10%弱とか10%強って言い回しありますよね?
震度5弱とか震度5強とか・・・
それって~弱はそこまで満たして無いのですか?
それとも少し超えているのでしょうか?
つまんない質問でごめんなさい。

A 回答 (3件)

辞書に書いてありますが・・・



goo辞書から引用

「弱」
(接尾)
数量を表す名詞に付いて、端数を切り上げた数字であることを表す。足らず。
⇔強
「二か月―」

つまり、
10%弱:10%を満たない
   例 5~10%未満(四捨五入理論の場合)
10%強:10%を越える
   例 10越え~15%未満(四捨五入理論の場合)
    • good
    • 2

「~強」・・数量を表す単位について、端数を切り捨てた数量を表す



「~弱」・・数量を表す単位について、端数を切り上げた数量を表す
      足らず

ただ、震度の場合は違っています。震度5弱は震度5の中の1段階。
    • good
    • 2

震度については


http://www.kishou.go.jp/know/shindo/shindokai.html

震度5でも弱いものと強いもの という分け方です


10%弱は10%に微妙に足りない だと思います…

参考URL:http://www.kishou.go.jp/know/shindo/shindokai.html
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100強とか、100弱の言葉の意味は?

よく、100強とか、100弱とか、言いますが、
100強といえば、100以上とか、100より多いという意味
で、100弱といえば、100に近いけど、100に
満たないという意味だと思っていたのですが、
知人は、100強は、200に近い100台だと。
100弱は、100よりは、多いけど、
110とか、100台の少ない数のことを指すといっています。
本来の意味を教えてください。

Aベストアンサー

あなたの見解でOKです。

私は仕事柄統計関係を扱うことが多いのですが、去年は48%、今年は49%の場合、「2年連続して50%弱で推移している」なんていう表現を用いる場合があります。

「強・弱」というと「数%」などと同様、若干あいまいさがありますので、社内では

・40%→40%
・41、42、43%→40%強
・44、45、46%→40%台半ば
・47、48、49%→50%弱

なんてルール化する場合もあります。もっとも、有効数字によっては、同じ40%台といっても、例えば1%きざみの40%台と、0.1%きざみの40%台とでは意味合いが異なりますので、ルール化には注意が必要です(前者は49%までが40%台ですが、後者は40.9%までが40%台です)。

いずれにせよ、知人の方の解釈は間違っているわけですが、誤解の理由は分かる気がします。例えば震度などと混同されているのです。

震度5弱→震度5の下の方
震度5強→震度5の上の方
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/shindo/shindokai.html

あと人事評価や企業格付けの格付け記号などで、
A(シングルA)
A+(≒AA、≒Aa、ダブルA)
A++(≒AAA、≒Aaa、トリプルA)
などもありますよね。同じAランクだけど、その中でさらに微妙な差異を出す場合です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E6%A0%BC%E4%BB%98%E3%81%91

日本的にいうと、上の上、上の中、上の下・・・といったところでしょうか。いずれも「上」には違いないんですけどね。

知人の方は、おそらくこうしたものと一緒だと思ったのでしょう。

あなたの見解でOKです。

私は仕事柄統計関係を扱うことが多いのですが、去年は48%、今年は49%の場合、「2年連続して50%弱で推移している」なんていう表現を用いる場合があります。

「強・弱」というと「数%」などと同様、若干あいまいさがありますので、社内では

・40%→40%
・41、42、43%→40%強
・44、45、46%→40%台半ば
・47、48、49%→50%弱

なんてルール化する場合もあります。もっとも、有効数字によっては、同じ40%台といっても、例えば1%きざみの40%台と、0.1%きざみの40%台...続きを読む

Q何万強とか何万弱というのはどのくらいの数を表すのでしょうか?

何万強とか何万弱という表現があるのは知っているのですが、意味が分からないので使用出来ないでいます。

言い方を替えると、例えば7万1000というのは7万強なのか、7万弱なのかが分かりません。

例えば7万強というのは大体どのくらいの数で、7万弱というのはどのくらいの数なのでしょうか?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

少し多い方が「強」、若干足りない方が「弱」です。
具体的な数字はありませんが。
71000は「強」となり69000なら「弱」となります。

Q言葉について。 友人が怖いものが嫌いでホラー映画とかお化け屋敷とか暗いところが嫌いです 自分はそれを

言葉について。
友人が怖いものが嫌いでホラー映画とかお化け屋敷とか暗いところが嫌いです
自分はそれを理解しています
しかし友人と映画の話をしていたところ、ホラー映画を紹介されて
びっくりしました
そして私が怖いの無理ってイメージだったから意外だったと伝えたところ
友人は私に怖いの無理って知らなかったの?と聞かれ
知ってるよ?と言ったところ
じゃあなんで イメージ っていったの?
って言われました
自分は友人が怖いの無理なの知っていましたが、意識せずにイメージと使ってしまいました
それが気に触ったようで、怒ってしまいました
自分の使う言葉がやはり悪かったのでしょうか

Aベストアンサー

「イメージ」
心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。心像。形象。印象。また、心の中に思い描くこと。「―がわく」「―をふくらませる」「企業―を高める」「電話の声から―した人と違う」
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/15070/meaning/m1u/%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8/
この辞書の語釈にあるように、あくまで「印象」であって「その人自体」でないことは確か。
つまり、「わたしのことを、きちんと理解していないことになるじゃないの」という不満が湧いたのでしょう。
怒ったというより拗ねたのだと思います。
友人というより恋人と位置づけての感覚。

Q博学強覧 か 強覧博識 か 博識強覧 か 強覧博学

首題の通り

どれが正しいでしょうか ?

博学強覧
強覧博識
博識強覧
強覧博学

Aベストアンサー

 #2、#3です。
>単純に日本語のテストで「反対言葉」として
このように前振りされたら、辞書で根拠を確認できないので、答えられませんが、私見での参考程度であれば、
「博覧強記」 vs 「陋浅(ろうせん)健忘」「無知蒙昧」
「博学多才」 vs 「浅学菲才」「無学小才」「浅知短才」
こんなイメージもあります。
「非才」「短才」「微才」 は才能が乏しい、「小才」「菲才」は才能が薄いといった、それなりに違いがあるものでしょうか。

>因みに、私は「無学・健忘・小才・怠惰」と呼ばれております(泣)。
なんの、私めこそ「無芸大食」「行尸走肉」「田夫野人」「抱関撃柝」「有象無象」ですが、それでも「尸位素餐」「夜郎自大」よりはマシかも知れません。「張三李四」こそが穏当なところでしょうか。

Q数を数える際の、弱・強の使い方について

数を数える際の、弱・強の使い方について

例えば、10年弱という言葉を使用した場合は、10年より多い場合に使うのでしょうか?それとも、少ない場合に使うのでしょうか?

ご存知の方、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

少ない場合です。

 下記に「弱」は「端数を切り上げた数字であることを示す」とあります。

 http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E5%BC%B1/m0u/

 例えば、9年11か月、端数「11か月」を切り上げて「10年」とすれば「弱」をつけて「10年弱」になります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報