痔になりやすい生活習慣とは?

花壇にパンジーの苗を数株植えましたが、一株だけずっと花が咲きません。枯れている様子はなく、葉は元気で育っているのに花だけが付かないのです。つぼみの周りに付くガク(というの?)は出来てますがつぼみが付いていません。それに、だんだん他の苗も花付きが悪くなってきたような気がします。害虫のせいなのか栄養面で何か問題があるのでしょうか。ちなみに、植え付け時の土は一年ほど前に購入して余っていた古い培養土に石灰とマグァンプを少々混ぜ込んだだけです。どなたかわかる方、アドバイスお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

葉っぱが元気に育っている、ということなら、問題ないのではないでしょうか?



花つきが悪くなる主な原因は
日光不足、種が出来ているのに放置している時、チッソ過多、などです。

人間が感じる日当たりと、植物が感じる日当たりは違うことが多いですよ。
(日はよく当たるはずだ、と言いはってる方でも 見にいくと
全然日光不足じゃん、と思うことも多い....^^;; 認識の違い?)

ひと株だけ部分的に日があたりにくくなっているような事はありませんか?
(門の影が落ちる時間があるとか、背の高い植物の影になるとか)
その株だけ購入した時に花ガラや種がいっぱいだった とかはありませんか?
(花びらが落ちた後の花ガラは、見落としやすいです)

> つぼみの周りに付くガク(というの?)は出来てますがつぼみが付いていません。
それはつぼみ? 花びらが散って結実する前の花ガラだったとかは?

他の方の御指摘にもある通り、品種による違いもあるかも。
早咲きのもの、遅咲きのものとがあります。

私も毎年違う品種のものを、いくつか買って植えますが
最初から花が沢山ついていて、4月ごろにはほとんど咲き終わる株と
2月ごろまであまり咲かず3月下旬~5月ごろに大株で満開になる株、とに分かれます。

個人的には、冬の間葉が丈夫に育ってくれるものの方が好きで
今たくさん開花しすぎている株は、わざわざ蕾みを摘んで、株を充実させてあげたりもします。
(花つきが多いもの程、株の消耗も早いので、私は今の時点で花がつきすぎる方が逆に心配^^;;)

花壇はお水のやりすぎに注意しましょう。
植物がお水を欲しがるまでは、水やりの必要はありません。
(根は乾くのを感じて伸びるので、常に湿っている状態では根がうまく発達しません)

植えつけた時、根がまわっていれば ちゃんとほぐしましたか?
(真っ白状態、根がまわりきっている株は、少し切って植えないと
いつまでたっても根が張っていかないことがあります)

> 前に購入して余っていた古い培養土に石灰とマグァンプ

古い土とは、使用した土かどうかなので未使用なら新品と変わりありません。
石灰を入れるのは、土が酸性に片寄った場合です。
未使用の培養土には、アルカリ土壌を好む植物以外は、石灰は入れる必要性はないと思いますが?

(石灰は入れ過ぎると害が出る場合がありますので気をつけてください)
また、苦土も消石灰もどちらも、2、3日~2週間ぐらいおいてから植えた方がいいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なアドバイスありがとうございます
花壇は南向きで前方に遮る建物もないので日当たりは良すぎるくらいです
あと、石灰を入れたのは半分程前から入っている土(使用済み土)だったためです
(近所の犬がウロウロしていることがあるしオシッコされてるかも・・・)
でも石灰を入れすぎてもいけないことは知りませんでした。気をつけます。
とにかく、少し様子を見てみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/28 10:49

 私はベランダでパンジーを育てていますが、一部、11月から2月まで日が当たらないので、花がつかなくなります。


 ですから、よく日の当たる所に置いてやればつくと思います。

 それともう一つですが、sendesuさんは花苗にすこし過保護になっていらっしゃいませんか?

 私もよく過保護にし(^^;)、失敗をよくします。葉が育っていると言うことなので、植付け後、肥料を与えすぎていませんか?特に油粕などのチッソ肥料とか…。
 植物は茎や葉が良く生長している時は、なかなか蕾がつきにくい傾向があります。
 培養土に十分肥料が入っている物もあるので袋の表示等もう一度ご確認ください。

 水のやりすぎも要注意です。どんどん軟弱になったり、根が呼吸できなくなり、根が徐々に腐っていることも考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

培養土が古いものだったので、入っている肥料の効果が無くなっているかも、と勝手に考えて別に肥料を入れてしまいました
与え過ぎだったかも知れませんね
ありがとうございました

お礼日時:2001/11/28 11:02

パンジーは、本来、3月以降に咲く花なんです。


それを、年内に開花させるために、低温下で発芽させて出荷するんですね。
(早咲きに改良した品種もありますが。)
ですから、中には、つぼみの出来の遅いものがあっても、おかしくはありません。
株に問題がないのなら、そのうち咲くと思いますので、気長に待ってやって下さい。
肥料切れをおこしているのなら、葉っぱの緑色が薄くなってきます。
害虫なら、花芽のつく中心部分に、アブラムシがいないか、また、ナメクジの這った跡がないかなどを、見てください。急に、株がしおれてくるようなら、土の中のコガネムシの幼虫も、チェックです。
土には、消費期限はありません。(^^ゞ
古くなっても大丈夫ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何人かの方からいろいろアドバイスいただきました
枯れているわけではないので、気長に待ってみます
ありがとうございました

お礼日時:2001/11/28 11:06

購入した培養土で葉が枯れてこなければ、土は問題ないと思います。

花が咲かないのは日当たりかも?もし、プランターに植えているのでしたら、日当たりのよい所へ移動してみてください。あと、パンジーは色(品種)によって開花時期が多少ことなります。たしかオレンジ色で1~2月にならないと咲かない品種もあったと思います。色をミックスで植えると一株くらい開花期が遅いものがまざる可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね
土にはたぶん問題ないのでしょう
日当たりも充分過ぎるくらいですし、まだ早いのかも知れません
ありがとうございました

お礼日時:2001/11/28 11:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qムクゲが咲かない

もう何年も育てています。植木鉢なので、高さが大きくは有りません
全く咲かないのでは有りませんが、他所のに比べてチラホラ程度です
何が悪いのか解かりません
植え替えも2~3年に一度はやってました
父のは地植えですが、枯れるのでは?と思うほど剪定しても花が咲きます
もしかして、剪定して新枝を出す方が良いのですか?
私のは、背が低いので殆ど剪定した事が有りません
おまけに、葉巻虫が付いて困っています

Aベストアンサー

はじめまして♪

ムクゲですか、、 鉢植えでも栽培は可能ですが、本来は大きく枝を伸ばして、根は地下深くまでまっすぐ伸びようとしますので、地植えにはかなわないと思いますよ。

背が低くて選定した事が無いと言う事ですので、根が十分に伸びる事が出来ない状況では無いでしょうか?

また、選定による刺激で、枝葉を延ばして花を多くつけている可能性も大きいかもしれません。

なお、害虫は退治した方が良いと思います。

Qプランター 鉢植えの花がすぐに枯れてしまう  泣

いつもお世話になっております。

昨年から鉢植えにトライしているのですが
毎回 枯らしてしまいます。
全くの初心者で 本を見たりして頑張っていますが、うまくいきません・・・


昨年は 水を毎日やりすぎて枯らしてしまった(と思います)。

それをふまえて 今年は 「水遣りは 土が乾いたら」 と心に決め、控えめに与えるようにしました。

しかし、、、、、

今年も ことごとく枯れて行きます。
全くの初心者なので 花の名前も分からないのですが
ペチュニアなんて、植え替えた2日後には シナシナ。
他の花も1週間程度で見る見る枯れてしまいました。

いつも植え替えたその瞬間だけ美しい。花ちゃん達を見てると可愛そうになります。(ご近所さんはいつも綺麗に育ってる)

プランターの下には 軽石?の様なものを敷き詰め、土もそこそこの値段の物を使っています。
肥料(白いつぶ)も撒きました。

ちなみに、先日 枯れてしまった花を抜いたのですが、簡単に”スポっ” と抜けました。
(全く根が広がらず成長してない感じ。)

植え替えのコツの様なものがありましたらご教示下さい。

(花の名前が分からないので恐縮ですが、お分かりになる範囲で結構です)

どうぞ宜しくお願いします。

いつもお世話になっております。

昨年から鉢植えにトライしているのですが
毎回 枯らしてしまいます。
全くの初心者で 本を見たりして頑張っていますが、うまくいきません・・・


昨年は 水を毎日やりすぎて枯らしてしまった(と思います)。

それをふまえて 今年は 「水遣りは 土が乾いたら」 と心に決め、控えめに与えるようにしました。

しかし、、、、、

今年も ことごとく枯れて行きます。
全くの初心者なので 花の名前も分からないのですが
ペチュニアなんて、植え替えた2日後...続きを読む

Aベストアンサー

枯れる原因は次の理由です。
1.苗の植え方が悪い。
2.肥料の与え方が悪い。
3.土が悪い。
 以上です。 
まづ
<No.1の植え方>
*購入した苗とできるだけ同じ土に植え替えること。
*根鉢は5分の一程度取ってから植える。 
*土はできるだけ排水を良くしましょう。 しかしある程度は
付き固めて土と根密着させないといけません。

<No.2>
 肥料は緩効性の肥料にします。 直接根に触れないように土と
よくまぜましょう。 あなたさまの場合は肥料は与えないで後から
液肥の規定倍率で与えるようにしたほうがよろしい。

<No.3 土が悪い>
 市販の良質の培養土にしましょう。 アイリスさんの****がよろしい。

 最後に今回の枯れた原因についてですが 肥料やけの可能性が濃厚です。 肥料は与えすぎると培養土内の濃度が高くなり根の水分を吸い取られるという現象が起きます。 つまり根の細胞が死んでしまうのです。 
 肥料は新葉が出揃って花が咲き始めてからにしましょうね。

植え替えは植物にとっては大手術と同じです。 人間と同じで傷口がいえて体力が回復するまでは肥料(お食事)は控えるのは当然と思いましょう。 
 もし今回のいろいろの方のアドバイスでやっても枯れてしまうのであれば綺麗に咲いているお隣さんに教えてもらいましょう。

最後に「根づく」という言葉をじっくり考えましょう。
わたしたちも使いますよね。 地域に根付ざした・・・・・。
 植物はまづ根っこが土になじまないと新しい根を出しません。 また土もある時間乾かないと新しい根を出しません。
 新根を出し始めるころを根付くといいます。 この状態になるには植物によって大体期間が決まっています。
 一年草等その年に咲いて終わるものは2~3週間です。 その期間は水遣りと土の乾燥を定期的なサイクルで繰り返してやると大変根付くのが早くなります。
 この期間水をやりすぎると新根が出ないので根腐れでかれてしまうこともあります。 
 土をどのように乾かして(時間・間隔)そしてどれだけ水を与えるかが植物栽培のポイントです。
 

 

枯れる原因は次の理由です。
1.苗の植え方が悪い。
2.肥料の与え方が悪い。
3.土が悪い。
 以上です。 
まづ
<No.1の植え方>
*購入した苗とできるだけ同じ土に植え替えること。
*根鉢は5分の一程度取ってから植える。 
*土はできるだけ排水を良くしましょう。 しかしある程度は
付き固めて土と根密着させないといけません。

<No.2>
 肥料は緩効性の肥料にします。 直接根に触れないように土と
よくまぜましょう。 あなたさまの場合は肥料は与えないで後から
液肥の規定倍率...続きを読む

Qつぼみはあるのに花が咲かない

ノースポールという花を買ってプランターに植えています。
最初に花が一つ咲いていました。
一ヶ月くらい経ち、葉が伸びてきて、
つぼみもいくつか出来ています。

でも、花が咲きません。
買ってきた時に咲いている花だけが咲いていて、
つぼみがいくつもあるのにいっこうに咲く気配がありません。

どうしたら、つぼみの花を咲かせることができますか?

Aベストアンサー

この植物の開花時期は3月から6月ですので、蕾が出来たからと直ぐに
開花する事はありません。購入時に一つだけ開花していたのは、それは
販売のために生産農家が無理やりに咲かせたからです。素人では今の
時期に開花させるのは無理です。生産農家は時期外に開花させる設備や
知識があるからで、一般の家庭では時期外に開花させるのは難しいです。

現在は開花させるための準備期間に入っていますので、今は光線管理を
十分にさせる以外に手段はありません。
本来は屋外向きの植物ですから、室内に入れたからと開花する事はあり
ません。寒さには強い植物ですから、屋外で直射日光に十分に当てるよう
に置き場所を考えて下さい。
光線不足になると徒長(間延び)して、ひょろひょろになり花付きも悪くなり
ます。寒さの事は心配せず、十分に光線に当てて下さい。

肥料を与えられるのは3月から6月です。開花に必要な養分は土に含まれ
ていますので、新たに追加するのは開花に悪影響を及ぼすので、今の
時期は与えないで下さい。

寒さには耐えれますが、暑さには耐えれません。30℃を超えると生長が
止まります。

1年草ですから、開花して種が出来たら保管して、9月頃に種蒔きをします。

この植物の開花時期は3月から6月ですので、蕾が出来たからと直ぐに
開花する事はありません。購入時に一つだけ開花していたのは、それは
販売のために生産農家が無理やりに咲かせたからです。素人では今の
時期に開花させるのは無理です。生産農家は時期外に開花させる設備や
知識があるからで、一般の家庭では時期外に開花させるのは難しいです。

現在は開花させるための準備期間に入っていますので、今は光線管理を
十分にさせる以外に手段はありません。
本来は屋外向きの植物ですから、室内に入れたからと...続きを読む

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qペチュニアが咲かない

ホームセンターで花が2.3個付いたものを購入してきて、庭の花壇に植え替え、現在で2ヶ月ほどたちました。
購入当時咲いていた花は3日ほどで枯れ、その後、現在まで全く花が咲きません。
茎が伸びている感触も、つぼみが新しく付いている感触もありません。
ただ、葉だけは変色することもなく、触ってみても元気なようです。
見た感じ、『買ってきた当時そのままの姿』です。
先々週、土が良くないのかと思い植え替えましたが、その時、あまりにも根がぐるぐるになっていたので(買ってきたものをポットから抜いてそのまま植えたので)、思い切って根を崩して植え替えました。
それからさらに二週間経ちましたが、枯れる様子はなく、また、成長する様子もなく、現在に至っています。
肥料は、化成肥料(6-6-6)を、肥料の形が崩れた頃に追加しています。
水は地面が乾いた頃にやっています。

何が原因なのか、思い当たる方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。

Aベストアンサー

枯れる様子も無く現状を維持しているということから、私もまだ次期が早いのではないかと思います。
春蒔きでその年の夏に花を咲かせる事が出来るのですが、温室とかではなく自然の気候からすると今からやっと種を蒔く時期になったばかりです。
もう少し気温が安定して上ればどんどん咲いてくるかと思います。
今のうちに摘心をしておけば、更に多くの花が期待できますよ。
また、摘心した芽を挿し穂すればペチュニアは結構簡単に根が出ますので、さらに株を増やせるかも。

それよりも気になる事が...
>化成肥料(6-6-6)を、肥料の形が崩れた頃に追加しています。
ちょっとあげ過ぎじゃないですか?購入後2ヶ月でしたら、普通は植え替え時に元肥として最初に混ぜてあげるだけで十分だったような気がします。
6-6-6というのもどうかな...
このように書かれているということは、肥料のことも御存知だと思いますが、数字の順番に窒素・リン酸・カリウムの量のことなんですが、普通花にはリン酸が多目の肥料をあげるんですよね。
有名なところで、固形肥料でマグァンプKは、6-40-6(-15:マグネシウム):液肥ではハイポネックス6-10-5というように。
成分的には他が多いわけではなく、リン酸が少ないだけですし追加であげている量がわかりませんが、種類と量がちょっと気になりました。
植え替えをされたということは、鉢植えですよね?今後は液肥の方が管理が簡単かと思います。

参考に
http://www.yasashi.info/he_00001g.htm

枯れる様子も無く現状を維持しているということから、私もまだ次期が早いのではないかと思います。
春蒔きでその年の夏に花を咲かせる事が出来るのですが、温室とかではなく自然の気候からすると今からやっと種を蒔く時期になったばかりです。
もう少し気温が安定して上ればどんどん咲いてくるかと思います。
今のうちに摘心をしておけば、更に多くの花が期待できますよ。
また、摘心した芽を挿し穂すればペチュニアは結構簡単に根が出ますので、さらに株を増やせるかも。

それよりも気になる事が...
>化成肥...続きを読む

Q夏場の花の水やりについてです

こんにちは。ちょっと気になる事があったので、質問させて下さい。

私は現在団地の五階に住んでおります。うちの団地のベランダはとても日当たりが良い所です。
そのベランダに花などの植木鉢をいくつか置いて栽培しています。
私は毎朝その植木鉢に水やりをしていたのですが、ある日たまたま来ていた姑に「こんな暑い夏場は、朝に水やりをしちゃダメよ。すぐに水がお湯になって根が腐っちゃうから・・・だから夜、涼しくなってからたっぷり水やりをした方がいいのよ」と言いました。

私はあまり詳しい事は分からないので、そんなものなのかと思い、夜にたっぷりの水やりをしていたのですが、また別の日、近所の親しい奥さんの家に遊びに行った時、暑い昼間に奥さんが水やりをしていたので、姑の話を教えてあげました。

するとその奥さんは「昼間は暑いし、土がカラカラになるそんな時に水をあげないと却って植物には良くないよ。夜に水やりしても意味ないんじゃない?」と言われました。

暑くても昼間に水をやるのと、涼しくなってきた夜に水をやるのとは、やっぱり違いがあるのでしょうか?私もなるべく花を枯らさずに、長持ちさせたいと思っているのですが、この二人の言い分、どちらが正しいのでしょうか?

何かご存知の方、アドバイスをお願いします。

こんにちは。ちょっと気になる事があったので、質問させて下さい。

私は現在団地の五階に住んでおります。うちの団地のベランダはとても日当たりが良い所です。
そのベランダに花などの植木鉢をいくつか置いて栽培しています。
私は毎朝その植木鉢に水やりをしていたのですが、ある日たまたま来ていた姑に「こんな暑い夏場は、朝に水やりをしちゃダメよ。すぐに水がお湯になって根が腐っちゃうから・・・だから夜、涼しくなってからたっぷり水やりをした方がいいのよ」と言いました。

私はあまり詳しい事は分か...続きを読む

Aベストアンサー

姑さんが言われる事も、近所の奥さんが言われる事も、正しい部分もあれば
間違っている部分もあります。そのような正反対の事を言われると戸惑いま
すよね。あなたにも勘違いをしている点があります。

水遣りは一番簡単なようですが、実は最も重要な作業で一番難しい作業とも
言われています。水遣り一つで生かすも枯らす事も出来ますから、安易な考
えで作業したり間違った事を続けるのは避けた方が良いですね。

どんな植物にも共通して言えるのですが、あなたは水遣りの際に朝方に水を
与えるものだと常に考えていませんか。確かに間違いではありませんが、必
要も無いのに水遣りをすると場合によっては根腐れを起こす事もあります。
水遣りの基本中の基本は、鉢土の表面が乾いたら与えると言う事です。
見た目には土がどの程度乾いているのか判断が出来ません。水遣りの際には
自分の乾いた指で土を触り、十分に湿っているなら朝方の水遣りは控えるよ
うにし、乾き気味である時は十分に水遣りをします。朝方に水遣りを控えて
夕方に土が乾いているようなら夕方に水遣りをします。もし朝方に土を触っ
て湿っていて、日中が曇りだった時には夕方に土が乾いていないかも知れま
せん。とにかく天候がどうであれ、必ず土を触って確認する事です。

これは余談ですが、プランターをベランダのコンクリート面に直に置いてい
ませんか。団地の5階は1階より風通しが良いのですが、暑さは1階よりも
5階の方が厳しいので、ホームセンターでレンガを必要量だけ購入し、最初
にレンガを並べて、その上にプランターを置くようにします。
これだけでベランダからの放射熱から守れるので、プランター内が熱で蒸れ
る事が防げます。今のままでは姑さんが言われるように、熱で蒸れて腐って
しまうでしょうね。植えからの直射熱とコンクリートからの放射熱で、鉢内
は想像以上に高温になり、根が蒸れてしまっているでしょうね。

姑さんが言われる事も、近所の奥さんが言われる事も、正しい部分もあれば
間違っている部分もあります。そのような正反対の事を言われると戸惑いま
すよね。あなたにも勘違いをしている点があります。

水遣りは一番簡単なようですが、実は最も重要な作業で一番難しい作業とも
言われています。水遣り一つで生かすも枯らす事も出来ますから、安易な考
えで作業したり間違った事を続けるのは避けた方が良いですね。

どんな植物にも共通して言えるのですが、あなたは水遣りの際に朝方に水を
与えるものだと常に考え...続きを読む

Qデイジーの花が咲きません

こんにちは。
11月半ばにデイジーの苗(黒いビニールの容器に入った状態)をもらいました。
その時は次々と花が咲いていたのですが、鉢植えに移し変えてからは花が咲かなくなってしまいました。
蕾はいっぱいついているし、蕾自体は緑で元気に見えます。ただ、花が咲く段階になると、かさかさになって蕾が一向に開きません。
置いてある場所は室内で、直射日光が当らない窓際です。
咲いていたときは室外においてあったのですが、寒くなってきたので部屋に入れました。(暖房が効いていない場所に置いてあります)
葉は黄色く変色しているものもありますが、全体的に元気に見えます。
元気に花を咲かせる方法がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 かさかさになってしまうのは、多分、室内の乾燥のせいかと思います。
あと室内の日のあたらないところにおいていて、少々弱っているのではないかと
思います。
 たぶん、デージーって、公園の花壇に植えられるほど、そんな寒さには弱くない
ので、お住まいが関東以西であれば、日のあたる屋外で大丈夫です。とにかく、日
の光が大切だと思います。温度よりも。
 ただ、急に環境変えたりすると、余計にいたんでしまう可能性大なんで、半日の
ところに少し馴染ませてからとかの方がよいと思います。
 そんなに難しい植物ではありませんから、あまり気を使わず、日に当てることだ
け、あと、極端に乾燥させすぎない(過湿も良くない)ことだと思います。

Qカーネーションの蕾が開かず枯れる

前にも同じ質問が、有ったので実行したのですが、
日が当たる場所に、ずっと置いていて 水も肥料もそれなりに
与えてますが、蕾のまま枯れます。
枯れた蕾は、どんどんハサミで切り落としてます。
蕾は出来てくるけど カスカスになり開きません。
たまに開いても 色が半分枯れた色です。
どうか アドバイス下さい。

Aベストアンサー

我が家でも売れ残り、全滅です。
 家業は花屋です。 母の日に向けて鉢物のカーネーション毎年販売&売れ残りの。。。 
 何年も鉢植えのままでがんばっていますが、生産者や種苗メーカーが言う通りなかなか難しいようです。
 
数年ほど前に配達先で受け取ったおばさんが(苦笑) 受け取り伝票にサインする前にラッピングをベリベリ剥がして拳でポンと鉢を外して、プランターに植え込んじゃいました。「こうしないと、ずーっと咲いてkれないのよ」って。

すごいショックでしたが、それが正解みたいです。 一斉に開花させるため(生産者は)いろいろ手を加えています。 根もきつきつ限界?!肥料も出荷日を計算して開花時にはすでに限界に近いくらいにコストセーブしているそうです。

実に世知辛い世の中です(涙) でも植物として当たり前に作ってしまった農家、今日の市場にカーネーションの鉢物を出荷してました。ざんねんな事に、商品価値がないのでしょうか、ひと鉢50円で競り落とされていました。(きっと運賃を差し引くと請求額のほうが。。。)

カーネーションの祖母はナデシコです。本来は丈夫なはずなんですけれど、品種改良を繰り返してこんなに弱くなってしまったのでしょうね(泣)

我が家でも売れ残り、全滅です。
 家業は花屋です。 母の日に向けて鉢物のカーネーション毎年販売&売れ残りの。。。 
 何年も鉢植えのままでがんばっていますが、生産者や種苗メーカーが言う通りなかなか難しいようです。
 
数年ほど前に配達先で受け取ったおばさんが(苦笑) 受け取り伝票にサインする前にラッピングをベリベリ剥がして拳でポンと鉢を外して、プランターに植え込んじゃいました。「こうしないと、ずーっと咲いてkれないのよ」って。

すごいショックでしたが、それが正解みたいです...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング