すいません。最近ちょっと勉強に行き詰まりました。誰か助けてください。「運動量」の概念教えてください。物理的にどういうものなのか。自分が考えていた運動量の概念がちょっと実は間違っていたのではないか、と思うようになりました。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

私は今は大学で教壇に立ったりしていますが、高校生の頃、物理がさっぱり分らなくなったことがありました。

そうなった一つのきっかけが、教科書の「運動の激しさを表す量として運動量を考える」というような記述を見たことだったと思います。-余計なことを言っておりますね-

あなたなりの疑問をもう少し具体的に述べて頂くと、的確なアドバイスができると思うのですが、、とりあえず、あなたが高校1年生ぐらいと仮定して、私の経験に照らして説明します。

〔第一段階〕
まず1つの質点の問題として考えます。
速度がベクトルであるということはよろしいでしょうか。
運動量は速度ベクトルに質量をかけて得られるベクトル量です。1つの質点だけを考える限り、ほとんど速度ベクトルと同じものと言ってもいいです。それでは、なぜ速度に質量をかけて考えるのでしょう。
実は、運動の第2法則の表現を簡単にする手段として登場してきます。第2法則は、質点の質量m、加速度a、質点に作用する力F(全角のアルファベットはベクトル記号の意)とすると次のようですね。

ma∝F

加速度は速度の変化率ということa=Δv/Δtはよろしいですか。ならば、p=mvという量を定義しておけば上式は次のようになることがお分かりになるでしょう。

Δp/Δt∝F

「質点に作用する力はpの変化率を決める(から決まる).」という簡単な表現と見方ができるようになりました。このベクトル量pが質点の運動量です。速度変化に現われる力の効果は、質量あたりのものとして発揮されるので、力が与える運動状態の変化総量は、単なるvではなく、mvという量の変化に効いてくると表現した方が簡単になるのです。力により直接変化を受ける運動状態を表す量、それが「運動量」です。


〔第二段階〕
運動量のより重大な役割が、複数の質点から成る物を一つの系として見なすときに出てきます。(時間がなくなってきたので、今日のところは簡潔にします)
空間で静止していた爆薬を仕掛けた玉が2つに破裂して、左右に飛び去るとします。爆発で生じた運動エネルギーは分っているとします。両破片の速度は予測できるでしょうか。エネルギーの各破片への振り分け方は無数に考えられますから、運動エネルギーだけ考えたのでは予測できません。しかし現実には、両破片の質量さえ分っていれば、完全に予測が可能なのです。その原理が、各破片の運動量を考えたとき、その総和が、破裂前の運動量の総和に等しくなるような運動だけが実現するという法則なのです。これは「系の運動量保存則」と呼ばれ、力学的エネルギーが保存してもしなくても(爆薬の量がどうであれ)孤立系であれば完全に成り立つ大法則です。今の例で始め静止していた場合なら、飛び去る破片の運動量のベクトル和もゼロを保ちつづけます(重心が静止しつづけると言い換えることもできる)。破片の質量が同じなら、左右同じ速さ逆向きに飛び去るということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ばっちりです!大変わかりやすいです。こんなに細かく書いていただいて本当にありがとうございます。もっと勉強して頑張ります。

お礼日時:2001/11/23 11:05

昨日書いた内容が不十分でしたので少し補足いたします。


まず訂正。

始めの方で、
"高校1年生ぐらいと仮定して" => "高校の物理を勉強中と仮定して"

真ん中よりやや後方
"質量あたりのものとして発揮される" (意味不明)
=>"質量に反比例するかたちで発揮される" (無難だが何か物足りない..)

〔第二段階〕については、細かい訂正は止め、続きを書きます。
このモデルで、運動量が「運動の激しさ」とは異質の量であることが分ります。始めは全てか静止していたのです。運動の激しさはゼロです。これに、爆薬によって運動の激しさが加えられました。それでもなおゼロであり続けるのが運動量です。運動量とは系を一つのものと見たときの運動状態を表すベクトル量である、これが正しい認識の仕方です。
ところで、系の運動量保存則の本質は一体何でしょう。これは、質点の集まりを一つのものと見ることができ、その一つの「もの」(=系)に対して運動の第1法則が成り立つことなのです。「外力が作用しなければ系の運動量は変わらない」という明快な主張です。

〔最後に〕
あらためて、なぜ、速度かける質量という量なのか。考えるヒントは十分そろったと思いますので、ここからはご自身で進めて下さい。完全な理解は、大学で、質点系の力学というのを習うときときまで持ち越されるかも知れませんが、今からこの程度考え進めておけば、大学の勉強は大変うまく進むでしょう。その際、運動の第3法則の役割、重心の定義の仕方と意味についても気をつけておいて下さい。
教科書も時には批判的に見なければいけないということもお忘れなく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、あなた、只者ではないですね?勉強頑張る気になりました!どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/11/26 10:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいびつな図形の重心の求め方を教えてください。重心を求める基本があれば教

いびつな図形の重心の求め方を教えてください。重心を求める基本があれば教えていただけると助かります。大学では微分積分は勉強しました。
問題
直線Y=X+2と放物線Y=x^2で囲まれた領域Dの重心を求めよ。

Aベストアンサー

平面図形の重心は(1次モーメント)/(質量)で定義されます。
(質量)は密度が1の場合は(面積)になります
重心の座標をG(xg,yg)とする。
直線と放物線の交点は2つの方程式を解いて求めるとA(-1,1)とB(2,4)となることから
領域の面積S=∫[-1,2] (X+2-X^2)dX
重心の座標は
xg=∫[-1,2](X+2-X^2)XdX/S
yg={∫[1,4](√Y-(Y-2))YdY+∫[0,1](2√Y)YdY}/S
で求まります。

積分は単純な積分ですから積分は自力で出来ると思いますのでやってみて下さい。

Q流体の運動量と角運動量について

流体機械の問題で、2つの面の間で運動量と角運動量は等しいということを
利用して解く問題をやっています。
しかし、質点の運動量と角運動量は、簡単な公式がありますが、
流体の運動量と角運動量がわかりません。
流体の運動量と角運動量の求め方を教えてください。

Aベストアンサー

状況がよく分からないので基本的なことですみませんが、
ある面を単位時間に通過する流体について考えます。

平均流速v、密度ρ、ある面の面積Aならば、
単位時間にそこを通過する流体の体積(体積流量)はvAなので、
質量(質量流量)はρvA、これに流速をかけたものρv^2Aが運動量になります。
角運動量も同じ考えで求めることが出来ます。

併せまして、流体力学の簡単な本をご参考にされることをオススメ致します。

Q座るときの体の重心位置の求め方

座るときの体の重心位置の求め方

170cmの人が椅子(50cm又は60cmの高さ)に座るまでの、体の重心位置の流れを知りたいのですが、どのように求めればよいのでしょうか?

人それぞれの体型や体のゆがみがあると思いますが、平均体型での重心位置でよいです。

どなたか教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

おおざっぱでいいなら、別の方法として、こんなのはどうでしょう?

上腕、下腕、脛、腿、胴体、頭の10個のパーツに分けて考えて、それぞれの重さと重心をあらかじめ計っておけば、どの体制になっても、10個パーツの重心の平均をとれば全体の重心が求まります。

それぞれのパーツの重心をどうやって計るのかはわかりませんけど・・・

Q運動量と角運動量の違いと慣性モーメント

運動量と角運動量の違いと、慣性モーメントについて教えて頂けませんか?

●運動量P
P=mv
●角運動量L
L=rP
L=Iω
●慣性モーメントI
I=mr^2

この式まではわかるのですが、運動量と角運動量が具体的にどう違うのかがわかりません。
運動量にベクトルを加えたのが角運動量だと言う事は何となくわかるのですが。
特にLのベクトル方向について、なぜ逆向きになるのかなど教えてください。
あと、慣性モーメントについては理解が出来ません。
SI単位に直すとgm^2になるのはわかりますが、m^2というと面積のことなのでしょうか?
もしそうであれば、gm^2は面積当たりの重さを表すものだと思うのですが。

手元にある資料を見てもよくわからないので、噛み砕いて説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

>運動量にベクトルを加えたのが角運動量だと言う事は何となくわかる・・・
 運動量はベクトルでなく(たんなる数値で)、角運動量はベクトルだと思っている、という印象を受けました。
 運動量もベクトルです。質量m(数値)の速度ベクトルをvとして、

  P=mv

となります(mは質量)。そして、運動量ベクトルPと、Pを持つ質点mの位置ベクトルrとから作られるベクトルが、角運動量ベクトルLです。

  L=r×P=r×(mv)=m(r×v)

となります。ここで「×」は、二つのベクトルの外積を表します。
 L=Iωについてですが、例えば、等速円運動の角速度をω(数値)とした場合、

  |L|=|r×P|=|r×(mv)|=m|r×v|
    =m|r|・|v|=m|r|・|r|ω
    =m|r|^2・ω=mr^2=Iω  (1)

が本来の意味です。ここで「| |」はベクトルの長さ、「・」は数値の積を表し、最後の「r^2」は、rベクトルの内積の二乗で、|r|^2=r^2と良く書かれます。

>特にLのベクトル方向について、なぜ逆向きになるのか?
 これは、どういう事態かちょっとわかりませんでした。補足を下さい。

>SI単位に直すとgm^2になるのはわかりますが、m^2というと面積のこと?
 (1)式で述べたように、位置ベクトルrの長さと|r|と、角速度と速度ベクトルの長さ(速さ)との比率|r|の積が、角運動量の中でr^2となって現れているだけです。

>もしそうであれば、gm^2は面積当たりの重さを表すものだと思うのですが
 これも、何故そういう風に考えざる得ない事態になったのですか?。補足を下さい。

>運動量にベクトルを加えたのが角運動量だと言う事は何となくわかる・・・
 運動量はベクトルでなく(たんなる数値で)、角運動量はベクトルだと思っている、という印象を受けました。
 運動量もベクトルです。質量m(数値)の速度ベクトルをvとして、

  P=mv

となります(mは質量)。そして、運動量ベクトルPと、Pを持つ質点mの位置ベクトルrとから作られるベクトルが、角運動量ベクトルLです。

  L=r×P=r×(mv)=m(r×v)

となります。ここで「×」は、二つのベクトルの外...続きを読む

Q円に似た軌道の中心(重心?)の求め方

円に似た軌道の中心(重心?)の求め方
お手上げ状態なので質問させてください。
簡単な高校数学レベルの知識しかないのでできるかどうかわからないのですが、
簡単なプログラムである図形の中心というか重心を求めたいと思っています。
手元にあるデータはx、y座標の羅列で、
十分に細かいサンプリング間隔で座標を取得しているので
それぞれをプロットしていくとほぼ正円になります。
でも厳密にいうと正円ではありません。
この円に近い図形の重心を求めるにはどうしたらいいでしょうか。
ほんの少しの歪みからくる正円との重心のズレを調べたいので
できるだけ近似はしない方法だと助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

x,y座標の羅列をつなげた多角形ということだとすると、
x,y座標毎に、羅列の算術平均をとったものが重心になります。

ただ、当該図形の各点(たとえば各辺)が密度を持つという
設定ならば、上記算術平均には必ずしも一致しません。

Q光にも軌道角運動量とスピン角運動量の区別があるのですか

水素型原子の電子軌道の持つ角運動量は軌道角運動量とスピン角運動量の区別があることは勉強しました。電磁波(光)にも軌道とスピン角運動量が存在するのでしょうか。
 
また完全な平面波波進行方向の角運動量を持たないと言う記述がありましたが、一方平面電磁波は球面波展開ができると言うことも教科書に書かれていました。ひとつひとつの球面波は球ハンケルh(l)とY(l、m)の変数分離で記述できることも勉強しましたが、円偏波が量子力学で言うスピン角運動量に対応するのでしょうか。

きちんとわかってないのでお詳しい方に教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近は読む気にもならないような質問が多いのですが、これは良いご質問だと思います。光子の軌道角運動量がないのは原子核の周りを回っている状態をつくれないからではありません。例えばブラックホールの近辺とかなら球対称場での光子の束縛状態が作れる可能性があると思いますが、そのような場合にも軌道角運動量はない(というか軌道角運動量の演算子が定義されない)と思います。完全な平面波が角運動量を持たないことはありません。質量のある粒子の中心力場内での散乱を考える時、平面波を球面波(軌道角運動量の固有状態)に展開するのが常套手段であることは量子力学の教科書を見ればすぐに分かることです。運動量の固有状態は角運動量の固有状態ではないと言うだけで角運動量がないわけではありません。

Q重心点の求め方

 長方形の長い辺に小さい長方形がくっついた図形の重心点の求め方を教えてください。
       
  ↓こんな形(■の部分)
□□□□□□□□□
□□■■■■■■□
□□■■■■■■□
□■■■■■■■□
□■■■■■■■□
□■■■■■■■□
□□□□■■■■□
□□□□■■■■□
□□□□□□□□□    

Aベストアンサー

左下を原点として、■1つ1つの距離×面積の和を総面積で割ったらでます。

Gx=Σx*dA/A
Gy=Σy*dA/A
A=ΣdA

Q保存則(エネルギー、運動量、角運動量)はどのように適用すればよいのでしょうか?

大学編入の勉強をしているものです。力学なのですが、保存則(エネルギー、運動量、角運動量)にとてもつまずいています。

とても抽象的で申し訳ないのですが、
みなさんが力学の問題を解く上でのプロセスを教えてください。
(1)まず運動方程式か保存則(エネルギー、運動量、角運動量)を使うかの判断の方法。
(2)保存則を使おうと思うときはエネルギー、運動量、角運動量のそれぞれ成立するかは、どのように調べていけばいいのでしょうか?

力学的エネルギーの法則は、摩擦力などがなく保存力のみなら成り立つとのことなので考えやすいのですが、
運動量、角運動量の場合は、解答を見ると「保存する」とある際も、どうしても「重力があるなら外力あるじゃん」と思ってしまいます。

(3)重力が作用しているときでも、重力は外力にはならないのでしょうか?
水平方向、鉛直方向で考えればよいのでしょうか?

長くなりましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)まず運動方程式か保存則(エネルギー、運動量、角運動量)を使うかの判断の方法。

運動のプロセスのすべては,運動方程式という微分方程式を積分することで得られるわけですが,それぞれの保存則は運動方程式のいわば「はんぱ」な積分の結果です。ですから,たとえば途中経過はともかく,ある特徴的な時点における位置や速さなどの結果だけを知れば良いというのであれば,保存則を用いるのが便利なのです。

(2)保存則を使おうと思うときはエネルギー、運動量、角運動量のそれぞれ成立するかは、どのように調べていけばいいのでしょうか?
(3)重力が作用しているときでも、重力は外力にはならないのでしょうか?

力学的エネルギー保存の適用範囲は,おっしゃるとおり。運動量保存にせよ,角運動量保存にせよ,外力が作用していても外力どうしでつりあっていることが保証されていればいいわけですね。また,角運動量保存は実質的に中心力のみを受けていれば成立します。

いずれにせよ,運動方程式と各保存則との関係をしっかり学ばれるのがよいと思います。保存則は運動方程式から導出されるものであり,法則として独立したものではありません。ですから,運動方程式から保存則を導出する理論的なプロセスをしっかり理解されると,保存則の適用範囲とその限界が見えてきます。

(1)まず運動方程式か保存則(エネルギー、運動量、角運動量)を使うかの判断の方法。

運動のプロセスのすべては,運動方程式という微分方程式を積分することで得られるわけですが,それぞれの保存則は運動方程式のいわば「はんぱ」な積分の結果です。ですから,たとえば途中経過はともかく,ある特徴的な時点における位置や速さなどの結果だけを知れば良いというのであれば,保存則を用いるのが便利なのです。

(2)保存則を使おうと思うときはエネルギー、運動量、角運動量のそれぞれ成立するかは、ど...続きを読む

Q密度一様な物体の重心の求め方。

底面の半径a、高さhの直円錐の重心の位置の求め方が分かりません。
答えは底面からh/4です。

積分を使って求めることは分かっているのですが、答えがどうしても合いません。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どういう答えを出されたのですか。
立てた式も一緒に示して貰うといいのですが。
「どうしても合いません」と言われても「はい、そうですか」というわけにはいかないのです。

三角形の重心を積分で求めるのは出来ますか。
円錐の重心を求める計算と並べて比べてみるといいかもしれませんね。
同じ考え方でできる少し簡単な例でやってみると間違いが見つかりやすいと思います。

3角形の重心は中線の上にあって頂点から2/3(底辺からは1/3)の所ですね。
これは面積を2等分する所ではありません。

Q地面反力と力積の違い パワーや運動量の概念・・・

よろしくお願いします。
 例えば走っているときに、脚が地面に着いている間
は、地面反力を受けますよね(このいい方で合っているのでしょうか?)で、この地面反力というのは、地面に接している間の力積とどう違うのでしょうか?

あと、力積を出すには、水平方向の力と鉛直方向の力を掛け合わせたものでいいのでしょうか 
物理初心者なもので参考書片手に苦戦しています・・・

また、運動量やパワーといったものは明確にどうちがうのか、どれも算出式に速度や時間や力などが関係し
「どれも一緒なの???」って思ってしまいます。
(無知ですね・・・)

こんな状態なのですが
具体的な数字や例、参考URLなど教えていただけると
助かります。

ちなみにレベルとしては、微分積分がなんとなーくわかるような怪しい状態です。(ただ式の中の△の意味は?です)
よろしくお願いいたします!!!

Aベストアンサー

高校レベルの物理の力学では,まず,
・静的な力のつりあい
・物体の動的な力と加速度の関係
というように段階を追って理解するのがいいでしょう。
1.地面反力:反力は「力(ちから)」ですから,力積〔力×時間〕とは単位(本当は次元とかディメンジョンといいます)が全然違うものです。
2.力積は〔力(ちから)×時間〕。水平方向の力〔力〕×鉛直方向の力〔力〕は,〔力の2乗〕というディメンジョンです。※明らかに異なる物理量です。
3.パワー:たぶん,仕事率のことだと思います。単位時間当たりの,仕事またはエネルギーのことです。

ただ単に「関係している」というだけでなく,それらの関係と単位(ディメンジョン)の関係を良く確かめながら理解をすすめるとよいと思います。
教科書をよく読めば,そのことが順に説明してあると思うんですが・・・


人気Q&Aランキング