私の知人の身の上に起こったことについて質問致します。

彼は11月いっぱいで会社を解雇されました。
ですが、今後半年間無報酬で解雇された会社で仕事を継続するということなのです。
理由は、
1.彼の仕事が11月いっぱいでは終了できず、ほかに引き継げなかった
2.このまま半年間仕事を継続してくれれば、半年後には再雇用するという上司からの口約束があった
ということなのですが、これってどうなのでしょうか?

退職理由が自己都合でないということで失業保険はすぐに支給されるようです。
半年間は失業保険が支給されるでしょうから、かなり苦しいでしょうけれどそれなりに生活はしていけるようです。

半年後に再雇用してもらえるといっても、あくまでも口約束です。
それに再雇用してもらえたとしても、解雇前と同じ条件で雇用されるかどうかもわかりません。
そんな変なことをする会社が半年もつかどうかもわからないと思います。
その彼としては、こういう世の中ですから藁をもすがる気持ちで「半年後に再雇用する」という言葉を信じたいという気持ちなのだと思います。

それにしても、再雇用の条件(しかも口約束)が「半年間のタダ働き」だというのはどうなのでしょう?
半年間は元の会社で「無報酬」で働く(しかもフルタイム)というのは失業保険を不正受給しているということにならないのですか?

今だったら、彼が失う物は「半年後の再雇用の口約束」だけです。
私としては彼にそんないい加減なものはあきらめて、次の仕事を探してもらいたいと思っています。
何とか彼を納得させる方法はないでしょうか?
私もこのサイトのフリークで、いろんな方のケースを拝見してきましたが
こんな奇妙な話は初めて聞きました。
それだけに、彼にどうアドバスして良いのやら困っています。
良い知恵をお貸し下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

不正受給がばれた場合には刑事責任を追及されるほかに、受給打ち切りと全額返還さらに支給額相当以下のペナルティを加算される場合もあります。

話を聞くかぎり結構幼稚な不正だと思いますのでバレる確率はかなり高いような気がします。

先ほどの回答で(口約束でも契約は成立しますが、後でそれを証明できない)と書きましたが、考えてみれば無報酬での労働契約ということ自体おかしいですよね... 

この回答への補足

TomStantonさん
本人にTomStantonさんに教えていただいたことを話したところ
かなり深刻に受け止めて、現在会社の社長と交渉中のようです。
同時に求職活動も始めました。
本人は、まさか自分まで(というか自分が)罪になるとは思っていなかったようで
かなりショックを受けていました。
本当にありがとうございました。
またよろしくお願い致します。

補足日時:2001/12/14 09:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

TomStantonさん
早速のアドバイスをありがとうございました。
しかも補足までしたいただいてありがたい限りです。
やはり、思いっきり違法なんですね。
知人にはその旨伝えて考え直すように言います。
今ならまだ間に合うと思いますので。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 18:28

>半年間は元の会社で「無報酬」で働く(しかもフルタイム)というのは失業保険を不正受給しているということにならないのですか?



これはかなり悪質な不正受給だと思います。このような犯罪行為を持ちかける会社とは縁を切った方が良いと思います。「嘘つきは泥棒の始まり」とも言うように、犯罪を持ちかけるような人はうそをつくのも平気かもしれませんので、口約束も当てにはなりません(口約束でも契約は成立しますが、後でそれを証明できない)。解雇、仕事を継続、無報酬、再雇用口約束のいずれを組み合わせても矛盾があります。

その会社からは完全に離れて、まっとうな会社を探したほうが良いと思いますよ。すくなくともこの話に乗ることは犯罪(詐欺罪)に荷担することになります。

解雇されたということは職安にも足を運んでおられるかと思います。こうしたことに関しては職安でも相談に乗ってくれると思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口約束での贈与、口約束での借金帳消し

5年前に、叔父から叔父名義のカードと通帳を預かり、230万円が入っていました。

「この中から事業資金200万を貸してやるよ。残りの30万円は準備金としてやる(贈与)」と言われ、事業を始めました。

途中で負債が出て、相談した際に、「わかった。50万円は免責してやる。次は負債を出すなよ」と言われました。

数日前に清算し、通帳とカードを返却しに行ったのですが、「80万円が足りない」と言い出しました。


当初30万円は準備金として贈与してくれると言ったこと、50万円の負債を帳消しにすると言ったことに関していきなり「そんなことは言っていない。残り80万円を返せ」と言い出しました。

寝耳に水で呆然としています。


5年前から借用者や念書などは一切ありません。

一度も返済の督促を言われたこともありませんでした。


口頭とはいえ、30万円の贈与と50万円の負債の帳消しの約束は間違いなく存在しました。その場で書面やボイスレコーダーを取っておかなかったことは後悔してはいます。

急に話を変えた叔父に怒りを覚えましたが、もう法的に処理しようと思います。


約束を信じてやってきたわけですし、80万円ものお金を改めて払うことはできません。

書面をとらなかったのは私に手落ちがあるのでしょうか?


こういう場合は叔父が主張したら払う義務が生じますか?

5年前に、叔父から叔父名義のカードと通帳を預かり、230万円が入っていました。

「この中から事業資金200万を貸してやるよ。残りの30万円は準備金としてやる(贈与)」と言われ、事業を始めました。

途中で負債が出て、相談した際に、「わかった。50万円は免責してやる。次は負債を出すなよ」と言われました。

数日前に清算し、通帳とカードを返却しに行ったのですが、「80万円が足りない」と言い出しました。


当初30万円は準備金として贈与してくれると言ったこと、50万円の負債を帳消しにすると言ったこと...続きを読む

Aベストアンサー

もう法的に処理しようと思います
とありますが、あなたから行動を起こすだけ費用の無駄ということになります。

そもそも、
事業資金200万を貸してやるよ
と言われ、
わかった。50万円は免責してやる
とさらに言っているわけですから、借金は、150万ということとなります。
これについては、「数日前に清算」とありますから、もはやあなたに債務は残っていないこととなります。


そして、
30万円は準備金としてやる
と言っているわけですから、これについてはあなたのご主張のとおり贈与ということとなります。

そして、
こういう場合は叔父が主張したら払う義務が生じますか
とのご質問ですが、上記のとおり借金は完済しているわけですから債務は残っていないわけです。



どのような法律関係にせよ、権利発生の事実を主張する者にその事実の立証責任があるわけです。そして、その権利の消滅、阻止する事実があるのならば、これらの事実を主張する者に立証する責任があるわけです。

もし、80万円の金額について叔父が法的手段に出たとしても、債権を有していることの証明責任は叔父にあるわけです。

しかし、ご質問の内容の事実経過でしたら、叔父には、何らこの金額の債権を立証できる証拠がないこととなります。


ですから、
叔父があなたに対し、80万円の支払いを主張したとしても無視し相手にしなければよいわけです。
同金額のうち、50万円は、返済を免除されたものであり、30万円については贈与されたものだからです。

もう法的に処理しようと思います
とありますが、あなたから行動を起こすだけ費用の無駄ということになります。

そもそも、
事業資金200万を貸してやるよ
と言われ、
わかった。50万円は免責してやる
とさらに言っているわけですから、借金は、150万ということとなります。
これについては、「数日前に清算」とありますから、もはやあなたに債務は残っていないこととなります。


そして、
30万円は準備金としてやる
と言っているわけですから、これについてはあなたのご主張のとおり贈与ということとなります...続きを読む

Q今年の5月からハローワークの実習型雇用という制度にて半年間の有期雇用の

今年の5月からハローワークの実習型雇用という制度にて半年間の有期雇用の契約で

働いています。この度、10月いっぱいの勤務にて契約更新を行わず退社する方向です。

あくまでも双方の同意の上で自主退社という形で進んでます。

そこで質問ですが6カ月経過ということで10日間の年次有給休暇はもらえるのでしょうか?

上長に質問した所、わからないので調べてみるとのことですが今後のために今知っておきたい

ので質問してみました。回答しだいで、可能な限り相談するつもりです。会社には、がめつい奴と

思われるかもですが、やはりもらえるものはもらっておきたいので…。

わかる方 回答お願いします。

Aベストアンサー

 勤務開始日から6ヶ月経った場合、10日の有給休暇を与えることになっています。
つまり、5月1日から勤務したとして10月31日を過ぎてから10日与えられると言うことです。
ということは、11月1日より前に有給休暇を入れられないですよね??
質問されている方は10月31日に退職されるわけで、使えないんじゃないでしょうか??
また有給休暇の買い上げもこの場合出来ません。
買い上げは時効消滅する場合に限られるからです。

 以上は法律上こう扱って構わないということでありまして、もちろん有給休暇の前倒し取得を会社が認めればこの限りではありません。
まぁ、10日でなくても認められれば得したと思われればよろしいでしょう。

参考URL:http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/rouki/nenkyuu/nenkyuu_1.html

Q親族間の口約束にて

今から書く内容はすべて、父と伯母との間で口約束だけで交わされております。
20年以上前より伯母の土地を少し借りてテント車庫を建ててまわりに木を植えて使用しております。数年前には土地をまた少し借りて倉庫を建てました。土地はその間に伯母名義から伯母の息子名義に代わっており、土地の税金は伯母の息子が払っています。倉庫の税金は父が払っています。
(1)最近、親族間で別件でこじれ何の予告もなく車庫の中の境界線位置に杭が打たれここから入ってくるなと言わんばかりに大きな石が置かれ、伯母方の土地に植えていた木が全て伐採されていました。境界確定においてはこちらがしなくてはいけないのでしょうか?何も言えないのでしょうか?
(2)1ヶ月以内に車庫の立ち退きも急かされ、移動する場所が直ぐにないので少しも待てないのなら勝手に壊してくれというと書面に残してくれと言われました。これも土地所有者の要望に全て応えなくてはいけないのでしょうか?
誰かご教授をお願い致します。

Aベストアンサー

「境界確定」とはどういう意味で使われているのでしょうか?土地の所有権の境界がどこであるかについて両者で争いはなく確定しているのですよね。

法的には、伯母さんとご質問者との間で土地の使用貸借契約が成立しています。現に伯母さんの生前は文句もなく使えていたのですし、建物まで建っているのですから、相手が使用貸借契約の存在を否定するのは難しいでしょう。

ところで、伯母さんが亡くなり、息子が相続したということでしょうか。それとも、伯母さんは健在で、息子に土地を譲ったということでしょうか?

前者の場合は、使用貸借契約上の貸主の地位も息子に相続されますので、使用貸借契約が適法に解除されるなどして終了しない限り、伯母さんの息子も、引続きご質問者に土地を使用させる義務を負います。

よって、使用貸借契約の解除をすることができるかどうかが、判断のポイントになります。口約束で明確な期限を決めたわけでもないと思いますので、何のために借りたのか、その上で、借りた目的が達成されるのに十分な期間がすでに経過したかなどで、解除の可否が判断されることになります。

後者(伯母さんから相続したわけではない)の場合は、使用貸借契約は引き継がれませんので、貸主として貸す義務があるのに土地を譲ってしまった伯母さんに対して金銭的責任を追及することになります。

以上を前提に、ご質問の(1)相手の行為に対し何もいえないか、(2)立退きに応じなければいけないか、という点については、上記の使用貸借契約が継続している場合には、土地利用の妨害をやめるよう言うことができますし立退きに応じる必要はないが、使用貸借契約関係が存在していない場合には、文句は言えず立退きに応じる必要があるということになります。

「境界確定」とはどういう意味で使われているのでしょうか?土地の所有権の境界がどこであるかについて両者で争いはなく確定しているのですよね。

法的には、伯母さんとご質問者との間で土地の使用貸借契約が成立しています。現に伯母さんの生前は文句もなく使えていたのですし、建物まで建っているのですから、相手が使用貸借契約の存在を否定するのは難しいでしょう。

ところで、伯母さんが亡くなり、息子が相続したということでしょうか。それとも、伯母さんは健在で、息子に土地を譲ったということでし...続きを読む

Q家族間で賃貸契約書なし(口約束)の家賃不払いに関するトラブル

私の親が持っている借家を、リフォームして
私の実の姉夫婦に賃貸契約書を交わさずに貸
してしまいました。当初の約束では家賃・月々5万円。
しかし、それが支払われたのは最初の半年間
だけ。姉夫婦がその家に入居したのは6年半前
です。6年間一円も払っていないようなんです。

上記の話を友人にしたところ、『このまま10年
くらい、家賃を支払わせる事が出来なければ、
土地も家も入居者のモノになるよ』って言われ
ました。事実でしょうか?

文章が下手なので、下記に箇条書きで纏めさせて頂きます。

【※事実】
1:両親が将来の収入を考え、他人に貸せるつもりで築、
数十年の木造ボロ空き家を数百万円かけてリフォームした。

2:実の姉に対して親が『リフォームしたのはいいが
全然借り手が居なかった場合の事を考えると心配だ・・・』
と発言したところ、実の姉が『そんなに心配なら、
私達夫婦が借りてあげる』と言い、親も姉夫婦を信用し、
口約束で貸してしまった。

3:入居から半年以上経ち、滞納しだした時、
姉の夫に対し親が『家賃を払って欲しい』と
言ったところ、『遅れてるけど必ず払いますから』
と言われる。さらに数年後、『いい加減に払って
欲しい』と再度、姉の夫に言ったところ、『そも
そも、この家に住みたいと言ったのは、私では無
く家内だ。』と開き直られる。

4:これ以上、義理の兄(姉の夫)に言ってもムダ
だし、確かに義兄が言う通り、『自分達が借りて
家賃を滞る事なく支払う』と言ったのは姉の方な
ので、親が今度は姉に支払いを迫る。その際に
『払えばいいんだろっ!私が働いて全部払うよっ!! 
それで文句ないんだろっ!!』とヒステリーを起こされる。
しかし、その後も一円も払ってもらっていない。
(この時、姉からの凄まじい逆ギレに遭った親は、
完全に尻込みをしてしまったようです)

5:最近、私の父親が亡くなり交渉する人物と、
口約束の時の状況を詳しく知っているのが母親だ
けになり土地を乗っ取られるのではないかと、
とても心配である(義兄は素行不良で有名で
『その内、この家と土地は俺のモノになる』
と近所の人に発言したり、他の私の姉妹や生前
の父に対してチンピラのようにスゴんだり・・・等の経緯もあります)

6:年金で暮らしている母が、税金問題など
で1人で悩んでいる。(私自身、遠方に住ん
でいて、いつも何かが起こると事後報告になる為
とても心配で、母が不憫に思えます)

7:父親は、遺言など残していない事

8:姉夫婦のうち、実の姉は一切働いてない
にも関わらず自分の子供に複数の習い事を
させている(義兄の収入がどのくらいで、
何故全く払わないのかが謎です。私の親をナメているとしか思えません)


【※今後の私の希望】
1:これからでも、不動産屋を通じ賃貸契約書を
作って姉夫婦に押印させる

2:法律の許す、最短期間で立ち退きをさせる

3:滞納金を支払わせる

4:姉夫婦が入居している間に不動産屋に頼み、
次の借主を募集してスムーズに次の方へ入居して頂く


【※皆さんに教えて頂きたい事】
1:契約書の押印に姉夫婦が応じなかった時の対抗手段

2:口約束(月々5万円)を証明する事が
できない事を姉夫婦に指摘された時の対抗手段

3:この場合に、立ち退かせる事が可能な最短期間

4:滞納金を確実に払わせる手段

5:私の友人が言った『家賃の未払いをそのまま
にしておけば、10年~20年くらいで入居者に
家を乗っ取られる』というのは事実か

6:上記の「今後の私の希望」に対して、姉夫婦
が取ってくると思われる、行動について

7:私自身の『考え方』の問題点について




数回に分けて、質問した方が良いのかとも思ったのですが。。

【教えて頂きたい事】の1~8のうち、どれか
一つだけで結構です。また単なる感想だけでも
結構です。お知恵を貸して下さい。

宜しくお願い致します。

私の親が持っている借家を、リフォームして
私の実の姉夫婦に賃貸契約書を交わさずに貸
してしまいました。当初の約束では家賃・月々5万円。
しかし、それが支払われたのは最初の半年間
だけ。姉夫婦がその家に入居したのは6年半前
です。6年間一円も払っていないようなんです。

上記の話を友人にしたところ、『このまま10年
くらい、家賃を支払わせる事が出来なければ、
土地も家も入居者のモノになるよ』って言われ
ました。事実でしょうか?

文章が下手なので、下記に箇条書きで纏めさせて...続きを読む

Aベストアンサー

他回答者様が良い回答をしていらっしゃいますが、ちょっと参加させて下さい。

お父様のお亡くなりになった時に『相続』が発生しているんですね。
当該物件と、お母様が住んでいる土地、お家、預貯金等を合算して、総額の1/2がお母様、
残りの1/2を兄弟姉妹で当分に割るんです。

しかし、沖縄だけでは無く、仏壇をどうする、墓をどうする、田畑をどうする、
で揉めるワケですよ、相続は。
で、長男が家業を継いでお母様の面倒も見、仏壇、お墓の守りもすることを条件に、
実家と田畑も相続するパターンが多いんですね。
次男にはご近所に賃貸している不動産、遠方に嫁いでいる長女には掛け軸やツボ、
不足分を有価証券、貯金+長男からの現金 で補填して相続としているんです。

沖縄に独特の相続が有るのは理解できますが、お姉様ご夫婦がそれに従うハズが無く、
当然、自分たちに有利になる主張をするでしょう。

お父様の財産が分かりませんが、当該物件が全財産の1/6~1/4であれば、
さっさと相続させてしまった方が良いかも知れません。
相続させてしまえば、固定資産税などの請求はお姉様夫婦に請求されるでしょう。
今のままだと、お母様が支払うことになりそうです。

当該物件について、当初半年間支払われていたお家賃は手渡しだったんですか?。
銀行の通帳などに記録が残っていれば、証明できる可能性も有りますね。

しかし、親族間の係争は、多分、ご質問者様が思っているよりも難しいですよ。

数十年前に蒸発したお兄様の分をどうするか、も大問題ですね。
死亡していることにする手続きを取るのかどうか、取れるのかどうか。

この事案はかなり複雑だと思います。
さっさと弁護士に相談すべき事案です。

他回答者様が良い回答をしていらっしゃいますが、ちょっと参加させて下さい。

お父様のお亡くなりになった時に『相続』が発生しているんですね。
当該物件と、お母様が住んでいる土地、お家、預貯金等を合算して、総額の1/2がお母様、
残りの1/2を兄弟姉妹で当分に割るんです。

しかし、沖縄だけでは無く、仏壇をどうする、墓をどうする、田畑をどうする、
で揉めるワケですよ、相続は。
で、長男が家業を継いでお母様の面倒も見、仏壇、お墓の守りもすることを条件に、
実家と田畑も相続するパ...続きを読む

Q吸収合併で一旦解雇で再雇用された場合

みなさんの経験等教えて下さい。
10年働いた会社が来年吸収合併されます。
会社は消滅し吸収される側なのですが、一端従業員を全員解雇し、
その時点で退職金等を清算するという方法をとるようです。
その後存続会社に全員再雇用されるらしいのですが、その場合
給与は保証される物なのでしょうか?
存続会社の規定によるのかもしれませんが、給与が下がる事も大いにありうるのでしょうか?
ちなみに会社の説明では今の所、給与など待遇の話は無く、まだ決まっていないとのこと。
あと1年もしないうちの話なので再雇用後の待遇が気になりますし、
不安です。
経験された方、その他詳しい方のお話が聞きたいです。
この先の生活が不安です…転職も視野に入れないと行けません。
ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

M&Aのアドバイスをやっているものです。
私自身、勤務先が吸収合併された経験を持ちます。

合併の場合、存続・消滅両社の権利義務を包括的に引き継ぐことが
前提になります。
よって労働者の雇用契約自体も継承され、旧会社の就業規則や労働協約、賃金や労働
時間も引き継ぎます。新会社は雇用継承を拒否することはできません。

ご質問者の会社では、いったん全員解雇、ということなのですが、合併を理由に解雇する
ことはできない、というのが前提となりますので、解雇権の濫用ということも考えられます。
会社側の誠意ある説明を求めるべきでしょう。
労働基準監督署に確認されることをお勧めします。

但し実際には、会社が合併すると何かと居心地も悪くなり、人事面で不利益を蒙る可能性も
否定できません。

会社が不誠実な態度であるのであれば、自ら転職する、といった行動も必要でしょう(私は転職しました)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報