私は、今LUXMANの5C50というプリアンプに5M21というメインアンプを使っているのですが、何かおかしいらしく、しばらくするとノイズが”ザー”と載ってきて、次第にでかくなって、最後には”パチンッ”と大きな音を立てて、一旦電源が落ち、すると何事もなかったかのように、また音を鳴らし始めます。
そのときの様子ですが、だんだんノイズが大きくなっていくにつれて、プリアンプのパワーランプが白から赤に変わっていきます。そして、ノイズが凄くなったかと思うと、”パチンッ”という音とともに一気にメインアンプのメーターが振り切れて、メインアンプのパワーランプも一瞬赤く光り、電源が落ちます。
プリアンプの電源を切っておけば何も異常がないので、おそらくプリアンプがおかしいのではないかと思うのですが…。
知り合いの方に聞いた話によると、DC漏れではないかといわれたのですが、当方、DC漏れ自体どのようなものなのか分かりません。
もし誰か知っている人がいましたら、5C50の事でもDC漏れの事でも構いませんので、教えていただけますか?DC漏れの原因や対策も教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

取り合えずプリのOUT端子のDC電圧を見てください。

テスターのDC電圧の低いレンジで見れると思います。
普通はSWをONした直後に+か-に振れ暫くすると安定し0vになるはずです(無信号時)。これが時間が経ってもどちらかに行きっぱなしの場合は、DCが漏れていることになるわけで要修理(調整で直るかも)です。
    • good
    • 1

前の方が言われている様な事で何かが故障しています。



※この後は電源を切ってからにして下さい!!

特定の音源(CDとかレコード...)の時だけでしたらレコード入力以外は他の物と入れ替えてみます。これで状況が入れ代わればその音源側のトラブル。

★パワーアンプは入力回路、あるいはプリアンプの出力回路にリーク(絶縁不良の様な物)が有るがどちらが原因か判断尽きにくい。

どちらにしても急いで点検修理でしょう、アンプがラックスだとスピーカーも高いだろうなぁ。いくら耐入力の大きなスピーカーでも異常信号が掛かればスピーカーのエッジやダンパーに負担が掛かる。
それに今はパワーアンプの保護回路が働いていて電源を切っている様ですが、保護回路はあくまで発火などの危険を防止する物です。アンプの故障でスピーカーを損傷(断線)の話はたまーに聞きます。

異常が認められたら直に使用をやめ、メーカーなり購入店で点検を受ける事をお勧めします。
    • good
    • 0

簡単にですが。


DC漏れとは、多分出力のオフセットずれの事を言われていると思います。

LAXのこのタイプは知りませんが参考にしてください。

オフセットとは、中心よりのずれを言います。
 (参考 車のタイヤホイールのオフセットets)
アンプの場合SPの出力は0vに調整します。
これをオフセット調整と言います。右CH左CH独立していますので、それぞれを調整するVRが内部にあります。

出力がでると、この0vが+方向と-方向に動きます、よってこれが交流信号となりSP等を駆動させます。
一般的にAMPはほぼ直流結合され、最終のSPまで直結されています。
増幅回路にはトランジスター又はFETを2個つなぎSEPP回路を構成させ、
+数十v。-数十vをかけその中点より信号を出力させます。
この中点調整がオフセット調整であり、ここに直流の+又は-が常時発生するとSPが焼き切れます。
これを防止する回路をプロテクター回路と言います。
この動作はLEDで表示され異常無しは緑、異常有りは赤。(最初に電源をONしたときに表示していると思います)
このプロテクターはLRのオフセット電圧を常時監視し、異常が発生したときはSP回路又は出力TRの電源回路をリレーでoffさせます。

前置きが長くなりましたが、TVRさんのプリアンプは故障しています。(たぶん)
推測ですが、差動トランジスター、(又はFET)よりノイズが発生し、一時的にオフセットが片寄、プロテクターが働いたのではと、考えます。
たぶんノイズはLRの片方からではないでしょうか?
音量のVRを0にしてそのノイズがでていればそれより後段。
止まれば前段です。
詳しいことは後の専門家の方にお任せします。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリメインアンプの電源はスイッチング電源orACアダプタ?

自作でプリメインアンプを作ろうかと思っています。
そこで質問なんですが、電源はスイッチング電源とACアダプタどちらの方がいいですか?
スイッチング電源はノイズが発生するのでアナログには不向きと聞きましたが
ACアダプタはプリとメイン両方出力させるのは難しいと聞きました。
結局どっちがいいのかわかりません。
ありがちな質問かもしれませんがスイッチング電源とACアダプタのメリット、デメリットなど教えて下さい。

Aベストアンサー

ハイエンドの世界にもスイッチング電源を使用した機種はあるのですが、それらは吟味されたもので、
我らが普通に入手できる出来合いのスイッチング電源はノイズが多くオーディオ用途には不向きです。

ACアダプターにもスイッチング電源と昔ながらのトランス方式のものがあり、最近はほとんどがスイッチング
電源になっています。
ご予定のアンプの要求にもよりますが、トランス方式の電源アダプターは出力が小さいので、四苦八苦しなけ
ればならないかもしれません。また、整流しただけで電圧の安定化はされていません。

スイッチング電源を一時しのぎに使い、最終的に電源も自作されたらいかがでしょうか?
アンプの説明書かお手持ちの書籍に載っていませんか?

・アンプによっては非安定化電源でOKかもしれない。簡単だし、音も良い場合が多い。
・安定化には3端子レギュレーターを使うと簡単だが大出力はあまりない。
・パワートランジスタやパワーMOS-FETを使うとやや複雑(方法によりけり)になるが3端子レギュレーターより音は良い。

Qプリアンプとプリメインアンプ・デジタルについて

初めて質問させていただきます。
現在
 プレーヤー SONY CDP-X55ES
 プリメイン ONKYO A-925
 スピーカー DIATONE DS-66EX
というシステムを組んでおり、音質にも概ね満足していたのですが

先日友人宅でデジタルアンプの音を視聴したところ、音のみずみずしさに感動してしまい
自分もデジタルを導入しようと思ったのですが
プレーヤーに光出力はあるものの、アンプに光入力端子が無く困っています。

そこで現在考えているのは…
1.プリメインアンプをデジタル入力対応の物に買い換える。
2.デジタル入力対応のプリアンプを購入し、現在のプリメインアンプと接続する。

の2通りなのですが、コストを同じ程度と考えた場合、音質はどちらが上になるのでしょうか?ちなみに予算は5万円までです。

詳しい方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

デジタルだから、アナログだから、というのは音の比較にはなりえません。デジタルアンプだからみずみずしい音がするわけではなく、逆にアナログアンプだから鈍く暗い音しかしないわけでもありません。(デジタルアンプをギスギスした音だと言う人もいますし、アナログアンプを艶やかな音だと言う人もいます。)

たまたま、ご友人がお使いのアンプが、あるいはセッティングやケーブルも含めたシステム全体が、非常にうまく聴かせる音になっていて「みずみずしい」と感じられただけであると思います。オーディオには、あるものを導入したから音が良くなったなどという「魔法の小箱」はありません。もし、あるものを使うことによって劇的に音が改善したならば、それは良くなる素地がもともとあったか、交換する前のものが悪さをしていたかのどちらかです。

デジタル入力つきのアンプというと、AVアンプを除けば、プリにせよプリメインにせよ、ほとんどがミドル~ハイエンドクラスの製品に限られてきます。記憶をたどる限り、5万円でデジタル入力の付いたプリ、プリメインは存在しないと思います。

蛇足ながら、デジタルアンプといっても、「デジタルで入力された信号をデジタルのまま増幅する」アンプというのはSONYのTA-DR1とその後継機TA-DR1aくらいしかないと思います。普通はアナログで入力された信号をADCでデジタル信号に変換するので、「デジタルで入力された信号をデジタルのまま増幅する」アンプでない限り、デジタル入力の恩恵は少ないと思います。

デジタルだから、アナログだから、というのは音の比較にはなりえません。デジタルアンプだからみずみずしい音がするわけではなく、逆にアナログアンプだから鈍く暗い音しかしないわけでもありません。(デジタルアンプをギスギスした音だと言う人もいますし、アナログアンプを艶やかな音だと言う人もいます。)

たまたま、ご友人がお使いのアンプが、あるいはセッティングやケーブルも含めたシステム全体が、非常にうまく聴かせる音になっていて「みずみずしい」と感じられただけであると思います。オーディオ...続きを読む

QTORIO プリメインアンプ KA-7300 ノイズの原因は・・・。

KA-73OOの右チャンネルからガリガリッという様な(マイクを爪で引っ掻いている様な)ノイズが出るようになりました。

どのツマミやレバーを動かしても変化は無く、SP-A・Bどちらも同じです。

内部で「カチッカチッ」というリレー音が繰り返し聞こえますがノイズは出続けます。

プリとメインをセパレートした場合メイン部は正常に動作していますので、プリ部の異常と思われますが
知識不足で手が出ません。

とりあえず、接点洗浄・一部基盤の再ハンダ等試みましたが、改善されません。

おおよその原因と、とりあえずどの基盤辺りから手を付けたらいいか教えて頂けると有り難いのですが・・・。

Aベストアンサー

まずは一般的なアドバイス。

・故障個所は(通常)、たった1箇所「だけ」です。その1箇所を直せば確実に直りますが、「関係ない箇所」を何十・何百箇所いじっても「絶対に」直りません。
・「音が出ない」故障であれば、直流電圧と導通さえ順番に測っていけば殆ど原因が見つかりますが、「不規則なノイズが出る」ような故障はその方法では「殆ど原因が見つからない」ので、後者の方が修理の難易度はずっと高い・・・と個人的には思います。

具体的には・・・
私も#3同様、Trの不良の可能性が高いと思います。
但し、可能性が「高い」というだけであって「100%そこが原因」という訳ではありません。もしもTr以外に真の原因があったとしたら、「Trを全交換しても直らない=やるだけムダ」ということになります。


私の場合であれば、
・怪しい回路付近(今回はプリアンプのどこかの部分)のTrを1個ずつ、B-E間の電圧を測定しながら動作させ、この電圧がノイズに合わせて大きく(不規則に)変動するTrがあれば「それが怪しい」と判断して交換してみます。
※ちなみに、B-C間・C-E間は測っても多分ムダです。
・同じく、Trを1個ずつ、頭を叩く・(スプレーで)冷やす・(ドライヤーで)暖める等して、ノイズの出方が変わる(=直る、ひどくなる、完全に壊れて音が出なくなる)ようであれば「そのTrが怪しい、というか故障原因で間違いない」と判断して交換します。

それでも分からなければ、この時点で初めてTrの全交換「も」検討します。
上記のとおり「Trを全交換すれば必ず直る」というものはないので、原因も絞れない内にいきなり「交換に挑戦」するのは、あまり賛同できません。

まずは一般的なアドバイス。

・故障個所は(通常)、たった1箇所「だけ」です。その1箇所を直せば確実に直りますが、「関係ない箇所」を何十・何百箇所いじっても「絶対に」直りません。
・「音が出ない」故障であれば、直流電圧と導通さえ順番に測っていけば殆ど原因が見つかりますが、「不規則なノイズが出る」ような故障はその方法では「殆ど原因が見つからない」ので、後者の方が修理の難易度はずっと高い・・・と個人的には思います。

具体的には・・・
私も#3同様、Trの不良の可能性が高いと思いま...続きを読む

Q30年前のプリメインアンプ高音を上げるとノイズが・

現在約30年前のプリメインアンプを使っています
最近「サー」というノイズが聞こえるようになってしまいました
高音のつまみを下げて0にすると「サー」というノイズは消えるのですが
高音を下げてしまうと全体的に音楽の感じが変わってしまうのでいやです
原因は何でしょうか?
一応はんだつけなどはできるので原因がわかれば修理できます
よろしくお願いします
 
あとアンプ内にあるでっかいコンデンサは触ったら感電しますよね?
放電させて安全に作業する方法はありますか??
説明が下手ですいません
使っているアンプはhttp://audio-heritage.jp/DENON/amp/pma-940v.html です

Aベストアンサー

このアンプに繋がっている機器は、問題無いものとして書きます。

生産後、かなりの年月を経てますね。
修理では無く、オーバーホールになります。

全ての部品が劣化しています。
特にコンデンサ類、その中でも、一番劣化が進むのが電解コンデンサです。
ただ、電解コンデンサの劣化で、「サー」というノイズは出にくいと思います。
半導体まで劣化が進んでいるかもしれません。

質問者様は、測定器はお持ちでしょうか?
オーバーホールや修理を行うには、部品交換と調整が必要ですので
最低でも、テスター、オシロスコープ、ACミリボルトメーター、オーディオシグナルジェネレーターは必要ですし、テクニカルマニュアルも必要でしょう。
もちろん、回路図が読める事は、絶対条件です。

「サー」という音が出ます、という内容だけでは、故障場所は特定出来ませんね。
ただ、生産後、かなり年月が経っていますので、オーバーホールを勧めています。

それから、電解コンデンサの放電は、
両端子間を、10kΩ程度の抵抗で数秒間短絡してやれば良いと思います。

オーバーホールを行うことにより、初期の状態に近づきます。
ただ、お持ちの機種でオーバーホールを行う価値がどこまで有るか?です。
上記の事が無理であれば、
買い換えを検討された方が、費用対効果が良いのではないでしょうか?

支離滅裂になってしまいました。申し訳ありません。

このアンプに繋がっている機器は、問題無いものとして書きます。

生産後、かなりの年月を経てますね。
修理では無く、オーバーホールになります。

全ての部品が劣化しています。
特にコンデンサ類、その中でも、一番劣化が進むのが電解コンデンサです。
ただ、電解コンデンサの劣化で、「サー」というノイズは出にくいと思います。
半導体まで劣化が進んでいるかもしれません。

質問者様は、測定器はお持ちでしょうか?
オーバーホールや修理を行うには、部品交換と調整が必要ですので
最低でも、テスター、オ...続きを読む

Qセパレートアンプ>>>>>プリメインアンプ?

最近はプリメインアンプの性能も上がってきてセパレートアンプに迫ってきてるとも聞くんですが
実際は音質的にどのくらいの差があるのでしょうか?

例えばラックスマンだとL-590AXとC-600f+M-600Aだったら。

「違う」のはもちろん予測できますが、その差が一般人が聴き比べたら誰もがセパレートアンプの
方が圧倒的に良いと感じるレベルなのか、オーオディオ好きな人が聴いたら違いが分かるレベルなのか
オーディオ評論家の人なら辛うじて違いが分かるレベルなのか?

Aベストアンサー

両者を聴き比べたことがあります(そのときのスピーカーはB&W製)。で、結果は明々白々でしたね。C-600fとM-600Aの圧勝です。解像度・情報量・音場の広さetc.どれをとってもセパレートアンプに分がありました。それも普通に「音楽を聴く」という音量において、どのヴォリュームの位置でもその印象は一緒です。

考えてみれば当たり前で、もしも両者の音があまり変わらなかったら、メーカーはこのラインナップを揃える意味が無いのです。

一部に「オーディオマニアは音よりも見栄えを気にして高い買い物をするものさ」といったシニカルな見方があるようですが、見栄えだけで倍の金額を出せるマニアってのもそう多いとは思えません(笑)。

。。。ただしこの差が「一般人が聴き比べても分かるレベル」なのかというと、それは断言できません。圧縮音源などの質の良くないソースがあふれている昨今、「一般人」の音を聞き分ける能力というのが低下しているという懸念があります。ましてや、あまり音楽に興味の無い人ならば、まったく差を認識できないと思います。

もちろん、スレ主さんのようにオーディオに興味を持っている人ならば、聴き分け可能かと思います。

両者を聴き比べたことがあります(そのときのスピーカーはB&W製)。で、結果は明々白々でしたね。C-600fとM-600Aの圧勝です。解像度・情報量・音場の広さetc.どれをとってもセパレートアンプに分がありました。それも普通に「音楽を聴く」という音量において、どのヴォリュームの位置でもその印象は一緒です。

考えてみれば当たり前で、もしも両者の音があまり変わらなかったら、メーカーはこのラインナップを揃える意味が無いのです。

一部に「オーディオマニアは音よりも見栄えを気にして高い買い物をするもの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報