毛細管現象では水は10mぐらいまでしか上昇しないはずですが、熱帯雨林などには20m以上の木が存在しているそうで、そういった木はどのようにして根から吸い上げた水を葉の先まで運んでいるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

やっぱり最後まで答える必要があるのですね。


 まず、植物細胞の吸水力=浸透圧-膨圧で示されます。浸透圧は細胞膜の半透性により生じ、細胞内外の溶液の濃度によります。膨圧は吸水したために生じる細胞壁(セルロースが主成分の弾力性のある植物細胞の最外膜)の水を外に押しだそうとする力です。いま、蒸散が盛んなときは、葉の細胞は水不足した=濃度の高い=高張な=吸水力の高い(浸透圧とほぼ同じ)状態にあります。このとき、道管の水を常に吸い込む力(圧力)が道管に対する張力となりますが、葉の細胞の浸透圧の総和とほぼ等しくなります。吸い上げる力(原動力:圧力)はこれらから、葉の細胞の浸透圧の総和=50気圧以上と算定されるのです。
 さて、道管の中ではというと、実は水の凝集力=毛管現象として表れます。水の凝集力は、水分子が極性を持つめに生じます。H2OのOの部分は「-」、Hの部分は「+」となっています。この水分子同士が+-の力(静電気力)で引き合い、結合しているかの状態を水素結合といいます。雪・氷の6角形はこれに由来します。さて、これが他の物質との境目で表れるのが「表面張力」=「界面力」です。細管でこの力が表れるのが「毛管現象」なのです。この毛管現象は毛管が十分細いと外圧に影響されません。道管は細いので毛管現象を生じますがある程度太くないと、水の量が不足します。道管は維管束に多数ある管の集合体になっています。
 最後に根の吸水力ですが、これは「へちま水」をご承知と思いますが、「根圧」によって水が道管へ押し上げられる現象です。
 まとめると、葉の蒸散による吸水力と道管の毛管現象と根圧によって水は十分上がることになります。
 落葉樹でも春に水が新芽まで上がるのはこの根圧と道管の毛管現象によります。蒸散が盛んな夏はこの力により、より多くの水が葉まで吸引されるのです。
    • good
    • 1

簡単に言えば毛細管現象ではないでしょうか?非常に細い管の片方を水に浸けると管の中の水は引力に逆らって上へ登っていきます。

これには液体の表面張力等が関係しています。木や草花の茎の中には水分をその植物全体に送るための非常に細い管がたくさんあります。この管が細いのも毛細管現象を起こさせるためのメカニズムではないでしょうか?
    • good
    • 2

「専門家の方に~」と書かれている後に書くのは恐縮ですが・・。



一口に植物の吸水を説明するのは難しいです。今まで書かれた方々の全ての答えを統合すると植物の吸水の実際がおぼろげながら出てくると思います。
・根では浸透圧、もしくは根細胞の減圧による吸水
・茎(もしくは幹)では導管内の減圧による吸水、細胞壁の弛緩による壁圧の現象による吸水
・葉では蒸散による減圧による吸水

が主な吸水の仕組みだったと思います。手元に資料がありませんので、本当のところはあやふやですが・・。
大きな図書館にある植物の専門書を見てください。(すいません、書名はちょっとわかりません)

参考URLは根における吸水メカニズムのやり取りです。

参考URL:http://soil.en.a.u-tokyo.ac.jp/fml/sssj/2/msg000 …
    • good
    • 0

私もうろ覚えなので、確実なことは専門の方に解説をお願いしたいのですが・・・。


導管の細胞は、上から下まで1本というのではなく、幾本もの細長い細胞の集合体だったと思います。ですからそれぞれの導管細胞が少しずつ水を吸い上げれば、10mを超えてもそれほどの圧を必要とせずに水を輸送できるということだったと思います。細胞壁が弁のような働きをするのだ、と勝手にイメージしていましたが、いかがでしょう。
    • good
    • 1

この件、昔から不思議に思っていたので、つい参加しちゃいます。


 dragon-2先生の解説がもう一つよく分からないので、50気圧の発生メカニズムをもう少し詳説していただけませんでしょうか?

 吸い上げポンプで10m以上水を汲み上げる方法は:高さ10mごとに池を作って、一つのポンプで10m下の池から上の池へ水を汲み上げる。これを沢山つなげれば、何mでも水が汲めるはずですね。
 植物の道管の中にも、なにか池に相当する「蓄水装置」があるんじゃないかと....
    • good
    • 2

dragon-2 さんの答えは、自信なしとなっていましたが、その答えを見て思い出しました。



その通りです。科学的説明は dragon-2 さんのであっていると思います。

簡単に言ってしまえば、
葉からから水を蒸散させること水を吸い上げることと、
根から水を吸い込むことで水を押し上げていることと
の両方の力で水を葉に送っているのです。

質問者の書かれている毛細管現象は、少し内容が違うような気がします。よくおぼえていませんが、10m以上、水が上がらないのは、吸い上げポンプ(真空ポンプ)での話しです。10mより高いところからでは、吸い上げられないという話しです。

またkitoさんの言っている、表面張力とは、液体の表面の分子同士が引き合うためコップなどの表面で水がもりあがる時の現象を説明した話しだったような気がします。この表面張力によって、宇宙空間などでは、水などの液体が球形になろうとした現象だったと思います。
すみません。けちを付けたみたいになって、でも、やっぱり違うような気がして、気持ち悪くて。私の記憶が間違っているよというのであれば、ご指摘ください。

参考にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。私は、少し混乱していたようです。

お礼日時:2001/02/03 00:45

水の表面張力です。

わかりやすく言うと、まず道管(水の通路)の中に水分子が一列に並んでいると考えます。根から葉の先端までぎっしりと水分子が詰まっていて、蒸散によって葉から一番上の水分子が1個だけ外に出たとします。すると、2番目の水分子が一番上に移動します。それに伴って、すべての水分子が1個づつ上に移動します。すべての水分子が表面張力によって引きつけあっているからです。理解していただけたでしょうか。
    • good
    • 1

 管の上部からの吸水力だけでは(上部からポンプで水を引き上げる現象)は1気圧で760mmHg×13.6≒10mとなるわけですが。


 植物は10メートルを越える樹木も沢山あります。メタセコイアなど120mもありますから。
 水は根の毛根から植物体内入り、道管を通って植物各部位へ移動します。この原動力には植物細胞自身のもつ吸水力があります。半透性の細胞膜により、低張な細胞から高張な細胞へと水は移動します。ここで、高張とは水が不足した濃い溶液と考えて良いでしょう。根からの吸水はこれで説明できます。これを根圧といいますが、0.3気圧ぐらいで押し上げるのにはまだまだ不足します。
 次の力が蒸散によるものです。葉の裏側の気孔から水が蒸発していくので、葉が水不足になります。道管の水を吸います。道管全体が一つの水柱となります。このとき、道管壁に水分子が吸着し、さらに水柱の水分子が水の凝集力により引っ張り合い、高い張力を持つ水柱となります。
 この張力は30~50気圧になるといわれています。つまり、蒸散による力が水の凝集力および道管壁の吸着によってこのようになると説明されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q99円レンタルサーバーは安いですけど内容はどうなのでしょうか?

安いレンタルサーバーなら99円レンタルサーバー
というレンタルサーバーを見つけました。

http://99yen.jp


月額99円は確かに激安だけど内容はどうなのでしょうか?機能などを知りたいのですが、契約されてる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。

特に、安いレンタルサーバーには海外サーバーが多く遅くて使えないから、知名度のあるロリポップ(国内レンタルサーバー)などがいいと聞きました。

Aベストアンサー

99円レンタルサーバーを契約して使っています。

サーバーは以前は海外でしたけど、今は国内になって早くなりましたよ。

PHPやCGIも問題なく使えますし、アクセス解析とかも標準で付いてます。

機能や速度を心配されているなら、問題ないレベルだと思いますよ。

Q10m以上の木が水を吸い上げられるのは?

気孔から水分が蒸散する力というのを聞いたことがあるのですが、これはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

気孔から水分が放出される現象を蒸散と言います。
蒸散により、葉は乾燥します。
乾燥したところに水分が吸い寄せられるのは当然のこと。
(例:濡れた雑巾よりも乾いた雑巾の方が、よく水を吸う。)
乾燥の度合いの違いが、根から水が吸い上げられる力となります。
もっと簡単に言ってしまえば、ジュースをストローで飲むときのような
引力が働くわけです。
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B8%E6%95%A3

その他、根圧という要素も大切です。
水にインクを一滴落とすと、やがてインクは拡散していきます。
このように薄いものと濃いものが混ざると、自然に均一になります。
根でも同じです。
水よりも、無機イオンや細胞質基質が溶けている根の細胞の方が、
溶液の濃度は濃い。
するとその濃度差を解消する力がはたらき、結果、
水が根に移動することになります。これが根圧。
参考:http://www.jspp.org/cgi-bin/17hiroba/question_index.cgi?show_page=128
↑「植物について」という質問に対する回答をご覧下さい。

もしかしたら、一部説明が違っているかもしれませんが(^^;
参考になれば幸いです。

気孔から水分が放出される現象を蒸散と言います。
蒸散により、葉は乾燥します。
乾燥したところに水分が吸い寄せられるのは当然のこと。
(例:濡れた雑巾よりも乾いた雑巾の方が、よく水を吸う。)
乾燥の度合いの違いが、根から水が吸い上げられる力となります。
もっと簡単に言ってしまえば、ジュースをストローで飲むときのような
引力が働くわけです。
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B8%E6%95%A3

その他、根圧という要素も大切です。
水にインクを一滴落とすと、やがてインクは拡散...続きを読む

Qレンタルサーバー管理者が利用者のファイル内容を見てもいいのでしょうか?

現在、レンタルサーバーに大事な情報を保存しています。
これは他人に見られては困ります。もちろんレンタルサーバー管理者にもです。
しかし、この情報はサーバーに設置したCGIである処理をするために、サーバーから利用できなければなりません。

・レンタルサーバー管理者が利用者のファイル内容(プログラムのソース等)を見てもいいのでしょうか?
もしくは、
・レンタルサーバー管理者は利用者のファイル内容(プログラムのソース等)を見ることがあるのでしょうか?

上記2点のご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず言えるのはその様なデータをレンタルサーバーで運用することの方が問題だと思います。

サーバーの運営管理者は当然のことながら
保守管理義務を負います。
故に
サーバーにとってデータが適正であるかどうかをチェックするのは
当然の権利であり義務でもあります。
また倫理上好ましくないファイルがあるかどうかも
チェックする場合があります。
故にレンタルサーバーに置いたデータは
「見られても仕方のないもの」と捉えるのが妥当です。
きちんとした運営をしているサーバーならなおさらです。

どうしてもそういう類のデータを扱うのであれば
レンタルサーバーではなく自前でサーバーを立てるしかないです。

Q草と木の水の吸い上げ方

素朴な疑問なのですが。。

小学校の時に、「ホウセンカ」は毛細管現象で水を吸い上げるという
実験をやった記憶があるのですが。(曖昧です)

樹齢何十年という木は、どのように水を吸い上げているのでしょうか?
土から何mも上の葉の先にまで、水が吸い上げられるのでしょうか?

Aベストアンサー

浸透圧も利用しているらしいですが、難しい話です
(http://www.)nagare.or.jp/nagare/24-5/24-5-t01.pdf
↑PDFファイルなので、カッコを取ってダウンロードしてください。(ダウンロードファイルへのリンクは禁止なので)
あと、こっちも・・・
http://kuroki-rin.cocolog-nifty.com/heaven_or_hell/cat6119716/index.html

根っこからは浸透圧で押し上げて、葉っぱの蒸散で吸い上げる、という二段がまえなのかな。

Q無料レンタルサーバーについて

 今はかなりネットで無料レンタルサーバーがあります。
会社で使用しているデータを無料レンタルサーバーに保存し、家でもすべてのデータを使用したいと思います。無料レンタルサーバーの説明を読んでおりますと、どこもホームページを作成するサーバーとなっているみたいです。
 個人のデータサーバーとして使用する場合どのような無料レンタルサーバーがありますか?またそのような使い方をしている方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

その場合はレンタルサーバーというより
オンラインストレージですね
"オンラインストレージ" で検索してみてください

Q樹木の水を吸い上げる力

樹木は大きいもので何十メートルにもなりますが
不思議に思うのは高い枝先まで、どうやって水分がゆくのでしょうか。
真空状態でも気圧の分までしか水が高く上がらないのが一般的な考えだと思うのですが・・・
(約10mくらいでしょうか)
樹木の内部に特殊な働きでもあるのでしょうか?
どなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

「日本植物生理学会」の質問コーナーに同じ質問があり,専門家の方が回答されています。

 ・http://www.jspp.org/cgi-bin/17hiroba/question_search.cgi?stage=temp_search_ques_detail&an_id=679&category=keyword&b_id=&keyword=%8B%C3%8FW%97%CD
  日本植物生理学会 質問コーナー

 こちらの過去質問の回答が解り易いかもしれません。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/qa21091.html
  QNo.21091 植物はどうやって高い所まで水を吸うことができるのか

 「根圧」「毛細管現象」「凝集力」「蒸散」がキーワードのようです。

参考URL:http://oshiete.eibi.co.jp/qa21091.html

Qレンタルサーバーについてです。

いつもおせわになっております。
今回はレンタルサーバーについて質問させていただきます。
ご教授よろしくお願いいたします。

レンタルサーバーでドキュメントルートの一つ上のディレクトリ(非公開ディレクトリ)を持つ事のできるレンタルサーバーは存在しますでしょうか?

Aベストアンサー

さくらのレンタルサーバスタンダードプランを使っています。
ホームディレクトリは公開されず、その下のwwwディレクトリが公開されます。

Q道管中を水が吸い上げられる圧力

いつもお世話になっています。理論的には10mまでしか水は吸い上がらないのに、3mのストローで、2階から1階のジュースを飲もうと思っても、なかなか吸い切れません。しかし、道管をもつ植物は、ときには数十mまで水を吸い上げます。この圧力の原動力は、根の浸透圧と、葉からの蒸散および水の凝集力とを比べたとき、どちらの方がより大きな圧力を生んで水を吸い上げることにつながっているのでしょうか。

Aベストアンサー

雨の水は,どこから来たか考えたことはありませんか。日本のような島国ですと考えが及びにくいとは思いますが…。

海からの蒸発が一番大きなものであることは確かですが,森林の蒸散量と雨量とは比例関係にあります。熱帯雨林は雨量が多いですが,蒸散量も多いからです。

熱帯雨林といえども,湿度が一日中100%ではないですよね。また,熱帯雨林に生育する植物は一般に蒸散が活発なものが多いようです。

本題の水の吸い上げですが,蒸散が低くなりますと樹液流速は遅くなります。しかし,光合成産物で葉の浸透圧が高まりますから全く吸水できないわけではありません。水があって水不足で枯れることは無いですね。

極端な植物は雨霧林の付着蘭ですが彼らは根がほとんど無くてどの様に生活しているかお考えください。

Qレンタルサーバー 無料を借りたい

レンタルサーバー 無料を借りたいです

掲示板、HP、メールファームなどを利用できるレンタルサーバーを探しています。

♪宜しくお願いします♪

Aベストアンサー

こんにちは

無料レンタルサーバーを探しているのであれば、Googleなどで「無料レンタルサーバー」などの
キーワードで検索してみると良いでしょう。

一例ですが、下記のような比較サイトがありますので、こちらから探すのが近道です。
http://www.kooss.com/hp/

ちなみに、私のHPは掲示板用に下記の無料レンタルサーバーを利用しています。
http://atpages.jp/

注意点を幾つか挙げておきますので、ご参考までに。

・掲示板はcgiを利用するものが多いので、利用可能なサイトかチェックしましょう。
・画像投稿可能な掲示板を設置すると容量が増えるので、容量をチェックしましょう。
・アップロードの操作方法など解りやすく説明されているかチェックしましょう。
・登録する前に、サイトの評判を口コミなどでチェックしておくと良いでしょう。

こんなところです。 頑張ってHPを開設してください。
HPが完成するようにお祈りしております。

Q植物の葉で合成された栄養が果実に運ばれる原理は?

葉で合成された栄養が、果実に輸送される原理は何ですか?篩管が輸送管みたいですが、輸送エンジンは何ですか?多数の果実に均等に分配する制御装置、つまり、動物の神経・脳みたいな部分があるのですか?植物の根・幹・枝・葉の方向に、水分やミネラルを吸い上げるのは、多数の葉による蒸散作用で均等に生じるイメージは得られます。また、導管と呼ばれるようですが、これは生長段階から均等に構造配置されそうなイメージです。しかし、果実の栄養分の輸送は、果実のでき方次第で変わるはずです。導管の成長と同時に、篩管が配置・形成されるのも考えにくいのでは?

Aベストアンサー

植物は篩管を通して栄養を送ります。これを篩管転流(師部転流)と言いますが、一般の植物はその栄養がショ糖ですからショ糖転流(スクロース転流)と呼ばれます。この転流は導管のような一方に流れるのではなく、上下どちらにも流れます。

葉は光合成でブドウ糖(グルコース)を合成しますが、これをさらにショ糖に合成します。このショ糖が主に夜間等にスクローストランスポーターと言ったポンプで篩管に分泌されます。このようにショ糖を篩管に供給する器官をソース器官と呼びます。ソース器官の篩管はショ糖を沢山含みますから浸透圧が高くなり、周りの細胞から水を吸って圧力が上昇します。

芋や果実はショ糖を供給される側でシンク器官と呼ばれます。このシンク器官はソース器官の反対でシンク器官の篩管はショ糖を取り込んでシンク器官に輸送します。ですからシンク器官内の篩管は浸透圧が低くなり、水が周りの細胞に吸われて圧力が減じます。

この両者の変化が篩管内に圧力差を生み出しますから、ソース器官からシンク器官へと篩管内の水が移動し、その流れに乗ってショ糖が運ばれることになります。つまり上とか下は関係ありません。

ショ糖転流の原動力はスクローストランスポーターと呼ばれるポンプです。このポンプは当然エネルギーを必要とします。ですから導管と違い、篩管は生細胞なのです。死んでしまうとショ糖転流は起こらなくなります。

果実といえども導管も篩管もあります。果実には何か筋のようなものがありますよね。あれが導管と篩管です。

植物は篩管を通して栄養を送ります。これを篩管転流(師部転流)と言いますが、一般の植物はその栄養がショ糖ですからショ糖転流(スクロース転流)と呼ばれます。この転流は導管のような一方に流れるのではなく、上下どちらにも流れます。

葉は光合成でブドウ糖(グルコース)を合成しますが、これをさらにショ糖に合成します。このショ糖が主に夜間等にスクローストランスポーターと言ったポンプで篩管に分泌されます。このようにショ糖を篩管に供給する器官をソース器官と呼びます。ソース器官の篩管はショ糖を沢...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報