の就職先ですが、ないことはないと思います。先輩で、某省局長をおやりになって、退官してから、弁護士を始めた人がいました。ですが、彼の場合、常時、財力がありましたので、生活苦はありませんでした。通常であれば、苦しいと思います。

2.公認会計士:就職先はあると思います。

収入は、ピンからキリまででしょう。

質問者様の場合、最大のリスクは、弁護士にせよ公認会計士にせよ、資格取得までの道のりですね。普通は不可能に近いと判断される道ですが、めげずに頑張ってください。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。某省局長の方は、ある程度人脈等もお持ちだったから退官後弁護士を始めることが可能だったのでしょうか?
公認会計士は収入はピンからキリまでなのですね。私自身、大手の監査法人に入るのがベストかと思っていますが、その場合も、年齢的に可能なのでしょうか?
よろしければ教えてください。

補足日時:2005/08/30 16:59
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

Q30歳で、公認会計士試験を目指すのは現実的ではないでしょうか?。

30歳で、公認会計士試験を目指すのは現実的ではないでしょうか?。
公認会計士の方、又はその事情に詳しい方の回答を願います。
ちなみに、仕事は営業の仕事で全く公認会計士とは関係のない仕事をしています。

Aベストアンサー

銀行マンです。

合格すれば大きなステータスですが、それだけではお金を生みません。銀行や大手企業の監査に入るには人脈や営業力の上に信用を積み重ねる必要があります。

その前に会計士は合格率ヒトケタの難関です。受け始めると、何度失敗しても過去の努力を無駄にしたくない心理でチャレンジを止められなくなり泥沼化し、相当の時間とエネルギーを消耗します。

弁護士や税理士にチャレンジし続けて結局諦め、普通以下の生活をしている人を何人も知っています。

成功の可能性からして「現実的ではない」と回答させて頂きます。自分を上手くコントロールしてください。

Q今から医者を目指すのは遅いですか?

34歳(♀)です。
現在、結婚し子供の予定はありません。仕事は、自然科学系の研究・コンサルティングをしています。

小さい頃から「将来はお医者さんになりたい」と思っていました。
しかしながら、家庭の事情(下にも妹弟がいる)等から、医者を目指すのを諦めて、某国立大工学部を卒業しました。

最近、とあることがきっかけで、また医学部入学に向けて勉強したいと思うようになりました。
(夫は国公立大であれば学費を助けてくれると言っています。)
しかし、現在34歳(あと数か月で35歳)であること、仮に入学/卒業できてもその時は40歳を過ぎてしまっていること、等からもう遅いのではないかと悩んでいます。

現実として、今から医者を目指すことは諦めた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

どこまで想定しているか、このご質問では見えてこない部分が多い印象を受けました。僕が見られないだけかもしれませんね。

近年、転職や独立で職業を変えてまで医師をやめる医師が多い中、素晴らしいお考えだと思いますよ。
僕の周囲でも、医師にはなったものの、投資家や弁護士になる人も多いですしね。
医師の志があっても、勤務の辛さや無駄なしがらみ、訴訟リスクが高すぎて、給料に見合わず転職を考えてしまうのです。
開業医だと、訴訟で負けると最悪その場は廃業状態ですからね…医院を変えてまた開業するのも大変ですので…

国立なら学費は安いですが、医学系の参考書はひとつ1万以上のものも多いです。
学費以上の出費がありますから、その辺りも考慮されてご主人が助けてくれるのであれば心強いと思います。

何を専攻するかによって、大きく違いもありますね。
内科は10年やっても学費のもともとれないと嘆くほどの給料ですし、外科は手技の維持の為には年間最低150でもまだまだついてゆけません。
専攻によって、リスクの考え方も変わりますし、将来的な勤務時間も大きく変わりますね。

当直以外にオンコールがある病院では、自宅にいても外出できないような不便もあります。
勤務先によって大きく違いはありますが、30代後半で研修医になれば、しがらみや差別のような扱いもある程度は覚悟しなければならないとも思います。
病院によっては常に和気あいあいというわけでもなく、経験がものを言うような難しい診断や判断が必要な時は教育医や上層部に経験不足を指摘されることもあるでしょう。
30代以降に医師になった人にはそれはつきものくらいに思っていないと、精神的にやられてしまいます。

まずは入学目指して受験勉強ですね。本当に気持ちがなくても医師にはなれますが、本当に気持ちが無ければ続かないのが医師という職業だとつくづく思います。頑張ってください!

どこまで想定しているか、このご質問では見えてこない部分が多い印象を受けました。僕が見られないだけかもしれませんね。

近年、転職や独立で職業を変えてまで医師をやめる医師が多い中、素晴らしいお考えだと思いますよ。
僕の周囲でも、医師にはなったものの、投資家や弁護士になる人も多いですしね。
医師の志があっても、勤務の辛さや無駄なしがらみ、訴訟リスクが高すぎて、給料に見合わず転職を考えてしまうのです。
開業医だと、訴訟で負けると最悪その場は廃業状態ですからね…医院を変えてまた開業する...続きを読む

Q30代半ばで弁護士になった場合

現在20代後半なのですが、今から法科大学院へ入って司法試験に合格後、司法修習を終えて30代半ばで弁護士になった場合、就職先はあるのでしょうか?

実務は未経験なのですから法律事務所への就職は無理なのでは?と思うのですが、法科大学院には社会人の入学者も多いと聞きます。また、そういう趣旨(社会人を受け入れる)で法科大学院の制度が作られたとも聞きます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法科大学院制度は、なるべく若いうちに弁護士になるような仕組みにすること、しかも弁護士の数を現行の数よりも増やそうと画策されたというのが本当のところのようです。
司法試験自体を何回までしか受けられないという制限がありますから。
2010年まではいままでの司法試験と新司法試験が併存して行われます。

30歳半ばで弁護士になられても今のところは大丈夫でしょう。そういう人は毎年何割かはいますし、いまのところ制限なく受けられる司法試験合格を目指して、30代で受けられている方はたくさんいます。
毎年法律事務所に、新人を入れませんかという通知が日弁連からあって「いそ弁」(居候弁護士)を受入れ、新人の弁護士は法律事務所から、事件に対する報酬ではなく給料という形で取得することになります。
ある程度の実務を経験して、顧客も分けてもらえるとか、自分で開拓する事ができるようになって、独立したり、いそ弁の形から共同経営者に昇格したりという道を歩むというのが一般的のようです。

法科大学院や試験については日弁連のHP等で解説しているところもありますので、読んでみてください。

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/shihokai/kadai/houkadaigakuin/qa_3.html

法科大学院制度は、なるべく若いうちに弁護士になるような仕組みにすること、しかも弁護士の数を現行の数よりも増やそうと画策されたというのが本当のところのようです。
司法試験自体を何回までしか受けられないという制限がありますから。
2010年まではいままでの司法試験と新司法試験が併存して行われます。

30歳半ばで弁護士になられても今のところは大丈夫でしょう。そういう人は毎年何割かはいますし、いまのところ制限なく受けられる司法試験合格を目指して、30代で受けられている方はたくさ...続きを読む

Q税理士になりたいのですが年齢が40歳を超えてます

税理士事務所で働いている人、又は税理士をやっている方に質問です。私は簿記1級を持っています。そこで、転職して税理士受験を考えています。しかし、年齢的に40歳を超えており、会計事務所への転職は難しいとTACのアドバイザーに言われました。やっぱり、40歳を超えると、一部科目合格していても、年齢的に会計事務所への転職は難しいですか?ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が生きるのではなく、中小企業・個人事業主の日常の処理がほとんどですので、3級合格程度でも若い体力のある方を求めます。
高度な処理は税理士がするので、これで充分なのです。一級合格40歳だと「こき使うわけにはいかんだろうな」という面もあります。
40歳、税理士試験の簿財合格という方が、知人の税理士事務所に採用されましたが、この方は外資系営業経験があり、日常英会話と、契約書を作成するレベルの専門用語を使用しての会話ができた点を買われて採用されました。
会計事務所で「それが欲しい」という別の能力があるなら、採用もあります。

仮に45歳で合格、独立したとして、少なくとも3年間は喰っていけるような収入はないと思った方がいいです。
ここで奥様がどのように協力してくださるかも考えてください。

定年退職がない仕事ですので、魅力があります。
勧めないという意見ももっともです。
仕事以外の時間をすべて学習に向けるのは、きついですよ。
私自身は「独身時代の空白の6年間」と呼んでますが、夕食時と大晦日、元旦以外はテレビを見ない6年間でしたので、その間のアイドルとか流行歌とかまるっきりわかりません。
なつかしのアイドル番組などみても「これって誰?」状態です。流行っていたドラマなど名前も知りません。
妻は「あなたの空白時代に活躍した人だよ」と笑います。
覚悟しないとできませんよ。

一級合格してるのですから、それを無駄にしないようにして欲しく思います。

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が...続きを読む

Q30代半ば~後半で大学に通う現実。

質問見て頂きありがとうございます。

男性です。

現在工場で仕事をしてますが、高校中退後に大検合格しただけなので、

実際は中卒に近い学歴となりコンプレックスを抱いてます。また教養も殆ど無く不安な毎日です。

今の日本の現状で30代後半で大学卒業後の就職 進路などを考えた場合、愚かで

非現実的ですか?

宜しくお願いします。


(1)独身 

(2)借金は無く、蓄えも4ケタ以上ある為国立なら学費や生活は十分やっていけると思ってます。

(3)この年から狙うなら勉強に時間をかけて、国立上位を目指したいと思ってます。

(4)大学卒業後は新たに仕事を探すと思います。

Aベストアンサー

参考までに

私の知り得る限り、学歴がモノを言うのは入社時です。
40前の人間が会社で学歴を評価されることはないでしょう。
つまり、貴方が大学にを卒業しても、就職すらできないし、40歳の大卒を社会は望んでいないと思います。

私は貴方のコンプレックスや向上心の向ける方向は難関資格だと思います。
夜間の専門学校でも行き、仕事に直結する業務独占資格を取得すべきとおもいます。
業務独占資格とは、その資格がないと仕事が出来ないと言うものです。
しかし、誰でも取得でき、かつ需要より供給が多い資格は、取得してもあまり意味がないでしょう。
そろばん3級とか、危険物とか、大型トラックとか、あまり意味はないでしょう。
たとえば、1級建築士も良い例です。現行では非常に難関資格ですが、バブル期に乱発したせいで、現在40才以上の取得者が多く、供給過剰です。
顕著な例としては、看護師などは完全に供給不足です。
看護師になれと言っているのではなく、白紙から目指される場合は、そのような視点で資格を見てください。
現在、供給不足な資格は、職安や転職サイトで多くの求人要件となっている資格が人気で、需要も高いです。

参考までに

私の知り得る限り、学歴がモノを言うのは入社時です。
40前の人間が会社で学歴を評価されることはないでしょう。
つまり、貴方が大学にを卒業しても、就職すらできないし、40歳の大卒を社会は望んでいないと思います。

私は貴方のコンプレックスや向上心の向ける方向は難関資格だと思います。
夜間の専門学校でも行き、仕事に直結する業務独占資格を取得すべきとおもいます。
業務独占資格とは、その資格がないと仕事が出来ないと言うものです。
しかし、誰でも取得でき、かつ需要より供給が多い資格...続きを読む

Q高卒で公認会計士…会計士に学歴は関係有りますか?

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方が話題になりましたが、私の場合、このままストレートで合格したとしても、24歳後半です。

経歴としては、、、高校卒業→二年間フリーター→某美術系学部入学即中退→CGスクール→フリーのCGクリエイター→そして現在に至ります。
こんな私ですが、、、図々しい事に、、、大手監査法人(中央青山監査法人)や、
企業の顧問を目指しています。
一応、上記のところは大卒のみとはなってはいなかったのですが、、、
やはり大卒と言うのは(会計士の就職において)必要条件なのでしょうか?
必要であれば大学入学も真剣に考えています。

長くなりました。
どなたか、ご意見お聞かせ下さい。
お願いします。

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方...続きを読む

Aベストアンサー

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉しく、自立する為にバイトに励みました。
ここで、あるホステスさんと知り合ったのです。彼女を知ってからは、
大学も行かず、彼女の部屋でごろごろし、寝泊まりしていました。
それから、2年後、家族が複数人、ガンとなりまた、この都市でも色々あり、
実家に戻ることにしました。
さらに1年、私の家は、父親と私の二人となったのです。
ここで、私は、何をしたいのか。真剣に考える必要がありました。
次の年、私は、いくつもの私立大学法学部を受け、当時偏差値で49.7
の大学に入学する事ができました。
それからは、真剣に勉強しました。
公務員試験の模試では、国(1)も、絶対確実の判定でした。
成績は、全優で、学部長賞を受けることができました。
この大学生活で得た物は、大学では司法試験受験の為の補講をもうけてくれ、
そのときに、当時司法修習生として、教えてくれた人は今でも私にとって
よき相談相手です。
仕事の都合で、この人の事務所に行くと、近くの繁華街で、2件3件と飲みに
連れていてくれます。
数人の親友も出来ました。教養部では、仏文学の教授の家に招かれ、仏文学論を
幾度か議論したり、ていねいに教えてもくれました。
この大学には、私と小中高と同じ学校に通学していた幼なじみが、英語の非常勤
講師として、働いていました。
これらの大学生活は、非常に充実しており、現在の生活の陰の支えとなっていま
す。
 就職は、年令がネックとなりましたが、自分を認めてくれる所に勤務できたと
思っています。

 公認会計士になる事だけが目的であれば、それもいいでしょう。
 しかし、絶対合格できるのですか?
 であるなら、大学生活の傍らでの合格可能でしょう。
 可能性は無限大です。しかし、身の程も考えておきましょう。
 少しくらい、心のゆとりをもつ4年間もすばらしいものです。
 公認会計士に関連する、経営・経済学部の自分が入学できる程度の
大学でいいのではないでしょうか?
 あとは、貴方の努力次第と思います。

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉し...続きを読む

Q司法試験って何が難しいんですか?

新司法試験では合格率2割ほど。
旧司法試験だと1割にも満たなかったそうですね。

六法全書を丸暗記して、何も見ずに同じ文章を書けというような試験なんでしょうか。
それならとんでもなく難しいことに変わりありませんが。

何が一番難しいんですか?
8割の人たちはどういうところで落とされるんですか?

何年も合格目指して勉強してる人がいますが、何をやってるんですか?
ひたすら六法全書の暗記?

Aベストアンサー

六法全書の暗記
ただしすべてではなく主要な法律に限られる。
実際に覚えるのは条文2000~3000個程度。

それぞれの法律の理論の暗記
その法律がどういった目的で作られたか等、六法全書には載ってない内容。
各法律の概論について書かれた書籍がある。

現代におけるそれぞれの法律の判例上の解釈の暗記
判例集に掲載。

それら解釈や法律論の適用、運用を他法律に当てはめて結論を出す思考能力
これは暗記ではないので出来ない奴は一生出来ない。


といった感じ。

Q40代からでは無意味か…

司法書士資格を取りたいと思っているのですが、今から勉強しても、合格するのは40代になっていると思います。

40代から司法書士資格を取得しても無意味でしょうか?

数年事務所で経験を積んで、独立したいのですが…

Aベストアンサー

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾーン金利などの訴訟で賑わっていますが、これから目指すのであれば関係ないでしょう。であれば、今までの経験を生かした特化した法務などもよいと思います。

知っている司法書士法人の代表なんて、資格を多く持っていて、経営ノウハウも持っているため、司法書士法人・土地家屋調査士法人・行政書士法人・測量会社などを運営し、社会保険労務士事務所や弁護士事務所を傘下に置いていますね。さらに介護施設まで立ち上げています。司法書士資格をとっかかりにして多角経営もよいかもしれませんからね。

ただ、年齢からしても、保険は掛けておきましょう。国家資格は絶対合格できるとはいえない試験です。何年も受験し続けて合格できない人も多いですし、1年で合格できるような人もいます。合格できなかったときのことを考えて、定職は失わない方が良いと思いますね。

司法書士であれば、弁護士事務所などで下働きするのも経験ですし、合格後は何とか就職できるのではないですかね。最悪、未経験のまま開業してしまうのもありではないですかね。

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾ...続きを読む

Q30歳過ぎてから大学に行くってことは、人生捨てることになるのでしょうか?

社会人経験を経て、30歳を過ぎて、大学へ行くことって変なのでしょうか?確かに、おじさんおばさんになってから大学生をやっている人たいを見たことがありますが、ひょっとしたら人生を捨ててるのかもしれません。なぜならその後のことが大変だからです。卒業後、年齢的にどこも雇ってくれないからです。もしかしたら卒業後の人生はワーキングプワーを強いられる人生になるのかもしれないです。
僕自身は、大学を一度中退してしまってるためにそのときの無念さからもう一度学びなおしたいっておもってます。あのときは幼すぎてました。なので今は後悔から、むちゃくちゃ勉強してみたいって思ってます。卒業したら34,5でしょう。そのときに就職を考えます。でもその年齢では雇用先がありません。
医学・薬学系統ならばともかく、私は工学部に行きたいと思ってます。
人生捨てるか否やの選択となってきます。
もし30超えて大学生をやっている人を知ってたり、見たことある人いましたら、その後どうやって生きていくのかを教えて欲しいです。
僕自身はこのことを友人に相談したところ、「それは人生捨ててる。両親も嘆き悲しむことだろう」って言われました。現在30前後の年齢です。自分勝手なのはわかってますが、やはり勉強したかった、中退したっていう大後悔があります。その後悔ともけりをつけて今までの人生をやりなおしたいです。30過ぎて大学にもう一回いった人間の就職先、その後の人生はやはりワーキングプワーしか残ってないのでしょうか?本気でも勉強し直したいです。

社会人経験を経て、30歳を過ぎて、大学へ行くことって変なのでしょうか?確かに、おじさんおばさんになってから大学生をやっている人たいを見たことがありますが、ひょっとしたら人生を捨ててるのかもしれません。なぜならその後のことが大変だからです。卒業後、年齢的にどこも雇ってくれないからです。もしかしたら卒業後の人生はワーキングプワーを強いられる人生になるのかもしれないです。
僕自身は、大学を一度中退してしまってるためにそのときの無念さからもう一度学びなおしたいっておもってます。あの...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

これからの人生を充実させるが為の大学再入学なのでしょう?
30代程度で守りに入ってどうするのか?!と言いたいです。ちなみに私はご質問者様と同年代だと思います。

私の父は夜学に通いながら仕事をし、ずっと勤めてきた会社を40後半で辞め、それからは自分のスキルを必要とされる所を自分で選んで、ちょこちょこ仕事をしながら、かなり自分を大切に、わがままに?人生を生きてる人です。
現在は60代で年金ももらってるようですが、本当だったら55歳でもらえるはずだったのに・・・と政府に愚痴はこぼしたりしててますが、現在も必要とされるときに仕事をして、収入を得るというスタイルを崩さず、現役で楽しそうに頑張ってます。
そしてそれを見てる娘の私は、人としていい生き方だと思ってますし、自分自身もそうありたいと思い、ザクザク使えるような金はありませんが楽しく充実した生活をしています。

この世に絶対なんてものはありません。
特に保障なんてものはあってないようなもの。
このまま大学で勉強することを諦めて仕事を続けたとしても、会社が潰れて仕事がなくならないという保障はどこにもありません。

30代なんて、まだまだチャレンジしていい年代ではないでしょうか?
20代で社会に入門、30代でチャレンジ、40代~50代で社会を動かし、60代で監督、70代で隠居。

社会経験をした上で大学で勉強しなおすのは、目的が具体的で明確になってると思いますので、全くもって当時と集中力が違うと思います。

でも、再入学して卒業した後の就職が不安・・・だなんて、その程度のことで悩むくらいなら、大学も諦めた方がいいと思います。
仕事なんて、選り好みしなければいくらでもありましすし、例え小さな会社だったとしても、自分が入社することで会社を発展させてやろう!くらいの意気込みがないと、知識があろうがなかろうが同じです。

大学で学びたいと思ってる知識が、将来必ず自分にとって役立つであろうという自信もない状態なのであれば辞めておくべきです。

こんばんは。

これからの人生を充実させるが為の大学再入学なのでしょう?
30代程度で守りに入ってどうするのか?!と言いたいです。ちなみに私はご質問者様と同年代だと思います。

私の父は夜学に通いながら仕事をし、ずっと勤めてきた会社を40後半で辞め、それからは自分のスキルを必要とされる所を自分で選んで、ちょこちょこ仕事をしながら、かなり自分を大切に、わがままに?人生を生きてる人です。
現在は60代で年金ももらってるようですが、本当だったら55歳でもらえるはずだったのに・・・と政府...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング