3月20日に、漏水事故の加害者として、ご相談をさせていただいた者です。皆様のご指導で、示談交渉付きの保険会社に稼動をしてもらう事になりました。
先方が、土・日のみの指定のため、漸く保険会社の鑑定人が来訪し、事故を起こした現場を査察して、一応の進展を見たと思っておりました。
ところが、その数時間後、夜になってから、階下の被害者の家より請求書が届けられ、その高額の金額に困惑しております。
事故発生より、当方の原因とされる箇所の工事と、その後の様子を確認する事で、日数がかなりかかり迷惑をかけたのは確かですが、慰謝料100万円。それ以外に物損及び、休業補償、事故発生後の写真撮影立会い等費用が40万円弱、そのほかに内装工事費数十万、送額で200万円弱の請求がされました。
また、和解期日を今月末とし、一日延びる毎に1万円を加算すると書かれています。 
保険会社のカスタマーに連絡しても、休業日のため要領を得ず、老齢の母が心労で寝込んでしまいました。
念のため、請求書は、保険会社の代理店にFAXをして月曜の朝を待つしかないのですが、この先、本当に示談交渉を頼りにしてよいものか、不安です。
こういう場合は、別に第三者となる弁護士等にも、相談すべきでしょうか。
重ね重ねお知恵を拝借したく存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大家してます



全く心配は要りません

相手が1000万円の要求をしてきてもそれは相手の勝手、

重要なのは貴方が返事をしないことです

「あらゆる損害を弁償します」

などと言ってはいけません

示談交渉付きの保険ですから保険会社に任せれば大丈夫です

保険会社は示談結果には責任を持って賠償してくれます

それ以外に貴方が勝手に話した慰謝料などは払ってくれません

示談結果は常識の金額に落ち着き、それはほぼ全額保険で支払われます

相手がいくら要求しようと相手の勝手、

無視すれば済みます

保険会社には弁護士が付いています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
先ほど、保険会社からも連絡がありました。
心を強く持って、保険会社にすべてを任してみます。

お礼日時:2006/03/27 10:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故での加害者・被害者

交通事故の人身事故のときの、加害者・被害者というのは、怪我をさせた人が、加害者というのでしょうか?

加害者・被害者の定義を教えてください。

Aベストアンサー

「加害者」「被害者」という用語は一般用語であり、法律上の用語ではない思います。つまり、明確な定義はありません。

損害賠償請求権の発生は、損害が発生しているという事実だけで認定されるのではなく、損害を発生させた責任が存在することが要件となります。
損害が発生していても、責任がなければ損害賠償責任は発生しませんので、いわゆる「加害者」にはならず、相手もいわゆる「被害者」になりません。

逆に、当事者双方に責任と損害があれば、双方ともにいわゆる「加害者」になり、双方ともにいわゆる「被害者」になるということです。

「損害の発生」と「責任」と言うことで区分けするのが正しいと思いますが、一般的には、過失責任の大きい方が「加害者」、少ない方が「被害者」と言われているようです。

Q漏水事故の加害者?

10階建てのマンションに住んでいます。7階に住む友人が6階の部屋へ漏水事故が起きたと、管理会社から連絡を受け、原因を調べたら床下の配管に穴が開いて水が漏れた。配管の所有者はあなたなので、加害者ですとのこと。幸い、被害は保険で直るとのことで、保険金請求書に署名捺印を欲しいと言われたとのこと。お金云々ではなく、点検口もない床下の配管が原因の経年劣化事故で、その配管の所有者だからと言われても、通常点検もできないのに、自分に過失があるのか大いに不満だと漏らしています。管理会社によれれば、通常は15年で寿命で、リフォームして床下の配管も交換すべきとのこと。リフォームをすることがまるで義務のような言われ方だったようです。マンションは築18年です。
私もひとごとではないので、詳しい方、教えてください。自分で水を零したわけでもないのに、こういう場合、過失として責任を問われるのでしょうか。

Aベストアンサー

床下の配管が原因の水漏れの場合、配管が共用部分にあたるのか、専有部分にあたるのかが、責任の所在において重要な問題です。
枝管は専有部分だという説明が別の方でありましたが、区分所有法に
そのような条文はどこにもありません。解釈の問題で昔はそのように
解釈されていたケースが多いのですが、最近の判例はそうでは
ありません。「最高裁平成 12 年 3 月 21 日判決」によれば、床下の配水管がコンクリートに埋まっている状況など、点検が不可能な場合は共用部分と
して認められています。
最新の考え方からいえば、床下などの見えない部分の配管は共用部分という
考え方が主流ですよ。
ですから、質問者さんの主張はすごく当たり前のことで、管理会社の指摘
こそが愚の骨頂といえるでしょう。
床下の配管は、専有部分だから自分で点検して、一定の時期が来たらリフォームすべきなどというアドバイスは正直驚きです。常識的に考えても配管の
取替えは主管などと一緒に修繕の時期に、修繕積立金でもって行うべきで
しょうね。
無知な管理会社が、共用部分の保険で結果的に処理しているにもかかわらず
あなたにも責任がある的なことを勝手に言っているだけではないでしょうか。
今回の場合は、結果的に保険でまかなわれているので、実害がなく、特に
裁判沙汰にする必要もないでしょうが、
床下の配管の水漏れが必ず、上の階の所有者の責任ということが常識だった
ら、誰も分譲マンションなんて買わないですよね。

床下の配管が原因の水漏れの場合、配管が共用部分にあたるのか、専有部分にあたるのかが、責任の所在において重要な問題です。
枝管は専有部分だという説明が別の方でありましたが、区分所有法に
そのような条文はどこにもありません。解釈の問題で昔はそのように
解釈されていたケースが多いのですが、最近の判例はそうでは
ありません。「最高裁平成 12 年 3 月 21 日判決」によれば、床下の配水管がコンクリートに埋まっている状況など、点検が不可能な場合は共用部分と
して認められています。
最新の考...続きを読む

Q加害者側相続人の限定承認

訴訟中で裁判所より和解案が提示されたところです、判決での最終結果を希望していますが、加害者側が限定承認をしているので、支払いについて心配だと代理人の先生に言われました。
賠償額が支払われないことなんて、あるのでしょうか?
支払いは保険会社からだと思いますが、これも加害者側の相続財産になるのでしょうか?

1 被害者・加害者共に亡くなった事故で、加害者側の相続人が限定承認をしています。

2 加害者は自賠責・任意保険に入っています

Aベストアンサー

和解提案が7000万円ですか?
金額に関しては専門知識がありませんのでコメントしませんが
うーーん相手方がその和解提案を受け入れてくれるのなら
和解したほうが良いのではと思います。
金額等にご不満があるとは思いますが
判決に至った場合
今よりも条件は悪くなると思います
ただし被告側が拒否した場合は別ですけど
被告側が和解受け入れしてくれるのなら
私は和解受け入れをお勧めいたします

Q漏水事故の加害者 保険に未加入(長文です)

築17年の分譲マンションで、漏水事故を起こしてしまいました。所有者は義母で、火災保険以外は未加入です。階下の方も未加入だそうです。

原因は台所の配水管の劣化によるもので、階下のお宅の天井を何箇所か落下させてしまいました。管理会社を通してその事実が知らされ、風呂場や洗面所など数箇所の床下に穴を開けたりして、数回の調査でようやくその原因が見つかりました。

ここは専有部で劣化という事もあり、調査や修繕費用などが自己負担という事には納得しています。問題は、階下の方への保障額はいくらぐらいになるのかが知りたいのです。見積もりはまだですが、天井や壁のリフォームを希望されてるようです。
もちろん、実際に見てみないと答えようがないとは思いますが、もし過去の事例などをご存知の方がいたら教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いします。

ちなみに、私個人は、保険に入っていない事自体が無謀で、もし迷惑料なども請求されたら何百万でも何千万でも加害者である私たちが支払うべきだと思っています。ただ、義母や主人は道義的な部分で、そう思っていないようです。

原因不明の当初は、階下の方の被害分は保険会社判断で保険が下りれば、それでまかなう予定だ(未加入と知っているので、マンションで入っている保険の事なのかは分かりませんが)と管理会社が話していたので、それはどうなったのか?と。ただ、今は保険の件を何度聞いても「加害者であるうちの全額負担」と言われています。

築17年の分譲マンションで、漏水事故を起こしてしまいました。所有者は義母で、火災保険以外は未加入です。階下の方も未加入だそうです。

原因は台所の配水管の劣化によるもので、階下のお宅の天井を何箇所か落下させてしまいました。管理会社を通してその事実が知らされ、風呂場や洗面所など数箇所の床下に穴を開けたりして、数回の調査でようやくその原因が見つかりました。

ここは専有部で劣化という事もあり、調査や修繕費用などが自己負担という事には納得しています。問題は、階下の方への保障額はい...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

設備業者として、漏水事故は多数経験してきました。その中で、こじれ易いのがdo51os32さんのような場合です。

今更ですが、個人賠償保険に加入の場合、御自宅および下階での漏水原因の調査に掛かった費用は保険でまかなえます。また、下階への賠償に関しては、車の保険と同じで、加害者に過失がないと出ない形のものが大半を占めています(pinponpinponさんのおっしゃる方法で保険を使えた例もままありました)。
また、管理組合の保険を本来ならば使用できないのですが、使用したのも見たことがあります。

現在では、マンション保険と言われるものの中で、個人賠償に漏水事故特約をつけたものも、商品化されております。

do51os32さんの場合、実費で問う言うことになった場合、取りあえずは、設備業者として以下のことに気をつけられたら良いと考えます。

下階の人から、
(1)被害目録(明細)を出してもらう。
(2)それが、妥当かどうかを相手と打ち合わせる。
(3)物品の購入に関しては、面倒でもこちらで行う。
番大事かと思いますが、
(4)内装復旧業者は、自分で手配し見積をとる。
(5)現場調査・見積りには面倒でも立ち会うこと。
(6)その際、使用材料のカタログ(壁紙・天井材等)を持参してもらい、 現状復旧程度のもので見てもらう。
(7)下階にそれを確認してもらい、示談書を作成するのを忘れずに。
(4)(5)と(7)が一番大事ですよ。

悪い言いかになりますが、被害者に任せておいたら、すごい請求額になる場合が多いです。
損害賠償・復旧工事ですが、相手方はリフォーム的な感覚となってしまう場合が多いようです。

はじめまして。

設備業者として、漏水事故は多数経験してきました。その中で、こじれ易いのがdo51os32さんのような場合です。

今更ですが、個人賠償保険に加入の場合、御自宅および下階での漏水原因の調査に掛かった費用は保険でまかなえます。また、下階への賠償に関しては、車の保険と同じで、加害者に過失がないと出ない形のものが大半を占めています(pinponpinponさんのおっしゃる方法で保険を使えた例もままありました)。
また、管理組合の保険を本来ならば使用できないのですが、使用したのも見た...続きを読む

Q軽い意味の 加害者 を英語では

加害者を辞書で調べると、wrongdoer 犯罪者、加害者と重い言葉が出てきます。

もう少し軽い意味で、例えば2人で、ある物をなくされたほうが、俺とお前のどっちが加害者(なくした者)
なんだ?  

と詰め寄る程度に使う 加害者 を適切な英語で表現するにはどのようなものがありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ある言葉を使う場合、日本語ではより一般的な表現になりますね。たとえば「犯人」などがそうです。試しにネット辞書で調べると、下にいろいろ記載されてありますが、どれも日本語の「犯人」とはぴったり一致するものはありません。
http://eow.alc.co.jp/search?q=%e7%8a%af%e4%ba%ba

日本語の「犯人」とは「この事件を起こした人間」ということです。代表的な"criminal"という語は「犯罪者」つまり「すでに罪を犯したと認められるもの」という日本語に近く、すでに人間を特定できる環境にあるという場合に使う言葉です。

それと同じで「加害者」という言葉も、法的に広い意味で使われたり、日常会話でも軽く使われたりします。英語では日本語よりより具体的な語が使われます。

「加害者」も以下のサイトにいろいろ出ています。
http://eow.alc.co.jp/search?q=%e5%8a%a0%e5%ae%b3%e8%80%85

日常会話でも法的にも、「加害者」の基底にある意味は「ある件に関して責任を負うべき人あるいは非難されるべき人」ということです。
つまり「どっちが加害者だ?」という文を、標準英語に直せば、
"Who(/Which) is responsible (for this)?"とか
"Who(/Which) is to blame?"
あたりでしょうね。

元に戻りますが「犯人」という英語も、ある探偵の出るアメリカTV番組では「犯人は彼です。」という場面があるのですが、
"He is the guy."と言ってました。
もちろん他の言い方もあります。他の番組では「犯人は誰だ?」は
"Who did this?"
「犯人が逃げた。」という言い方も
"He(She /They /The man /The woman /The men /The guy) ran away."
となるでしょうね。

ある言葉を使う場合、日本語ではより一般的な表現になりますね。たとえば「犯人」などがそうです。試しにネット辞書で調べると、下にいろいろ記載されてありますが、どれも日本語の「犯人」とはぴったり一致するものはありません。
http://eow.alc.co.jp/search?q=%e7%8a%af%e4%ba%ba

日本語の「犯人」とは「この事件を起こした人間」ということです。代表的な"criminal"という語は「犯罪者」つまり「すでに罪を犯したと認められるもの」という日本語に近く、すでに人間を特定できる環境にあるという場合に使う言...続きを読む

Q再々漏水事故の加害者です。長文になります。

No.2041454,2053889でお知恵を拝借したものです。
2/22の最初の漏水以来2ヶ月を経過して未だに進展がありません。
示談交渉つきの保険会社にすべて委託してお願いしていますが、先方は納得しない様子です。先月半ば迄、保険会社ではなく、当方に支払いの請求の電話が続き、電話口で恫喝されたりが続いた為、保険会社の判断で正式に弁護士に依頼をすることになりました。その後、幸いにも、こちらへの電話もなくなり一応は落ちついたのですが、保険会社からも何も連絡がなく、一抹の不安を残しています。被害のあった部屋の内装工事も終了しておりその支払い等についても、保険会社の指示で万一の場合に備えて、当方でお金の準備もしています。すべて、お任せと言うことなのですが、こういう場合、保険会社にこちらから状況確認をすべきなのでしょうか。それとも、連絡があるまでは待っていた方がいいのでしょうか。他愛のないことなのですが、煩くしすぎても、迷惑がかかるのではと、思いますし、また、この連休を控えているもので、心配になります。

Aベストアンサー

>保険会社にこちらから状況確認をすべきなのでしょうか。

貴方が気になれば「どんな状態ですか?」とお聞きになれば良いだけの話しです

あくまで示談交渉をしてくれるなら任せておけば大丈夫です

示談額が1万円でも100万円でもそれは保険会社が負担してくれます

Q加害者が任意保険未加入での事故

大変初歩的な質問なのですが、自動車保険の支払いについて教えて下さい。

過失割合は、被害者:加害者=30:70での衝突事故。両者が怪我を負い、車も両者とも修理が必要となりました。
加害者は任意保険未加入です。被害者が加入している任意保険は、対人と対物賠償のみです。

1)被害者は加害者の自賠責保険から治療費を請求することになりますが、上限の120万を越えた場合、被害者本人が一人で加害者に直接請求するしかないのでしょうか。支払いを拒否されたときはどういった手段に出ることが可能でしょうか。

2)加害者も120万までなら被害者の自賠責から治療費を請求できますか。120万を越えた場合は、被害者の対人賠償から請求できますか。それともこの場合、加害者は被害者(の保険会社)から何も支払いは期待できないのでしょうか。(被害者の対物賠償からの保険もなし?)

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一番重要なことは過失相殺事故なので治療は当事者双方健康保険でかかることです。
健保でかかれば自由診療の半額で治療費を抑え、その分他の保障にまわせますし120万限度内に納まる可能性もあります。ご存知のように自賠責は被害者救済が目的なので過失相殺されません。
病院は交通事故は健保を使えませんという可能性がありますが、本人の申し出があれば原則拒否できません。この場合は健保監督官庁に相談されればOKです。
加害者が任意保険未加入の場合は被害者請求にて120万超えれば被害者は加害者に直接請求することになります。拒否した場合は自分でしつこく請求するか弁護士に依頼するかですね。
被害者が任意保険加入で人身傷害補償付帯なら、その補償で加害者と交渉することなく100%補償してもらえます。

加害者も被害者の自賠責に請求できます。
しかし加害者7割過失では自賠責120万超えた場合過失相殺され総保障額の7割削減なので自賠責のみの保障で充分だと思います。
例えば治療費 休損(あれば)慰謝料など含め総額400万でも7割減額 実質3割保障の120万になります 300万なら90万の保障(このケースでは自賠責保障より少なくなります)
したがって加害者は被害者の保険会社から保障は期待できませんね

また加害者は被害者の対物賠償7割賠償しなければなりません 逆に被害者から3割対物賠償して貰えます
おたがいの賠償額を相殺し加害者からみて差額がでれば被害者に自己負担賠償しなければなりません。
わかりやすく
お互い損害額20万のケース
加害者の過失70% 20万×70%=14万賠償
被害者の過失30% 20万×30%= 6万賠償
14万-6万=8万→加害者の自己負担賠償金8万です。
双方自分の過失部分に対する修理代はそれぞれ自己負担となります。車両保険付帯あれば自己負担分はカバーされます。

一番重要なことは過失相殺事故なので治療は当事者双方健康保険でかかることです。
健保でかかれば自由診療の半額で治療費を抑え、その分他の保障にまわせますし120万限度内に納まる可能性もあります。ご存知のように自賠責は被害者救済が目的なので過失相殺されません。
病院は交通事故は健保を使えませんという可能性がありますが、本人の申し出があれば原則拒否できません。この場合は健保監督官庁に相談されればOKです。
加害者が任意保険未加入の場合は被害者請求にて120万超えれば被害者は加害者...続きを読む

Q漏水事故の加害者です。長文になります

自宅マンションにて、洗濯機台の破損により階下に漏水事故を起こしてしまいました。当初、原因がわからずに最初の水漏れから、10日を有してしまい、処理が後倒しになりつつあります。
ただ、当方も原因が判明した時点で、業者に依頼して最短のタイミングという形で破損していた台の交換工事を行いました。工事終了後、2日間にわけて水を流し原因の確定にいたった時点で、管理組合から派遣の業者が見積を提出しました。結局、この見積が出るまでに3週間を有する事になりました。ただ、見積が出た時点で即日マンションの管理組合が加入している保険の申請はお願いしました。
気付かなかったとは言え責任は感じているのですが、事故原因の確定前から、階下の家より、慰謝料を支払う旨の念書を提出しろと迫られています。仲裁を依頼していた管理人さんとも階下の家がもめてしまい、表立った形で、話し合いに参加してくださらなくなりました。階下の家の方とは私一人が対応する形になり、当惑してます。階下の家からは、大家である自分の親が来るのでそのための交通費、宿泊費、仕事を休むための休業補償と、その間の家族の介護者の依頼費用を負担しろと請求されました。
また、損害保険には個人でも、マンションの管理組合でも加入はしています。ただ、マンションの方を優先するために、個人の方は表立って行動できないと、個人で加入している保険会社の方から連絡がありました。マンションの管理組合で加入している方には示談交渉サービスというものがなく、対応は全て私が行わなくてはなりません。こういうときに、どの様に判断すべきでしょうか。こういうときに、示談交渉サービスの付いている個人加入の保険に頼ることはできないのでしょうか。
アドバイスをお願いいたします。

自宅マンションにて、洗濯機台の破損により階下に漏水事故を起こしてしまいました。当初、原因がわからずに最初の水漏れから、10日を有してしまい、処理が後倒しになりつつあります。
ただ、当方も原因が判明した時点で、業者に依頼して最短のタイミングという形で破損していた台の交換工事を行いました。工事終了後、2日間にわけて水を流し原因の確定にいたった時点で、管理組合から派遣の業者が見積を提出しました。結局、この見積が出るまでに3週間を有する事になりました。ただ、見積が出た時点で即日マンシ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

>被害の無かった別の部屋の張替えも要求され

不当要求です。

あと
>階下の家からは、大家である自分の親が来るのでそのための交通費、宿泊費、仕事を休むための休業補償と、その間の家族の介護者の依頼費用を負担しろと請求されました。

これも不当要求に近いものがあります。
ほとんどお金になりそうな事案は全て、相談者さまにお金を無心しようとしているのが見え見えです。

最初の質問で
>事故原因の確定前から、階下の家より、慰謝料を支払う旨の念書を提出しろと迫られています。

と記載されていますが、文書での約束や誓約書、念書等を差し入れてはとんでもない事を招きそうな気がします。
決してそのような文書を書かないで下さい。


再三書きますが、弁護士をあなたの代理人として立てる事をお勧めします。

Q加害者への請求について

加害者が100%の割合の追突人身事故です。
仮に裁判で被害者の請求が認められ保険金で賄えない部分(損害賠償・積載物損害)について、
加害者に支払う現金が無い場合、加害者の財産に差し押さえをする事は可能でしょうか?
不動産・動産の他、給与や年金などです。

Aベストアンサー

任意保険の対人賠償の保険金額は、ほとんどが無制限だと思いますので、任意保険人加入していれば、保険金で支払われます。

対物賠償の保険金額も無制限が増えていますし、保険金額が1事故1000万円より少ない契約は稀でしょうから、一般的な事故であれば、対物賠償についても保険金で支払われます。

保険会社との交渉で、保険会社が損害として認めないと主張していた部分であっても、裁判で被害者の損害と認められれば、保険会社が支払います。

自賠責保険にしか加入していない場合であれば、対物賠償部分は全額加害者の負担となりますし、対人賠償についても自賠責限度額を越えた部分は加害者の負担となります。
また、任意保険に加入していても、裁判で確定した賠償金が、保険金額より大きい場合は、加害者の個人負担が発生します。
加害者負担がある場合で、加害者が支払わないときは、裁判所に強制執行の申立をすれば、不動産等の資産や預貯金・給与は差押え出来ます。なお、年金、児童手当、生活保護費等は差押え禁止債権ですが、預金口座に振り込まれれば預金債権として差押えは可能です。

Q所有しているアパートで漏水の可能性があるのですが、漏水場所がわかりません

現在アパートの大家をしている者です。築30年鉄筋コンクリートの建物です。
今月水道料金が通常月の2倍の額の請求があり、おそらく先月の高圧洗浄による水漏れによるものか、トイレのバルブの故障によるものだと考えております。
今、業者に漏水調査を依頼しておりますが、漏水箇所が見つけられず別の方法(コンクリートに針?を差し込んで調べるもの)でやってみましょう。と言われるのですが、一時間あたり5000円かかるそうで、その方法でいいのかわかりません。
このようなケースで、他に原因を発見する良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

高圧洗浄は排水管が対象なので、漏水しても水道料金とは関係ありません。トイレのロータンクが原因なら各戸の量水器の目視確認で判断可能です。埋設管が原因と思われるなら、音聴法で調査できます。料金は、漏水探知成功報酬として受ける場合がほとんどで、時間制の料金体系はあまりありません。漏水調査は業者によって技術力に差がありますので、業者を変えるのも手段だと思います。


人気Q&Aランキング