確定申告についてですが、〔銀行の引き落とし手数料〕は 振り分ける科目としてどこに振り分ければいいのでしょうか?  「雑費」とかでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「手数料」という費目があるのであれば「手数料」が適当かと思います。

もし「手数料」という費目がなければ「雑費」でも問題ないかと。

ご参考になったでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが  ありがとうございます

お礼日時:2002/02/25 18:31

 引き落とし「手数料」ですので、手数料か支払い手数料で処理をすることになると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました。  ありがとうございますm(__)m
        

お礼日時:2002/02/25 18:33

銀行の引落手数料は「支払手数料」か「手数料」の科目で処理します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなりました。     ありがとうございました m(__)m
  

お礼日時:2002/02/25 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

手数料 銀行」に関するQ&A: 銀行の両替手数料

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオールワンのコンビニ手数料は無料?

三菱東京UFJ銀行(旧UFJ)のオールワンの優遇内容について質問なのですが、HPのメインバンクとオールワンを比較する表を見る限り、オールワンのコンビニATM手数料は「住宅ローンの借入残高あり」か「資産残高500万円以上」でないと無料にならないと見られます。
しかし最近、三菱東京UFJ銀行はコンビニATM手数料が無料になったので条件に関係なくコンビニATMの手数料は無料になるのでしょうか?

Aベストアンサー

実際にオールワン口座を利用してますが、「住宅ローンの借入残高あり」か「資産残高500万円以上」にならないと、コンビニATM”時間外手数料”が無料になりません。

上記以外の場合は、平日昼間しか無料にならないので、コンビニATM手数料が24時間無料になる銀行の口座をメインで使う事にしました。

低額の預け入れでコンビニATMでの入出金が多いようでしたら、三井住友(Web通帳契約)と新生に口座を作った方が良いです。

Q〔確定申告〕売上げが確定していない収入の扱いについて

 支払者から受け取る金額にはまだ売上げが確定していない金額が含まれている場合、その受取金額(「前受金」)は次年度の収入に回してもよいのでしょうか?

 自由業を営んでいますが、支払者からの金額は10%税金が源泉徴収されています。支払者からの源泉徴収票に記載の源泉徴収金額には収入(売上)の確定していない金額が含まれているのですが、まだ売上げていない金額も受取年度(平成16年)の収入に売上金として確定申告しなければいけないのでしょうか? つまり、所得の内訳は源泉徴収票の金額どおり申告しなければならないのでしょうか?

 できれば、「前受金」を次年度(平成17年)の収入にしたいのですが…問題はありますか?

Aベストアンサー

具体的な内容から判断すべき事由なので、明確な答えはだせませんが、下記は所得税の通達からの抜粋です。

人的役務の提供(請負を除く。)による収入金額については、その人的役務の提供を完了した日。ただし、人的役務の提供による報酬を期間の経過又は役務の提供の程度等に応じて収入する特約又は慣習がある場合におけるその期間の経過又は役務の提供の程度等に対応する報酬については、その特約又は慣習によりその収入すべき事由が生じた日

とありますので、役務の提供が完了していない、慣習がないなどのケースであれば問題はありません。

Qコンビニでのチケット発券手数料が0円の所はありますか??サッカーのチケ

コンビニでのチケット発券手数料が0円の所はありますか??サッカーのチケットをコンビに購入しようと思います。チケット以外に発券手数料が必要と記載されています。店頭購入で発券手数料が不要の所はありますか??

Aベストアンサー

こんばんは

ロッピーで購入していますが
手数料が掛かったことはないですよ

Q〔個人事業主〕銀行口座の事業用と個人用の切り分けについて

個人事業主で青色申告を行っている方にお伺いしたいのですが...

今まで白色申告を行っていましたが、H17より青色申告にすることにしました。現在は事業用の銀行口座は無いため、この機会に区別しやすいよう新規開設しようと思います。

そこで、売上の入金は事業用口座にするとして、明らかに私的な使用分は個人口座への振替をするつもりですが、口座振替でない振込用紙での納付分(事業税や国民年金など)の現金はどちらから出金すべきでしょうか?
私は、控除となることが明らかな分を事業用、事業分の按分をする分(家賃等)は個人口座、クレジットカードは個人分を含むので個人口座にして事業分は領収証で対応。と現在考えています

また、年度内で、このように管理口座を変更することは処理上の不都合などあるのでしょうか?無料相談や税理士への依頼等も考えていますが、次の入金が近いため、まず口座開設をしておきたいと思っています。

経験のある方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

事業用の資金から、個人分を出金したとしても、「事業主貸」で仕訳しますので、どちらでも可ではありますが。

(1) 事業税は、必要経費になるので、事業用から。

(2) 按分する分は、出金時事業用で記帳し、年末に「事業主貸」に家事分を振替える。

とするのがまず前提かと思います。

国民年金、健康保険等、申告のときに必要になる数字ではありますが、事業用からではなく、生活費から出金なさったほうが良いのではないでしょうか。

別に問題になるわけではないのですが、「事業用資金」が経費に出来ないものによって減っていくのは、もったいないと思いますので。場合によっては、記帳漏れがあったり、緊急にある程度まとまった資金が必要になったりする場合に備えて、事業用資金の残高は、一定程度を確保しておきたいからです。

勿論逆に「事業主借」で追加すれば済むことではありますが、不必要に現金の流れを大きくしたくないので。

QコンビニATMの利用手数料について

ローカルな話になってしまいますが、
先日、広島銀行のバリューワンカードに入会しました。

初年度は、コンビニATMの利用手数料が
無料になる特典があり、
バリューワンカードが届いてから
ローソンのATMで10000円の引き出しを行いました。
その後、ネットバンキングで利用明細を確認したところ
10105円になってました。

105円の手数料が取られているようなのですが、
何故でしょうか?
コンビニATMの利用手数料が
無料になる時間帯があるのでしょうか?
(コンビニATMの時間外だったのでしょうか?)

もし、お分かりになる方がいらっしゃいましたら
ご教授のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

初年度のATM手数料が、無料なのは広島銀行の自行ATM利用手数料のみですね。

アタリスクマークで小さく

>※ 提携金融機関ATM・コンビニATM・ゆうちょATMをご利用の場合は、ATM利用手数料が必要となります。

って記載あります。

コンビニATMを無料で利用したければ、
>つきあえばつきあうほどしあわせになれる…
トータルポイントサービス
で110ポイント以上ゲットしなければいけません。

給与振込 + バリューワン + ダイレクトバンキングサービス)

で110ポイント可能だそうな。

http://www.hirogin.co.jp/service/tps/index.html

参考URL:http://www.hirogin.co.jp/valueone/lucky.html#lucky3

Q〔個人〕売上から所得税10%引かれて振込 この10%の科目は?

個人事業です。
取引先で、売上から所得税10%を差引いて
支払いをするところがあるのですが、
この10%はどの科目を使ったらよいのでしょうか?

普通預金 9万/売掛金 10万
○○   1万
↑↑
この科目

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

再び#2の者です。

確かに、事業主貸ではなく、「仮払源泉税」(#1さんが書かれているところの源泉徴収税も同じ意味です)を使用する方法もあります。

ただ、「事業主貸」は、翌年に繰り越す際は元入金へ集約されて消えてなくなりますが、「仮払消費税」等の科目については、もうひとつ仕訳を起こさない事には、残高が積み重なって残ってしまう事となります。

ですから、翌年の所得税納付時に次の仕訳を起こします。

(例)年税額100,000円 源泉徴収額20,000円 確定申告による納付額80,000

   (事業主貸)100,000/(現     金) 80,000
                /(仮払源泉税) 20,000

>No2のご意見では実際には取り引き先が預かっているお金を事業主が預かっている事に『みなす』事にしておけば、厳密にはお金の在り処は違うものの、最終的には全部収まる所に収まって、計算(集計)も最終的に一致するというご意見かと思います。

僭越ながら、正確な所を書きますと、源泉税は取引先が預っている訳ではなく、いったん預って既に税務署(基本的に翌月10日)に納付されています。
ですから、単に取引先を経由して、事業主が所得税を前払いのような感じで納付している事となります。
(ですから、科目名的には、「仮払源泉税」や「仮払所得税」の方が良いような気がしますし、そちらの方が一般的とは思います。)

ただ、もちろん、その金額が別科目ではっきりわかるようにしておいた方が、確定申告時に源泉徴収税額の控除もれを防ぐ観点からは、メリットがあるものと思います。

ですから、どちらの方法でも大丈夫ですが、事業主貸で処理していれば、翌年に何も処理する必要はなく(取引先に支払う時だけ仕訳)、その代わり、源泉徴収された所得税については、拾い出さなければわからず、申告時に忘れる可能性も出てしまう、という事で、仮払源泉税で処理していれば、申告時に一目でわかるので源泉徴収税額の控除もれがおき難いのですが、ただ、納付時(又は還付時)にそれを消す仕訳が必要になる、という事です。

その折衷法として、事業主貸に補助科目を設けて、源泉税分だけがわかるようにする、という方法もあるかと思います。

それと、源泉徴収されたものについては、取引先から支払調書を申告前にもらっておいた方がより良いと思います。
ただ、支払調書は、給与所得の源泉徴収票と違い、必ず発行しなければならないものではなく、また、申告書への添付も要件とはなっていませんので、取引先によっては発行してくれない所もあるかも知れませんが、もらえるのであれば、もらった方が金額も確認できますし、良いと思います。

再び#2の者です。

確かに、事業主貸ではなく、「仮払源泉税」(#1さんが書かれているところの源泉徴収税も同じ意味です)を使用する方法もあります。

ただ、「事業主貸」は、翌年に繰り越す際は元入金へ集約されて消えてなくなりますが、「仮払消費税」等の科目については、もうひとつ仕訳を起こさない事には、残高が積み重なって残ってしまう事となります。

ですから、翌年の所得税納付時に次の仕訳を起こします。

(例)年税額100,000円 源泉徴収額20,000円 確定申告による納付額80,000

 ...続きを読む

Q電信扱いでの銀行とコンビニの振込手数料を教えてください。

電信払いで支払うように振込依頼書が届いたのですが、
銀行かコンビニでの支払いで、
「用紙を持っていって支払ってください」と言われました。
どちらにしても振込手数料はこちらの負担でということなのですが、
銀行とコンビニと振込手数料は違いますか?
違うとしたら、それぞれいくらかかるのでしょうか?
ちなみに、金額は42000円です。

Aベストアンサー

コンビニ決済の収納代行企業により、また契約内容により、
決済手数料は違うんじゃないかなと思われます。

というのも以前に、コンビニ決済手数料を調べようと思って、
Web検索してみましたが、明快な説明は見付かりませんでした。

おそらく、銀行の振込手数料と同等くらいではないかと思います。
この場合はATMによるカード振込や現金振込を想定しています。
※315円~420円~525円くらいか?

銀行振込は、振込元の銀行所定の振込手数料が適用されます。
しかし振込用紙を用いるので、窓口扱いで手数料は割高になります。

下記参考URLで最寄り銀行の「窓口扱い:3万円以上」の振込手数料を
調べて見てください。 おそらく840円以上はするのでは?
http://www.transfer-fee.com/

コンビニ決済の手数料の詳細が判りませんが、840円も取らないのでは
と思われます。 参考にはなりませんが・・・。

コンビニ決済をして、予想外の手数料が掛かったら、ご免なさい。

Q保険代理店手数料の勘定科目

保険代理店手数料の勘定科目は売上ですか?
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

質問者さんは保険代理店なのですね。
(損保等と保険代理店契約を結んでいる)

保険のコミッションとしての手数料でしたら、収入となります。
勘定科目としては、”保険代理店収入”が一般的かと思います。
(別に勘定の名前だけの問題ですから、売上としても問題ありません)

QYahoo!ショッピングのコンビニ決済は手数料無料?

どけちな質問で恐縮ですが、
銀行振込は振込み手数料がかかるのでコンビニ決済をしようかと思ってますが、
コンビニ決済だと決済手数料とか別途かかるのでしょうか?
それとも商品代金(送料含む)のみでよいのでしょうか?
ネットラストという会社です。
グぐっでみたのですがハッキリしません。
経験者の方のお答えをお願いします。

Aベストアンサー

購入した店舗(ストア)により手数料設定が違うそうです。
https://kantanst.netrust.ne.jp/guide/faq1.htm#q4

購入店舗のお支払い方法に記載があるか、問い合わせしてみるしかないと思いますよ。

Q簡易簿記で、代金引換郵便で郵便局に支払う「送金手数料」の科目は、「荷造運賃」でしょうか、「支払手数料」でしょうか?


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


この場合の簡易簿記への入力は、
「ゆうちょ銀行振替預金勘定帳」という帳簿に、

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 荷造運賃  代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?
それとも

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 支払手数料 代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?


つまり、代金引換郵便の郵便局に支払う「送金手数料」が、
「荷造運賃」になるのか、「支払手数料」になるのかが、よくわかりません。

(ちなみに、発送時は、

・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円

の合計270円を、郵便局に支払っており、
こちらは「荷造運賃」で問題ないと思います。)

おわかりになる方いらっしゃいましたら、お教えいただけませんか?
どうぞよろしくお願いします。


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


こ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は経験がないのでもうちょっと調べてみました。
送金手数料とは回収件数・金額は関係なく、一度の振込にかかる振込手数料のようです。
(みずほ銀行だと手数料がかからないようですが……???)
代引手数料は1件にかかるサービス料(仲介手数料)ですね。

ということで、勘定科目の支払手数料とは振込手数料、顧問料などに使用するので、郵便局の送金手数料120円は「支払手数料」とし、
販売手数料とは代理店手数料、仲介料などに使用するので、代引手数料の250円は「販売手数料」と訂正させていただきます。
荷造運送費は定型外郵便の送料120円だけとなります。

>販売手数料という科目がないようなので、この中で選ぶとすれば、経費の性質から判断して、科目を荷造運賃にすることも、可能なのでしょうか?

かかった費用を全部ひっくるめて荷造運賃で計上したいとあれば、特に問題はないとは思うのですが……。
だた、私としては荷物を送るためにかかった費用ではないと判断してますので、「支払手数料」として処理します。

法人会社だとうるさく言われることの方が多いので、気をつけていますが、個人なのであればそこまで神経質にならなくてもいいように感じます。
※勤め先が振込手数料を雑費とするのは、なぜなのか分かりません(^^; 規定にそう定められているので……。

参考URL:http://i.happy-advice.com/

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報