私は、とある青少年団体の所属しています。
活動で「ボランティア」をしよう!と決まったのですが、実際何をやったらいいの
かわからなくて、ここで質問させて頂きました。

小3~中学生くらいの子供たちがいる団体なんですけど、
「奉仕活動」というものを教えるのに良い、できれば簡単にできるような「ボラン
ティア活動」、何が最適なんでしょうか?

よい案があればお願いします。

A 回答 (5件)

地域に貢献するボランティアはいかがでしょうか?


これは,人によって見解は分かれるところですが,対人福祉と対環境保全の
二つに大別されます.

私がお薦めするのは,後者,つまり地元の地域内で行える活動で,なおかつ
室内で行うものでなく,自然を相手にするような,屋外で体を使って行う
ボランティア活動です.たとえば,空き缶拾いや,清掃作業などです.

前者の対人福祉とは,たとえば,福祉施設にいらっしゃるお年寄りのサポート
などをするものが代表的なケースとして考えられますが,これは避けた方が
いいと思います.
なぜなら,これは,慣れない人間が現場に立ち入ると迷惑がられることが
多いからです.たとえば,単に介護を必要とした人たちの話し相手になるだけ
なら構わないのかもしれませんが,だいたいの福祉施設というのは,
ボランティアをするにも経験というものが要るのです.
突然現れた子供たちの指導に当たる余裕がないはずだというのが私の想像です.

それに,子どもには,まず,基本的な社会経験を積ませる方が先だと思います.
自然を慈しむ心を育てることを教え込むためにも,自然環境相手のボランティア
を探してみてください.
そういった人間形成ができてから,人に相対するボランティアをはじめても,
決して遅くないと思います.
結局,ボランティアも仕事の一種ですから,慣れないことをして失敗し,周りに
迷惑を掛けることになってはまずいのです.

なお,どこの市町村役場にも,たいていは,社会福祉協議会やボランティア
センターという組織があるはずです.
役所の福祉課に聞けばわかるはずです.
そこの担当者に問い合わせると,大体,清掃関係のボランティア活動家の
行動を把握していたりするので,そういう人たちの活動に参加させてもらう
のが比較的簡単だと思います.

参考URLのリンク集をたどれば,最寄の社会福祉協議会が見つかるかも
しれません.

ちなみに,ボランティア活動と奉仕活動は,似て非なるものです.
全く意味合いが違いますので,”奉仕活動”と言うべきときに,
安易に”ボランティア”という言い回しをするのは避けてください.

参考URL:http://www.shakyo.or.jp/
    • good
    • 0

まずは、ボランティアとは何なのかを考えてください。


過去の質問に、多くの回答が寄せられていますので参照してください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=155334

ボランティア活動に参加される方は多くの場合「何をやったらよいですか?」と聞きます。
しかし、最も必要な点は「自分には何ができるか」です。
ボランティアとは、また、他から強要されたり、導いてもらうべきものでもありません。
現在の風潮なので仕方がない面もありますが、何でも「マニュアル」をほしがります。
ボランティアの第一歩は、自分達には『他者のために何ができるか』を考えるところから始まります。
それを人に教えてもらっては、よそ行きのボランティアになってしまいます。
個人のボランティア活動ならば、このような固いことは申しませんが、青少年団体で活動するならば、自分達のボランティアは自分達で見つけるところから始めるべきです。
そのために、このサイトような不特定の方々から情報だけをいただくやり方ではなく、身近なところを足で歩いて、自分の頭で考えましょう。
それがすなわちボランティア活動です。
地域のことを考えて問題点を調べて歩く、このことがすでにボランィア活動となります。
その後の展開は、調査した結果から自分達で判断します。
方向性が決まってからの方法論は多くの方に助言を仰ぎましょう。
その際には喜んで助言します。
しかし、入口の段階では、門前払いをさせていただきます。
参照URLで最小限の情報を入手して、地域へ飛び出していきましょう。
行政や社会福祉協議会との連携もその後の話です。
何が最適化は「自分達の頭」で考えてください。
    • good
    • 0

先にアドバイスがありますように、やはり 地域の役所に問い合わせるのが良いと思います。


教育委員会 や 青少年課 などが あると思います。
    • good
    • 0

子供が出来そうなボランティア。


例えば、デイケアセンターの慰問?よく保育園などでもやっていますが、訪問して一緒に遊ぶ?教えてもらう(お年寄りから)など。

街をきれいにしようということで、ゴミ拾い。(海岸などもあるし、駅でもやっていたのを見ました)

ボーイスカウトで見かけるのが「共同募金」
街頭でやっていますね

そのくらいですね。取りあえず思いつくのは。

あと、そうですね。廃品回収をして、寄付をする。

自分たちの不要な物でバザーをして、そのお金を寄付した例もあります。
(これは、好評でした。趣旨を書いてバザーをしたら、すごく好評でした。)

ご参考まで。
    • good
    • 0

行政等で伺えば、色々と情報が有ると思います。



一度、役所に相談する様にさせてあげては如何ですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の口呼吸について

子供の口呼吸について 教えて下さい
小学1年 男の子なんですが 口で呼吸して ポカ~ンと
しています  どなたか 治し方教えて下さい
もう少し 学年が大きくなると 自分で意識するようになるとは 聞いていますが・・・  

Aベストアンサー

耳鼻科的に問題がなくただ口呼吸なら、大きくなっても治らないと思いますよ。意識をしているときは口を閉じても、1人のときや寝ているときは口呼吸になってしまうので治したほうがいいですよ。
口呼吸だと口腔内が常に乾燥し虫歯にもなりやすいですし口臭が出たりします。他にも直接菌が入り込みカゼをひきやすかったりという弊害が出ます。
簡単なのはガムをかませること。かんでいる間は口を閉じていますよね。これを根気よく続けるとだんだん鼻呼吸に慣れてきます。
他には鼻の下に紙を貼る方法。口で呼吸すると紙が口に入り自分で気付くことができます。
どちらの方法も1日中やるのではなく1日の中で時間を決めてコンスタントに毎日やることが大切です。
1年生なら体にいいこと悪いこと少しはわかります。口で息をすることでどうなるのか本人にわかってもらい、その上でだんだんと口呼吸から鼻呼吸に移行するのがいいですよ。

Qボランティアは接客業ではないから奉仕するかどうかはこちらで選ぶ。気に入らん相手には奉仕はしない。

ボランティアを接客業だとか思ってる人多くないですか?

ボランティアはご存じのとおり無償の奉仕。

ですから相手に何かをしてあげても見返りを要求しません。

にも関わらず、奉仕される側の相手の人が傲慢な態度で「おい早くしろ。」とか「もっと良いのにしろ。」みたいに要求して来たりする人もいます。

私が何度か参加したボランティアの団体は 「見返りを要求しない代わりにこちらも相手を差別する。」ということを信条としているため、(こいつは何か気に入らないな)と思ったらその人への奉仕は一切しないということにしています。

金をもらってないのだから、嫌な思いをしてまで奉仕などしないという考え方だそうです。

老人の訪問介護ボランティアでも「おい、お前らもっと早くやれ。」と叫んでくるような態度がデカい老人だった場合は奉仕を中止してその場に放置して帰りますし、

東日本大震災のボランティアを行った際に物資を持って行った時でも「もっと良いのは無いのか。」と傲慢な要求してきた人には後から何を言ってきても一切何の物資も与えず、無視し通したという実績もあります。

「金をもらっていないのだから、こちらも奉仕する相手を選ぶ」 こういう考え方は正しいと私は思っていますが、 「いや、ボランティアをやる以上はいかなる人にも奉仕するべき。嫌な態度の人への奉仕もする必要がある。」って考え方の人もいます。

ボランティアであっても、支援する相手を選んではならないのですか?

差別することなく満遍なく支援するのは行政のやることですし、接客業でもないのだから選んでもいいと思いますが。

わたしがボランティアをやるのは自分が気に入った人を助けたいからです。気に入らん人は野垂れ死にして欲しいですし。

やらない善よりやる偽善ですから。

ボランティアを接客業だとか思ってる人多くないですか?

ボランティアはご存じのとおり無償の奉仕。

ですから相手に何かをしてあげても見返りを要求しません。

にも関わらず、奉仕される側の相手の人が傲慢な態度で「おい早くしろ。」とか「もっと良いのにしろ。」みたいに要求して来たりする人もいます。

私が何度か参加したボランティアの団体は 「見返りを要求しない代わりにこちらも相手を差別する。」ということを信条としているため、(こいつは何か気に入らないな)と思ったらその人への奉仕...続きを読む

Aベストアンサー

> ボランティアを接客業だとか思ってる人多くないですか?
多いか否かは別にして、そういった方がいるという話しは度々耳にします。

> ボランティアであっても、支援する相手を選んではならないのですか?
一概に、そんなことはないと思います。
できれば、どんな方にも公平にできたら素晴らしいと思いますが、それは中々難しいことですね。心情的には無償奉仕だからここまで、有償奉仕だからここまで、といったことは理解できます。

余談ですが、
横柄な態度をとる方が必ずしも、ボランティアを接客業だと思ってるとは限らないと思います。ボランティアなどの支援を欲する状態の方は、恐らく、また、少なからず心に負担が掛かった状態と思います。そのような状態で平常心を維持し素直に感謝ができないかもしれません。せっかくボランティアをするなら、そのような状況であることを少しだけ汲み取って対応してあげられれば、とっても素晴らしいし、とっても素敵なことと思います。

Q口呼吸をしている子供に「口を閉じさせなさい」と言われたのですが…

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生が言うには鼻呼吸になれば良くなる、と。
 でも、それは今の中耳炎が良くなるだけですよね。今までも風邪を引く度に耳の痛みと耳垂れを起こしています。熱が出れば39度を超えるが常です。夜のイビキもなんだか息苦しそうで、他の病気でお世話になっている小児科(総合病院)の先生にちょっとお話したら、は手術を考えた方が良いと言われたのですが、それを耳鼻科の先生にお話したところ「小児科では何もわかりませんよ。こんな小さなお子さんに手術させたいのですか」と…
 確かにできるならば手術はさせたくありません。でも…今の状況を考えるとこの子の為には手術をした方がいいのでは?とも思うのです。今の耳鼻科では手術はできないので、その場合には総合病院でお世話になると思います。
 2ヶ月通ってもほとんど良くなっていないし、治療費は高いし(2500円くらいです)、耳鼻科を変えた方がいいのかな?と思ってしまいます。
 耳鼻科の先生が言うようにアデノイドの場合、叱ってでも口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?また、その場合、何か良い方法があったら教えて欲しいです。よろしくお願いします。

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生...続きを読む

Aベストアンサー

私は小さなころから耳鼻科系が弱かったようで、幼稚園のときに1泊入院をして、アデノイドの手術をしました。 その後、小学生になってからも耳鼻科へ通い続けましたが、自分の経験からいって、きちんとした病院であれば手術をされた方がいいのでは、と思います。
口呼吸は、鼻呼吸がきちんとできないので行なっているのだと思います。私も小さいころ、いつも鼻が詰まっていて苦しかったのを覚えていますので・・・。
私はその後、蓄膿症と言われましたが大人になって治ることもあるといわれ、段々気にならなくなったのでほっておいたのですが、去年、ひょんなことからまだ蓄膿があることがわかり、思い切って手術をしました。今ではすっきりです。

私が小さい頃は、おねしょをしたり色々と問題があって母も「鼻のせいでおねしょするのかしら」と心配していました。今思えば、色んなストレスがあったんだと思います。 口呼吸は根本を直さなければ治るものではないと思います。 お子さんにヘンなストレスを与えないよう、一度、ちゃんとした病院で見てもらった方がいいと思うのですが。
 

Q所属するボランティア団体の選び方

ボランティア団体に入ろうかなと検討しているのですが、こんな団体は止めたほうがいい、とか、こんな団体は信用できる、なんていうポイントはありますか?

一応ネットで少しは探したのですが、今ひとつわかりにくいサイトの構成をしている団体が多くて今ひとつピンときません。

Aベストアンサー

何かをしたい、という動機でやることは全然あたりまえの動機だと思います。
No1さんがおっしゃるように既存の団体に入会してみんなと一緒に活動するだけがボランティアではありません。個人でできるボランティアもたくさんあります。

ただ、どこかの団体のミッションに共感してその成果のために一緒に活動したいと思われているのであれば、まずはその団体の情報を集めてみることです。

No2さんがおっしゃるように役所などにはボランティアやNPO活動をしている団体の情報があります。多くの行政が持っています。なぜかというと、今、ボランティアやNPO活動のニーズが増えているからです。
だれでもウェルカム!の窓口ですし、ボランティアセンターは、ボランティアをやりたい人とボランティアを募集している団体のつなぎ役もしていますから安心して行ってください。

ネットでは「日本NPOセンター」のNPO広場がお勧めです。あなたの地域の情報を探すことが出来ます。

もしくは、新聞のインフォメーションに目を通してみてください。土日には「●●川クリーン活動」とか、「廃油せっけんをつくろう」とか、「△△市の自然まちあるき」などいろいろ環境に関する催しの紹介があると思います。
そういうイベントの主催者はほとんどがボランティアや市民活動を実践しているNPO団体です。まずは参加者として受身で体験してみてはどうでしょうか。

ボランティアは自発的に始めることであり、辞めるときも自発的で構わないのです。気軽に始めてみて下さい。

参考URL:http://www.npo-hiroba.or.jp/

何かをしたい、という動機でやることは全然あたりまえの動機だと思います。
No1さんがおっしゃるように既存の団体に入会してみんなと一緒に活動するだけがボランティアではありません。個人でできるボランティアもたくさんあります。

ただ、どこかの団体のミッションに共感してその成果のために一緒に活動したいと思われているのであれば、まずはその団体の情報を集めてみることです。

No2さんがおっしゃるように役所などにはボランティアやNPO活動をしている団体の情報があります。多くの行政が...続きを読む

Q子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか   一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻

子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか
 
一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻科にこまめに行くようにし、鼻洗浄してもらい抗生物質やらムコダインやらアレロックやらザジテンやらアレグラやら点鼻薬やらしても、多少はましになる程度です。

なにかアドバイス頂けないでしょうか、、おてあげです。

Aベストアンサー

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ~」って言いながらチューとやるだけでも効く。
あと おそらくは大丈夫とは思うが ペニシリン系やセフェム系抗生剤の使用は出来るだけ控え マクロライド系抗菌薬等を使ったほうが良いと思う。

自分も子供の頃そうだった。
慢性化すると頭は重いし集中力は落ちるし 睡眠は浅いし気分は悪いし 目は厚ぼったくなるし耳は悪くなるしと うんざりする事が一杯になる。
医者に行くと花の中を「シュー」とやられるのが苦しくて苦しくて 3回位で行かないことに決めた。
おかげて高校までそんな調子だったが ある時鼻をかんだら大量の膿みたいのが出て それからはほとんど治ってしまった。
うまくするとそんな事もあるみたい。

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ...続きを読む

Q動物ボランティア活動について 経験者の方にお聞きしたいです。 動物保護のためのボランティア活動

動物ボランティア活動について



経験者の方にお聞きしたいです。
動物保護のためのボランティア活動について知りたいです。
土地もなく保護シェルターなど作れないので、物資集め、情報の公開作業、里親探しのお手伝いをメインとした活動を個人で始めたいのですが、個人でのボランティア活動などは手続きとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://shakyo.or.jp/volunteer/index.htm
ないよ。

Qランニングでの鼻呼吸と口呼吸について

鼻呼吸と口呼吸がありますよね。

よくふだんは鼻呼吸の方がいいと聞いたので、
鼻呼吸なのですが、
ランニング中はどうしても口呼吸になります。

ランニング中や運動中は口呼吸になってふつうなのでしょうか?
それとも無理にでも鼻呼吸で肺を強くした方が良いのでしょうか?

また鼻呼吸と口呼吸ではどのように違うのでしょうか?
どちらも結局肺にいくので、同じなような気がして疑問に思っています。

どなたかご存知の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

普段のトレーニングでは必ず鼻で呼吸するのが原則です。

人は、「会話」をするために呼吸をコントロールして、口から息を吐き、吸うことを獲得しましたが、口は本来、呼吸する出入り口としての防御機能を備えていません。

唾液が乾き、咽頭を乾燥することを「常態」とするのは
健康のための日々のトレーニングとしては「愚作」です。

競技会などでタイムを競う、あるいは選手としての身を削るような
スピード、酸素要求に応えるためには「口」を使いますが
日々の「呼吸」の延長としてのジョグの呼吸は
健康維持のためにも「鼻」が原則。

やたらに、口をあけてのジョグは免疫系を無駄に消耗することになります。
酔っ払いが口あけて寝て、風邪を引くのは「鼻」で呼吸をしていないからです。
同じことを走ることでするのは、健康のためには非常におろかです。

必ず、健康のためのトレーニングでは「鼻」呼吸。

QNPO団体、ボランティア団体の悩みってなんですか?

ボランティア/福祉団体で活動されているかた、NPOの運営に関わっておられる方がおられましたらご回答ください。

活動するにあたり、日頃悩みがあると思うのですが、実際どういった問題や思うようになっていない面があるか知りたいのです。
勉強会などでいくつかの団体の話を聞くことがあったのですが、東京都の団体でしたので全国の実情を知りたいと思ったのです。
社会貢献活動をしている団体を支援する仕組みをつくろうと考えています。
そういうことは本来国がやるべきと言われましたが、まず傾向をとらえ、出来そうなことから手がけていくつもりです。

Aベストアンサー

1です。
中高年対象のIT普及・連携による地域活動のNPOなんです。
「アイチーアイチー」の掛け声の大きな時期に設立され、当初は予算もふんだんにあり、世の流れもあり受講生=会員も多く活動も活発でした。
今は、予算がない→受講料が有料になった→お金払ってまで習わなくても良いということで、受講生=会員減少。
地域性もあり(農村地帯)かなりの高齢者も農業に携わり、昼間の時間に余裕のある人が少ないことも大きな原因です。
また、若い年代は仕事や学校で使い方を覚え、適度な中年(?)は仕事に使う部分以外はパソコンに必要を感じない、使いこなし楽しむ余裕がない。もう少し上の年代は時間的な余裕があってもかえって選択肢が多く(趣味が広い)パソコンで楽しむ部分が少ない。さらに上の年代は、耳・目が弱って覚えも悪くなって、やってみる気すら持たなくなる。
もうそんな事せんでも…とか、若いもんがしてくれるから…とか、わたしゃまあ良いですから…とか。
さらに面倒なのは頻繁なOSやハード、ソフトの進化で、貧弱な予算では次々と新しいOSやソフトを広く教える為にまず購入すらできない悲しみ…宝くじ長者さんに寄付をもらいたいです(泣笑)
講師も同じで、進歩についていくのが必死。そしてボランティアなので交通費ほどの謝金で、自分たちでテキストを作り印刷しがんばっていますが…若い人は忙しく後継者もいない状態で、平均年齢は右肩上がりとなっています。
助成金申請もいくつもしましたが、最近では地域でパソコン関連が対象となる助成金はありません。本当に細々と、なんとか繋いでいる状態です。
これをやったら楽しい!なにをおいても覚えたい!という特別にそそるモノがあれば、と思うのですがそれも、なかなか難しくなっています。
市から、市民へのPC普及・指導委託ということで補助金をもらっているのでなんとか繋いでいます。ですから名目上も、つぶすこともできないのです。活動しなくてはいけないんです。でもそれも会員が、お金が…と悪循環です。

愚痴を書いてしまいました!ごめんなさい。
まあ田舎のちっちゃいNPOの悩みと言うことで、お許しください。

1です。
中高年対象のIT普及・連携による地域活動のNPOなんです。
「アイチーアイチー」の掛け声の大きな時期に設立され、当初は予算もふんだんにあり、世の流れもあり受講生=会員も多く活動も活発でした。
今は、予算がない→受講料が有料になった→お金払ってまで習わなくても良いということで、受講生=会員減少。
地域性もあり(農村地帯)かなりの高齢者も農業に携わり、昼間の時間に余裕のある人が少ないことも大きな原因です。
また、若い年代は仕事や学校で使い方を覚え、適度な中年(?)は仕事に...続きを読む

Q口呼吸防止のテープって

効果ありますか?
確かに口呼吸防止にはなると思いますが、

口呼吸すると口周りの筋肉衰えるみたいな話を聞いたので
筋肉を元に戻すために口呼吸を治そうと思っているので
それにも効果ありますか?

Aベストアンサー

テープでは無理でしょう。筋肉は使わないと鍛えられませんし発達しません。しっかり筋肉を動かすトレーニングが必要ではないでしょうか。
筋肉は連動しておりそれぞれ独立して機能してるわけではありません。例えば口の周りの筋肉を鍛えようとするならば少なくとも表情筋も巻き込んでトレーニングすることが大事だと思います。
口呼吸は筋肉云々というよりも口腔内を乾燥させて免疫力を低下させますし、扁桃を刺激することが多くなるので鼻呼吸にシフトすべきです。そのためのテープだと思います。
もちろん鼻にトラブルがあるとどうしても口呼吸になってしまいますのでその場合は鼻の治療が先になります。

Qボランティアを支援する団体はありますか?また、ボランティアとNPOの違いは?

よろしくお願いします。
ボランティア団体及びNPOを支援する団体というのはあるのでしょうか?

私はあるNPOでボランティアをしているのですが、
お金に関しては寄付や募金でなんとかまかなっているのですが
やはり協力者や理解をしていただけないことがあります。

例えば活動の広報や経営に関して専門にしている
民間企業はあるのでしょうか?
市などの公的機関には連絡を取っています。


また、NPOとボランティア団体の違いは何でしょうか?


教えていただければと思います。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
No.3です。追伸お許し願います。
 回答ではありませんが、誤解のないように追記させてください。
 私のお付き合いの中では、もちろん大変素晴らしいNPO団体もいらっしゃいます。公共、公益ということをしっかり頭において、当たり前ですが儲けは度外視にして、貴重な時間を割いて、社会のために頑張っている団体もおります。
 そういった団体でもいろいろ抱える問題があり、相談を受けることがあり、甘えになったり、「自立」ということの阻害にならないように、また「自立」の方に何とかするように、実際にきちんとはできていませんが、私の出せる力で応援しています。
 しかし、よく調べもしない、また何を目的をしているのかがわからない、困ったら何でも行政に依存というNPOには、話は聴きますが、あえて冷たい対応をしています。
 そうでないと、皆さんが望まれているサービスの低下がなく、逆に向上させたコンパクトな行政の実現は難しいと経験上思っています。
 貴方様の所属される団体が、どのような目的で、どのような活動をされているのか、現場を見ていないので、詳細な情報はあえて提供しません。どうかただ働きにならないように、また公共、公益のために社会に貢献する活動の一員として、よく自ら調べられてください。もっともっと強くなってください。協力が得られない原因をまず追究し、改善が急務ですね。
 「してやっているんだ」という考え方や、自分の生活のためだけ…というNPO活動になると、全ての行政やすべての公務員がそうではありませんが、今の行政と同じことになってしまいます。
 つまり「信用」というものがなくなり、当然「信頼」もされなくなります。私がその経験者です。
 まず、NPOに関する法律をよく読んで、解釈を自分なりに調べ、わからないことは専門家に聞いてみてください。
 短い相談内容から正しく判断できませんが、まずはそこが大切と思います。もう、きちんと調べ理解されている場合は、失礼お許しください。

おはようございます。
No.3です。追伸お許し願います。
 回答ではありませんが、誤解のないように追記させてください。
 私のお付き合いの中では、もちろん大変素晴らしいNPO団体もいらっしゃいます。公共、公益ということをしっかり頭において、当たり前ですが儲けは度外視にして、貴重な時間を割いて、社会のために頑張っている団体もおります。
 そういった団体でもいろいろ抱える問題があり、相談を受けることがあり、甘えになったり、「自立」ということの阻害にならないように、また「自立」の方に何...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報