どなたか教えてください。

お給料の基本給というのは、一度値上がりしたあと、また下がったりするものなのでしょうか。
たとえば、その月の売上が少ない時や、遅刻が多かった時などです。
去年の6月くらいに一度値上がりして、今回1月分は去年の1月分より下でした。

仕事はスポーツの指導員です。
多少の遅刻、病欠は普段のお給料に反映されません。
そのかわり、というか時間外手当てもありません。
普通の会社で働いたことがないので、他がどうなっているのか知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

通常は、給与体系は基本給・諸手当と分かれています。


このような場合、基本給は定時の昇給時にあがり、手当てについては、定期的に増額したり、不定期に増額されることも有ります。
又、基本給は毎月変動せずに、諸手当は、残業手当などは増減があります。

0871さんの会社は、基本給と諸手当の区別がないようですね。

そこで、最近の不景気から給料を下げる会社が増えています。
おそらく、0871さんの会社もそうなのだと思います。
ただ、労基法の規定では、会社側がかってに給料を下げることは既得権の侵害として禁止されていますから、何の説明もなく下げたということは問題があります。

でも、この経済情勢ではあきらめざるを得ないのが実際の姿ではないかとも思います。

どうしても納得できない場合は、会社側に説明を求めるべきでしょうし、今回は会社の措置を我慢して受け入れるかです。

この回答への補足

社長の奥さんが経理で、とても気分屋さんなんです。
なんだか恐くて言い出せません。

補足日時:2002/02/05 20:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
勇気を出して、経理の人に聞いてみます。

お礼日時:2002/02/06 18:58

通常は基本給というものは減額されません。



賃金は労働契約の中でも重要な位置を占める要件ですから労働者の同意を得ることなく減額することは許されません。それは判例に於いてもしめされています【京都広告社事件:大阪高裁 平3.12.25 】。

ただ、就業規則で遅刻は罰金との規定は可能ですし、基本給にしても本当の基本+歩合または手当、というような形態になっているのであれば下がったように見えることもあるでしょう。

納得が行かないのであれば、やはり経営者側に問い合わせてみることが必要であると考えます。

ただ、本当に会社としての売り上げが減少しているのであれば給与減額の正当な自由となりえますので、改めて話し合った結果、変わらない可能性は否定できません。

この回答への補足

問題は、私だけ減らされているということです。
もう一人の従業員の人は、もともと私より安い給料ですが、変わりなしということでした。

補足日時:2002/02/05 20:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。
経理の人に聞いてみたいと思います。

お礼日時:2002/02/06 18:56

 基本給は、一般的には年に1度の定期昇給があり、今までは下がることはなかったと思います。

しかし、経済状況を反映して、基本給を下げる会社も出てきました。

 6月にあがったのは定期昇給だと思いますが、その後給料体系の見直しにより基本給を下げたのでしょう。経営状況に応じて、売り上げが伸びれは上がるでしょうし、売り上げが下がれば基本給が下がることもあります。

 基本給をどうするか、昇給をどうするかなどは、会社と職員の合意事項とされています。

この回答への補足

うーん、なるほど。
確かに1月はお客さんが少ないと聞いたことはあるが・・・。
うちは未だに月末に手渡しなので、その時一言言ってくれればいいのにと思います。

補足日時:2002/02/04 16:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
前回の話し合いでの金額は維持できていますので、
この件はやはり経理の方に聞いてみます。

お礼日時:2002/02/06 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病欠をした場合、給料から日数分引かれてしまうのでしょうか?

年俸制の会社に勤めています。先日、入院をしたのですが、「病欠だと給料から日数分引かれるから有給扱いにする?」と言われました。日給月給の契約であれば、それも理解できるのですが、年俸制でも、病欠や忌引きで休んだ場合、給料から引かれてしまうのでしょうか?
お教えください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 本来の意味での年棒制であれば、年棒契約時に確認すべき事項です。
>病欠だと給料から日数分引かれるから有給扱いにする?
 といわれたのなら、「病休時は減給」「病休を有給に後から振り替えても良い」という、契約内容なのだと思われます。
 もし違ったとしても、契約時に確認して無いので自己責任ということでしょう。
 
 しかし、契約時にこういうことを聞いたら、そういう細かい規定が無くて説明に右往左往する会社も多いでしょうね。

 こういう最低限の説明すらせず(休暇の取り扱いの規定すらつくっていない場合もある!)に安易に年棒制を導入する企業が多数ある現状に、腹を立てている一人です。
 #身勝手な経営者が多すぎると思います#

Q確定申告/1月分から12月分ですか?

確定申告の初心者です。
ものすごく初歩的でお恥ずかしいのですが
今回申告するのは2004年1月から12月分の
収入でいいんですよね?

Aベストアンサー

>今回申告するのは2004年1月から12月分の
>収入でいいんですよね?
その通りです。

以下の控除対象があれば証明書や領収書、ローン残高証明書などで、一定額または全額の控除が受けられます。
生命保険、住宅火災保険、個人年金保険、10万円以上の医療費(扶養家族の分も含む)控除、住宅ローンがある場合はローン残高に対する控除(控除は収入)、国民年金など、

控除とは税引き前の収入から控除合計を差し引いた収入に対して税額表に基づいた税金がかかります。
つまり控除により払いすぎの税金が数万円~10万円程度税金が還付されるようですね。

Q4月分の給料未払いについて

はじめまして、いつもお世話になっております。
今回初めてご質問させていただきます。
よろしくお願いします。

給料についてなのですが、本来例えば、
3月1日~3月31日まで勤務したものを4月1日までに会社に勤務表として送り、4月25日に支払われるとします。

私は、4月20日付けで退職いたしましたが、4月1日~4月20日までは会社の自宅待機ということで拘束されていました。

なので、本来5月25日に上記の日付分が支払われると考えておりましたが5月25日に届いた給与明細書には0円となっていました。

退職する当日に、会社は20日締めなので、4月20日~5月20日分は出ないと仰っていましたがこれは会社締めが関係しているため給料が今回支払われなかったと考えてよいのでしょうか。
(会社に上記の内容で、給料が振り込まれていないと問い合わせたのですが、給与明細を見てくださいの一点張りでした。)

わかりづらいかと思いますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

某会社の給与担当です。
1月~月末までの勤務内容が翌月25日に支払われるのでしたら、給与の形態としては「月末締めの翌月25日支払い」ですよね?
会社が言う「20日締めなので・・・・」というのと食い違っているので、そのあたりがよく分からないのですが・・・・・。

たしかに4/1~4/20は在籍していたと思われますので、給与の対象期間になると思われますが、No.1さんがおっしゃるように会社によって規定があります。
4/1~4/20は勤務区分でいうと、どういう扱いなのでしょうか?
有休や会社都合による自宅待機なら、それに相当する日給を支払うべきですが、「自宅待機ということでで拘束」というフレーズから察するに、単純に「給料が出ないお休み」の様な気がします。

我が社の場合でもこのような時は「在籍はしているけど支払いは0円」という事で、給与明細票は作成しますが実際の支払いはありません。
給与明細票にどのようなお休みの扱いになっているか書いてありませんか?

Q12月分の給料仕訳について

小さい塾経営をしている、経理初心者です。
通常、月末締めの翌月5日にお給料支払いをすることにしており、
「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいましたが、

H25年に途中入社したA先生に関し、
H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。
同様に、H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。
一貫性をどこかで持たせるべきだったのだろうと反省していますが(発生月一本でいくか、振込日を絶対に変えず振込日最優先でいくか)今回はどのように処理したらいいのかを教えていただけると助かります。

12月に未払い金として計上しない場合は決算書の給料内訳のページも1~11月分にしないと決算書と合わず、すると源泉徴収票や徴収簿とも合わなくなります。
こういった場合は、H27年分を1~11月の給料として損益計算書にも反映させるべきなのか、
また未払い費用として計上した場合は源泉所得税等(預り金)も含めた総額を未払い費用として計上するのか(決算書の給料内訳のページにも関わってきますが)わからないので教えてください。

小さい塾経営をしている、経理初心者です。
通常、月末締めの翌月5日にお給料支払いをすることにしており、
「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいましたが、

H25年に途中入社したA先生に関し、
H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。
同様に、H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1...続きを読む

Aベストアンサー

hinode22です。

おはようございます。

>今回2016年の申告時は2014年12月分を含めると重複してしまうので2015年1~11月分の給料とし、既に済んでしまった源泉徴収票や納税との差異は無視して次回2017年の申告時(2016年分)から2015年12月~2016年11月分の正しい記入をした方がいいのでしょうか?

はい。それで結構ですよ。
今までのやり方を変えるのだからパニックになるのも当然です。頑張って下さい。

Q合同会社役員の給料を変更できる月は何月ですか?

3月に設立した合同会社の役員の給料の額を変更したいのですが、何月になったら変更できるでしょうか?

Aベストアンサー

 役員報酬を損金とするための、定期同額給与とするために・・ということですか?

 上記条件がないのであれば、いつでも変更は可能です。
 ただし、法人所得計算上損金と認められない部分が出てきます。

 上記条件を満たすためであれば、新事業年度1ヶ月目~法人確定申告期限までの
 変更となります。

 株式会社(特例有限会社)等であれば、報酬決定にかかる議事録の作成が必要ですが、
 合同会社は株主総会等の必要的設置機関がありませんので、総会議事録の作成自体が
 ありません。
 従って、その報酬額の決定を証するものとして。「決定書」の作成が必要となります。
 決定書の雛形については、下記URLを参照してください。
 http://template.k-solution.info/img/ketteisho02.jpg


人気Q&Aランキング

おすすめ情報