タイトルが変ですが、これから最終的に裁判までいきかねない交渉事をはじめるのに、主人が心臓疾患で障害者なため、交渉をおもに、妻である私がしたいのですが、当事者は主人のため、相手に「本人でないと」と逃げられそうな気がします。成年者の場合の法定代理人は本人の委任状だけでは配偶者がなれないのでしょうか?裁判所に提出しなければいけないでしょうか?
本人の委任状はどういう風に書けばいいでしょう?
今回の交渉においての権利を委任するというような内容の委任状で法的に効力があるでしょうか?
相手がそれを無視しようとした場合、みとめなければいけない法律はあるでしょうか?最初から裁判になるわけではありません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 私の悪い癖で、またまた長いです。

また、失礼な表現も多々あります。あらかじめご容赦くだされば幸いです。

1 日商協や商品取引所と交渉する意味
 先物被害に遭ったと主張されている方は、わが国だけでも膨大な数に上ります。日本商品先物取引業協会(日商協)や商品取引所が、そのような苦情の一つ一つに親身になって対応してくれるとお考えですか?せいぜい、今後の取引ガイドライン改定の参考資料としてくれるにとどまると思います。

2 弁護士に委任する必要性
 結論的には、訴訟前の交渉段階から弁護士に委任されることをお勧めします。

 商品先物被害を理由に損害賠償を請求しようとする場合、取引委託約定書、注文伝票、委託者別総勘定元帳(イタカン)などの取引関係書類が重要な証拠となりますが、これらの書類は、先物会社側が全て握っています。
 おそらく、maittachanさんのご主人のお手元にあるのは、売買報告書と日商協のパンフレット程度ではないでしょうか。これだけでは、証拠不足です。
 かといって、素人であるmaittachanさんやご主人が先物会社に出向かれても、お見込みのとおり、イタカン等を先物会社が閲覧・謄写させてくれるとは思われません。委託者には先物会社に取引関係書類の閲覧・謄写を請求する権利はない、と判示した名古屋高裁の裁判例がありますので、これを盾にとられるのが落ちです。

 ところで、民事訴訟法234条は「証拠保全」という制度を規定しています。詳細は割愛しますが、ニュースでよく放映されている警察・検察による「証拠品の差押え」の民事事件バージョンとお考えになって結構です(先物会社には事前に通知・弁解聴取をせずに、ご主人の申立てだけで発令されます。)。
 この証拠保全は、先述した名古屋高裁の裁判例の射程には入ってきません(ここも、理論的ご説明は割愛します。)ので、先物会社にイタカン等を提出させることができます(ただし、強制力はありませんので、提出してくれる可能性が非常に高くなる、と申し上げた方が正確です。)。
 証拠保全の申立ては、ご主人ご自身がなさることも可能ですが、書類の作成や裁判所との面談などに手間取るおそれがあり、そうするうちに最悪の場合、先物会社が資料を改ざんしてしまう危険すら絶無ではありません。

 弁護士は、こういった証拠保全に慣れていますし、現在では大抵の弁護士会に証券・先物被害対策委員会が置かれています。また、大阪弁護士会などが証券・先物被害救済のマニュアルを作成しています。
 さらに、訴訟前の交渉と訴訟を一括して弁護士に委任なさった方が、別々に委任なさるよりも報酬が安上がりになる場合が多いです。

3 弁護士なんて知らない、費用が心配
 maittachanさんがご自身での交渉を試みられるのは、失礼ながらご収入が乏しく、費用をご心配になってのことだと思います。
 しかし、この点は、法律扶助協会(http://www.jlaa.or.jp/)がmaittachanさんのご相談に応対してくれると思います。法律扶助協会は、経済的な理由で弁護士に依頼できない方のために、弁護士を紹介するとともに弁護士費用の全部または一部を立て替える、という事業を行っています。

 以上、ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.jlaa.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私も日商協は当てにならないと思っています。独立したかなんかで前よりはましと言う意見もみましたが、日商協のガイドブックに「約諾書に捺印したら、あなたは取引のしくみを十分に理解していなかったとしても、理解したとみなされます。」というくだりをみると、これをハンコをおしてからわたすというのは日商協ぐるみのサギ行為にしか思えません。このくだりを理解してハンコを押す人がいるでしょうか?日商協や取引所の苦情処理センターは業界が勝手につくったところだから、無視してもいいという人もいました。被害金額が判明して思った以上でしたので、今弁護士会の先物取引被害相談に予約をいれたところです。

お礼日時:2001/11/27 17:16

 簡易裁判所での訴訟に至った場合については、すでにhanboさんが適切なご回答をしておられますので、私は、若干の補足をさせていただくことでご勘弁ください。


 追加説明をお求めになる場合は、ご主人がどういった紛争の当事者で、誰と交渉する必要がおありなのかを補足いただければ幸いです。

1 訴訟外での交渉段階
 訴訟外での交渉段階においては、当事者は、自由に代理人(任意代理人、といいます。)を選任して、交渉、契約(示談も契約の一種です。)にあたらせることができます。誰を代理人に選任するのも自由です(民法102条ご参照。未成年者や成年被後見人(従来の「禁治産者」)でもよい、と書いてあります。)。
 代理人の選任手続は、特段の限定はありません。代理権の有無をめぐって後々トラブルになるおそれがなければ、委任状の作成も不要です。

 委任状を作成する場合には、委任する権限の範囲、委任した日、代理人の氏名(その他代理人を特定するに足りる情報。住所や委任者との続柄など。)を記載し、委任者が署名(代筆やゴム印でも可)・押印するのが一般的です。
 裁判所その他の官公庁に提出する必要はありません。

2 受任者の権限
 代理人は、委任者に代わって、権限の範囲内に属する一切の事項について、交渉し(委任者側が積極的に提案(正確には「意思表示」といいます。)する「能動代理」と、相手方から提案を受ける「受動代理」の双方を含みます。)、相手方と合意(契約)する権限があります。
 逆に、代理人が権限の範囲内で提案したり合意したりしたことは、本人が「そんな合意をしたことは報告を受けていない」とか「代理人はまだ未成年者だった」などという理由で無効を主張することはできません。

 他方、代理人を選任しても、委任者は当事者たる資格を失いません。ですから、相手方が代理人の「頭越し」に委任者本人との交渉を要求することは、なんら違法ではありません。
 また、委任者が、代理人を選任していることを理由に相手方との交渉を拒否したことにより、たとえば既存の債務の履行が遅滞した場合には、損害賠償義務(遅延利息)が生じます。

 もっとも、相手方が委任者本人との交渉を求めて、たとえば委任者本人の自宅に押しかけてきたような場合、相手方が不退去罪(刑法130条後段)などの刑事責任を問われることはあり得ます。

3 訴訟段階
 訴訟等の法的手続段階(内容証明郵便は、ここにいう法的手続ではありません。)で、簡易裁判所(元本が90万円以下の債権をめぐる争いを管轄します。裁判所法33条1項1号)における手続(民事調停、支払督促、少額訴訟を含む訴訟)については、裁判所の許可を得て、誰でもが代理人になれます(民事訴訟法54条1項ただし書)。訴訟代理許可申請用紙は、簡易裁判所に備え付けられていたと思います。
 地方裁判所・家庭裁判所における手続については、弁護士でなければ代理人とはなれません(民事訴訟法54条1項)。弁護士への委任状は、各弁護士がそれぞれに独自の書式(といっても、記載事項はどの弁護士もほとんど同じですが。)を用いています。

 相手方が委任者本人との直接交渉を要求することができることは、2と同じですが、貸金業者については、旧大蔵省の通達で、弁護士が事件を受任した旨の通知を受けたときは、委任者本人に対する取立行為をしてはならない旨定められています(これは、訴訟外での交渉段階も含んだ規制です。)。

 以上、ご参考になれば幸いです。

この回答への補足

ありがとうございます。具体的にいうと先物被害にあいこれから相手と交渉するにあたり、まず会社側次に日商協そして取引所そして裁判となると思いますが、裁判は弁護士さんがいるにしろその前の段階を弁護士さんなしで行う場合を心配しています。いろいろ被害例をしらべたところ、もうお金がないのがわかっている被害者の代理人に弁護士でなきゃ話さないと拒否するなどということがあるそうなので、効力のある手をうちたいと思っています。よろしくお願いします。

補足日時:2001/11/26 19:46
    • good
    • 0

 代理人選任届けを裁判所に提出して、認められれば奥さんが代理人としてご主人に代わってすべての権限を有することになります。

裁判所が選任を認めた場合は、相手にとっては別人であろうとも、制度上はご主人と同格ですので、相手が無視した場合であってもそれを認める必要はありませんし、あくまでも裁判長の判断で進められます。と、思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/26 19:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお金の貸主から委任状をもらって相手(借主)と交渉。この委任状は法的に効果(意味)がありますか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を迫っていない)ので、代わりに私が行動を起こして、父が生きているうちに早く決着をつけたいと思います。
もちろん訴訟を起こすことも念頭に、まずは債務の内容を書面で相手にきちんと確認させることから始めて、公正証書を作成したり、抵当権を設定したり、保証人をつけさせたりなど、相手と交渉していきたいと考えています。

しかし、一度相手と接触したところ相手は「私はあくまでお父さんから借りたのだから、これは私とお父さんとの関係だ」というような口ぶりでした。

貸主の地位を私が父から譲り受ければ問題ないと思いましたが、いわゆる債権譲渡って税金も含めてかなりコストがかかるんですよね?(父が貸している金額もかなりの高額ですし)
だから債権を回収するための手段として父から債権譲渡してもらうのは無理そうです。

そこで、ある人から「お父さんから委任状をもらえば?」とアドバイスを受けました。
実は、当初 私自身も「委任」ということも考えたのですが、今回のような場合は「委任」を受けても “法律的” には効果を発揮しないのではないか(事実上の意味はあるかもしれないが)と思っていたのでした。

一般に「委任状」の存在は知っていますし、「委任」とか「代理」とかの法律上の意味もだいたいわかっているつもりです。
訴訟代理人である弁護士は、依頼者から「委任」を受けてすべての権限を持って相手と交渉する、ということも知っています。

ただ 今回、私が父から「今回の契約に関するすべての権限を子供に委任する」との「委任状」をもらった場合、これは相手に対して法律的に意味(効果)のあるものでしょうか?
相手が「名義人(貸主)はお父さんなんだから、君の言うことは聞かない。お父さんとしか話さない。」と言ったときに、父からの「委任状」を持っていることとの関係は法律的にどうなんでしょうか?

<追記>
書面上の名義人ですが、たとえば弁護士だと「○○の訴訟代理人 ○○弁護士(弁護士の押印)」ですよね?
今回、かりに交渉の法的権限(?)が私にあるとしても、再確認の契約書、公正証書、抵当権設定契約などにおける名義人は「父の名前(父の押印)」であって、契約上「私の名前(私の押印)」が出るわけではないですか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが父から委任を受けて、父の代理として相手と交渉あるいは取引等をすることは可能です。
法的にはあなたと父との間で委任契約を結びます。その中で代理権を付与してもらいます。
委任の内容としては、父の債務者に対する金銭消費貸借契約上の一切の権限を付与するとしてもらえばいいでしょう。
その委任契約書の内容、あるいは代理権を付与した内容の委任状を相手に提示すればいいのです。
疑うなら父に電話で確認してもらってもいいでしょう。

記名債券譲渡の話しも出ていますが、これは贈与ではなくて、父から債権をあなたが買い取るものですが、債務者との債権の内容がはっきりしていれば可能ですが、あやふやな場合は債権譲渡の内容もまたあやふやとなってしまいますので好ましいとは言えません。

まずは、あなたが代理人となって債務確認書を作成しようとされているのはいいことだと思います。

追加で質問があればどうぞ。

Q委任状は必ず本人が書かなければならないか?

今日、役所に印鑑証明を登録に行ったら

代理人だから委任状がなければ登録できない

と言われました。

私は子供なので「父から委任を受けて登録する印鑑も持ってきた。なんなら電話で確認して登録してください」と言いましたら、職員が「書面でないとこちらも後日書類で確認できないから登録できない」といいます。
父は入院しており、字を書ける状態ではありません。ただ、意識はしっかりしているのでどうしたらよいかと尋ねたら「代理人自身が父の代わりに隣で代筆の上で押印して委任状を持参したら登録します」とのこと。それでは、私が職員の目の前で代筆してそれを提出したらよいのか?と尋ねると、「本人が横にいないと代筆しても意志を確認でいないので登録できない」と問答になり結局手続きができませんでした。

代筆するなら、電話で確認しながら目の前で買いても一緒だと思うのですが、それもダメだと言います。
これって普通なのでしょうか?
見えないところで書いてきたら結局、職員は受け付けるのでしょうから形式だけの手続きはやめて欲しいものです。委任状の作成の仕方に決まりはあるのでしょうか?
おしえてください。

今日、役所に印鑑証明を登録に行ったら

代理人だから委任状がなければ登録できない

と言われました。

私は子供なので「父から委任を受けて登録する印鑑も持ってきた。なんなら電話で確認して登録してください」と言いましたら、職員が「書面でないとこちらも後日書類で確認できないから登録できない」といいます。
父は入院しており、字を書ける状態ではありません。ただ、意識はしっかりしているのでどうしたらよいかと尋ねたら「代理人自身が父の代わりに隣で代筆の上で押印して委任状を持参したら登...続きを読む

Aベストアンサー

>父は入院しており、字を書ける状態ではありません。

 失礼ながら、なぜそのような状態の父親の実印を新しく登録する必要があるのか?。そもそも、なぜ長年済んでいるはずの父親の実印が一度も登録されていないのか?。役場の担当者であれば誰でも慎重にならざるを得ないシチュエーションです。

 そのような状態である場合に新たに実印が必要な場合とは、悪用される可能性が非常に高いと思われても仕方のないことであることはおわかりかと存じますので、ホントに必要である実の子供であるならば、決して大声を出さずに、できれば母親と一緒に行って、穏やかにかつ粘り強く、「なぜ、登録が今必要なのか」理解を求めることが必要です。なぜですか?

Q委任状というものは、本人の直筆のサインと印鑑があれば、効力を発揮するも

委任状というものは、本人の直筆のサインと印鑑があれば、効力を発揮するものですか?
印鑑についても、印鑑証明をとれば、委任したことになるのですか?

委任の適応される範囲は何ですか?
前回の質問で、父親は委任状を取っているから、私には交渉する権利があることを主張されます。

また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。

今日も、電話で話をしたのですが、あなたではなく、会長と話をしたい、会長から委任されていない、あなたと話す時間は無駄だと言われ、委任状を送ってきたら話もするし、下記の診断書も送付するとのこと・・・。
最終的にはお怒りになって、怖いもの知らずですね、どうなっても知りませんよと、捨て台詞をはいて一方的に電話を切られてしまいました。

私は、下記の事を言っただけなのですが・・・。
1、診断書の提示
  →娘の名誉のために出せないと主張
2、主治医との対話
  →本件と関係ないし、必要ないと主張
3、会社が本人を解雇する意志がないこと
  →お父様は娘を今後、この業界では働かせないと主張

怪しいですよね???

皆さんのご意見を聞かせて下さい。

委任状というものは、本人の直筆のサインと印鑑があれば、効力を発揮するものですか?
印鑑についても、印鑑証明をとれば、委任したことになるのですか?

委任の適応される範囲は何ですか?
前回の質問で、父親は委任状を取っているから、私には交渉する権利があることを主張されます。

また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。

今日も、電話で話をしたのですが、あなたではなく...続きを読む

Aベストアンサー

>また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。
この時点で「犯罪」ですよ(笑)
脅迫罪になりますから、刑事告訴の対象になります。

1、診断書の提示
  →娘の名誉のために出せないと主張
診断書は、名誉に関係なく「必要書類」になり、提出の拒否は通用しません。
傷病の証明書類になりますから、提出拒否は「請求権放棄」になります。
裁判所でも、診断書のない傷病は認めません。

2、主治医との対話
  →本件と関係ないし、必要ないと主張
診断書がない以上は、「弁護士」による「医療照会」を職権で調査をする方法があります。

3、会社が本人を解雇する意志がないこと
  →お父様は娘を今後、この業界では働かせないと主張
会社が「解雇」していない以上は「自己退職」ですから、予告手当ても発生しません。


私は、ネゴシエーターをしていますが、「退社時」でのトラブルでも珍しい部類です。
経験者としては、「弁護士」を介入させてください。
弁護士が、刑事告訴を含む「法的措置」を講じてくれ、相手が「恐喝」であることを証明してくれます。
今後は、弁護士を介入させて、「法的な」話し合いをしていきたいと「会長」に進言するべきでしょう。
恐喝する人間は、「弁護士」から「選任通知」が来た時点で逃げてしまいます。

>また、要求を飲まない場合は、法に触れない範囲で、営業妨害をすると言ってきています。警察にも相談しようと思ったのですが、行動を起こされてからにしようと思ってます。
この時点で「犯罪」ですよ(笑)
脅迫罪になりますから、刑事告訴の対象になります。

1、診断書の提示
  →娘の名誉のために出せないと主張
診断書は、名誉に関係なく「必要書類」になり、提出の拒否は通用しません。
傷病の証明書類になりますから、提出拒否は「請求権放棄」になります。
裁判所でも、診断書のない傷病は認めません。...続きを読む

Q委任状は親族間なら本人確認なし?

簡保の貸し付けの問題で色々調べていくうちに

親族間で住所が委任代理人と契約者が一緒で100万以下の貸し付けの場合なら契約者に確認の電話などしないそうです

法的にも問題ないのでしょうか?
おかげで父に40万も勝手に貸し付けされていて困りました。

印鑑も委任状は三文判でもなんでもいいそうです。

相談センターに電話したところ委任状の代理人と契約者の筆跡は違うので手続きしました。とのこと

郵政公社の監査室は窓口で全ての人を犯人扱いするわけにはいかないので筆跡の鑑定は窓口では書類にの内容がきちんとしてるかぎり契約者に確認することはありません、とのこと、

いくらずさんでも簡保のルールならしかたないのでしょうか?

Aベストアンサー

たびたびすいません#1です。よくよく読み返してみると
私ちょっと勘違いしてたかも。。。

担保としての簡保の積立金はまだ生きてるっぽいですね。
であれば金利免除で担保金額との相殺ぐらいであれば
話し合いだけでいける可能性は高いと思います。
契約自体は無効ではないが、やっぱり簡保としての道義的責任はありますから、法的過失を認めさせてもっと有利に運びたいならやっぱり、善感注意義務とか特別法(あればですが)でなんとかするしかないんでしょうね。。40万ぐらいだと現実つらいものがある事は、容易に想像できます;;

Q委任状を本人の許可もなく提出した場合

すいませんが以下の質問に回答いただけますようお願いします。
携帯電話の発信履歴明細書はNTTの場合、月額100円で請求できます。
配偶者が保険証と委任状(勝手に作成)を持って申請しました。
NTTに問い合わせたら「本人の承認がいりますが例外で認めた」とのことです。
このように「委任状を本人の許可なくして使用した」場合の法的措置はあるのでしょうか?
また、認められる例外等があれば教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

有印私文書偽造(刑159)は刑法の体裁の上で、窃盗などの財産罪と違い、文書の社会的信用を害するという社会的法益を侵害する犯罪と位置付けられています。このため、親族免除の規定はありませんし、親告罪すらありません。しかし、事件の性質上、告訴されましても起訴猶予以外には考えられません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報