こんにちは。
私は現在、クライアントから店の集客を図れる営業活動の代行を依頼されています。
都心にいくつかの店舗を持つコンセプト飲食店の集客を図る上で、チラシやポイント制度といったSPのほかに、ヒト(営業マンなど)を活用した営業活動にはどんなものがあるでしょうか?

たとえば、現在は、周囲の法人事務所に飛び込み営業して、宴会や割引プランの説明とともに名詞や住所、従業員構成をリスト化してクライアントに提示し、各シーズンごとのイベント時にDM送付先として活用してもらうことを検討中です。

ほかにいいアイディアあったらご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前自分が働いている事務所に飲食店の方(もしくは営業代行の人)が来てチケットの販売をしていました。

私は正直そういう形で宣伝してくるお店にはあまりいいイメージを持っていませんし、時間の無駄だからと帰ってもらいました。リストを作るといってもおそらく相当な労力を使わないと数を集めることは難しいと思います。
お店の客層にもよるかと思うのですが、「口コミ」こそが飲食店の集客の基本だと思っています。営業マンを使うのではなく今来てくれているお客さんにお客さんを連れてきてもらうような形にするのはどうでしょうか?連れてきてもらった人には何らかの形でメリットがあるように仕組み作りをする、また、たくさん連れてきてくれるとそのメリットが大きくなったり、ランキングをつけて一番多く連れてきてくれた人には賞金が出るといった形で競ってもらう等の方法が良いのではないでしょいうか?私見ですが、その紹介者の中に営業マン(さくら)が入っていても良識の範囲内であれば良いのではないでしょうか?
また、ネット(携帯を含め)の活用は欠かせないと思います。費用もチラシに比べて断然に安く即効性もあります。飲食店をネットで探す人はどんどん増えてきており、都心であればOLやサラリーマンがネットで検索して店に来ます。宴会をするようなところであれば絶対効果があがります(経験あり)。最近は雑誌やテレビの取材もネットで検索して取材先をきめる雑誌社やテレビ局もあったりします。飲食系検索サイトへの掲載はオススメです。最後にメールマガジンで期限付きクーポンを出すのも効果があります。なかでもパソコンは持っていないけど携帯を持っているという人はかなりの割合でいますから活用しない手はないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食店を経営している方に質問です。将来飲食店を開きたいなと考えているのですが、 飲食店を経営するにあ

飲食店を経営している方に質問です。将来飲食店を開きたいなと考えているのですが、
飲食店を経営するにあたって1番大事なこと、または悩みやいつも不安に思っている要素などあれば、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

質問を拝見しました。以前、飲食店を経営していた者です。
どのような業種の飲食店を開業されるのか定かではありませんが、大まかに説明すると以下だと思います。(順は不同です)

>飲食店を経営するにあたって1番大事なこと
1)お店を出店する場所(立地)
 ※なるべく人が集まる所で開業すること

2)店舗の造り
 ※業種に合った内外装の造りにすること

3)お店を宣伝するにあたり、適度に広告宣伝費を掛けること

4)メニューと価格が適正であること

5)料理の味は人により千差万別ではありますが、誰が食べてもほぼ納得してもらえる味付にすること

6)接客態度
※飲食店はサービス業でもあります。来店客がまた来て見たいと言われるような接客態度は大切です

7)半年から1年位は赤字でも、営業出来る充分な運転資金は必要です

8)お店が黒字(健全)なのか赤字(病気)なのかを知る為に、最低限の経理学は必要です。出来れば簿記3級程度をマスターしておけば、ご自分で確定申告も出来ます

>悩みやいつも不安に思っている要素
紙面の都合もあり、全てを記載することは難しいのですが、ほぼ上記と重複すると思われます。

拙いアドバイスでしたが、ご参考になれば幸いです。

質問を拝見しました。以前、飲食店を経営していた者です。
どのような業種の飲食店を開業されるのか定かではありませんが、大まかに説明すると以下だと思います。(順は不同です)

>飲食店を経営するにあたって1番大事なこと
1)お店を出店する場所(立地)
 ※なるべく人が集まる所で開業すること

2)店舗の造り
 ※業種に合った内外装の造りにすること

3)お店を宣伝するにあたり、適度に広告宣伝費を掛けること

4)メニューと価格が適正であること

5)料理の味は人により千差万別ではありますが、誰...続きを読む

Q即☆ポイント発行します!~広告代理店の営業とメーカーの営業って・・・~

メーカーの営業と広告代理店の営業の違いを教えて下さい!私自身の判断では、広告代理店の営業は、「形のないモノ=アイデアを売る。 様々なクライアントの異なるニーズに応える。 ただモノを売るのではなく、コンサルタントとしてクライアントの経営に深く関わっていく。 内部のあらゆるセクションを統括していく」のだと認識しています。

Aベストアンサー

営業の仕事は、単なる御用聞きでもなければ単なる売り子でもありません。先ず相手に信頼してもらい、何でも相談してもらえるような関係を築き上げたうえで、相手の話を良く聞き、相手の会社や部門が抱える問題点を共に考え、その上でその問題点を解決する手段を提案し、その中で自分の商品やサービスを提供していく、そうやってはじめて利益をあげることができます。

ある意味、コンサルタントであり、協力者であり、一方会社の利益も確保しなければならないので交渉もしなければならない、非常に難しくかつやりがいのある仕事だと思います。

営業はコンサルタントであるという意味では、メーカーの営業も広告代理店の営業も基本的な考え方は同じです。
異なるのは、売る商品(サービス)だけです。

形の無いもの、商品(サービス)の優劣を具体的な性能やスペックで表しにくいものを売る場合、営業に必ず求められるコンサル能力に加えて、ストーリー作りが求められるようになります。

マーケティングデータ(現在及び過去のデータ)から将来の予測を立て、その将来予測を説得力あるストーリーに仕立て、その中で自分が売ろうとしている商品(サービス)がどのように役立つのかを説明する。ある意味脚本家にも近いような能力が求められる事になります。

メーカーと代理店の大きな違いはその点ではないかと思います。

営業の仕事は、単なる御用聞きでもなければ単なる売り子でもありません。先ず相手に信頼してもらい、何でも相談してもらえるような関係を築き上げたうえで、相手の話を良く聞き、相手の会社や部門が抱える問題点を共に考え、その上でその問題点を解決する手段を提案し、その中で自分の商品やサービスを提供していく、そうやってはじめて利益をあげることができます。

ある意味、コンサルタントであり、協力者であり、一方会社の利益も確保しなければならないので交渉もしなければならない、非常に難しくかつや...続きを読む

Q日本は余りに飲食店やフードコートの数が、やたら多過ぎると思いませんか? 飲食店の人手人材不足も、飲食

日本は余りに飲食店やフードコートの数が、やたら多過ぎると思いませんか?
飲食店の人手人材不足も、飲食店が過剰に多過ぎるからでしょうか?

Aベストアンサー

欧州に比べると、外食店の数やそれに携わる人が日本は多いのは事実です。

人手不足なのは、飲食店の数は増加しているのに、働く学生の絶対数が減少しているからです。

Q即ポイント発行します☆~メーカーの営業と広告代理店の営業ってどう違うの?~

良回答が出次第即締め切ります。
私は広告業界を志望しているのですが、
メーカーの営業と広告会社(広告代理店)の営業の違いが今ひとつ実感できません。その為、面接等で「なぜ広告の営業か」と問われたときに、あまり強い動機が言えそうにありません。「広告会社なら、モノではなくアイディアを売っていき、様々なクライアントと関わる。クライアントを通じて消費者を動かしていくことができる。そして内部の各セクションを統括していく」ということはわかるのですが・・・。どなたか、メーカーの営業と広告会社(広告代理店)の営業の違いについて、明確に述べられる方力を貸してください!お願いします。

Aベストアンサー

「○○の営業」と余分な「営業」までつけて考えるから、話をややこしくしているような気がします。
「営業」の機能や、活動のあり方は厳密に言えば会社ごとに違います。基本機能(仕事を取ってくること)は共通でしょうが、業務範囲は会社によって異なってきます。

したがって、仮に面接で「なぜ広告の営業か」と問われても、その真意は「なぜ広告会社を希望したのか」という問いと考えて答えたのでよいのではないでしょうか?
それならば、断片的な回答が貴方の答えの中にも出ていますね。

Qすごくすいている飲食店カウンターに1人でいました。入ってきた知らない男は真横に座りました。それからケ

すごくすいている飲食店カウンターに1人でいました。入ってきた知らない男は真横に座りました。それからケータイ離さず。場所変えたら着いてきました。聞いてもしゃべりません。どう思いますか?

Aベストアンサー

ハッテン場だった可能性があります。

Q一級建築士への営業活動

私は営業の仕事をしています。基本設計にある技術を設計に織り込んで欲しいので、設計の方に会って説明をしたいのですが受付事務の段階で断られてしまうことも多々あります。そういう場合は資料と名刺を置いてきて、あとでテレアポを取ろうとするのですがやはり会ってもらえません。建築士会の賛助会員にもなっているのですがあまり効き目はありません。設計士の方たちはどの様に新技術を学んでいるのでしょうか?
また、どうやったら建築士にあって話を聴いてもらえるのか、良い考えがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

建築士側の意見としましては、設計に関する新技術には皆大変興味はあると思うのですが、日頃の業務に追われて、なかなかゆっくり話を聞く機会を持てないのだと思います。多くの人が夜中まで作業をしていて、余裕がないのだと思います。その反面、設計におりこみたい場合は、すぐに来てもらって話を聞きたいというある意味自分勝手な感じになってしまうことが多々ありますが。。。

私のところにもよくいらっしゃる営業の方がいますが、何度も頻繁に長居されると少し印象が悪くなってしまうこともありお断りしてしまうこともあります。新しい技術自体は魅力的でも、一方的に話が長い営業の方が来られた事によって少し嫌がられてしまう部分もあると思います。(質問者様がそうではないと思いますのでお気を悪くなさらないでください。。。)

簡潔な説明や施工例など、目にとまるきれいな資料だけでもいただくと大変ありがたく、今後どこかで使ってみようと思います。まずはわかりやすい資料だけをいろんなところに配っていけばよいのではないかと思います。新技術はなかなか勇気がいるので、具体的な施工例や、実演・見学会などを具体的に企画されてそれを元に営業するというのはどうでしょうか。

また、建築士会などのイベントの際に、上記の企画をパンフを配ってお話するなどというのは効果があると思います。業務から離れて交流を深める場所ならば、世間話のついでに営業話もという感じで受け入れやすいと思います。

蛇足かもしれませんが、大手事務所ならば、アポのとりにくい上司クラスの設計士よりは若い設計士のほうが話がしやすいと思います。設計におりこむのには時間がかかるかもしれませんが、興味を持って受け入れてくれると思いますし、今後の発展性があるのではと思います。私が設計事務所にいた若い頃は、そこで聞いた技術を社内で上司に提案して実際に取り入れられたことがあります。

建築士側の意見としましては、設計に関する新技術には皆大変興味はあると思うのですが、日頃の業務に追われて、なかなかゆっくり話を聞く機会を持てないのだと思います。多くの人が夜中まで作業をしていて、余裕がないのだと思います。その反面、設計におりこみたい場合は、すぐに来てもらって話を聞きたいというある意味自分勝手な感じになってしまうことが多々ありますが。。。

私のところにもよくいらっしゃる営業の方がいますが、何度も頻繁に長居されると少し印象が悪くなってしまうこともありお断りして...続きを読む

Q飲食店経営をするにあたり参考になる書籍がありましたらおしえて下さい。

飲食店経営をするにあたり参考になる書籍がありましたらおしえて下さい。
飲食店に限らず、オススメの書籍、読んでためになったもの等・・・

また、飲食店に限らず「経営者」として参考になる方のお名前も書いて下さると助かります。

Aベストアンサー

次の2冊は絶対おすすめです。特に上の本は予算書の作り方から、バイトの募集の仕方、朝礼の仕方など飲食店経営のイロハが分かりやすく書いてあります。そしてポイントがお金をかけないということです。

お金をかけずに繁盛店に変える本
富田 英太

ランチは儲からない 飲み放題は儲かる  飲食店の「不思議な算数」
江間 正和

Q営業マンが怠けず活動する仕組みづくり

創業し、このたび初めて営業マンを採用することとなりました。そこで心配なのは見えないところで企業開拓をせずに怠けて結果が出ないと困るということがありえるのでは、ということです。もちろん採用時の見極めが大切であることは承知のことですが・・。完全歩合制等はいまのところ考えていませんが必要でしょうか。
営業マンに怠けず活動してもらう仕組みづくりをアドバイスいただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お店の規模にあった営業マンへのインセンティブを考える必用はあるでしょう。固定給だけでやれるのは、大企業か身内、親戚に手伝って貰う時ではないでしょうか。業界の慣習、地域性、商品(価格は、必需品か、オリジナル商品か)など考慮すべき点が多多あるので、sakagutiさんご自身がもっと研究すべきだと思いますよ。

例えば営業日報で訪問店、販売結果、課題などを書かせるべきですが、これもお店に管理能力(人材)がなければ気休めに終わり、セールスに余分な仕事をさせる結果になります。歩合制もケチれば効果なく、無計画に一定歩合を与えた場合、極論すれば責任者より高給を得ることにもなります。固定給プラス歩合給の比率(例えば8:2)は業界或いは類似の業界の数値を参考にすればよいと思います。

当面は売上目標達成のために最低必要な販売責任額を与え成果主義でボーナスに色をつける程度でスタートし、早急に業界並み或いはそれ以上の報償制度を考えるべきかと思います。私の経験から申し上げれば、営業成績は市況、商品力、取引条件(支払い条件など)及び営業力で決まりますので、お店に管理力がない間は、信頼と情報公開(何事も話し合う)こそが必用です。セールスマンの管理はその気になれば幾らでも方法はありますが、如何なる制度にも一長一短があります。制度はよくても管理者の質や能力(人間性も含む)にも左右されます。

お店の規模にあった営業マンへのインセンティブを考える必用はあるでしょう。固定給だけでやれるのは、大企業か身内、親戚に手伝って貰う時ではないでしょうか。業界の慣習、地域性、商品(価格は、必需品か、オリジナル商品か)など考慮すべき点が多多あるので、sakagutiさんご自身がもっと研究すべきだと思いますよ。

例えば営業日報で訪問店、販売結果、課題などを書かせるべきですが、これもお店に管理能力(人材)がなければ気休めに終わり、セールスに余分な仕事をさせる結果になります。歩合制もケチれ...続きを読む

Q飲食店のカウンター席を設置するか否か

飲食店の開業を控えているのですが、内装工事が始まろうとしている段階です。
料理をメインでアルコールも提供する予定です。
設計会社に図面を作ってもらって、テーブル席が5とカウンターがありまして、カウンターには6人座れます。計20数人入ります。
親戚で同規模同業態のベテラン経営者がいるのですが、カウンター席無しで全てテーブル席にすべきだとしきりに言ってきます。
自分の考えでは1人で来たお客さんが4人のテーブル席に座ったりすると他の3席が勿体ないのでカウンター席は必要だと思っております。
親戚のベテランさんは自分の経験からテーブル席がいらないと仰っており、特に理由も語ってくれないのでどうしようか悩んでいます。
心理的な面で、カウンター席に座ったお客さんがリピートしないとか居心地が悪くなるとか、たとえ4人席に1人でもテーブル席がうまってると賑わっている様に見えるから新たなお客さんが入りやすいとか、何か理由があると思いますでしょうか?
ちなみに親戚のベテランさんのお店はかなり賑わっており、1日で家賃が払えるくらいの売上だそうです。
皆さんのご意見を参考にしたいと思っております。

飲食店の開業を控えているのですが、内装工事が始まろうとしている段階です。
料理をメインでアルコールも提供する予定です。
設計会社に図面を作ってもらって、テーブル席が5とカウンターがありまして、カウンターには6人座れます。計20数人入ります。
親戚で同規模同業態のベテラン経営者がいるのですが、カウンター席無しで全てテーブル席にすべきだとしきりに言ってきます。
自分の考えでは1人で来たお客さんが4人のテーブル席に座ったりすると他の3席が勿体ないのでカウンター席は必要だと思って...続きを読む

Aベストアンサー

一般的にカウンター席というのは、お一人で来られるお客様用という目的と回転率を上げるという目的があると思われます。
昼間ランチをしているお店などは、そういう目的からテーブル席は必須ですよね。
出す料理の種類などによって予想される客層も違うと思いますが、その客層に合わせて考えてみれば如何でしょうか?
例えば、カップルで来られるお客様、家族で来られるお客様、ひとりで来店されるお客様・・・
どのような客層をターゲットにされていますでしょうか?
様々な客層に合わせて・・というのは一見合理的なようですが、往々にしてどっちつかずの状態になり、失敗の元になることが多いようです。
同規模同業態の親戚の方も、恐らく実体験で学んだそういうものを考慮しておっしゃっているのではないでしょうか?
もちろん、立地条件などによっても客層は変わると思いますが。。
詳しい条件がわかりませんので、あくまで一般的な意見だけですが、参考までに。。

Q飲食店の企画

ラーメン屋等飲食店の企画には、コンサルタントさんが関与するケースが多いと思います。コンサルタントさんの世界では、NLP心理学は常識であると聞いておりますが、飲食店の集客や経営に、NLP心理学はどのように使われているのでしょうか?

コンサルタントさんに仕事をお願いした経験もありませし、インターネットで検索してみても、何か掴み所がなくてよくわかりません

Aベストアンサー

コンサルタントが関与するケースはむしろ少ないです。

またNLPは経営戦略上で必ずしもスタンダードな手法ではありません。
(こちらもむしろ少数派と考えて良いでしょう。)


人気Q&Aランキング