13日を「じゅうみっか」と言わないのは分かりますが、14日はどうですか。「じゅうよっか」は間違いですか。一桁では許される言い方が、2桁になると許されなくなるというのがルールですか。具体例とともに教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ホントに不思議ですね。


 「とおか」までは和語系の言い方ですが、「じゅういちにち」からは漢語系の言い方を使います。それは、和語にはとおを越える言い方が一般的ではなかったからです。(「とおあまりひとつ」とかいいます。)とすると、14日は「じゅうしにち」になりますが、これは「し=死」に通じるので、忌み嫌われ、したがって例外的に(漢語系+)和語系の「じゅうよっか」を使うのだろうと思います。
 4本とか、4艘とかをかぞえるときにも、今は「よんほん・よんそう」と言いますが、戦前は「しほん・しそう」などと言っていました。「死」を避けたので、変化したわけです。
 「じゅうよっか」がいつころから使われているのかというと、日本国語大辞典第2版によると、1592年の用例があがっていますから、相当古い話です。
    • good
    • 0

>一桁では許される言い方が、2桁になると許されなくなるというのがルールですか。



「じゅうよっか」使いますけど。普通に。
おっしゃるルールっていうのはありません。
24日も「にじゅうよっか」ってよむじゃないですか。
また「じゅうよんにち」でもOKですから、
詠みかたが2通りあると考えてはいかがですか?
「じゅうよんにち」「じゅうよっか」とも正解です。
この2つとも変換したら「十四日」になりますよ。
    • good
    • 1

文法的なことはわかりませんが、「じゅうよっか」は使います。

ちなみに私は関東です。
    • good
    • 1

 私は「じゅうよっか」を使っています。

バレンタインの宣伝でも「にがつじゅうよっかはバレンタイン」って言っているような気がしますが、関西だけでしょうか?
 一桁で許されて二桁で許されない、というのは基本ルールだと思います。たぶん(専門家ではないので推測ですが)日本古来には「ひい、ふう、みい、よ、いつ、む、な、や、ここ、とお」までしか数字が無くって、あとは「とおとみっつ」という言い方をしていたのではなかったかと思います。だから、10以上は中国渡来系の「いち、に、さん、し」をつかった「じゅういち、じゅうに...」のほうが便利だからそちらを使うのではないでしょうか。その中にあって「じゅうよっか」「にじゅうよっか」だけは例外だと思います。なぜ例外なのかは分かりませんが。

 日本語の数字の読み方には日本語学習者(ネイティヴの子どもも含めて)泣かされますよね。うちの子供(幼稚園児)もまだまだ変な言い方をすることがあります。ある程度は言語規則があるのでしょうが細部については「そういう言い方をする・しない」を覚えていくしかないのでしょうね。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q14日の読み方について

「14日」は何故「じゅうよっか」と読むのでしょうか?
「11日」は「じゅうついたち」ではないし、「12日」は「じゅうふつか」ではないし、
「13日」は「じゅうみっか」ではないし、「15日」は「じゅういつか」ではないし、
「16日」は「じゅうむいか」ではないし、「17日」は「じゅうなのか」ではないし、
「18日」は「じゅうようか」ではないし、「19日」は「じゅうここのか」ではないのに
何故「14日」だけ「じゅうよっか」と読むのでしょうか?
「じゅうよんにち」ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

 「じゅうよっか」が正しいです。

Qじゅうなのか?

同僚が「17日」を「じゅうなのか」、「27日」を「にじゅうなのか」といいます^^; 私は「じゅうしちにち」と言いますが、「14日」は「じゅうよっか」で良いと思うし「じゅうよんにち」「じゅうしにち」なんていう人もいないかと思います。正しいものを同僚に教えてあげたいと思うので教えて下さい。 

Aベストアンサー

他の方も指摘されている通り、漢数字の音訓を統一するという観点から、
『十(じゅう)』という音(おん)に続くべきは、同じく音の『七(しち)』だと思います。
(重箱読み、湯桶読みという例外は、ここでは脇においておきます)

一方、その原則からすれば、『十四』は『じゅうし』と読むべき、となります。
ところが実際には、『十四』に対しては『じゅうよん』という読みも
広く用いられているようです。
個人的な推測になりますが、これは『四』という数字が同じ「し」の音の
『死』を連想させるので縁起が悪い、とされていることと相通じるものが
あるのではないでしょうか。

つまり、『死』を連想させる「し」という音(おん)を避ける習慣が、
『十四』に対して『じゅうよん』という特例を定着させたのではないか、
ということです。


ここで、改めて『七』について考えてみますと、
『四』の「死に通じる」という理由ほどの合理性(?)はないかもしれませんが、
これも既に指摘がありますように、その発音のしにくさ・聞き分けにくさ
(→「し」が「ひ」になる方言の存在が傍証)があります。
これによって『七』を音(おん)の「しち」よりも訓の「なな」で読まれることが
多かったとすれば、『四』の場合と同様の事情と考えられます。
(例えば「十七台」は、よく「じゅうななだい」と読まれますよね?)

他の方も指摘されている通り、漢数字の音訓を統一するという観点から、
『十(じゅう)』という音(おん)に続くべきは、同じく音の『七(しち)』だと思います。
(重箱読み、湯桶読みという例外は、ここでは脇においておきます)

一方、その原則からすれば、『十四』は『じゅうし』と読むべき、となります。
ところが実際には、『十四』に対しては『じゅうよん』という読みも
広く用いられているようです。
個人的な推測になりますが、これは『四』という数字が同じ「し」の音の
『死』を連想させるので縁起が...続きを読む

Q日付の読み

5日を「ごにち」と読むことは日本語として正しくないのでしょうか? 日頃当たり前のように例えば「9月5日」とか「5日間」に「ごにち」という表現を使っていましたが,「ごにち」ではなく「いつか」が正しいと指摘を受けました。もし指摘どおりなら目から鱗です。

Aベストアンサー

期間や順序の時も、「いつか」になりますよ。「五日間(いつかかん)」「五日目(いつかめ)」です。「じゅうごにち」「にじゅうごにち」から間違えられたのではないでしょうか。
「ついたち(朔日)」だけは月の初めという意味だから、期間や順序には使えず、「いちにち」となります。
ただ、「一両日(いちりょうじつ)」「二三日(にさんにち)」「三四日(さんよっか)」「四五日(しごにち)」といった概数表現には「ごにち」が使われますね。

Q「一日」はどう読むのが正しいの?

私は○月一日って日付を読む場合
「○がつついたち」って読むように親や学校で教わりました。
しかし職場の人はみんな「一日」を「いっぴ」って言います。
最初は「ついたち」と読むのが面倒でそう言っているのかな
と思ったのですが
会社で公式な命令をする時も「○月『いっぴ』付で」・・・・と言うように「いっぴ」を用いてます。
「一日」の読みはどっちが正しいんでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問のような月初の意味では、「いっぴ」「ついたち」どちらも読みます。(丸一日の意味では、「いちじつ」「いちにち」「ひとひ」という読みもあります)

元来「ついたち」という読みは、つきいたち(月立)という新月の日(太陰暦で月初と同じ)の意味から来た“熟語訓”です。一を「つい」、日を「たち」と読むわけではありませんね。ちなみに対句として、「つごもり」という言葉があり、つきごもり(月籠)、つまり月が欠けきってしまう日(太陰暦で月末と同じ)の意味ですが、現在では大晦日(12月31日)のことを「おおつごもり」と呼ぶくらいで、あまり使われません。

「いっぴ」という読みは、むしろそのままの読み方です。数字の「いち(一)」という意味がより鮮明になるからでしょうか、人事発令などの正式な読み方として、役所をはじめ、ほとんどの会社で使われていると思います。(でも、「ふつか」「みっか」……「とおか」と並べると、「ついたち」も「いっぴ」も違う読み方なのは確かですね)

いつから使われ始めたのかは分かりませんが、定着しており(辞書にも注釈無しで掲載されています)、読み間違いを防ぐための意図的な読み替え(化学を「ばけがく」、市立を「いちりつ」、買春を「かいしゅん」など)とは違うように思います。

> 「一日」の読みはどっちが正しいんでしょうか?

少し遠回りでアプローチしてみますね。日本では古来より今でも、正式文書というのは、音読を前提としていない「書き言葉」です。したがって、“○月一日”と記載してあれば、(どういう音で読まれようが)用が足ります。したがって、“正しい”のは“一日”という書かれた文字であって、読みは“通じるかどうか程度”だと言ってもいいのです。

> でもどういう風に使い分けるんですか?

一般的な使い方としては、日常会話(「話し言葉」)では「ついたち」なのですが、役所や会社などで発令日とか実施日とかを“日付の数字として正式に伝えたい”場合に「いっぴ」という読みを使う傾向にあります。慣例だと思っていれば良いのではないでしょうか。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B0%EC%C6%FC&kind=jn&mode=1&base=1&row=2

ご質問のような月初の意味では、「いっぴ」「ついたち」どちらも読みます。(丸一日の意味では、「いちじつ」「いちにち」「ひとひ」という読みもあります)

元来「ついたち」という読みは、つきいたち(月立)という新月の日(太陰暦で月初と同じ)の意味から来た“熟語訓”です。一を「つい」、日を「たち」と読むわけではありませんね。ちなみに対句として、「つごもり」という言葉があり、つきごもり(月籠)、つまり月が欠けきってしまう日(太陰暦で月末と同じ)の意味ですが、現在では大晦日(12月31日)...続きを読む

Q「お礼のお返しのお礼」のお礼状の書き方について教えてください。今まで大

「お礼のお返しのお礼」のお礼状の書き方について教えてください。今まで大変お世話になった方だったのでお礼の気持ちとして餞別を贈りましたがお返しを頂き戸惑っています。お礼状としてはがきでお礼を伝えるつもりなのですが、こういう場合はどのような書き方がよろしいのでしょうか?お礼のお返しのお礼なので検索してもなかなか例文もでてこず困っております。

Aベストアンサー

お餞別(お礼)にお返しされると戸惑いますよね。
(もしかして、目上の方ですか?そのせいかもしれません)

お礼のお礼はしないので、ぴったりの例文はないです。
ご質問者様も戸惑ったように、相手も戸惑ってしまうと思います。

どこか遠くへ行かれてしまったとかでしょうか。

どうしてもなら、もっと気軽な形で電話をするとか。
電話なら、大抵その場で終われるはずなので・・・。
お引越しとかなら、少し落ち着いた頃に連絡するといいかもしれません。
(あまり仰々しくお礼を言う必要はないと思います。ご機嫌伺い程度かと・・・)

あまり、電話のやりとりがないような方でしたら。
はがきで、季節の挨拶程度や近況報告をするような文面にするとか。
秋らしい「絵葉書」もいいかもしれませんね。

私としては、そのお礼は言いません。
逆に、嫌味に取られてはいけないと思うからです。

Qじゅうなな?じゅうしち?言い方教えて

17日
これの読み方はどうするのが正解なのでしょうか?

私は「じゅう"しち"にち」と言うのが面倒くさい?のもあって、適当な場面では「じゅう"なな"にち」と言っています。というかそれで慣れてしまったので自然とそう言ってしまいます。
それで以前母親に「普通はじゅうしちにちって言うんだよ。恥ずかしいから直して」と言われました。友人には「別にじゅうななでも大丈夫らしいけど。」と言われました。

調べてみたところ、
「じゅうななにちでもじゅうしちにちでもどちらで良いんですよ」
「聞き間違えを防ぐ為にじゅうななにちと言った方がいい」
「聞き間違えを防ぐ為にあえてじゅうななにちと言った方がいいが、あえて、なので、そうなると普通はじゅうしちにちかな。」
「普通はじゅうしちにちです。じゅうななにちはやはり違和感があるのでやめた方がいいです」
と色々出てきました。

結局何が正解なのでしょうか?
きちんとした場(?)などでは、「じゅうしちにち」?でも言い間違いが危険な場合は、「じゅうななにち」?気軽な場ではどちらでもかまわない?
使い分けでしょうか?

わからなくなってきたのでお願いします…;;

17日
これの読み方はどうするのが正解なのでしょうか?

私は「じゅう"しち"にち」と言うのが面倒くさい?のもあって、適当な場面では「じゅう"なな"にち」と言っています。というかそれで慣れてしまったので自然とそう言ってしまいます。
それで以前母親に「普通はじゅうしちにちって言うんだよ。恥ずかしいから直して」と言われました。友人には「別にじゅうななでも大丈夫らしいけど。」と言われました。

調べてみたところ、
「じゅうななにちでもじゅうしちにちでもどちらで良いんですよ」
「聞き間違えを防...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は、考えてはいけない問題です。
考えだすと、STAP細胞より長い論文になる?かもです。

確かに2通りあるのだが、その使い分けの根拠はない。
ただ、職種や会社間で使い分けされる場合もあり、
また、地域で違う場合もある。
たとえば、2月17日や3月17日は 「ジュウシチ」 といい
17日目を 「ジュウナナ」 と数字の後に来る言葉での使い分け、
口頭のみで伝える場合は、聞き間違え防止のため 「ナナ」
と言うこともある。

いずれもその組織の方針であり、混同されることが
ないよう、運用されている。
個人で17日を使う場合は、個人の都合でかまわない。

どちらも間違いではなくて、たとえ言い間違えても
的確に伝わるので、 「シワ」 と 「シュワ」 のような
言葉みたいに気を使うことは、ない。


人気Q&Aランキング