ある会社(非上場会社の場合)の貸借対照表もしくは損益計算書を見たいですが、会社が公開または公告しない限り、見ることが出来ないものでしょうか?
またもし、非上場会社でも公告してあるとしたら、その公告はどこで見られるものでしょうか?
私はその会社の株主でもないですが、財務状況をちょっと知りたいですが、どこで見ることが出来るでしょうか?教えてください~

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

民間の調査機関 東京商工リサーチあるいは帝国データバンクでしたら情報を持っているかもしれません。


建設業者で建設業の許可業者であれば県の建設業課で閲覧できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!そんなところがあることは全然知りませんでした。早速問い合わせしてみます!!本当にありがとうございました!

お礼日時:2005/09/30 10:46

公告というのは株主総会後に官報または日刊新聞紙上に掲載されることです。


本当はすべての会社は公告しなければならないのですが、上場していないような会社ではほとんどしてません。
会社の株主もしくは債権者ならば本店か支店に行って請求することもできます。会社によってはHP上で公開しているところもあります。
上場していなくてもある程度大きな会社ならば四季報などには掲載されているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!株主じゃないと、やっぱり見ることが出来ないですね~参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/09/29 16:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算書を入手(閲覧)したいのですが・・・。

とある小さな株式会社の決算書を入手(閲覧)したいのですが、入手できるものですか? できるとしたらその方法は? どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

株主または債権者であれば、閲覧する権利があります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212269167?fr=rcmd_chie_detail

株主や債権者でなくても、株式会社の場合には、公開企業を除き、規模の大小にかかわらず、決算公告をすることが会社法で定められています。ただし、中小企業の場合には貸借対照表(要旨)のみの公告でよいこととされています。
http://www.open-kessan.com/compliance.html
http://www.kanpo-ad.com/syouhou.html
もっとも、商法時代には99%の中小企業が公告義務を守っていないとの記事もありますので、その会社が実際に公告をしているかどうかは不明です。
http://homepage2.nifty.com/akahori/new_page_39.htm

Q履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。

Q財務表の三角マーク(△)は?

財務諸表で数字の隣にみうけられる「△」「▲」「▽」「▼」マークについて教えて下さい。何を意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

(4番の補足)

エクセルで 書式→セル→表示形式→数値→負の数と順に開いてみてください
(1234)-1234 △1234 ▲1234 などと並んでいるはずです。ここでは増減ということは考えず すべて 負の数 であると考えてください

さて、貸倒引当金は負債ではなく資産のマイナス勘定といいます。単に貸倒引当金では 数を加えてしまう恐れがあります。
 500-15≠500+15

すると、貸借のバランスが崩れること(左と右の数字の合計が異なる)になります。債権から控除(マイナス、-)する形式で表示するため、-や△が付くことになります。


人気Q&Aランキング