『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

今年から硬式テニスを始めた高1です。軟式等は未経験です。
今、「バックハンドを両手にするか、片手にするか」で、かなり悩んでいます。今は片手で練習しているのですが・・・。
部活の先輩や顧問の先生にも聞いてみたのですが返ってくる答えがまちまちでどうすればいいのか・・・

1.BY 顧問
・両手か片手かはどっちでもいい
・両手でやるにしても片手も覚えなければならない(当然、両手だと対処できないボールのため)のでやってみて変えるのはできる
・高校テニスでバックを全て片手でやっているのは2割くらい(ちなみに先輩にはいません。全員両手です)
2.BY 先輩
・断然、両手がいい(トップスピンがかけやすかったり・・・)

あとそれぞれの長所・短所として言われるのは
・片手だとリーチがあり、体の使い方さえ覚えれば安定したショットが打てるが当然両手に比べてパワー的には劣る
・両手だとリーチがないので対処しにくいボールも多いが初心者でも安定したショットが打ちやすく、パワーも出やすい
と言うような事が多いですが・・・。

私個人としては片手がいいなぁ、と思っていた・・・というのも、片手の方が振りぬきやすかったと言う事と、プロの試合を見ていると両手バックはほとんど使っておらず片手で強烈なショットを打っていた、と言う事で・・・のですが先輩に両手がいいと言われた事や、片手がなかなかうまく打てない(うまく当たらなかったり当たってもネットしたりオーバーしたり・・・)事もあって・・・かなり迷っています・・・。個人的にはやっぱり片手?とか思うのですが前述の通り、今、全くうまく打てないので上達しなかったら・・・と思っています。

どちらにすべきかのアドバイス(理由も)とできればどんな事に注意したりどんな練習をすればうまくできるか、と言うのもお願いできればと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あまり参考になりませんが、私も両手バックは悩みぬいて


長いです。片手打ちに戻ったり両手打ちに変えたりして一体
どっちにしようかと迷ったおりました。

ある時、レベルの高いプレーヤーと対戦し、その人のサーブは
バック側にスピードがありバウンドして鋭く跳ね上がり後ろの
フェンスまでを直撃するパワーサーブでした。
私のレベルが高ければライジング打ちで片手でのトップスピン
あるいはスライスが可能なら対処できたかも知れませんが
私には高度な技術や動体視力などの総合力を持ち合わせて
おらず散々の結果でした。
そして自分に出来ることは両手打ちでパワーに対抗するしか
ないと思い今日に至っております。

 片手打ちは不利か
身体能力が高ければ片手打ちでも十分です。上手い人は
スピードボールや難しいボールをライジングで捉え簡単に
バックからエースを打ってきます。

そうでないのであれば両手打ちも選択するのも良いです。
両手打ちのメリットは打点域が広い(フォアハンドと同じ)
片手打ちは利き肩より20~30cmネット寄り(トップスピン)
の一点になります。
打点域が広いので高いバウンドにも対抗しやすく跳ね上がる
ボールに対し、しっかりドライブをかけて打ち返せます。

経験的に言うとサウスポーに強いです。相手がアドコートで
でバック側に打ち外へ切れるサーブでも難なく返せたり、
ストローク中振り遅れでストレートに打っても相手のバック
へ返るというメリットがあります。

両手で弱いのが低くボールです。特に外へ追い出されるボール
です。この時は無理せずスライスで返した方が賢明です。
などなど
私は両手をメインにし、ショートクロスのパスや余裕のない
時は片手のトップスピンで打ち、アプローチや刻みショットは
スライスです。その方がプレー幅が広く聞こえますが、
その反面に各ショットの切れ味が中途半端になりやすいですね。

片手打ちか両手打ちか最後は自分で決めるしかありません。
体感的に考えるのか理論的に考えるのかよりスタートが
違ってきますが
まずは打ちやすいと思っている片手打ちで取り組んだみたら
如何ですか?
最初は中々打てないものです。まずはグリップを確かめ
ラケットをスイングし、垂直になる所がインパクトに
なります。常にそのポイントを捉えれば安定してくると
思います。(利き肩より20~30cmネット寄り)
それにはフットワークと準備態勢の早さが求められます。
特に準備を早くするのは片手打ちでは打点が前なので
必須です。

まだ若いのですから自分なりにチャレンジして経験し
迷い考えながら、自分の打ち方を方向づけたら如何でしょうか?
    • good
    • 0

プレースタイル、目的によって変わってくるんじゃあないでしょうか。


は筋力。どちらに“すべき”というのはないですよ、プロじゃないんだし。
バックは、始めは結構難しいですが、練習してると形がフォアより固め
やすいので、明らかに周りの人にパワー負けしないのであれば片手でも
十分通用するはずです。
一番は、好きな選手の真似とか。ミーハーですけど、これで意外にいろ
んな技術が見えてきます。
    • good
    • 0

どちらか一方に決めようとすると悩みがでますよね。


両方出来るのが一番いいです。
例えば片手にしたとして、スライスにしようかトップスピンにしようかなんて普通は思わない?で、どちらでも打てるようになろうとしますよね。
片手、両手もおなじで、両方出来るのが良いに決まってます。

ちなみに私はフォア、バック共に片手から、両手に変えました。
フォアは直ぐに両手で打てるようになりました。
両手バックはうまく打てません。でも、試合の中では両手で打った方が、
うまく行く場面も多々あります。
一応こんな考えもあるということで回答しました。

一般論で有れば両手打ちを進めます、片手は一般的には難しそうですね。私は片手の方が簡単です。それは利き腕で打てるからだと思います。両手打ちだと利き腕でない方の手で打つ感覚が必要になります。
    • good
    • 0

自分がやりやすい方でいいと思いますよ。



ご自分で認識しているとおりの長所・短所ですけど、パワーは当然筋トレとかやれば大丈夫です。両手が安定するかというと、やっぱり練習じゃないですか?両手でも不安定になりますし。
プロでも両手バックはヒューイットとか、ナルバンディアンとか、ナダルとかサフィンとかいっぱいいますよ。

両手の人はバックのスライスとか、バックボレー(特にハイボレー)がやりにくいって言ってます。

ただ指導してくれる人がいないと片手バックはつらいかもしれません。
    • good
    • 0

すぐに一定レベルまで強くなりたいのならば両手。


長期的な観点からより強くなりたいのならば片手。

両手ならばコントロールとパワーが使えて、これからの試合にも対応できます。

片手ならば強い人とでもフットワークで届かないボールをリターンすることで優位に立てます。

私は片手ですが腰の回転で強烈なリターンは可能になり、コントロールも手打ちで無いので練習すれば安定してきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Q上級者でも深いボールをライジングで打たないのはなぜ?

最近、ラリー中や球出しの練習中に、どうしてもうまく打てない
ボールがあることに気づきました。
そして、ライジングでないと返せないタイミングのボールなんだなと
いうことにようやく気づきました。

ライジングは初心者にとっては難しいボールですが、中級以上であれば
打てないボールではないと思います。

一方で、トッププロや市民大会の上位選手やインターハイ選手
なんかは、深いボールを打たれたときは、一生懸命?下がって
打っているシーンを良く見かけます。

もちろん、一番打ちやすい打点で打つことが良いことは分かりますが、
体力維持や下がりきれないことを考えたら、とりあえずライジングで
返しておいても問題ないと思うし、上級者であればライジングも
なんなくこなせると思うのですが、やはり難しいものなのでしょうか?

実際にプロでも、伊達のようにライジングを打つと有名になるくらい
だから、他の人は打ってないってことなのでしょうか?
それとも他の人と伊達のライジングは何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜ、ライジングで打たずに下がる人が多いかという回答は
他の方の回答に異議はありませんというか、その通りだと思います。

ただ、伊達選手のようなライジングで打たない選手が多いだけで、
ライジングを多用されている場面が近代では増えています。
そもそも、ラケットの性能が低かった時代は、テニスの教本には
ライジングで打つのはダメって書いてあったのです。ところが、
ラケットが進化したので、変わってきたことが多々あります。
トップ選手でなくても、威力のあるドライブのストロークが打てる
人が増えたので、バックハンドをシングルで打つ人にとっては
バックに威力のあるドライブを打たれた場合、下がるより上から
抑え込むようにライジングのタイミングで、スライスで処理する
ことを選択する人が増えています。私は上級者ではありませんが、
簡単に返球できるので、そのような選択をいつもします。
伊達選手のような膝から腰の間の高さで打つライジングでは
ありませんが、腰から肩の高さで打つのが容易で威力のある
玉が返球できます。ダブルバックの人は、下がりきってドライブ
返球を選択する人が多いですが・・・。

アプローチは、プロではなく、上級者(無謀な中級者も?)って
いう感じの人でも若い世代の人たちは、けっこうライジングで
打っているのを見ます。以前は、アプローチは決めるショットでは
ないと教えるコーチが多かったのですが、近代では攻撃的なロブ
が簡単に打てるようになったために、よりタイミングの早い攻め
をするためにライジングでアプローチを打つことを容認するコーチが
増えたみたいです。

サイドラインから追い出された処理にも、落ち際まで走って
ダウンザラインかサイドスピンというのが定番だったのですが、
最近では直線的に追って、玉が上がりきる前にカットショット
を狙う人が増えてます。これも、広義ではライジングだと
思います。

なぜ、ライジングで打たずに下がる人が多いかという回答は
他の方の回答に異議はありませんというか、その通りだと思います。

ただ、伊達選手のようなライジングで打たない選手が多いだけで、
ライジングを多用されている場面が近代では増えています。
そもそも、ラケットの性能が低かった時代は、テニスの教本には
ライジングで打つのはダメって書いてあったのです。ところが、
ラケットが進化したので、変わってきたことが多々あります。
トップ選手でなくても、威力のあるドライブのストロークが打て...続きを読む

Q練習は駄目で試合は強いってなぜ?

テニススクール中級にて

バラツキはあるにしても男性はそれなりにうまい。
女性はちょっとという感じ。
女性に関しては、コーチの球出しのボールは、ストロークにしても、これで中級?初級でしょっという人が多い。
ボレーやスマッシュになるとさらに出来なくなります。

ところがところがですよ。練習試合をすると、あれほど出来なかった女性陣が、普通にテニスが出来るようになるのです。
そして結果的には男性が負けてしまいます。
最初は手を抜いているからと思ってました。
で、想像するに、本人も本気を出せば勝てるよ。と思っていることでしょう。

しかし、確信しました。毎回、ある男性は負けるのです。
じゃあ、この人は本当は下手なんだ。と、思いましたが、やはり違います。
明らかにうまい男性の場合もそうです。女性との試合になると明らかに、下手になります。

間違いなく、テニスの技術は男性が上、だけど女性との試合は、まったく別物という考えが当たっていそうです。

10年間、市民大会のシングルスで優勝している男性がいます。
女性と遊びでミックスダブルスをしてました。
明らかに、下手に見えました。
男性ダブルスだとそれなりに強いです。

なぜ、こんなことになるのでしょうか?
実は私は男性です。中級では下手なほうだと思います。
でも試合では簡単には負けません。
相手が先にミスってくれるからです。

どうしてこうなってしまうのでしょうか?

テニススクール中級にて

バラツキはあるにしても男性はそれなりにうまい。
女性はちょっとという感じ。
女性に関しては、コーチの球出しのボールは、ストロークにしても、これで中級?初級でしょっという人が多い。
ボレーやスマッシュになるとさらに出来なくなります。

ところがところがですよ。練習試合をすると、あれほど出来なかった女性陣が、普通にテニスが出来るようになるのです。
そして結果的には男性が負けてしまいます。
最初は手を抜いているからと思ってました。
で、想像するに、本人も本気を出...続きを読む

Aベストアンサー

まず、いろんな要因が考えられます。
女性が試合だけ強いケース。
男性が試合で弱いケース。


まず、女性が普段練習で打てないボールも仮に試合で打てているから強いとします。
これは、おそらく、球出しなどだと、「打たないと」っていうのが緊張感になるんだと思います。
それが悪く出て失敗するのですが、試合の時は純粋に楽しんでいるのでうまいのだと思います。


あと、もう一つは男性が弱いケース。
これは、手抜きが苦手な人がいます。
例えば、女性相手にいくらなんでも超高速サーブは打てませんよね。
となると、緩いサーブを打つけど、慣れてないのでミスをする。

また、男ダブの場合、相手の威力が強いので、ブロックするだけで威力があるのが返るけど、
女性は威力がないので、振りすぎて失敗するケース。


私も最近はサーブの威力が出てきましたので、女性相手に打つときは迷います。
フラットが入ると、返せないことが多いのでセカンドサーブを打ちますが、
トータル的なレベルでは、おそらく、まだまだ女性の方の方が上です。
でも、さすがに、力任せにエースばかり取るのは、面白くないので、打ちません。
こういう迷いのある人もいるかもしれません。

ただし、若くて全然返せそうな人には、もちろんフラットも打ちますけどね。
速いと言っても、男性レベルでは遅いので。

まず、いろんな要因が考えられます。
女性が試合だけ強いケース。
男性が試合で弱いケース。


まず、女性が普段練習で打てないボールも仮に試合で打てているから強いとします。
これは、おそらく、球出しなどだと、「打たないと」っていうのが緊張感になるんだと思います。
それが悪く出て失敗するのですが、試合の時は純粋に楽しんでいるのでうまいのだと思います。


あと、もう一つは男性が弱いケース。
これは、手抜きが苦手な人がいます。
例えば、女性相手にいくらなんでも超高速サーブは打てませんよね。
...続きを読む

Q速いボールを打つには

今日友達とテニスをしました。
年季は明らかに私の方が長く、友達は遊びでやったことがあるといった程度です。

でも、友達は常にフルスイングで速いボールを打つことができます。
そして、ボールにすごくドライブが掛かっていてアウトすることはありません。

私も負けずに強く打っても、まったくボールに力が伝わらない感じがして、自分の腕にもまったく力が入らない感じです。

そこでしかたなく、グリップのエンドを持ってラケットをグラグラにしてスイングし、インパクトのときにムチのようにパチンと当てる打ち方をしました。

こうすると、スピードボールが打てて、腕にもまったく力が要りません。

ラケットの振りぬきの速さと、ラケットの重さだけでボールを打ち返している感じです。

確かに、ラケットをゆるく握って、インパクトのときだけ力を入れるとよい。とはよく聞きますが、本当に私のやってる打ち方でいいのでしょうか?

あまりにも、グラグラ過ぎてラケットをコントロールしている感じが無く、成り行きでボールを打っている気がします。

昔の手首を固定しなさいという考えとはあまりにかけ離れている気がするのですが。

今日友達とテニスをしました。
年季は明らかに私の方が長く、友達は遊びでやったことがあるといった程度です。

でも、友達は常にフルスイングで速いボールを打つことができます。
そして、ボールにすごくドライブが掛かっていてアウトすることはありません。

私も負けずに強く打っても、まったくボールに力が伝わらない感じがして、自分の腕にもまったく力が入らない感じです。

そこでしかたなく、グリップのエンドを持ってラケットをグラグラにしてスイングし、インパクトのときにムチのようにパチン...続きを読む

Aベストアンサー

速いボールを打つには

色んな条件があります。私の狭い知識では

物理的な面として
まずスイングスピードを上げる。
インパクトまでのスイング距離を大きくとり加速させる。
 ティクバックで大きくする。例、大きめループスイングを描く。
(注:相手のボールが速い時は別。コンパクトなティクッバック)

 出来るだけ前でボールを打つ。(その分スイングが長くなる)
 重いラケットで慣性質量を高める。

 ボールに対し厚く当てる。カスレ気味だと回転はかかるが遅い。
 厚く当てながら薄く逃がして(難しいが)トップスピンをかける。
 インパクトの瞬間に僅かながらでも体重を乗せる。
 ライジングで捉える。相手のパワーを利用する。

体の面として

膝→腰→上体→肩→肘の各関節を中心に筋肉連鎖でパワー
を上げてゆく。
これがうまく出来ないと手打ちとか腕だけの単体の小パワー
しか出せずボールは飛ばない。 また故障の原因にもなります。

体の動きを言葉で伝えるのは難しいのが本音ですが...

あえて
体の動きの中で一番大事なので”腰のキレ”だと思います。
ティクバックが最終近くに腰を瞬間に右から左へ回転させます。
図でありませんが
ティクバックは”→”の方向 腰の回転”←” このタイミングが
速く回転力が大であると大きなパワーを生じます。
そのパワーに引っぱられる形で上体がフォーワードスイングに移行
し、そして腕が引き出される連鎖運動となるのです。
速いスピードの持ち主はコンパクトスイングながら”腰のキレ”が
良いのです。
私自身速いボールを打つ時は”腰”を意識します。

逆に
上体を意識すると
肩にリキミが入るということは、力の大部分がスデに費やされて
おり、筋肉が収縮しきっている状態なのでさらなるパワーが出し
にくいのです。またリキミにより腰からパワーを阻みやすいのです。
>インパクトのときにムチのようにパチン
正解です。腕に力は入っていたらできませんから
>グリップのエンドを持ってラケットをグラグラ
エンドより上を握り、せいぜいエンドが手のひら(小指の延長上)
当てる程度が限度でしょう。でないと面が不安定とかインパクト時
ブレやすくなります。グラグラしない程度に握った方が良いです。
>昔の手首を固定
 ある程度ストロークが安定してから、手首を使います。
 手首関節を小指側(→)から親指側(←)に解放するのです。
>ラケットをゆるく握って、インパクトのときだけ力
 正解です。常に意識すると良いです。
  
腰の回転で気をつけることは
体の軸を保つ 頭から体軸の線は垂直を保つ。
軸が傾くとパワーロスになるとかラケット面が不安定になる。
腰の回転は徐々にやる。無理して急激に回すと腰を痛めます。

そして最後は体全体の筋力UPが必要です。
ダンベルやマシンなどを使わず鍛える方法として
木刀で素振りをやる事です。一歩踏み込んで上段から振り下ろす。
先端がヘソの前に来たら両前腕を絞ります。
この動作は体全体の筋肉が連鎖することによって成り立つ運動です。下半身、背筋、腹筋、肩周囲、前腕らが自然に鍛えられます。
ダンベルとかは単体の筋肉でしか鍛える事ができないので、動きに
関連しない筋トレになりやすいので無駄となります。

速いボールを打つには

色んな条件があります。私の狭い知識では

物理的な面として
まずスイングスピードを上げる。
インパクトまでのスイング距離を大きくとり加速させる。
 ティクバックで大きくする。例、大きめループスイングを描く。
(注:相手のボールが速い時は別。コンパクトなティクッバック)

 出来るだけ前でボールを打つ。(その分スイングが長くなる)
 重いラケットで慣性質量を高める。

 ボールに対し厚く当てる。カスレ気味だと回転はかかるが遅い。
 厚く当てながら薄く...続きを読む


人気Q&Aランキング