定量検査の言葉の意味を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

検査にはいわゆる「定性検査」と「定量検査」があります。


たとえば、妊娠反応検査で「陽性」か「陰性」の目視で判定します。これは尿中のHCGの量がある一定量存在すると「陽性」になるように作られた試薬です。
一方、「定量検査」では尿中のHCG量をイムノアッセイ
(キットによる検査)で測定して、たとえば120(IU/ml)といった数字で報告します。
定量検査には基準値というものがあり、それ以上であれば「異常」、以下であれば「正常」というふうに判定します。
大雑把ですが、スクリーニングなどでは定性検査が多く、精密検査や確定診断などに定量検査が用いられます。
    • good
    • 0

回答は出ていますので,蛇足ながら補足を。


まず,何かの検査をする際には,その物質が含まれているかどうかという『定性』を確認します。そして,検査機器には様々な種類がありますが,いずれも定性反応(呈色や特異な光の吸収,或いはリテンションタイムの一致‥)を利用して『定量』が行なわれますネ。
基本的に定量は単位重量や単位量あたりに含まれている物質の量を示すものです。絶対的な数値として示す場合が多いのですが,そのためには標準品や検量線などが必要となりますネ。
また,生体検査の際の定量には大きなバラツキがありますので,実際に実験や検査を行なう際には注意が必要となりますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

 定量に対になる言葉として定性があります。


すごくわかりやすく説明すれば
定性はその物質があるのかないのか、+か-か
という検査で
定量はその物質がいくらあるのか、100なのか200なのかという検査です。
ウイルス定性検査では、+なら
「ウイルスがいます、その量は不明ですが」
という事です。量が多い場合は2+といったように表現できますが多い少ないでしか評価できません。

ウイルス定量検査では、240と出れば
「ウイルスが240います。」
という事になります。
定性はその存在の有無を
定量はその存在の量を測るという意味です。
    • good
    • 0

「量を測る検査」を定量検査といいます。



レントゲンを撮って影があるかどうかを見るような検査は、量を測っていないので定量検査とは言いません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q替駒式ねじマイクロメーターの校正

替駒式ねじマイクロメーターの校正を自社で行うにはどのようにしたら宜しいでしょうか?新しい仕事の検査にこのマイクロメーターが必要なのですがISO上校正が必要なのです。簡単に自社で校正する方法を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単に測定ではなく校正となると、=検定=それなりの技術者は当然ながら、基準になるマンドリル(ねじの棒)が必要なのではないでしょうか。
(測定するねじのサイズ毎に校正値を表で著わすか、測定可能範囲全体に器械側で校正するとかするのでしょうか)
当然のことながら、ベース測定となるブロックゲージの対応も必要かと。

Q言葉の意味を教えて!

医療用語で転医と対診という言葉が出ていますが自分としては同じ意味(紹介?)としてとらえているのですがどうやら違うようなのです。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

転医:主治医が変わること。診ている医療機関が変わることが多い。
   当然主治医も変わります。

対診:主治医が変わらずに、主治医の承諾の下に、または一緒に
   主治医以外の医師の診察を受けること。
   別に、他の医療機関の医師とは限らず、同じ病院の他科の医師でもOK.

Q校正に使用する分銅の重さについて

・校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?
60kgや100kgの台秤などを校正する際に、20kg分銅を使用して校正しております。
しかし、20kg分銅を使用することは校正者の負担が大きく、なんとかならないものかと考えております。
たとえば、20kgを10kgや5kgの分銅を使用して台秤などの校正をしても問題ないでしょうか?
もちろん、四隅検査や直線性の確認をしっかり行います。

・上記質問などを考えるときに良い資料などあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・点検」のレベルで、「校正」や「検定」などと言える様なモノでは有りませんよ。

一方、検査・点検レベルであれば、目的(≒要求される精度)に対し、合理的な方法であれば良いです。
「60kgや100kgの台秤」で「20kg分銅を使用」でも、計測能力の100%を計測していないので、現状も「校正」は行われていないと考えられます。

ただ、「校正者の負担が大きい」は、少なくとも精度を担保する上での合理性では無く、どちらかと言うと、肝心の精度は犠牲にする方向性かと思います。
また、検査・点検レベルでも、その方法を変えると言うことは、従来からの安定性を損なう点には、配慮が必要です。

添付のURLなどは、校正を考える上で参考になると思います。
正しい校正の方法については、詳しくはJISハンドブックなどをご覧下さい。
めんどくさければ、その台秤などのメーカーに問い合わせても良いかと思います。

参考URL:http://www.j-sl.com/chn/write_07/07_main03.html

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・...続きを読む

Q今日、妊娠検査薬を購入したんですが、薬局の店の人が私の親に、妊娠検査薬を購入していた事をチクったら、

今日、妊娠検査薬を購入したんですが、薬局の店の人が私の親に、妊娠検査薬を購入していた事をチクったら、訴えてもいいんでしょうか。?

いくらお店の人でも個人が購入したものをいちいち、家族や知り合いに言うのはダメですよね?

Aベストアンサー

薬剤師であれば守秘義務がありますが、ごく普通の店員で質問者さまが家族の子供と知っているならば、老婆心ながら言うかも知れませんね。
訴えるもなにも、それで検査して妊娠していたら家族に言って頼るしかないんですよね?
妊娠が不安だったら、そういう脇の甘い交際の方を気にかけた方がいいと思います。

Q計測器の校正(較正)について

電子計測器を1年に1回、外部業者に校正を依頼しています。

「校正」とは、その計測器の性能が規格範囲に入っているかどうかを検査するものだと聞いています。
あくまで検査のみで、もし外れていたときにそれを入るように調整することは「較正」で、これは、通常、その計測器メーカが行うものだとのこと。

ここでちょっと思ったのが、毎年校正に出して、一応、「規格範囲内」ということで校正証明をもらっていますが、実際、その計測器も経年変化等により、徐々に誤差は増えているのではないかと思います。

「規格範囲内」ではあっても、十分規格に収まっている場合と、辛うじて収まっている場合とあると思うのですが、誤差が大きければ、たとえ規格範囲内でもそれは「較正」をかけたほうがいいような気がします。

このあたりの判断は、誰がどうやってすればいいのでしょうか?(校正業者が、校正時に「誤差が大きいですよ」教えてくれる?)

また、毎年の校正でもし、不合格があったときは、当然、前回の校正時以降、その計測器を使った試験などは、校正されていない計測器で行ったことになり、これは問題ですよね。
そのときの対応って、具体的にどうするのでしょうか?
そうならないために、日頃から、どうしておけばいいのでしょうか?

ご教授お願いします。

電子計測器を1年に1回、外部業者に校正を依頼しています。

「校正」とは、その計測器の性能が規格範囲に入っているかどうかを検査するものだと聞いています。
あくまで検査のみで、もし外れていたときにそれを入るように調整することは「較正」で、これは、通常、その計測器メーカが行うものだとのこと。

ここでちょっと思ったのが、毎年校正に出して、一応、「規格範囲内」ということで校正証明をもらっていますが、実際、その計測器も経年変化等により、徐々に誤差は増えているのではないかと思います。

「規...続きを読む

Aベストアンサー

計測器にもよりますが、一般に精度の規格範囲に対して、計測器の実力はある程度の余裕があります。
もし、精度が規格範囲を外れたり、ぎりぎりであったとすれば、「較正」をかけるだけでなく、オーバーホールや修理をしたほうがよいでしょう。
古い計測器なら廃棄も検討します。劣化が進んでいると「較正」しても次の校正時まで精度を維持できないかもしれません。

校正で不合格だった場合、その計測器を使った試験は個々に再評価しなければなりません。
試験の基準範囲と、計測器の精度範囲は同じではありませんから、場合によっては再試験を行わなくても良いかもしれません。
しかし、試験結果に問題があると判断される場合は、再試験を行ったり、顧客に渡った製品などではリコールをする必要があるでしょう。

Q検査器具を温める機器を教えて下さい。

婦人科領域でクスコー等を大量に(少量でも・・・)人肌に温める機材を今すぐ教えて下さい。メーカー名、販売店・・・(判れば)
  温める条件は丸型カストにクスコー10個ぐらい入れ丸ごと温めたいのです。
   最低1個でもいいです。

Aベストアンサー

一般に使われているのは
「恒温槽」などでしょうが、器具を暖めるのであればそんなに厳密なものは要らないし科学器具は高いので
「温蔵庫」をつかうか、小さいものなら食器乾燥機の乾燥維持機能と温度調節機能があるもの(←これが一番安い)を使ってるんだと思います。(ちなみに両方とも見たことあり)膀胱洗浄用の滅菌蒸留水や生食ボトルはこういうのを使って暖めるか単純にお湯にさらしてるところが多かったですね。

「恒温槽」「温蔵庫」もメーカーも機種もいっぱいあるから出入りの業者にカタログもらったらどうでしょう。さすがに食器乾燥機は近くの家電屋さんに行くしかないです。(温蔵庫も家電屋さんに相談すればカタログくれるはず)

Q校正証明の添付は義務ですか?

弊社製品を出荷する際に、納入先要求に従い、全長寸法をノギスで測定し、その結果を書面で添付致しました。(この書面の添付は無償です。)その結果、納入先から「校正証明書」の提示要求がありました。ISO9001を取得していますので社内定期校正の記録等はありますが、社内文書扱いであり、社外秘としてきた経緯があります。
(1)この場合、ノギスの社内管理No.や、校正証明書、校正時の記録等を開示する義務はあるのでしょうか?
(2)個人的には、検査成績書等を「販売対象」としていないので、開示を避けたいと考えています。良い説明方法はありませんでしょうか?
納入先へのアクションが必要なため、お知恵を拝借したい次第です。

Aベストアンサー

 先方から本件の注文を受注するときに、どんな約束(契約)になっていましたでしょうか。文書で交わした契約でなくても、口頭で求められれば契約ですし、文書でも交わしておらず口頭での要求もないが、常識的な当然のことであれば、それも果たすべき義務に入ります。本件の状況を見れば、校正状態を実証する証明書を先方の「要求」にしたがって出すのがスジでしょう。それを契約とか義務とするかどうかはともかく、私が先方の責任者であれば、ごく当然な要求であるのに校正の証明を出さない(出せない)会社は、取引停止処分にしますね。先方(顧客)に満足してもらい、信頼されるような仕事をなさってください。まっとうな(校正の)仕事をしている限り、出せない(出してはまずい)事情はないと思いますがね。
PS:検査成績書等を「販売対象」としていない…は考え方が間違っています。

(ISO9001主任審査員)

Q病院での診察室に入る時の常識とあいさつの言葉を教えてください。

皆さまはどのようにされていますか?
ドアを開ける際などは、皆さんの真似をすればいい、と思っていつも真似をしているのですが、
入ってしまってからは、皆さんはどのようにあいさつしているのかがわかりません。
ドアを開ける際はノック2回?(ノックは必要?)とドア開け後は、普通にあいさつ。
そして、その挨拶ですが、
診察時間 呼ばれるのが昼近くでも、
中に入ってからのあいさつを、「おはようございます」
と言っておられる方がいるのですが、こんにちは、ではだめなのですか?
そしてそのあいさつ後は、よろしくお願いします、とか、お願いします、など、
言ったほうがいいのですか?
それとも、あいさつ後、すぐ椅子に座りますか?
あなた様が患者だった場合の様子を教えて頂けませんか?
若輩者なので常識を知りたいです。
皆様のご意見お聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

診察室に入られる時の挨拶は、おはようございますでもこんにちはでも時間にあった挨拶をされれば良いと思います。それ以上丁寧にする必要もないです。
それよりも私達は多数の患者さんを診させていただきますので、受診される内容について時間的な経過などをはっきりさせてお話いただければと思います。急性疾患で体が辛い時にはなかなか難しいかもしれませんが、受診時に比較的体調が落ち着いてられるのであればいつからどの様な症状がどの様に続いたか等を明確にお話いただけるとありがたいです。
小さな子供さんを診させていただく時などにあるのですが保護者の方が子供さんに診察室に入ってから”○○ちゃん何時からおなか痛かったの?”と言っているのを聞くと”前もってストーリーを作ってきて・・・”と心の中では思ってしまいます。
限られた時間で効率よく受診していただくことで待ち時間の解消にもつながります。ご協力をお願いします。

Q計測機器の校正対象

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正を行なわなければならなくなり、コスト的に耐えられなくなってしまいます。
 ISO要求は校正と調整を行なう事となっていますが構成する計測器個々の構成が不可能な場合、複合機全体としての調整のみでも良いのかが解りません。
 校正対象と調整対象及びトレサビリティーなどISO要求7.6に対する論理的な正しい設定の仕方に付いて上記事例の扱いに付いて教えて頂けないでしょうか。
 あと別件になりますが、識別ラベルで以前より、校正対象外ラベルを貼るようになっていますが、貼らないものが校正対象外と識別できるので不要のように思えるのですが、何か必要な理由があるのでしょうか・・・併せて教えて頂けないでしょうか。
 宜しくお願い致します。

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正...続きを読む

Aベストアンサー

>見解の違いから指摘される事はどの様なものでしょうか又、それに対応する論理的解釈はどの様な事を備えておけば良いでしょうか。

担当官によっては何も言わない事もあれば、それで不良品の割合を
**%以下にできる根拠を示せって言われる事もあります。
統計的見地から理論的に説明できるような数値があると、第3者から見ても判りやすいので、
できれば理論武装しておくと良いでしょう。

説明できないからといって即認証取り消しになるわけではありませんので
慌てずしっかりした書類を作成して下さい。

機器の調整方法やサンプル数に変更がある場合は、ちゃんと変更履歴(理由と変更可能と判断した根拠)を
残すことをお忘れなく。

Q教えてください!ホルモンの検査をします。どのような内容なのでしょうか??

脳外科で、脳下垂体腫瘍と診断されました。
その際血液検査もしましたが、生理前だったこともあり(!?)プロラクチン値が高かったのですが、微妙な数値とのことで、その腫瘍がホルモン生産性のものか、そうでないかはっきり診断されませんでした。
(参考:34歳女性、未婚、月経は不順ですが「無し」ではありません。乳汁も出ません)

改めて、内分泌科で、ホルモンの検査をするように・・・と、大学病院の紹介を受けました。この場合、どのような検査内容が予想されますか?
(何日か、入院することも考えられます。と言われました)
状況等によって、様様だと思いますが、「だいたい~な感じです」というのを、参考までに教えていただけると有難いです(T_T)

一番聞きたいことは、私は注射がこの世で一番嫌いなものなので、それが、どれくらいあるものなのか・・・(採血は勿論覚悟していますが。。)

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ごく簡単にのみお答えいたします。
下垂体前葉から分泌されるホルモンは6種類あります。プロラクチン、成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、黄体形成および卵胞刺激ホルモンです。
下垂体腺腫で最も多いのはホルモン非産生腫瘍で、次に多いのがプロラクチン産生腫瘍(40%)、次いで成長ホルモン分泌腫瘍(20%)、副腎皮質刺激ホルモン(数%)、他は稀です。 *( )内は、ホルモン産生腫瘍の中での比率です。
まずは、これらのホルモンやホルモンの過剰分泌によって増えてくる物質の血中濃度を採血により調べます。次に、必要があれば様々な薬剤を投与したときのホルモンの分泌量やパターンを調べます。時には血管撮影の手技を用いて下垂体の近くの静脈から直接採血してホルモンの量を調べる場合もごく稀にはあります。薬剤を投与してのテストからは入院して行う必要があります。
ところで、mi-loさんの場合ですが、恐らくホルモン非産生腫瘍ではないかと思います。プロラクチン産生腫瘍の場合には、通常プロラクチンの値は200ng/ml以上のことが多く、低くても100ng/mlはあるはずです。従って、多少ホルモンが多くて正常との境界くらいでは、プロラクチン産生腫瘍は否定的かと思います。なお、下垂体腺腫がホルモン非産生腫瘍の場合でも、腫瘍が視床下部の正中隆起を圧迫することによりプロラクチン分泌抑制因子の分泌を抑制して、結果としてプロラクチンが高値になることがあります。(正常値は、妊娠していない女性では1から25ng/ml、平均10ng/ml位)
どのくらい注射があるかは、疑っている腫瘍の種類により若干異なるでしょうから、何ともいえません。
お大事にどうぞ。

ごく簡単にのみお答えいたします。
下垂体前葉から分泌されるホルモンは6種類あります。プロラクチン、成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、黄体形成および卵胞刺激ホルモンです。
下垂体腺腫で最も多いのはホルモン非産生腫瘍で、次に多いのがプロラクチン産生腫瘍(40%)、次いで成長ホルモン分泌腫瘍(20%)、副腎皮質刺激ホルモン(数%)、他は稀です。 *( )内は、ホルモン産生腫瘍の中での比率です。
まずは、これらのホルモンやホルモンの過剰分泌によって増えてくる物質の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報