文化大革命とは具体的に何を行っていたのですか?頭が悪いので、かみ砕いてお教えいただけるとありがたいのですが。
それから毛沢東思想や、それに影響を受けたポルポトの思想などもお教えいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 大字」に関するQ&A: 大字の意味

A 回答 (3件)

もう一度、全部書いておきます。


また、文字化けがあったら教えてください。

★文革の流れ

1.文革の始まり
 1966年5月16日(私が生まれたのはこの13日前だったんですねえ!)の文革開始の通知(いわゆる5・16通知)から1969年の第9回党大会までが文革の第1段階。
 毛沢東が闘争を発動すると、劉少奇、トウ小平につながる実権派は、江青らを後ろ盾とする紅衛兵によって拘禁され、侮辱され、権威を剥奪されました。その後、林彪支配の解放軍の圧力によって新しい秩序の樹立が図られました。
 第9回党大会で、林彪は毛沢東の「親密な戦友」で「後継者」だと確認されました。

2.林彪失脚
 第9回党大会から第10回党大会(1973年8月)までの第2段階。
 「国家主席」の地位を狙っていた林彪は、「後継者」という立場だけでは不満で、毛沢東を賛辞する演説を部下に行わせたりして毛沢東から国家主席の地位を与えてもらうように画策しますが、毛沢東はこれを無視しました。
 林彪は息子の林立果と共に毛沢東暗殺のクーデターを企てますが、穴だらけの計画だったこともあり失敗し、妻の葉群、林立果と共に空路亡命を企てます。しかし、モンゴルで墜落死してしまいます。
 その後、江青ら四人組は林彪に代わって後継者の地位を狙います。

3.文革の収束
 第10回党大会以降の第3段階。
 四人組の台頭が目立った時期です。この間にトウ小平は復活・再失脚を経験します。
 毛沢東の死後、葉剣英は華国鋒を説得し四人組を逮捕しました。
 1978年12月の第11期3中全会で文革は全面的に否定され、「建国以来の党の若干の歴史問題に関する決議(1981年6月)」で、その誤りが決定しました。


★この運動で「敵」とされた人々は、紅衛兵や労働者(造反派)によっていきなり逮捕されて、監禁や侮辱を加えられました。また、投獄され拷問によって衰弱死したり、自殺した人も少なくありませんでした。

紅衛兵 
文化大革命の火付け役となった、中学生・高校生・大学生らかならる大衆組織。もっと年齢の低い小学生は「紅小兵」と呼ばれました。
 毛沢東を保衛する紅い衛兵という意味です。
 文革初期に登場した出身家庭のよい紅衛兵は「自来紅」と呼ばれ、その後に台頭した紅衛兵は「自覚紅」と呼ばれました

四人組
江青(毛沢東の妻。党政治局員)、張春橋(副首相、党政治局常務委員)、王洪文(党副主席)、姚文元(党政治局員)の4人からなる中国共産党中央の派閥。「上海幇:上海グループ」とも。
 毛沢東側近グループとして文革を主導しました。1976年9月9日の毛沢東の死後、華国鋒(党第一副主席)らの党中央によって、10月6日、「反革命集団」として逮捕されて失脚しました。
 その後、1980年11月から81年1月にかけて、最高人民法院特別法廷で裁判にかけられ、81年1月、江・張の2名には死刑(執行猶予2年。その後、83年に無期懲役に減刑されました)、王には無期懲役、姚には懲役20年の判決が下りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなって大変申し訳ありません。詳しい説明ありがとうございました。
 ポル・ポトもそうでしたが、独裁的な体制でトップが疑心暗鬼に陥ると、大変な悲劇を生み出すことがあるのですね。とても恐ろしいし、あってはならないことだと思います。

お礼日時:2000/12/23 17:10

文字化けは何処でしょう。


御知らせいただけば、その部分だけ、再度書きます。

それから、毛沢東が何を求めて文革を起こしたかについては、こんなことでしょうか。

1966年5月25日、北京大学の学生大食堂に、学生や教職員が 押し寄せ、騒然とした空気が広がった。東の壁に巨大な大字報 (壁新聞)が貼り出されていたのだ。学長の陸平ら、大学や北京市の共産党幹部が名指しで批判され、「毛沢東思想の偉大な赤旗を高く掲げ、すべての妖怪変化とフルシチョフ流の反革命修正主義分子を一掃し、社会主義革命を最後までやり抜こう」と主張していた。

6月1日夜、中央人民放送局は、これを「全国初のマルクス・レーニン主義の大字報」と称賛し、翌日、党機関紙「人民日報」にも、大字報の内容が「歓呼を送る」との論評つきで転載された。
陰で共産党中央が動いているに違いない。陸平の心は凍った。

「われわれは紅色政権(赤い政権)を防衛する衛兵である」 北 京の精華大学付属中学に張られた大字報の署名は「紅衛兵」。
党幹部の子弟たちは毛沢東神格化が強まる中で育ち、「毛沢東思想による革命継続」に熱狂した。学内には大字報があふれ、紅衛兵たちは町に繰り出してデモを行った
この騒乱を劉少奇国家主席は深刻に受け止め、トウ小平党総書記とともに、杭州で静養中の毛沢東のもとへ飛んで、事態の収拾に乗り出すように求めた。

 しかし、毛沢東は軽く手を振り、「乱れるにまかせればよいではないか」と言い放った。しばらく帰京する気はないので、二人で臨機に問題を処理するように、と答えた。劉少奇は、まだ騒乱の真の標的が自分である事に気がつかなかった

この10年も前、56年2月にソ連の党第一書記フルシチョフはスターリンの独裁を批判する秘密報告を行った。神格化され、無謬性が信じられてきたスターリンの偶像は徹底的に破壊された。

毛沢東は激怒しつつも、「中国にも修正主義が現れ、自分も死に鞭打たれるのだろうか?」と疑心にとらわれた。「誰が中国のフルシチョフなのか?」
「大躍進」政策が破綻し、59年には国家主席の地位を劉少奇に譲った。その修正主義的政策は着々と成功を収めている。このままでは、自分はいずれスターリンと同じ末路となる。この危機を打開するために考え出したのが、大衆動員によって、党の外から修正主義者達を打倒しようとする「文化大革命」であった。

 しかし、戦術の天才・毛沢東はいきなり、本丸の劉少奇を攻撃して、自分の思惑を明かすようなことはしない。まず北京の学生たちが、北京大学や北京市の党幹部を「反革命」と糾弾する。
誰が誰を攻撃しているのか、分からないうちに、国家全体を混乱に陥れ、それに乗じて劉の失脚を狙うという遠大な戦法であった。

この回答への補足

補足の説明ありがとうございます。文字化けの部分ですが、

毛沢東が闘争を発動すると、劉少奇、鮪]?燭砲弔覆?觴存?匹蓮?樟弔蕕鮓紊軆發箸垢觜髪卻爾砲茲辰胴感悗気譟?鄂?気譟??劼鯒軛イ気譴泙靴拭?修慮紂⇔喇兄拉曚硫鯤?海琉砧呂砲茲辰匿靴靴っ畚?亮???泙蕕譴泙靴拭く

四人組の台頭が目立った時期です。この間に鮪]?燭鷲?茵?銅叉咾魴亳海靴泙后く

の2カ所が文字化けしています。

補足日時:2000/12/12 05:11
    • good
    • 0

文化大革命とは以下のような事件です。



★文革の流れ

1.文革の始まり
 1966年5月16日(私が生まれたのはこの13日前だったんですねえ!)の文革開始の通知(いわゆる5・16通知)から1969年の第9回党大会までが文革の第1段階。
 毛沢東が闘争を発動すると、劉少奇、トウ小平につながる実権派は、江青らを後ろ盾とする紅衛兵によって拘禁され、侮辱され、権威を剥奪されました。その後、林彪支配の解放軍の圧力によって新しい秩序の樹立が図られました。
 第9回党大会で、林彪は毛沢東の「親密な戦友」で「後継者」だと確認されました。

2.林彪失脚
 第9回党大会から第10回党大会(1973年8月)までの第2段階。
 「国家主席」の地位を狙っていた林彪は、「後継者」という立場だけでは不満で、毛沢東を賛辞する演説を部下に行わせたりして毛沢東から国家主席の地位を与えてもらうように画策しますが、毛沢東はこれを無視しました。
 林彪は息子の林立果と共に毛沢東暗殺のクーデターを企てますが、穴だらけの計画だったこともあり失敗し、妻の葉群、林立果と共に空路亡命を企てます。しかし、モンゴルで墜落死してしまいます。
 その後、江青ら四人組は林彪に代わって後継者の地位を狙います。

3.文革の収束
 第10回党大会以降の第3段階。
 四人組の台頭が目立った時期です。この間にトウ小平は復活・再失脚を経験します。
 毛沢東の死後、葉剣英は華国鋒を説得し四人組を逮捕しました。
 1978年12月の第11期3中全会で文革は全面的に否定され、「建国以来の党の若干の歴史問題に関する決議(1981年6月)」で、その誤りが決定しました。


★この運動で「敵」とされた人々は、紅衛兵や労働者(造反派)によっていきなり逮捕されて、監禁や侮辱を加えられました。また、投獄され拷問によって衰弱死したり、自殺した人も少なくありませんでした。

紅衛兵 
文化大革命の火付け役となった、中学生・高校生・大学生らかならる大衆組織。もっと年齢の低い小学生は「紅小兵」と呼ばれました。
 毛沢東を保衛する紅い衛兵という意味です。
 文革初期に登場した出身家庭のよい紅衛兵は「自来紅」と呼ばれ、その後に台頭した紅衛兵は「自覚紅」と呼ばれました

四人組
江青(毛沢東の妻。党政治局員)、張春橋(副首相、党政治局常務委員)、王洪文(党副主席)、姚文元(党政治局員)の4人からなる中国共産党中央の派閥。「上海幇:上海グループ」とも。
 毛沢東側近グループとして文革を主導しました。1976年9月9日の毛沢東の死後、華国鋒(党第一副主席)らの党中央によって、10月6日、「反革命集団」として逮捕されて失脚しました。
 その後、1980年11月から81年1月にかけて、最高人民法院特別法廷で裁判にかけられ、81年1月、江・張の2名には死刑(執行猶予2年。その後、83年に無期懲役に減刑されました)、王には無期懲役、姚には懲役20年の判決が下りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答たいへんありがとうございます。
ですが毛沢東が何を求めて文革を起こしたかについてはここでは振れておりませんので、出来ましたらその部分の解説もしていただくとありがたいのですが。それから文章の何カ所かが化けてしまっていて分からない所があるのですが、何と書かれているのでしょう?

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文化大革命がソ連を刺激した?

wikipedia によると「文化大革命」でも「中ソ対立が顕在化」したそうですが、それのどういった点がソ連を刺激したか怒らせたのでしょうか?

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/5119/%C2%E6%CF%D1/detail.html?mode=0

Aベストアンサー

ソ連はフルシチョフが資本主義の良いところを多少取り入れて社会の安定や経済に重きを置く修正主義的な政策をはじめますが、毛沢東はあくまで資本主義は革命によって倒すしかないと考えて、中国内でも実権を握りつつあった修正主義者を排除しようとしたのが文化大革命です。

あくまでも、社会主義の枠内での対立なんですが、よくある宗教の宗派間対立みたいなかんじで、近いものほど憎しみあうんですかね。

Q毛沢東による文化大革命について質問です。

毛沢東による文化大革命について質問です。文革では、思想の改革として主に儒学を否定しましたよね。それはなぜなのでしょうか?それに関係する文革の背景なども詳しく教えて下さい。加えて、儒学における「革命」に対する姿勢がどのようなものか教えて頂ければ、なお助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です
中国は今でも中国共産党による1党独裁です。
比較的最近の、気功の1派の弾圧でもわかるように、政治的結党や言論の自由は基本的にありません。
中国共産党を批判すれば、国内居住できず、海外へ亡命的に移住しなければならず、帰国できません。
毛沢東は中国共産党の始祖的大英雄です。
手段の正当性はともかく、覇権を維持しNO1のまま死にました。
だから毛沢東の失政非難は、いまでも一般人はできません。中国共産党の存立基盤を否定することになり、生活基盤を奪われ、身の危険があります。
文化大革命の正しい再評価は、中国の政治体制が多数党による民主議会制に変わらない限り、無い。といえるでしょう。

中国共産党による大陸制覇は、
軍閥・地主と悲惨な農奴という封建社会制度、極端な男尊女卑や人身売買、出自による強固な身分制度、という旧制度を大破壊しました。
これにより、
貧しいけれど、一応建前として、男女平等・身分平等・収益再配分・最低就労保障がおこなわれた功績は、いまは変質してきているとはいえ、中国の知人と付き合うとよくわかるし、私も高く評価します。

封建制の衣替えをしただけの国民党では、とても、なしえなかったと思います。
国民党が移ってきた台湾では、国民党の封建的体質をきらう発言をこっそりする台湾人多数に昔会ったことがあります。

軍閥地主の顔が共産党幹部の顔に変わっただけみたいな不完全な部分はもちろんいまでもありますが。
それはともかく。
最初の全国制覇の旧体制のゆり戻しは、文化大革命の大破壊により完全に息の根をストップされました。
最初の全国制覇のプラス面は、2回目の全国制覇(文革)のマイナス面を基本的に上回っている、ということを私は感じています。
男女同権を謳歌する中国人女性と話すと、彼らもベースで、そのことはなんとなくわかっているように感じます。

巨大な中国は公正統治が困難で、汚職やヤクザ支配や地方総がかりの腐敗が横行しています。
伝統文化による倫理規範を喪失した中国には、個人個人の潜在意識に叩き込まれた確固たる倫理規範がなく、「私利私欲の短絡的充足が個人にとって善である」のが現状であり、トータルでは常に旧体制の方向に向かいたがる社会引力があります。

いい加減な国ではない、世界の中心で覇権を叫びたい、大中国を誇りに思いたい、そんな中国人にとって、
強力なカリスマで赤い手帳の規範を示した毛沢東がいまでも慕われる理由はここにある気がします。

日本人が、国家を亡国の危険にさらした天皇制を完全にはやめることができない、いまでも完全共和制になれない。のとどこか似ている気がします。

No1です
中国は今でも中国共産党による1党独裁です。
比較的最近の、気功の1派の弾圧でもわかるように、政治的結党や言論の自由は基本的にありません。
中国共産党を批判すれば、国内居住できず、海外へ亡命的に移住しなければならず、帰国できません。
毛沢東は中国共産党の始祖的大英雄です。
手段の正当性はともかく、覇権を維持しNO1のまま死にました。
だから毛沢東の失政非難は、いまでも一般人はできません。中国共産党の存立基盤を否定することになり、生活基盤を奪われ、身の危険があります。
...続きを読む

Q文化大革命

文化大革命

文化大革命では何名の方が亡くなったんですか?
なぜなかったことにされているんですか?

Aベストアンサー

>文化大革命では何名の方が亡くなったんですか?
 直接的な死者は数百万~数千万人ですね。
それに関連する食料不足などによる被害者は+2000万
 おそらく総計すれば4千万人以下と推察されます

>なぜなかったことにされているんですか?
中国共産党指導部内の大規模な権力闘争だから

Q文化大革命の日本への影響

文化大革命の日本への影響を知りたいです。
実際にはどれくらいの影響があったもんなんでしょうか。

Aベストアンサー

何をもって「影響」とするか、にもよりますが……

No.1さんのおっしゃるように、70年安保への影響はかなり大きなものがあったようです。

連合赤軍など、いわゆる左翼過激派に対して毛沢東の影響は絶大なるものがあったようですし、同時代において文化大革命を批判した「知識人」はほとんどありませんでした。
一例を挙げますと、ロシア/ソ連でいうシベリア送りに相当する「下放」、実質的には辺境農村での強制労働ですが、これを賛美する論調が日本では支配的だったくらいですし。

いわゆる日中国交回復も、中共の核保有とアメリカのベトナム戦争での事実上の敗北からくる米中国交回復の影響が主因ではありますが、上記のような日本での論調が国交回復を加速した一因でもあると思います。

もし大きめの、70年安保頃の出版物がたくさん置いてある図書館を利用することができるようでしたら、雑誌のバックナンバーや文系の学術著作物をざっと通覧していただくとある程度当時の空気がつかめると思います。

Q中国の文化大革命について

1960年代~70年代に起こった
中国での文化大革命のきっかけは何だったのですか?
また、この文化大革命は中国社会に
どのような変化をもたらしたのでしょうか?

Aベストアンサー

自分は歴史を研究していますが、中国史ではないので「一般人」としての回答です。

とりあえず、矢吹晋『文化大革命』(講談社現代新書、1989年)をお読みになるとよいかと思います。この本は読みやすく、かつ要領よく文化大革命の経緯を記載していますので、参考になるでしょう。

本書での面白い(個人的に思った)指摘は、体制に反逆して造反有理を唱えたエリート子弟が田舎に行かされた(下放)ことによって、彼らが立ち遅れた農村の貧困の現実を知ることになった、という点でした。

Q周恩来はなぜ反毛沢東に変身したか?

周恩来は中国の知識層中に尊崇に近い思いを持つ人が多いように思われます。
傑出した戦略眼を有し長期政略に優れた特徴があったと思うのですが、第一次天安門事件も彼の追悼作業から端を発した位です。

彼はNO2に徹し、毛沢東に軍事権を譲り、支え続けて来たと思うのですが、その後反毛沢東に変わりました。
なぜ周恩来の毛沢東観が変わっていったのでしょう?

Aベストアンサー

何となく分かってきたような気がします。
私は今まで、彼に対して、完全に認識不足であったようです。

ちょっと、周恩来礼賛の伝記作家のような文章になってしまいますが、どうやら、彼は本当に偉大な政治家であったようです。

実は、周恩来は、最初から、毛沢東派などでは無かったのです。
しかし、彼は、毛沢東に、その卓越した実務能力を評価され、毛沢東の右腕とまで見なされるようになっていましたが、実は、彼の心中にあった、政治に対する基本姿勢は、民集こそ政治の基本というものだったのです。

それは、彼が若い頃留学していた、日本で培われたもののようです。
彼は、一高から、東大入学を目指しておりました。
その時に、彼が感銘を受けたのは、大正デモクラシーの旗手、東大教授吉野作造氏の唱える民本主義でした。
彼は、吉野作造氏の言う、民集こそが政治の基本という思想に触れ、その後、民集の為の実務中心の政治家となることを目指したのです。

そんな彼の卓越した実務能力は、毛沢東でさえも評価せざるを得ず、常に彼の右腕として行動しておりましたが、毛沢東の進める文化大革命においても、常にその、運動、闘争の勢い、慣性を見さだめ、路線偏向の極端化を内部から制御し、円滑な転換を用意していくことが彼の内実であったのです。
実際、文化大革命に際しては、暴走の抑制と収拾、被迫害幹部の保護に全力をあげました。

彼は1976年に亡くなるまで、毛沢東の信任のもとに執務を続け、国務院総理在職のままその生涯を終えました。
しかし、その間も、毛沢東の威光を傘にして中国全土の制覇までをも目論んでいた、毛沢東の妻である江青は、ことごとく彼を失脚させようと画策しておりましたが、彼の余りに卓越した実務能力の前には、さすがの江青でさえも、手が出せませんでした。

当時、抑圧統制されていたと思われている中国人民でさえも、周恩来の偉大さは、周知のことだったのです。
そして、彼の葬儀の際、多くの人民が涙を流す中、一人帽子を取らず、死者に敬意さえ表さない江青の不遜な様子が全国放送されました。

人民の江青への怒りは一気に爆発しました。
周恩来追悼のため天安門に集まった民衆は、江青打倒のデモ隊と化し、その後の解放運動へのきっかけとなったのです。

う~ん、何だか、私は急に、周恩来シンパの伝記作家にでもなってしまったようですねぇ。
いやー、それにしても、世の中、知ってるようで知らない事って、まだまだいっぱいあるようです・・・。

何となく分かってきたような気がします。
私は今まで、彼に対して、完全に認識不足であったようです。

ちょっと、周恩来礼賛の伝記作家のような文章になってしまいますが、どうやら、彼は本当に偉大な政治家であったようです。

実は、周恩来は、最初から、毛沢東派などでは無かったのです。
しかし、彼は、毛沢東に、その卓越した実務能力を評価され、毛沢東の右腕とまで見なされるようになっていましたが、実は、彼の心中にあった、政治に対する基本姿勢は、民集こそ政治の基本というものだったのです。
...続きを読む

Q中国文化大革命の時期

中国文化大革命の時期は(西暦)何年に始まり、何年に終わったのでしょうか?

Aベストアンサー

中国の文化大革命は基本的には1966年から69年までです。

これは中国共産党内部の主導権争いでもあって、実権を失いかけた毛沢東派が1966年にしかけたもので紅衛兵運動によって奪権闘争を展開し、一時は中国国内が大混乱に陥ります。これに対して、周恩来派がこの混乱を一応収拾させたのが69年ですが、いわゆる四人組なども権力を保持して大きな影響力を持ち続け、76年に毛沢東が死亡後、華国峰が四人組を逮捕して指導体制を確立するまでが文化大革命ともいえます。なお、中国政府は77年8月に文化大革命の終了を宣言しています。

Q文化人類学・西欧中華思想とは

西欧中華思想とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?考え方や成り立ちを、短くもなく・長くもなく、教えていただけたらと思います。よろしくお願いします…!

Aベストアンサー

私が大学生の頃は「西欧中華思想」という言葉がなかったのですが、西欧中心主義と同義なのであれば以下のような説明が可能です。

1960年代に出たレヴィ・ストロースの「野生の思考」、ミシェル・フーコーの「言葉と物」は西洋に衝撃をもたらしました。前者が未開社会、後者が近代西洋思想をあつかって両者とも「反人間主義」といえるような内容だったからです。
この衝撃を受けたそれまでの西洋思想が、西欧中心主義といわれるものです。中心主義といっても中華思想とは違って、西洋中心の視点に制約された思考というような意味になります。知らず知らずのうちに、西欧が特権的な中心存在としての自覚を持っていたことに起因してといえるでしょう。

「野生の思考」は、西洋概念からみれば、これまでまったく非合理的な未開社会と思われていた制度・構造が合理的かつ精緻なものであったことを明らかにしました。未開文明は低級なものではなく対等なものだったのだ、と衝撃的かつ反省的に受け止められたのです。
具体的には、一夫一婦制を基盤とする婚姻制度、知的で洗練されていると思い込んでいた神話(神話構造)・宗教などの社会制度になります。

ただし、西洋中心主義とはいいますが、日本もそれを追いかけていたわけですから、地理的に西洋をのみを表すものとは考えられませんから、注意が必要でしょう。

私が大学生の頃は「西欧中華思想」という言葉がなかったのですが、西欧中心主義と同義なのであれば以下のような説明が可能です。

1960年代に出たレヴィ・ストロースの「野生の思考」、ミシェル・フーコーの「言葉と物」は西洋に衝撃をもたらしました。前者が未開社会、後者が近代西洋思想をあつかって両者とも「反人間主義」といえるような内容だったからです。
この衝撃を受けたそれまでの西洋思想が、西欧中心主義といわれるものです。中心主義といっても中華思想とは違って、西洋中心の視点に制約された思...続きを読む

Q文化大革命の理屈

中国の文化大革命についての質問です。

文化大革命って知識人を弾圧したという側面があったと思います。(私の知識によると。)

でも、どのような思惑で文化大革命が行われたにせよ、
知識人を弾圧するにはそれなりの建前がなければおかしいと思うんです。
勉強しないほうがいい人間だ、という理屈でもあったんですか?

どのような理屈で知識人を弾圧したのか、をお教えください。

質問は以上です。


過去の文化大革命についての質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=17297



『活きる』という映画で、中国の1960年代の場面で、
病院に医師がいないんです(紅衛兵の看護婦たちが医師の代わりをしている。)。
なぜいないかというと、
そこの医師が大学教授(助教授?)だったから糾弾された、という話だったと思います。

Aベストアンサー

いろいろ挙げられると思いますが、毛沢東の現実認識と思想が根本的な原因だと思います。

もともと共産党内部の奪権闘争として、党内部のブルジョア反動思想を排除する、というのが文革の出発点ですが、毛沢東はこれを民衆を使った大衆運動として実行しました。おのおのの国民に「自分で自分を教育し、自分で自分を解放する」ことを求めたのです。
問題だったのは、毛沢東には、学術界、教育界、出版、文芸など社会の多方面の分野が官僚化していたり現実主義化している、(つまり反動主義的である)という認識があったことです。特に各界における知識人ほど、プロレタリアとしては純粋さを失い反動勢力に近い存在であると考えられました。
文革初期のスローガンであった「旧世界の破壊」というのは、この認識と不可分の関係にあるわけです。旧世界の破壊というのは、当然ながら知識層による既成のエスタブリッシュメントを壊すことを指すわけですし、知識層ほど「破壊」すべきものが沢山あると考えられたわけです。

毛沢東の極端な平等主義も、この迫害に拍車をかけた要因でしょう。
彼の平等主義は、例えば分業の廃止などによく現れていると思います。労働者と農民、都市と農村、肉体と精神、これらの間に横たわる「三大差異」が完全に解消されることが共産主義の実現だ、と彼は考えていました。
ですから、軍隊も農民も労働者も学生も、等しく軍事、政治、文化面に関わってブルジョア批判をすべきだ、と考えたのです。
その先に描く理想社会を彼は「大きな学校」と呼んでいますが、その中身は貨幣経済、商品経済を停止した大きなコミューンのようなものです。こういう世界を理想とする彼の共産主義からすれば、やはり知識人は邪魔なものを一杯持った人間という風に見られがちだったのでしょう。
結果、ご指摘のような重労働による厳しい「自己改造(?)」を求められる結果を招きました。

(分業廃止はもともとのマルクスの思想にあることですが、彼は資本主義の行きついた先にこれを想定したのに対して、毛沢東は資本主義経済の未成熟ななかでこれを強引に進めたことが混乱に拍車をかけたと思います)

いろいろ挙げられると思いますが、毛沢東の現実認識と思想が根本的な原因だと思います。

もともと共産党内部の奪権闘争として、党内部のブルジョア反動思想を排除する、というのが文革の出発点ですが、毛沢東はこれを民衆を使った大衆運動として実行しました。おのおのの国民に「自分で自分を教育し、自分で自分を解放する」ことを求めたのです。
問題だったのは、毛沢東には、学術界、教育界、出版、文芸など社会の多方面の分野が官僚化していたり現実主義化している、(つまり反動主義的である)という認識...続きを読む

Q中国の文化大革命と、第一次天安門事件の写真や動画を探しています。

 中国で起きた第一次天安門事件(四五天安門事件)の時の写真と動画を探しています。
 第二次天安門事件(六四天安門事件)の写真とドキュメンタリー映像はインターネット上などで、簡単に見つかりますが
 第一次天安門事件の時の写真や動画は、どこを探しても見つかりません。
 第一次天安門事件の写真や動画は存在するのでしょうか?もしあれば、教えていただきたいのです。また、その前の文化大革命の時の
写真と動画も探しています。その時の写真等があるならば、教えていただきたいのです。どうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2&gbv=2
文化大革命についての画像検索結果ですが・・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報