夫30歳、子供は3歳と〇歳の娘が二人です。
現在、夫は独身の時に(19歳)に入ったニッセイのBIGYOUという15年の生存保険金付定期保険(1000万、不慮の事故の場合+500万)に入っています。入院が5000円しかつかないので、その分を補うために全労災の医療保険(5年)にも加入しています。他、上の子の学資保険はソニー生命(160万)に入っています。
ニッセイはあと4年後には切れてしまうので、その前に次に入る保険を考えるつもりでしたが、友人が第一生命のセールスレディーになってしまい、先日「堂々人生」の設計書を持ってきました。
彼女いわく、「あと4年の間にだんなさんにもしものことがあったらどうするの?
今のままでは保障が少なすぎる!」あとは「堂々人生」がいかにすばらしい保険かということを話していきました。
確かに妻は(私は)今の所、専業主婦ですし、小さな子供もいるので、今の保険では少ないとは思うのですが、保険は簡単に入るものではないので困っています。
どんな保険に入るといいのか?国内生保と外資系、どちらがいいのか?また「堂々人生」は本当にいい保険なのか?(しくみがややこしくて入ってから後悔しそうな気もするので・・・)悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私も保険の見直しをするときすごーく悩んだので、お気持ちわかります。

そのとき私自身が判断の基準にした考え方がご参考になればよいのですが。

(1)医療保険は夫婦で別々の終身のものに加入する。
サラリーマンの夫や専業主婦の妻ならば、入院日額5000円程度で十分だと思います。
(2)毎月の保険料が安くて済む、定期保険を利用する。
定期保険なら、月々の掛け金もとても安く済みます。オリックス生命などがおすすめです。
(3)予定利率が悪いので、終身保険は少なめに。
終身保険は良い保険だと思うのですが、今は予定利率が悪いので時期的に良くないと思います。例えば、老後にご主人にもしものことがあったとしても、子供さんたちは独立しているでしょうし、預貯金もまとまった金額になっているでしょう。

国内生保や外資系生保、損保といっても、それぞれの会社によって商品も違いますし、どれが良いとは一概には言えないと思います。
ただ、一ついえることは、今必要なのはご主人もしくは奥様が病気になったときの医療費の供えと、確率的にはほとんど0に等しいですが、ご主人にもしものことがあった場合のお子さんの養育費でしょう。確率的にほとんど0に等しいのなら、高額な保険料が必要になる終身保険ではなく、保険料の安い定期保険で十分だと思います。また、住宅をご購入されているのならば、団体信用生命保険に加入されていることと思います。その分を保険金の額から引くことをお忘れなく。
保険は決して義理ではいるものではなく、将来の生活を守るためのものです。セールスレディの話に流されることなく、ご自分でしっかりと吟味して加入されることをおすすめします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

経験に基づいたアドバイス、とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/03 01:10

 こんばんわ。



 確かに生存給付金付定期保険1000万では少ないかもしれませんが、少なすぎるかは計算しなければ分かりません。(2000万位で十分なご家庭もありましたし。)
 生命保険とは、残された遺族の生活保障のためのものです。幾ら不足するか、の計算が重要です。
 合理的に設計するには必要保障額を算出します。一例として、現在では大学卒業させるまでが親の責任と考える向きがあります。つまりは、0歳の娘さん2人が卒業するまでですね。現役で行けば22年間です。ご主人に万が一があった場合、ご主人自体の生活費はなくなりますので、この22年間は現在の生活費の7割相当が必要と言われ、子供の独立後は妻の余生には現在の生活費の5割相当が必要言われます。
これらを合計し、遺族年金や会社の死亡退職金、貯蓄などを差し引き、それで不足する額があるならそれを生命保険でカバーする事となります。
 この額は今現在のもので、人は日々生活していますから、過ぎた過去の生活費を考える必要はありません。ですので、必要な保障額は日々減っていきます。一定期間同じ保障額の保険では掛けすぎになってしまいます。
 生活保障の意味合いで掛ける保険は、10年や15年を同じ保障額で保障するのではなく、必要な期間を満たし、逓減していく保険ということになります。
これらは、逓減定期保険や収入保障保険という種類の保険でカバーすると合理的かつ、最小限の負担で必要な物がカバーできる事となります。
まだまだ若いですから、健康状態で割引が受けられる健康体(優良体)保険がある保険会社が良いでしょう。前述の収入保障保険の健康体割引を持っている会社もありますし。
 保険会社はどこでもいいのですが、設計方針を間違えた保険ではどこの保険会社の保険でも粗悪と言わざるを得ません。設計さえきちんとなされていれば、保険はすべからく万が一の際には保険料の何倍もの保障が受けられますので有用です。
 ちょうど見直し時期もいいかもしれません。15年の定期保険の解約返戻金のピークに差し掛かるところだからです。
 堂々人生が良い保険か・・・うーん、割愛させて頂きます。(敢えて言うなら良い設計の堂々人生は見たことがありません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく分かりやすいアドバイスをありがとうございました。
今は見直し時期にいい頃なんですね。いっそあと4年、このままほっとこうかとも思っていたので、指摘していただいて助かりました。

お礼日時:2001/11/03 01:14

ご主人が50歳までの死亡保障を必要最低限で考える。


このとき末子が20歳で成人です。
万が一この20年間でご主人にご不幸があった場合、
奥様は当然働きますよね?(保険で生活費の全額を考えているとは思いませんので)また公的な遺族基礎年金がでることもご存知でしょうか?
ご主人が会社員なら、さらに遺族厚生年金も支給されます。
従って、私なら10年定期で死亡のみ加入し(死亡保険で一番安い)
1回の更新で20年後解約、子どもが成人し、老後2人での生活になり
最後のお金、葬式代は預貯金と100~200万位の終身保険に加入、
そして、夫婦別々に医療保険(長期か終身)に加入します。
上記は基本的には単品で加入します。ちょっと古いですがシンプル・イズ・ベスト
です。できるだけセット保険はやめましょう。最後に私は外資系に加入します。
理由はシンプルで誰でも分かるから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とっても分かりやすいアドバイス、ありがとうございます!
そうですよね!私もシンプルで分かりやすい保険に入りたいと思います。そうなると、やはり外資系になるのでしょうか?国内生保の商品は分かりにくいですよね。(私が無知なだけかもしれませんが・・)

お礼日時:2001/11/03 01:08

 何かと風当たりの強い国内生保の外交員です。


  ご判断を本人様にお任せしたいので事例をいくつか挙げますのでお考え下さい。
 ○母ひとり子ひとりの友人、ご主人を交通事故で13年前亡くされたそうです。保険には入っていたのですが外交員のおばちゃんと大喧嘩「解約してやる!」と解約した矢先の事故だったそうです。
 ○30代にご主人を病気で亡くされた現在50代の女性、ご主人を亡くしたショックでずっと働けなかったそうです。保険金で家は買って大きな借金はないものの現在は息子さんがお母さんの生活もみているため、お嫁さんがもらえないとのこと。真剣に再婚を考えていらっしゃいます。
 ○ご主人が保険嫌いで、「会社の保険があるからいい」とご自分では大きな保障にはご加入されませんでした。定年2年前に脳梗塞で倒れられ、その時初めて「俺はどうして保険に入っていなかったんだろう」とつぶやかれたそうです。定年と同時に会社の保険も切れ、先年3度目の発作で亡くなられました。残った保険金は200万円弱。娘さんが溜め息混じりに「お母さん、無いよりはましよ」とおっしゃいました。お母様は「これからどうやって生きていったらよいか・・」と元気がありませんでした。

 街頭で募金に立っている子供達はお父さんが自殺で亡くなって進学の夢を絶たれたとのことです。こんな商売をしていても、そのリーフレットに書かれた子供の文章には本当に辛いものがあります。

 2~3社パンフレットを集められて説明をお聞きになれば大分詳しくなります。外交員が嫌ならば、それぞれ支社に行けば事務員が説明をしてくれます。ご自分で納得されるまで研究されてください。詐欺事件や子殺しがあるのでどうしても世論が「保障はいらない」という風潮に傾くのですが、私は貧乏人こそ(失礼、ウチもですが)保険に入るべきと日々お勧めしています。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに保険は必要ですよね。もう少し自分自身で勉強して、わが家にあった保険を探したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/03 01:05

大変ですね。

友達が生命保険の外務員になって、

まず、加入する内容や会社を検討する前にあなたのご家族に必要な保障金額を計算してください。
なぜなら、公的保障や会社の死亡退職金がどの程度支払があるのか。
持家なのか、借家がによって必要な金額もかわります。お子さんは、大学まで下宿自宅通学・・・・

保障は多いほうが良いでしょう。しかし、月々の負担おおきくなります。

一度、ご家族の人生設計をたて、収入・支払・貯蓄を計算してください。それを元に何社かの保険会社の代理店や外務員に相談をされたら同でしょうか。

堂々人生、いい保険かも知れません。しかし、あなたにあっているか判断はあなたがしてください。十分に友人から説明をご夫婦で受けて納得をして加入されるように。
ただ、新人の外務員さんには、他の保険との違いや内容を説明できないと思います。一度、こんなことを書いているところもありますので参考にしてください。

参考URL:http://www.seihokakuzuke.com/daiichi.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今回、私が悩みの一因が友達が外務員になってやってきたことです。無関係な人なら設計書を作ってもらうこともなかったでしょうから・・・
参考URLも見ました。とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/03 01:01

http://www4.plala.or.jp/anshin/topics.00.01.html
堂々人生について

http://www4.plala.or.jp/anshin/topics.01.03.html
これも参考まで。

何の保険がよいということは一般的に言えないです。
なぜなら、一生涯保証がほしいのか、取りあえず子供が学校に行っている間なのか・・・などなど、考え方が違うからです。

保証、しかも70才くらいまでなら全労済、都民共済(県民もありますが)などの共済関係が比較的安価です。

郵便局もそこそこの金額でしょう。

あとは、外資系。なぜ外資系かと言えば、営業の数が少ないのか?合理的なのか分かりませんが、日本の古くからの会社よりも分かりやすい。この保証はいる、いらない、と自分ではっきりわかる設計書になっています。

もちろん、日本の保険会社が悪いというのではありません。日本の保険会社でも、分かりやすく書いてあるものもあります。営業の人が説明をきちんと説明をしてくれれば、良いのですが必ずしもそうとは言えないと思います。

自分の保険のどんなときに、いくら下りるのか知らない人の方が多いと思います。また、保険証券を見てもわからないことも多いのではないかと思います。

入るときは数多くの保険会社から資料を(プランを作っていただいて)
じっくり見ると良いと思います。

プランを見てわかりにくいようなら、その会社の保険に加入してもわかりにくいと思います。

分かりやすい保険に加入すると良いと思います。

今までの保険で多いのは、「ここまでに死亡すれば1000万、それ以降は100万」みたいなのが多かったと思います。
いくら払ったっけ?「100万よりは遙かに多いはずです」

是非お確かめください。

貯金と思ったら今の保険は、駄目ですね。
ほとんど、(その感覚としては)損をします。
*学資、養老なども支払額を確かめた方がよいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご紹介いただいたURLには「堂々人生」に関して、私がうっすらと感じていたことがずばり指摘してあり、とても参考になりました。
外資系のシンプルな保険を捜したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/03 00:56

ウチの場合ですが・・


(1)私・・郵便局の簡易保険(積み立て型)15年満期の1ヶ月17500円の払い込みで15年満期時300万円の還元。(2倍型とかいう商品で入院一日1万円5年毎に20万円程度の還元を受けることもできる。保証が大きく還元の少ない5倍型・10倍型もある)
(2)妻・・同じく。5倍型で月額7000円。(入院同じ)
(3)子供・・2名とも郵便局の簡易保険。月額12000円くらい。18歳時に300万くらいなったと思います。むろん、小中学校時に引き出せば満額が無理ですが。
郵便局の場合、死亡時の保険金が1500万までと定められているようです。少ないと思われるのなら全労災等の掛け捨て保険に入っては?
民間の生保って年齢が上がると掛け金は上がり補償金は下がるって知ってますよね?恐らく旦那さん加入の分だと死亡金額3000万とか5000万とか記載されてると思いますが生涯その金額というわけじゃないですよ。保険屋さんは言わないと思いますが。
その点郵便局は明朗会計ですので旦那さんが30歳とまだお若いですのでお話だけでも聞きに行かれては?
ちなみに私は郵政省職員ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

郵便局ですか?以前は貯蓄代わりの養老保険に入っていましたが・・・
敷居は高くないので、一度話を聞きに行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/03 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険会社の方や生命保険外交員が入る保険とは?

生命保険で悩んでおります。

結論から言いますと、生命保険会社に勤めている方が加入している保険
が一番良い保険だと思うので、その保険の名称を教えて下さい。

よく、『その人に合った保険』とか言われますが
どのな人にもお得な保険があると思います。

『特約は付けずに単体で入った方が良い』等
お得な契約を少しでも知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

保険総合代理店に勤めて間もない者です。
あまり経験が多くはないので、あくまでご参考程度にお願いします。

保険は、何の目的で入るのか、によって、その人に合う・合わないが出てくると思います。
例えば、誰に残したいのか、何に遣いたいのか、とかです。
子供が独立するまでの間の遺族の生活費やら学費やらに必要なのであれば、その期間までの定期保険に入ればいいし、(定期でも10年毎更新みたいな保険は10年後に保険料が上がるので、○○歳までの定期がいいんじゃないかと・・・)
自分の身辺整理代のためだけならば、終身の保険にその必要な額だけ入ればいいし。

ただ、特約がたくさん付いてるのは個人的には好きではないです。
理由は、特約だらけの保険って解りにくくなる傾向があるからです。
なので、買った人に保障の内容が分かるシンプルな保険が好きです。

生命保険は定期でもいいですが、医療保険だけは終身に入るのがいいと思います。

Q堂々人生の堂々ファンドの増額について

こんにちは。私は肝臓病を患っており他の保険に入り直すことができず、来年の更新時はすごく高くなるのですが、死亡保険を減額して
(3500から2000万)更新することに決めました。
70歳で終身に移行できるのですが、200万から350万にしたいと考えています。(墓代やら、葬式代に当てます)
そのためには積み立て部分を増額して支払うのですが、予定利率が
低いので、他で定期などにして積み立てた方がいいのか
迷っています。ちなみに、30年間で204万支払って350万の終身が
手に入ります。どう思われますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

終身保険を増額するには
1、更新時に生存保険金(ファンド)を増額してこれから10年間で均等に終身保険を買う資金を貯める。
2、移行時(70歳)に手持ち資金を投入して終身保険を増額する。
3、1と2の併用

という方法があります。

なお、いくらの積立金(資金)でいくらの終身保険を買えるかというのは、今時点での予定利率での試算になるので、あくまでも目安です。
同じ資金でもその時点で今の試算より終身保険を多く準備できるかもしれないし、その逆もあり得ます。

持病があるということですので、これからもしかして高額の医療費がかかるかもしれませんよね。
老婆心ではありますが、流動性のある資金の貯蓄を考えてはいかがでしょうか。幸いにも健康でこれからを過ごすことができ、貯めておいた資金が残ればその時に終身保険を買うための資金として投入すれば安心ではないかと。

Q第一生命の堂々人生を解約検討中。しかし・・・

堂々人生「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」5年ごと配当タイプに加入しております。

・29歳既婚男性(子供2歳、0歳)
・現在の保険料は約13,000円
・契約日:平成16年10月

堂々人生について、いろいろ調べた結果
解約をしようかと思い・・・担当者に相談しました。
担当者が、私の会社の従業員をたくさん抱えており(役員や上司も)
勝手に解約はできず、避けては通れないので相談しました・・・。

1番気になっていた、更新時の保険料UPの事を聞いたところ・・・

ちょうど新しいプランが出たところで、実質的な内容は変わらずに更新時の保険料が大幅に減ったので大丈夫と言われました。
(まだ、新しくシュミレーションした資料が届いてないので・・・
どのくらい変わったのか詳しくはわかりません)
新しい保険への転換ではなく、今までの商品の更新らしいです。


私としては

終身保険で300万を
・東京海上日動あんしん生命保険 長割り終身
・あいおい生命 積立利率変動型終身保険
・ソニー生命 変額終身保険

収入保障型(非喫煙)で
・損保ジャパンひまわり生命
・ソニー生命

医療を
・オリックス生命
・日本興亜生命


この中で、検討して決めようと考えていたのですが
担当者が言うには・・・

・東京海上日動あんしん生命、損保ジャパンひまわり生命は
当社と提携してはいるが
”支払い実績”がないので、この先の事を考えると、お勧めできない。
損保ジャパンひまわり生命なんかは、提携してるのもリスクがあるので第一生命は手を引こうとしてる・・・!?

・ソニー生命なんかは、危なくて・・・どんどん”身売り”をしている最中だ。

・あいおい生命も”支払い実績”がないので、
これから30年後・・・ 支払いが増えてきたらどうなるか!?


第一生命は

・支払い実績があり安心

・私の会社の上司や同僚達もたくさん入っていて、何かあったら会社中に広がるので担当者はいい加減な対応は出来ない。

・株式化を目指していて、
何らかの形で還元されると”思う”から・・・
あと2年は続けていた方が良い。

・まだ若いうちに入った保険なので既得権を活かすべきだ。

との事です・・・。

担当者は、上級特別営業主任とゆう事でさすがに口も上手く!?
私みたいな素人は簡単に言いくるめられそうです;


保険に詳しい方の意見を宜しくお願いします。

堂々人生「5年ごと利差配当付更新型終身移行保険」5年ごと配当タイプに加入しております。

・29歳既婚男性(子供2歳、0歳)
・現在の保険料は約13,000円
・契約日:平成16年10月

堂々人生について、いろいろ調べた結果
解約をしようかと思い・・・担当者に相談しました。
担当者が、私の会社の従業員をたくさん抱えており(役員や上司も)
勝手に解約はできず、避けては通れないので相談しました・・・。

1番気になっていた、更新時の保険料UPの事を聞いたところ・・・

ちょうど新しいプラン...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして(^^

更新型の保険は不安な事が多すぎます。
保険の大幅up!の上、保障の内容がどんどん下がる。
当然、長く生きていく中、年を重ねれば保障が少なくなっても大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれませんが・・・
お子様が小さい間は遺族年金なども受け取れるので、奥様が頑張って下されば普通の生活は可能だと思いますので、
必ず受け取れる終身保険が一番望ましいでしょう。

第一生命の外交員さんのお話はどうなのでしょう?
確かに第一生命から見れば、損保ジャパン等は新参者かもしれません。
でも、実質損害保険の扱いを始めた「第一」の損保フォローをしているのは損保ジャパンです。
生命保険の支払実績があるのは当然長く営業しているので当たり前ですし、

過去に私は損保ジャパンひまわり生命の代理店をしていた時に、友人から頼まれ、解約をしたいので
内容の把握と本当に必要かつ良い保険内容か判断して欲しいと頼まれました。
どのように考えても、外交員の都合の良い保険契約でした。
勿論、外交員をギャフンと言わせました。

先日も大手生保の元外交員さんとお話をしましたが、とりあえず売れ!
と朝礼で言われ、事務所を後にしていました。
「本当に嫌で嫌で辞めてしまった。」と聞きました。

確かにお口はなめらかですから、太刀打ちしづらいと思いますが、
自分が検討中の保険の内容を伝え、「こんな保険は無いの?」等と言ってみては如何でしょう?
多分、皆様が本当に加入すればお得な商品の提示はあまりしていないはずです。

注>定期型をすすめる言葉としては、「5年後10年後にもう一度見直せる。」等と言うはずです。

初めまして(^^

更新型の保険は不安な事が多すぎます。
保険の大幅up!の上、保障の内容がどんどん下がる。
当然、長く生きていく中、年を重ねれば保障が少なくなっても大丈夫と言えば大丈夫なのかもしれませんが・・・
お子様が小さい間は遺族年金なども受け取れるので、奥様が頑張って下されば普通の生活は可能だと思いますので、
必ず受け取れる終身保険が一番望ましいでしょう。

第一生命の外交員さんのお話はどうなのでしょう?
確かに第一生命から見れば、損保ジャパン等は新参者かもしれません。...続きを読む

Qニッセイ保険口座に入ってる方

スヌーピー柄のカードの暗証番号がわかりません。
日生のHP見るとカードの送付時に台紙に仮暗証番号が書いてあるらしいのですが見当たりません。
会社を通して付き合いで入ってる感じの生保ですので口座申し込んだ時の状況もイマイチ記憶があいまいです。

日生にtelすれば済むことなのですが土日はやってないのでここで聞いてみました。

Aベストアンサー

入っていますよ。

で、何が聞きたいのですか?

Q第一生命の堂々人生に入っています。

第一生命の堂々人生に入っています。
H25年に更新になりますが、今担当の人が次回更新で保険料があがるし、今たまってる分を契約者貸付として落として他の「順風」に変えてはと言われました。
私ももう少し特約をおさえたいと思うのですが、今変えるべきでしょうか?
今次の更新までまったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

情報有難う御座います。

【結論】
保険全体を見直しされた方が良いと考えます。

【問題点】
1.大切なお金が、このままでは何も残らずに消えていく可能性が高い。
2.御質問者様にとって必要な保障額の根拠が無い。
3.保険に契約する目的が不明確。

【目的】
死亡保障は死亡保険 医療保障は医療保険 がんは「がん保険」 遺族の生活費は収入保障保険の4つの保険に契約してそれぞれ独立した単体の保険とする。現在のような特約付きの「わかりにくい」内容の保険と決別する。

【対策】
1.貯蓄性の高い積立利率変動型終身保険にする。保険料の払い込み終了(例:60歳)後の解約返戻金が年々増加する。その利率も銀行預金と比較して高い。このままではこれまで蓄積された解約返戻金が転換によって特約部分に使用され最後はゼロに等しくなる。
2.(将来も独身で過ごされる場合)必要保障額は、300万から500万(葬儀代・お墓代・ローン債務処理・家賃や未払いの住民税の充当等)。
 (将来御結婚される場合)上記の300万から500万と収入保障保険としてご遺族の生活費(必要生活費=月間生活費×70%-公的年金)を配偶者様が年金を受け取る迄の年数分は準備。
3.終身医療保険に契約して病気やけがなどの入院に備える(手術・先進医療特約を付加)。独身なら5000円/日、既婚者なら10000円/日を目安にする。がん保険では入院5000円/日と診断給付金100万の内容で長生き時代の御自身の生きる為の保障を確保する。

終身保険(約1万円 アリコつづけトク終身保険、東京海上あんしん長割保険)、終身医療保険(約5千円)、がん保険(約2千円)、収入保障保険(約5千円)掛け捨て保険で一定期間の保障をカバー)金額については保険会社に確認されてください。

以上参考になれば幸いです。

情報有難う御座います。

【結論】
保険全体を見直しされた方が良いと考えます。

【問題点】
1.大切なお金が、このままでは何も残らずに消えていく可能性が高い。
2.御質問者様にとって必要な保障額の根拠が無い。
3.保険に契約する目的が不明確。

【目的】
死亡保障は死亡保険 医療保障は医療保険 がんは「がん保険」 遺族の生活費は収入保障保険の4つの保険に契約してそれぞれ独立した単体の保険とする。現在のような特約付きの「わかりにくい」内容の保険と決別する。

【対策】
1.貯蓄性の高い積...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報