【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

ブレーカ容量に100AF/80ATとかありますが、
どのような意味をしているのでしょうか?
聞くところによると、トリップとか何とか言うそうですが、よく分かりません。
通常ブレーカは
使用容量<定格
だけだと思いますが、なぜ二つも数値があるのか、どうか教えてください。

gooドクター

A 回答 (3件)

・100AFは100Aフレームのことで、遮断電流の大きさで決まります。

(遮断電流100Aではありません)
・80ATは80A以上ででトリップする値です。
引き込み口の短絡電流でフレーム値を決め、使用する電流値でATを決めます。

ブレーカーには短絡時の遮断電流、例えば2500Aとトリップ値20Aとかの定格があります。一般人は20ATしか気がつきませんが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすいませんでした。
>引き込み口の短絡電流でフレーム値を決め・・・
というのが良く分かりませんが、No.1の方の回答ように物理的なサイズが大きくなると考えてよろしいのでしょうか?
あと、「トリップする」というのは「遮断する」という意味ですか?

お礼日時:2005/12/16 06:51

分電盤の付近で短絡すると、大きな短絡電流が流れます


この短絡電流を安全に遮断する必要だあります。
 短絡電流<遮断電流に選びます。各メーカーのAF値によって、遮断電流値が決まってます。
 ATは過電流保護です。
>「トリップする」というのは「遮断する」という意味ですか?
その通りです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/17 14:05

こん**は



 おそらくは漏電ブレーカの事かと思うのですが
 
 AFはアンペアフレームでこの数値が大きくなるとブレーカー自体の大きさが大きくなります。
 この数値が大きくなると最大定格電流値も増えます。
 
 これとは別に定格電流値というのがありこれがブレーカーが落ちるアンペア値となります。
 AF>=定格電流値

 ATはアンペアターンで感度電流値を表し漏電した場合にブレーカーが反応する電流値です。
 例の場合80mAで反応します。

 100AF/80ATの中には定格電流値が5Aの物や80Aの物や100Aの物があったりします
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
分かりました。

お礼日時:2005/12/01 18:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング