自分は経済を勉強し始めた者ですが、すみません。この問題なんですが、聞かれ
ている意味が分からないのですが
どういう解法を使用するべきなんでしょうか?

予算制約条件pxX+pyY=mのもとで、効用関数U(x,y)=xy2乗の最大化問題
を考える(pxはx財の価格、pyはy財の価格、mは所得を表している)
1)ラグランジュ関数を定義し、一階の条件を全て求めなさい。
2)需要関数x=x(Px,Py,m)、y=y(Px,Py,m)を求めなさい。

A 回答 (1件)

ラグランジュ関数が分からないと、全く分からないですね。



「pxX」の小文字のxはpにつく添え字だと思いますので、これを誤解ないように、以下p_xXのように表記します(私も正確な表記法を調べてみましたが、わからないので、その点はご勘弁願います)

1)ラグランジュ関数の定義は、
L=(目的関数)+λ(制約条件)

と覚えて下さい。数学的には極めて乱暴ですが、経済学の数学はツールでしかないので、これで十分です。

この場合、
目的関数は U(x,y)=xy^2
制約条件 s.t. p_xX+p_yY=m
(s.t. は subject to 、すなわち制約条件のこと)
となります。

これを定式化すると
L=U(x,y)+λ(m-p_xX-p_yY)
となります。もちろん、U(x,y)の部分には、関数を代入しましょう。
これをx,y,λのそれぞれについて偏微分し、=0と置いたもの、すなわち
∂L/∂x=0、∂L/∂y=0、∂L/∂λ=0
これが一階の条件です。最後の式は予算制約式に一致することをご確認下さい。

(∂はラウンド、ラウンドデルタ、デルンドなどと読み、偏微分の記号を表します。∂L/∂xは、ラウンドLラウンドxというふうに読みます)

2)需要関数は、1)で求めた3式をx,yについて解くと出てきます。
この場合、それぞれp_x,p_y,mについての関数になります。

実際に解いてしまうと勉強の意味がなくなるので、解法のヒントだけ。

偏微分については西村和雄『経済数学早わかり』(日本評論社)の118ページから119ページ、ラグランジュ未定乗数法については同じく154ページから155ページと、以下のURLをご参照下さい。深入りは禁物です。

参考文献:原田泰『公務員試験 経済学スーパー解法テクニック』実務教育出版260ページ以下

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28887,http …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
本を読んでどうにか理解することができました。
大学数学がかなり必要になるということも分かって、色々な意味で勉強になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/21 06:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報