こんにちは。
私は現在、クライアントから店の集客を図れる営業活動の代行を依頼されています。
都心にいくつかの店舗を持つコンセプト飲食店の集客を図る上で、チラシやポイント制度といったSPのほかに、ヒト(営業マンなど)を活用した営業活動にはどんなものがあるでしょうか?

たとえば、現在は、周囲の法人事務所に飛び込み営業して、宴会や割引プランの説明とともに名詞や住所、従業員構成をリスト化してクライアントに提示し、各シーズンごとのイベント時にDM送付先として活用してもらうことを検討中です。

ほかにいいアイディアあったらご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前自分が働いている事務所に飲食店の方(もしくは営業代行の人)が来てチケットの販売をしていました。

私は正直そういう形で宣伝してくるお店にはあまりいいイメージを持っていませんし、時間の無駄だからと帰ってもらいました。リストを作るといってもおそらく相当な労力を使わないと数を集めることは難しいと思います。
お店の客層にもよるかと思うのですが、「口コミ」こそが飲食店の集客の基本だと思っています。営業マンを使うのではなく今来てくれているお客さんにお客さんを連れてきてもらうような形にするのはどうでしょうか?連れてきてもらった人には何らかの形でメリットがあるように仕組み作りをする、また、たくさん連れてきてくれるとそのメリットが大きくなったり、ランキングをつけて一番多く連れてきてくれた人には賞金が出るといった形で競ってもらう等の方法が良いのではないでしょいうか?私見ですが、その紹介者の中に営業マン(さくら)が入っていても良識の範囲内であれば良いのではないでしょうか?
また、ネット(携帯を含め)の活用は欠かせないと思います。費用もチラシに比べて断然に安く即効性もあります。飲食店をネットで探す人はどんどん増えてきており、都心であればOLやサラリーマンがネットで検索して店に来ます。宴会をするようなところであれば絶対効果があがります(経験あり)。最近は雑誌やテレビの取材もネットで検索して取材先をきめる雑誌社やテレビ局もあったりします。飲食系検索サイトへの掲載はオススメです。最後にメールマガジンで期限付きクーポンを出すのも効果があります。なかでもパソコンは持っていないけど携帯を持っているという人はかなりの割合でいますから活用しない手はないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食店を経営している方に質問です。将来飲食店を開きたいなと考えているのですが、 飲食店を経営するにあ

飲食店を経営している方に質問です。将来飲食店を開きたいなと考えているのですが、
飲食店を経営するにあたって1番大事なこと、または悩みやいつも不安に思っている要素などあれば、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

質問を拝見しました。以前、飲食店を経営していた者です。
どのような業種の飲食店を開業されるのか定かではありませんが、大まかに説明すると以下だと思います。(順は不同です)

>飲食店を経営するにあたって1番大事なこと
1)お店を出店する場所(立地)
 ※なるべく人が集まる所で開業すること

2)店舗の造り
 ※業種に合った内外装の造りにすること

3)お店を宣伝するにあたり、適度に広告宣伝費を掛けること

4)メニューと価格が適正であること

5)料理の味は人により千差万別ではありますが、誰が食べてもほぼ納得してもらえる味付にすること

6)接客態度
※飲食店はサービス業でもあります。来店客がまた来て見たいと言われるような接客態度は大切です

7)半年から1年位は赤字でも、営業出来る充分な運転資金は必要です

8)お店が黒字(健全)なのか赤字(病気)なのかを知る為に、最低限の経理学は必要です。出来れば簿記3級程度をマスターしておけば、ご自分で確定申告も出来ます

>悩みやいつも不安に思っている要素
紙面の都合もあり、全てを記載することは難しいのですが、ほぼ上記と重複すると思われます。

拙いアドバイスでしたが、ご参考になれば幸いです。

質問を拝見しました。以前、飲食店を経営していた者です。
どのような業種の飲食店を開業されるのか定かではありませんが、大まかに説明すると以下だと思います。(順は不同です)

>飲食店を経営するにあたって1番大事なこと
1)お店を出店する場所(立地)
 ※なるべく人が集まる所で開業すること

2)店舗の造り
 ※業種に合った内外装の造りにすること

3)お店を宣伝するにあたり、適度に広告宣伝費を掛けること

4)メニューと価格が適正であること

5)料理の味は人により千差万別ではありますが、誰...続きを読む

Qリフォーム営業の世界に飛び込もうと思っています。家電小売店の渉外を約8年、某土地活用のパイオニア企業

リフォーム営業の世界に飛び込もうと思っています。家電小売店の渉外を約8年、某土地活用のパイオニア企業で、飛び込み営業を1年弱経験しています。
新生ホームサービスというらしいのですが、もし在職されている方、元社員の方がいらっしゃいましたら、ご助言をお願いします。
(サイトの口コミは全部見ましたが、イマイチ不安で・・)

Aベストアンサー

無理です。そんな商売が成立していません。
どの家にも、お抱えの建築屋がいます。実際にその家を作った会社とか、私の場合は、親戚に大工がいます。
 子ども時代からの友達という人も多いです。大工は大抵50年前から大工です。今はその子どもが引き継いでいますので、ちょうどリフォームをするような人たちの友達ということなります。
 熊本に来ませんか。セールスでなくて建設業がいくらでも人手がいります。今日は女性の建設業の募集のポスターを熊本で見ました。

Q飲食店経営をするにあたり参考になる書籍がありましたらおしえて下さい。

飲食店経営をするにあたり参考になる書籍がありましたらおしえて下さい。
飲食店に限らず、オススメの書籍、読んでためになったもの等・・・

また、飲食店に限らず「経営者」として参考になる方のお名前も書いて下さると助かります。

Aベストアンサー

次の2冊は絶対おすすめです。特に上の本は予算書の作り方から、バイトの募集の仕方、朝礼の仕方など飲食店経営のイロハが分かりやすく書いてあります。そしてポイントがお金をかけないということです。

お金をかけずに繁盛店に変える本
富田 英太

ランチは儲からない 飲み放題は儲かる  飲食店の「不思議な算数」
江間 正和

Q営業マンが怠けず活動する仕組みづくり

創業し、このたび初めて営業マンを採用することとなりました。そこで心配なのは見えないところで企業開拓をせずに怠けて結果が出ないと困るということがありえるのでは、ということです。もちろん採用時の見極めが大切であることは承知のことですが・・。完全歩合制等はいまのところ考えていませんが必要でしょうか。
営業マンに怠けず活動してもらう仕組みづくりをアドバイスいただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お店の規模にあった営業マンへのインセンティブを考える必用はあるでしょう。固定給だけでやれるのは、大企業か身内、親戚に手伝って貰う時ではないでしょうか。業界の慣習、地域性、商品(価格は、必需品か、オリジナル商品か)など考慮すべき点が多多あるので、sakagutiさんご自身がもっと研究すべきだと思いますよ。

例えば営業日報で訪問店、販売結果、課題などを書かせるべきですが、これもお店に管理能力(人材)がなければ気休めに終わり、セールスに余分な仕事をさせる結果になります。歩合制もケチれば効果なく、無計画に一定歩合を与えた場合、極論すれば責任者より高給を得ることにもなります。固定給プラス歩合給の比率(例えば8:2)は業界或いは類似の業界の数値を参考にすればよいと思います。

当面は売上目標達成のために最低必要な販売責任額を与え成果主義でボーナスに色をつける程度でスタートし、早急に業界並み或いはそれ以上の報償制度を考えるべきかと思います。私の経験から申し上げれば、営業成績は市況、商品力、取引条件(支払い条件など)及び営業力で決まりますので、お店に管理力がない間は、信頼と情報公開(何事も話し合う)こそが必用です。セールスマンの管理はその気になれば幾らでも方法はありますが、如何なる制度にも一長一短があります。制度はよくても管理者の質や能力(人間性も含む)にも左右されます。

お店の規模にあった営業マンへのインセンティブを考える必用はあるでしょう。固定給だけでやれるのは、大企業か身内、親戚に手伝って貰う時ではないでしょうか。業界の慣習、地域性、商品(価格は、必需品か、オリジナル商品か)など考慮すべき点が多多あるので、sakagutiさんご自身がもっと研究すべきだと思いますよ。

例えば営業日報で訪問店、販売結果、課題などを書かせるべきですが、これもお店に管理能力(人材)がなければ気休めに終わり、セールスに余分な仕事をさせる結果になります。歩合制もケチれ...続きを読む

Q将来 飲食店を経営していたいと思う高校2年です 大学は経営学を学ぼうと思っているのですが 飲食店経営

将来 飲食店を経営していたいと思う高校2年です 大学は経営学を学ぼうと思っているのですが 飲食店経営をよく学べる大学をご存知の方教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

経営学を学ぶのは大切なことです。
しかし、実際飲食店経営を考えた場合、実務の方がより必要だと思います。むしろ調理や栄養学の勉強をしたら、と思います。
飲食店を一人で全て回すとしても、必要なのは経営手腕よりも料理の腕や人あたりではないでしょうか?
人を使うなら、経験豊富な料理人を雇ってあなたは経営側に徹するか、自分が料理人に徹して事務経理は税理士などにお願いするか、両方完璧は無理だと思います。
いずれにしても、夢を実現させるためには、卒業後は飲食店に勤務して経験を積むことが、頭での勉強よりも身になると思います。
質問の趣旨とズレてすみません。

Q一級建築士への営業活動

私は営業の仕事をしています。基本設計にある技術を設計に織り込んで欲しいので、設計の方に会って説明をしたいのですが受付事務の段階で断られてしまうことも多々あります。そういう場合は資料と名刺を置いてきて、あとでテレアポを取ろうとするのですがやはり会ってもらえません。建築士会の賛助会員にもなっているのですがあまり効き目はありません。設計士の方たちはどの様に新技術を学んでいるのでしょうか?
また、どうやったら建築士にあって話を聴いてもらえるのか、良い考えがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

建築士側の意見としましては、設計に関する新技術には皆大変興味はあると思うのですが、日頃の業務に追われて、なかなかゆっくり話を聞く機会を持てないのだと思います。多くの人が夜中まで作業をしていて、余裕がないのだと思います。その反面、設計におりこみたい場合は、すぐに来てもらって話を聞きたいというある意味自分勝手な感じになってしまうことが多々ありますが。。。

私のところにもよくいらっしゃる営業の方がいますが、何度も頻繁に長居されると少し印象が悪くなってしまうこともありお断りしてしまうこともあります。新しい技術自体は魅力的でも、一方的に話が長い営業の方が来られた事によって少し嫌がられてしまう部分もあると思います。(質問者様がそうではないと思いますのでお気を悪くなさらないでください。。。)

簡潔な説明や施工例など、目にとまるきれいな資料だけでもいただくと大変ありがたく、今後どこかで使ってみようと思います。まずはわかりやすい資料だけをいろんなところに配っていけばよいのではないかと思います。新技術はなかなか勇気がいるので、具体的な施工例や、実演・見学会などを具体的に企画されてそれを元に営業するというのはどうでしょうか。

また、建築士会などのイベントの際に、上記の企画をパンフを配ってお話するなどというのは効果があると思います。業務から離れて交流を深める場所ならば、世間話のついでに営業話もという感じで受け入れやすいと思います。

蛇足かもしれませんが、大手事務所ならば、アポのとりにくい上司クラスの設計士よりは若い設計士のほうが話がしやすいと思います。設計におりこむのには時間がかかるかもしれませんが、興味を持って受け入れてくれると思いますし、今後の発展性があるのではと思います。私が設計事務所にいた若い頃は、そこで聞いた技術を社内で上司に提案して実際に取り入れられたことがあります。

建築士側の意見としましては、設計に関する新技術には皆大変興味はあると思うのですが、日頃の業務に追われて、なかなかゆっくり話を聞く機会を持てないのだと思います。多くの人が夜中まで作業をしていて、余裕がないのだと思います。その反面、設計におりこみたい場合は、すぐに来てもらって話を聞きたいというある意味自分勝手な感じになってしまうことが多々ありますが。。。

私のところにもよくいらっしゃる営業の方がいますが、何度も頻繁に長居されると少し印象が悪くなってしまうこともありお断りして...続きを読む

Q個人経営の飲食店

飲食店に就職したいと考えています。

以前、小規模の飲食チェーン店で仕事をしていましたが、
チェーン店独自のやり方に疑問を感じ、退職しました。
チェーン店にも大手、中小、いろいろあるのでしょうが、
自分には合いませんでした。

しかし、飲食店で働く事は好きなので、
個人経営の小さい飲食店に就職したいと思っているのですが、
就職サイトやハローワークに載っている求人は、
チェーン店がほとんどです。
本当に小さい飲食店は求人自体が少ないのかもしれませんが、
「自分はこうやって探した事がある」という方、
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

新興上場企業の人事を担当しております。

ご存知のとおり、飲食店にご勤務される方は縦・横のネットワークが強いのが特徴です。
お知り合いの方に飲食店をご紹介いただくか、働きたいと思う飲食店に飛び込みで志願されて転職される方が多く見受けられます。

ぜひチャレンジしてみてください。
ご健闘を祈念しております。

Q会社の事業内容以外の営業活動をするとどうなる?

会社にはそれぞれ登記簿登録している業種がありますが、
もし社員が所属する会社の事業種目以外の営業をした場合は
どのようなトラブルが発生するのでしょうか?

法律上の罰則・罰金などの刑事訴訟および民事訴訟の両面から
ご回答いただけると助かります。

因みになぜこういった質問をするかというと、
上司が「売れるものは何でも売れ!」と言うわりには
実際に儲かる商売であったとしても、会社が登録している業種が
違うと言う理由でその商売(販売)をストップさせようとするからです。

なぜ業種が違うと販売できないのかを尋ねても、
明快な答えは得られません。

もしかして上司自身も出来るか出来ないかの理由も分からないで
ただ事なかれ的な対応を続けだけのようにもうつります。

これでは商売のチャンスを今後もずっと逃し続けなければ
ならなくなるので、真偽を確認したいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

刑事・民事訴訟の問題ではないでしょう。
会社は「定款」に書かれている目的の中でしか業務はできないようになっているのです。
これは「商法」上の問題かと思います。

ちなみに、会社が定款に書いた目的から逸脱するような業務をした場合、法務大臣により会社解散命令が出される可能性があります。
読みにくいですが、商法の第58条〔会社解散命令〕の一部を取り上げておきます。
第3項が問題になると思います。
ご参考まで。


第58条〔会社解散命令〕 

裁判所ハ左ノ場合ニ於テ公益ヲ維持スル為会社ノ存立ヲ許スベカラザルモノト認ムルトキハ法務大臣又ハ株主、債権者其ノ他ノ利害関係人ノ請求ニ依リ会社ノ解散ヲ命ズルコトヲ得
一 会社ノ設立ガ不法ノ目的ヲ以テ為サレタルトキ
二 会社ガ正当ノ事由ナクシテ其ノ成立後一年内ニ開業ヲ為サズ又ハ一年以上営業ヲ休止シタルトキ
三 会社ノ業務ヲ執行スル社員又ハ取締役ガ法務大臣ヨリ書面ニ依ル警告ヲ受ケタルニ拘ラズ法令若ハ定款ニ定ムル会社ノ権限ヲ踰越シ若ハ濫用スル行為又ハ刑罰法令ニ違反スル行為ヲ継続又ハ反覆シタルトキ

刑事・民事訴訟の問題ではないでしょう。
会社は「定款」に書かれている目的の中でしか業務はできないようになっているのです。
これは「商法」上の問題かと思います。

ちなみに、会社が定款に書いた目的から逸脱するような業務をした場合、法務大臣により会社解散命令が出される可能性があります。
読みにくいですが、商法の第58条〔会社解散命令〕の一部を取り上げておきます。
第3項が問題になると思います。
ご参考まで。


第58条〔会社解散命令〕 

裁判所ハ左ノ場合ニ於テ公益ヲ維持スル...続きを読む

Q個人経営の飲食店の成功率は宝くじ並みの確率でしょうか?

個人経営の飲食店の成功率は宝くじ並みの確率でしょうか?

昨日とあるテレビ番組で個人経営のダメダメ飲食店がプロの指導を受けて
大繁盛店になると言うテレビ番組をみました。

その番組は10年~11年前に企画しそしてその後のお店が今現在どうなったのかを
ドキュメンタリーとしてみのもんたが出演していました。

最後に驚くほど衝撃的な数字が示されました。

それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

テレビでも少しだけ今でも繁昌していないお店も放送していました。
(恐らく成功しているお店を見つけるのが難しいくらいだと推測しとります)


飲食店で個人が(フランチャイズなどにたよらずに)成功するのは
ほとんど不可能だと考えた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
>10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

実に2割もの店舗が生き残っている。

・・・・宝くじよりはるかに成功率が高いと言えます。

衝撃的というか、そんなに残ってるんだなぁと感じます。

もともとダメになるにはダメになるだけの理由があり、
それが一時的にテレビの効果でよくなった。というだけなので、
ダメになる確率は他の店舗に比べて大きいと言えます。

いいお店の中には、テレビに出ない、雑誌には出ないという
店がたくさんあり、一時的な露出でおかしな客が殺到することで
いいお客が減ってしまい、長い目で見るとメディアの宣伝は
逆効果である。と考えています。


>飲食店で個人が(フランチャイズなどにたよらずに)成功するのは
>ほとんど不可能だと考えた方がいいのでしょうか?

いいえ。成功している店もゴマンとあります。
やり方次第としかいえないでしょう。

個人店の欠点は永続性に弱いということです。
30歳で起業しても30年たてば60歳。
気力や体力がついてこないため、往時には繁栄したお店も
その頃には衰退を止めることが難しいのです。

見る人から見れば個人店で失敗しているところは
失敗すべくして失敗しているところがほとんどです。

>それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
>10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

実に2割もの店舗が生き残っている。

・・・・宝くじよりはるかに成功率が高いと言えます。

衝撃的というか、そんなに残ってるんだなぁと感じます。

もともとダメになるにはダメになるだけの理由があり、
それが一時的にテレビの効果でよくなった。というだけなので、
ダメになる確率は他の店舗に比べて大きいと言えます。

いいお店の中には、テレビに出ない、雑誌には出ないという...続きを読む

Q集客方法を教えてください

現在ネットカフェにて店長をしています。
ですが、朝シフトの子が仕事に手抜きをしていてクレームもたくさんいただいています。
その子自身とも何度も面談したのですが私が休みの日にはやはり手抜きをしているみたいです。
この仕事に対する「手抜き」は朝シフトの子だけに言えることではなく、他のスタッフにも言えることです。
バイトと言えど労働の対価として給料を払っているのでプロ意識が足りないと思います
ただ朝が一番クレームが多いのです。
なので、この間入った新人の子が頑張ってくれているので、その子で朝を回そうと思います。
ただ、「信用を失うは易し、得るは難し」と言います。
看板やのぼりを出してはいますが朝の客数はやはり増えません
朝に減った客数を取り戻すためにはどうすればいいでしょうか?
妙案あればご教授願いたいです。

Aベストアンサー

時給に差別化を図り、やはり、良く働いて頂けるスタッフには、それなりの対価を払うようにした方が良いのではないですかね。

朝の集客に関しても、スタッフに考えさせ、それが疑問に感じても実効させる・・費用がかかってもやらせて
集客が上がれば、褒めて
変わらなければ、次の提案をさせる

やる気を起こさせてあげるのも、店長の仕事ですよ。

で、具体的な提案は朝からネカフェに行く気にはならないなぁ~
料金的では無く、やはり、朝食・軽食の方が良いかも知れませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報