普通、自動車や電車は「運転する」と言いますが、飛行機や船は「操縦する」と言いますよね。運転と操縦の違いって、本質的には何なんでしょうか?

ちょっと考えると、2次元空間(平面)を動く乗り物の場合は運転、3次元空間を動く乗り物の場合は操縦、と使い分けられてるようにも思えますが、それだけじゃないような気もします。
(船は、一見水面という平面のようですが、沈没を考えると、3次元空間を動くと考えていいのかも知れませんね)

操作の難しさのレベルを言ってるんでしょうか? それとも?
自動車でも「操縦安定性」という用語もありますし…

ご存じのかた、よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

運転:機械をあやつって動力で動かすこと。


操縦:思いのままにあやつり動かすこと。特に飛行機の運転を言う。(以上、広辞苑より)

ということで、2次元/3次元という切り分けも確かにあるのですが、やはり本質的には「操作の難しさのレベル」で分かれてくるのではないでしょうか?

自動車も電車も、法規や運転規則に従って安全・快適に衝動なく運転するとなると難しいですが、何も障害がないところで、「適当に発車して適当に走り適当に止まる」だけなら、2~3分くらい装置の扱いを習えば誰にでもできます。

ところが、飛行機となるとそうはいきませんね。無限に広い滑走路があったとして、「適当に離陸して適当に飛んで適当に着陸する」…これは、全くの素人が機器の扱いを数分習ったくらいでは、とてもできるものじゃないですよね。
(経験があるわけではありませんが、例えば電車と飛行機のシミュレータで同じことをやってみれば、このことを実感できます。)

ハンドルやスロットルなどを操作した場合の反応が、しっかり地面について走る車では直感的に誰も分かるのに対して、空気の中を動く飛行機は、訓練を積まないとまったく予測不可能といっていいくらい、複雑怪奇ですよね。

こういったことから、飛行機の場合は操縦という表現が使われているのだと思います。

船の場合は、車と飛行機の中間くらいかな。だから、運転でも操縦でもいいような気がします。

同じ理由で、車であっても、ハイスピードでグリップの限界で飛ばすラリーやレースなどでは、「運転」よりも「操縦」の方がピッタリの表現だと思います。

なお、Web で探したら、参考URLに、まさにこのテーマの解説がありました。ちょっと難しいですが…

参考URL:http://www.skynet-1.com/topics/09.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど、やはり基本操作の難しさが段違いということが、どうも本質的理由のようですね。私も、フライトシミュレータも電車でGoもよくやりますが、難しさは全然違いますものね。

参考URLにも同じようなことが書かれていますね。難しい文章でしたが、説得力がありました。

お礼日時:2002/01/15 12:41

 辞書的にいうと、シチュエーションの違いでしょうか。



 「運転」というのは、「機械をマニュアルに則って動かすこと」で、少しだけ法的な言い方です。
 それに対して「操縦」は、機械を手足のように操るイメージでしょうか。

 そう考えると、「レーサーがレース場で運転する」と言うのはちょっと不自然な気がしませんか? 俺だけかな?(笑)

 どちらにしろ、言葉のイメージとして、自動車には「運転」、飛行機には「操縦」が似合っているという理由で定着したのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはり、「操縦」は難しい操作を思いのままにできる、というイメージで、「運転」と差別化しているようですね。

> そう考えると、「レーサーがレース場で運転する」と言うのはちょっと不自然な気がしませんか?

私も、これは「操縦」だと思います。ラリーなんかもそうですね。

お礼日時:2002/01/15 12:34

「操縦」は厳密に言うと飛行機に限って使われます.


船の場合は「操船」といいます.海難事故で「船長の操船ミス」などといいますね.
運転は「転」の字があるので車輪がある自動車・電車に使われるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

確かに船の場合は「操船」という言葉がありましたね。まあ、「船を操縦する」からできた単語だと言ってしまえば「操縦」と同じなのかも知れませんが…

> 運転は「転」の字があるので車輪がある自動車・電車に使われるのでは?

う~ん、どうなんでしょう?
車輪(というか回転部分)がなくても、「機械を運転する」と言うし…難しいですね。

お礼日時:2002/01/15 11:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリス英語とアメリカ英語の違いは、日本語の標準語と大阪弁くらいの程度の違いでしょうか?

イギリス英語とアメリカ英語の違いは、日本語の標準語と大阪弁くらいの程度の違いでしょうか?
イギリス英語とアメリカ英語がどのくらい違いがあるものなのか体感的に知りたいです。

もし、
日本語の標準語と大阪弁くらいの違いがあるのならば、アメリカ英語を聞き取れるようになりたいのに、教材としてイギリス英語のものを聞いていても、いつまでたっても聞き取れるようにならないのではと思いました。

Aベストアンサー

私の印象ではそのくらいの違いの印象はあります。
ただイギリスといっても、イングランド、ウェールズ、アイルランド、スコットランドでも慣れるまでに時間が必要なほど発音にかなり違いがあります。
教材というとイングランドの英語なのだと思いますが…

アメリカ英語を学びたいのだったら、せめて中級レベル位になるまでは教材もアメリカ英語で統一した方が効率が良いと個人的には思います。

Q誰か小学生にわかりやすく教えてください! 海の上の船の底から音を出すと、海底で跳ね返り船に聞こえてく

誰か小学生にわかりやすく教えてください!
海の上の船の底から音を出すと、海底で跳ね返り船に聞こえてくるまでに5.3秒かかりました。音が水中を伝わる速さを秒速1500mとすると、この船のそこから改訂までの距離は約何mですか。答えは四捨五入して、千の位までの概数で表しなさい。

Aベストアンサー

秒速1500mの音が5.3秒間に進む距離は
距離=速度×時間で求めることができます。
これも、距離÷時間=速度を変形しているだけなので、距離÷時間=速度は絶対に覚えてください。

距離=1500×5.3秒=7950m
音は水中で7950m進んだ事になります。
海底まで音は行って帰ってくるので音の進んだ距離の半分が海底までの距離になります。
7950m/2=3975mが海底までの距離になります。
その答えを四捨五入して千の位までの概数で表すので、
100の位で四捨五入します。
答えは約4000mになります。

Q英語の話し言葉と書き言葉の違い

このカテの質問で アメリカ英語とイギリス英語の違いに関する質問がいくつも見つかりました。
そこで、ちょっと目を引いたのが、アメリカ英語もイギリス英語も書き言葉では違いが小さいけれど、
話し言葉でははっきり違いが出てくるそうなのです。そう言えば、日本語でも方言差が顕著に現れるのは話し言葉です。

そこで質問ですが、英語の話し言葉と書き言葉は
どれくらい違っているんでしょうか?

Aベストアンサー

ええと、ご質問は米語と英語の違いではなくて、
英語全般的な「話し言葉と書き言葉の違い」なのでしょうか。。。

私はそんなに出来るわけでないので素人的にですが。

小説を読んでいると口語の発音そのままにセリフを書いてあったりします。
つい最近までHow'sはHow isかHow hasで、how'dはhow wouldだと思ってたんですが、どうもHow wasやHow didもそう書くことがあるらしい。きっと発音がそうなんでしょうね?

また、I am sorry to keep you waiting. が Sorry keep you waiting.になっていたり。
文法的にテキトーなのかなという気がします。

日本語でも、「というか」を「っていうか」と言ったりしますわね。「なのです」→「なんです」、「と言っている」「って言ってる」など。「みたいな」というのも(like)

あとは、書き言葉のほうが字数の多い難しい単語を使うことが多いみたいです。そのまま喋ると英会話の先生には「会話としては硬すぎます」などと言われる。日本人はこういうの多そうですけど。。。
口語だとgetとかtakeとかhaveとかputなどと、toだのonだのの組み合わせを多様。
I've got to go とか、put it onとか。

ええと、ご質問は米語と英語の違いではなくて、
英語全般的な「話し言葉と書き言葉の違い」なのでしょうか。。。

私はそんなに出来るわけでないので素人的にですが。

小説を読んでいると口語の発音そのままにセリフを書いてあったりします。
つい最近までHow'sはHow isかHow hasで、how'dはhow wouldだと思ってたんですが、どうもHow wasやHow didもそう書くことがあるらしい。きっと発音がそうなんでしょうね?

また、I am sorry to keep you waiting. が Sorry keep you waiting.になっていたり。
文法的に...続きを読む

Q空間のつながりを持たせる中間的な空間について

公的な空間と私的な空間につながりが生まれるときにはそのどちらにも分類できないような中間的な空間が存在すると思うのですが、そのような空間が生まれるような事例にはどのようなものがあるのでしょうか。
ひとつの例として祭りが挙げられるとは思うのですが、そこで思考が止まってしまいました。ヒント等なにかあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

近隣住民とのコミュニケーション(共生?)の場にそれは在るというお考えでしょうか?
地域の自治会の会合とか?
必要に応じて現れる固定されていない空間?

私も他の方の良回答見てみたいです。

Q英語と米語の表現の違い

アガサ・クリスティの小説「オリエント急行殺人事件」で、名探偵エルキュール・ポアロは、アメリカとイギリスにおける英語の表現の違いを指摘して、容疑者の供述の矛盾を指摘するというシーンがあったと思いますが

(有名なところでは、長距離電話(long distance call)は、アメリカ英語にしかない言い方で、この言葉を使った人がアメリカに行ったことがないというのは嘘だ・・・など)

ポアロは確か第1次大戦時のベルギーからの避難民で、英語のネイティブスピーカーではないのですが、そういう人でも、ヨーロッパ人だったらこういう細かい英語と米語の表現の違いというのは、一般に浸透しているものなのでしょうか?

自分としても、英語と米語の表現の違いは、受験英語で学んだものをいくらかは知っていますが(subwayとunderground、elevatorとliftなど)、あまり細かい違いまで知らないですし、実際のところはどうなんでしょうか?

私見では表現などの違いより、ブリティッシュイングリッシュ、クイーンズイングリッシュと、アメリカ英語との発音の違いなどから、いくら気をつけていても、思わぬところで使った言葉の発音やイントネーションでバレる確率のほうが高そうな気がするのですが・・・

アガサ・クリスティの小説「オリエント急行殺人事件」で、名探偵エルキュール・ポアロは、アメリカとイギリスにおける英語の表現の違いを指摘して、容疑者の供述の矛盾を指摘するというシーンがあったと思いますが

(有名なところでは、長距離電話(long distance call)は、アメリカ英語にしかない言い方で、この言葉を使った人がアメリカに行ったことがないというのは嘘だ・・・など)

ポアロは確か第1次大戦時のベルギーからの避難民で、英語のネイティブスピーカーではないのですが、そういう人でも、ヨー...続きを読む

Aベストアンサー

ご自身でお書きになっている通り、そういうことは経験から学ぶものだと思います。ましてや情報伝達手段が今に比べて乏しかったポアロの時代は、尚更でしょう。「アメリカには行ったことないけど、ネットで知ってるさ」なんてのは通用しません。

一方で、フィクションの探偵の役割は、何か推理をしては読者や視聴者に「ほお!」と言わせることです。subwayとundergroundの違いなんて、英語圏のそこそこ精通している大人なら誰でも知っていることですから、「イギリス人のふりをしてもsubwayと言っただろ!」なんて言っても面白くもなんともないのです。そこを「long distance callと言っただろ!」と言ってこそ、他者、とりわけ犯人はハッとするわけです。

さて、前置きが長くなりました。「英語のネイティブスピーカーではないのですが」とおっしゃいますが、そもそもポアロは出身地がどこであれ、イギリスに暮らし始めてしばらく経つわけですよね。だったら、イギリスで日常的に使われている表現に精通していて当然というか、社会人として稼いでいるわけですから、電話のことなどは、ある程度、知らないと暮らしていけないと思うのです。

そして、発音というものは、いくらでも矯正できますし、ちょっとくらいボロが出て「ア」を「エ」と発音しても確証は得にくいでしょう。その点、語彙というものは、ポロっと出やすいうえに、出た時には目立つわけです。日本語でも「ほかる」を使うか否かで出身地がバレ(?)たりしますよね。

まったくの余談ですが、今なら、アメリカに行ったことがないイギリス人でも、long distance callという表現は知っています。

ご自身でお書きになっている通り、そういうことは経験から学ぶものだと思います。ましてや情報伝達手段が今に比べて乏しかったポアロの時代は、尚更でしょう。「アメリカには行ったことないけど、ネットで知ってるさ」なんてのは通用しません。

一方で、フィクションの探偵の役割は、何か推理をしては読者や視聴者に「ほお!」と言わせることです。subwayとundergroundの違いなんて、英語圏のそこそこ精通している大人なら誰でも知っていることですから、「イギリス人のふりをしてもsubwayと言っただろ!」なんて...続きを読む

Q変な質問です 空間は物質ですか? 無もある意味空間ですか?

変な質問です

空間は物質ですか?

無もある意味空間ですか?

Aベストアンサー

空間は「空」です。「虚空」ということです。

 「物質」が「元素」であるとすれば、元素を構成する「原子」は、よく「野球場の客席スタンドまでを原子の大きさとすると、ピッチャーマウンドに野球ボール大の原子核があり、客席のあたりを起動電子が回っている」と例えられます。その「原子核」と「電子」との間は「虚空」です。だって、「原子核と電子で物質の最小単位である原子を形成する」のですから、その間に「別な物質」が存在するはずはないですから。

 そういう「虚空」ですが、「波動」である「光」や「電磁波」は伝わります。波動であるからには、何か「振動する」ものがないといけないはずだ、ということで、19世紀までは「空間を満たす物質」である「エーテル」というものが仮定されていました。
 その「エーテル」の存在を否定したのが「光速度一定」という観測事実で、その「光速度一定」を「原理」として構築されたのが「相対性理論」です。
 現在では、「空間」を満たす「エーテル」という物質は存在せず、「空間」は物質の存在・非存在を含めて「場」(「電場」とか「磁場」とか「重力場」とか)という概念で捉えられていると思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB_(%E7%89%A9%E7%90%86)

 ちなみに、インターネットなどで使用される「LAN(Local Area Network)」の規格に「イーサネット」(Ethernet)というものがありますが、これは「エーテル」(Ether)から命名されたものです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88

空間は「空」です。「虚空」ということです。

 「物質」が「元素」であるとすれば、元素を構成する「原子」は、よく「野球場の客席スタンドまでを原子の大きさとすると、ピッチャーマウンドに野球ボール大の原子核があり、客席のあたりを起動電子が回っている」と例えられます。その「原子核」と「電子」との間は「虚空」です。だって、「原子核と電子で物質の最小単位である原子を形成する」のですから、その間に「別な物質」が存在するはずはないですから。

 そういう「虚空」ですが、「波動」である「光」...続きを読む

Qイギリス英語とアメリカ英語の違いに関する英語論文の掲載されているHPを教えてください。

イギリス英語とアメリカ英語の違いに関する英語論文の掲載されているHPを教えてください。イギリス英語とアメリカ英語の違いに関するものなら内容はどんなものでも構いません。(ex.発音、綴り、なまり)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

論文に限定されるとなかなかないと思いますよ。イギリス人やアメリカ人が本気になって書くような論文内容ではないとも言えますから。ざっと見たところ、日本の女子大生が書いた論文があったくらいです。

論文ではないですが、

http://wapedia.mobi/en/American_and_British_English_differences

などは役に立つと思います。スペリングから、文法、発音などかなり広範囲にわたって違いが書かれています。よろしかったら、ご参考までに。

Q「一見さんお断わり」について書かれている本・論文を探しています。

「一見さんお断わり」について書かれている本・論文を探しています。

こんにちは、大学で社会学を勉強している学生です。

このたびゼミ論で、京都の老舗などに見られる「一見さんお断り」の制度について
調べたいと思ったのですが、なかなか参考文献が見つかりません。

なぜ「一見さんお断り」をするのか、また、ネットなどで見られる
「一見さんお断り」の風潮などについて書かれている
本や論文、WEBページなどがありましたら教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

根本的にはこういうことです
http://www.gnavi.co.jp/kanetanaka/sinbasi/ichigen.html

Qイギリス英語とアメリカ英語の違いがはっきりわかる

イギリス英語とアメリカ英語の違いがはっきりわかる
映画や曲、本を教えてください。

Aベストアンサー

もし学校の教材ということでしたら内容として適しているのかは分かりませんが(笑)、ブリトニースピアーズの【Womanizer】という曲をイギリス人のリリーアレンがカバーしています。

Lily Allen: http://www.youtube.com/watch?v=3jOzuLsJIUE
Britney Spears: http://www.youtube.com/watch?v=0tUgKtarQ38&feature=related

リリーアレンは厳密にはロンドン訛りですが、一般的にイメージするイギリス英語に近いように思いますし、英米歌姫(?)対決ということでとても面白いかと思います。

たとえば"what you are"、"Look at you"、"But I can't do it"など簡単で比べやすいフレーズが歌詞にたくさんありますし、タイトルの"Womanizer"も本来イギリス英語でしたらz→sで"Womaniser"となるので、その辺りも興味深いです。

Q単に性格が暗いのと、頭脳派は、一見、区別が付かないようでも、実際は全く別物ですよね?

単に性格が暗いのと、頭脳派は、一見、区別が付かないようでも、実際は全く別物ですよね?

Aベストアンサー

正確の明るい暗いと、頭脳派かそうでないかは別次元の問題ですので関係性はないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報