2時に寝て、6時半に起きるという生活をしばらく続けていたのですが、
すっかり体内時計ができあがってしまったのか、12時に寝たら4時半に、1時に寝たら5時半に目が覚めるようになってしまいました。
朝はやっぱり6時半に起きたい!
この体内時計、どう狂わせたらいいでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

珍しく、良い『睡眠障碍』の相談ですね!


まず、「体内時計」の言葉とご相談の内容は違います。
眠りのサイクル的に、1サイクルで覚醒してしまうというのが適当でしょう。
普通は、2から3のサイクルを一晩に繰返します。
1サイクル中にレム睡眠は1度ですから、「夢をみる」時間帯は1度しかないはずです。

(1) 相談内容に反しますが、そのまま継続して(4時半に覚醒ならそのまま起きちゃう・5時半も同様)「睡眠不足」になれば自然に解決(6時半起床)へ移行するはず。

(2) 自己催眠法。といっても簡単。寝る前に、「枕に向かい『マークラさんマークラさん、明日6時半に起こして下さい。6時半まで熟睡させてください』と3回くらい声を出してしゃべる。これだけです。戦前からある方法も、「声」に出す事により、睡眠中の脳活動に時限爆弾的記憶を与えるのです。別に「枕」じゃなくてもいいですよ!

(3) あとはあなたの睡眠前の状況(アルコール摂取・筋肉疲労度・習慣病の有無など)により、効果ありも異なるので紹介できません。

(4) (3)の状況不明も可能な方法として、休日就寝の前に時計を全部隠して室内も太陽光線をなるべくカット(目にマスクも可能なら)その他、ラジオやテレビ、電話なども全てオフにして下さい。(トイレなどで起床もベッドへ戻る事。眠くなくても視覚遮断を続け暫くそのまま横臥状態を継続する事。)そして、自分が午後過ぎと感じたら『時間』を確認してみて下さい。これを2回トライしてみれば変化が起きます。

P.S.厳密な体内時計は『25時間』と実験結果が出てます。(理由不明も)ちなみに、睡眠中は、『起床時より、脳の酸素使用量が多い』という不思議な事実もあります。
最後に普通は不眠症へのセリフですが『眠れなくて死んだ人はいない』。次はオマケby北野たけし『老人の早起きは、寝過ごすとそのまま死んじゃうと心配なので「つい早くに起き、ああよかったまだ生きてた」と常に心配だからだ。』

この回答への補足

あっ、そういえば最近夢を見ないなぁと思ってました。

補足日時:2002/03/12 20:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ
いろいろアドバイスいただきありがとうございます
朝、早く起きすぎたときは、読書とかしています。
自己催眠法、これが一番あっているような気がします。
枕元の明かりはつけて寝ているんですよ、消して寝ると金縛りになるので
本人はいたって健康そのものなので、そんなに悩んではいないのですが

お礼日時:2002/03/12 19:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q睡眠中の体内時計

ときどき、目覚ましがなるほんの数秒前に自然に目覚めることがあってびっくりします。
どういうメカニズムなのでしょう、というのが質問の要点です。

起きたい時間に自然に起きられる人っていますよね。
人間の体内時計はそんなにも正確なのでしょうか?
体内時計だとすると、「何時に起きるぞ」という意識がどう体内時計にはたらきかけて、体内時計がどう目覚めさせてくれるかというのは分かっているのでしょうか?
それとも、早く起きようと神経を研ぎ澄まして寝た結果、目覚まし時計の鳴る寸前の微かな兆候を感知して起きられるのでしょうか?
それともすべてはただの偶然?

Aベストアンサー

>目覚ましがなるほんの数秒前に自然に目覚めることがあってびっくりします。
 肖りたい限りです。まだ体内時計に関してははっきりわかっていないと思います。ただ、ある本に環境に左右されると聞いたことがあります。
朝起きる時間に関しては、朝の窓から差す光も関係すると思います。
 手持ちの本を参考にすると、たとえ夜行性の生物も単細胞生物もほとんどすべてが1日周期のリズムの体内時計を持っているそうです。体内時計は脊椎動物では間脳の後ろから出ている松果(しょうか)体、網膜、視床下部にある視交叉上核にあるそうです。松果体からはメラトニンと言うホルモンを分泌し、活動・休息のリズムを作っているそうで、メラトニンを注射することによって時差ぼけ解消に役立つ・・・とのことです。厳密な場所は判明していないそうですが、視床下部を破壊されると、目覚まし時計よりはやく起きると言う能力(?)も失われるわけです。
 検索したら結構ありそうですよ。

Q夜1時頃に寝て、9時頃起きるつもりが朝の6時頃に目が覚めました。 そのままそんなに眠くなく、今質問し

夜1時頃に寝て、9時頃起きるつもりが朝の6時頃に目が覚めました。 そのままそんなに眠くなく、今質問してる状態です。
18歳 女です。 たまに適度な運動もして、ぬるめの湯船につかり、食事もちゃんと取ってます。寝つきはまあまあ悪いもの、寝れてはいると思うんですが、質がよくないかも…(浅い?)でも質が大事とか言いますけど、たくさん寝るのも大事ですよね? この前もこれくらいの時間に起きてしまい、日中ものすんごく眠くなり、夜まで我慢するのがすっごく大変でした。でも二度寝はいけないと聞いたのでやめた結果がこれです…クマもひどくあの日は最悪でした。二度寝って単純にしちゃいけないですか?難しい話なしで単純に教えてください。今、この時間二度寝していいものか悩んでます… 目覚まし時計でちゃんと起きれます。あと就寝前、起床後はなぜかあくびが大量に出ます。

Aベストアンサー

人によって、熟睡出来る時間の差はあるそうなんですが、だいたい90分間とかの波で熟睡と浅い眠りを繰り返してるらしいです。2度寝しましょう

Q体内時計正常化

自分は最近学校にいってないので、
体内時計が狂ってきています。なので翌日の朝6時に寝て午後2じぐらいにおきる生活がつずいています。
それでこれはやばいなと思い始め体内時計を今日から正常化し始めたんです。
犬の散歩がてらに太陽を見て帰宅したんですが、
その後に寝てしまいまったんですが、
その後に寝てしまった場合は体内時計はまたくるってしまうんですか?

Aベストアンサー

体内時計をリセットする方法。朝8時までに起きて、ひざの裏側に強い光、太陽光線、だめな時は強力なライトを15分当ててください。

Q何時に寝ても、毎朝3時半前後に起きてしまいます。起きるとすっきりしてい

何時に寝ても、毎朝3時半前後に起きてしまいます。起きるとすっきりしていて、再度眠れません。

しかし、やはり日中眠くなり、耐えても気がつくと9時とか10時に寝ているときがあります。逆に日中寝てしまって、午前1時くらいに寝てもその時間に起きてしまいます。どうしてでしょうか?

必ずしも、うつ系の早朝覚醒というわけではないでしょうか。

Aベストアンサー

うつ系ではなく、誰でも習慣がつきます。
私も一時睡眠障害で、解決策として、早朝起床朝日を浴び(メラトニン分泌)、散歩する(適宜な運動)ことで治りましたが、早朝起床の習慣は直らず、その時間帯に眼が覚めてしまいます。
昼30分睡眠をとるとよいのですが、晩8時~9時頃に眠たくなり(11時に寝た場合でも)決まった時間に早朝起床してしまいます。
以前旅行などで明日5時起床!という時、目覚まし時計をかけますが、(無意識に)ベルが鳴る前に眼が覚めます(寝ていても脳は、何時に起きなければいけないと働いているものと思います)

Qあなたは、どんな体内時計を持っていますか?

私は、1時間の商談を殆ど一方的に話していても、時計を見ずにほぼ誤差なしに終えるという「体内時計」が自慢です。
但し、1時間より短い場合は、何故かこの時計は作動しませんが・・・

皆さんは、どんな「体内時計」をお持ちですか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

90分タイマーです。
以前、90分=1サイクルの仕事をしてました。
その仕事を数年続けてやめたあと、自分が90分間隔で休憩したがる体質になっていることに気づきました。

コンサートや映画など行っても「そろそろ疲れてきたな~」と時計を見ると90分経過しています。
タイマーなので、60分とか8分とかは計れません。パスタはいつも茹ですぎになってしまうのが残念です。

Q一重です。朝起きた時と夜寝る前の目は全然違います。朝起きた時はまぶたがすごく重くて目が大きく開き

一重です。
朝起きた時と夜寝る前の目は全然違います。
朝起きた時はまぶたがすごく重くて目が大きく開きません。
少しでもましにする方法ないですかね?

Aベストアンサー

泣いた後と同じ方法で冷やす。朝、顔を洗って最後に水で顔を洗ってみてはいかがですか? 実践したことないので、確証できませんが…
試してみてはいかがですか?

Q私たちの体内時計

『体内時計』の件ですが、地球は24時間でまわるのに、
どうして体内時計は25時間か、ということについて教
えてくださる方いらっしゃいますか。

以前教えられた答えは、昔々地球は25時間で回ってい
たというもの。
その頃、遺伝子が身に付けた体内時計だから、というのです。
いかがでしょうか。
これに対して、
地球の自転は現在より昔の方が早かったはず、だから23時
間に近づくはず。
しかし体内時計は25時間。これは明らかな事。
この差はどうして起こるのか?
ちなみに火星の周期は「25時間」とか。
私たちは、地球生命体ではなく、実は火星生命体の端くれかも、
という説を聞きました。
とても面白いですが、皆さんの意見をお待ちします。

Aベストアンサー

 
体内時計の25時間というのは、どこから来た数字かというと、多分、ここから来ている数字だというものがあります。別の数字もあり、それと一緒に示すと、かなり説得力があります。

しかし、この25時間は、何の意味かというと、少し分かりません。生物にとって、「時差ぼけ」修正などということは意味がありません。時差ぼけは、人間が飛行機を使って高速で移動することを行った結果、発生するものです。

渡り鳥などだと、かなり高速で長距離を飛行して、時差ぼけが生まれる鳥がいるかも知れませんが、哺乳動物の大部分は、そんな高速移動はしません。従って、時差ぼけを補正するために、一日が25時間ではありません。

うまく当てはまる数字というのは何かと言いますと、満潮と地球自転一回の後の次の満潮の時間周期です。別の言い方をすると、地球から見た、月の一日の見かけの公転時間です。太陽の一日が24時間であるに対し、月の一日は、平均24時間48分余りになります。

25時間という数字が、正確に25時間なのか、24時間50分ぐらいなのかわかりませんが、月の一日が24時間48分ということは、体内時計の25時間とは、この月の一日の周期だということになります。

月は、見かけではなく、実際にも、地球のまわりを公転しており、その周期は、地球から観察すると、29.5日ほどです。恒星天に対する公転周期は、27.3日ほどです。これは、大潮とかが起こる周期に対応し、人間のバイオリズムは、この日数を、一周期としています。

概月バイオリズムの存在が明らかに認められる以上、概月日バイオリズムの存在もあると考えるのが自然です。その場合、このバイオリズムが遺伝的根拠を持つ生体内の時計的機構であるのか、または、月の運行によって、タイミングが計られる、外部制御の時計かということです。

外部制御の時計というのは奇妙な表現ですが、月は、地球の引力の34万分1の引力で人間の身体に作用しています(参考2)。また、太陽の引力がどの程度か計算していませんが、月の引力の十分一程度のはずです。

月の日周運動は、人間が、地球引力の34万分の1を感受できる知覚器官を持っていれば可能で、その十分の1の精度の重力知覚器官を持っていると、大潮の周期を感受できることになります。

満月の夜になると苛立ってくるという人がおり、狼憑きは、満月の夜に変身しますが、満月の夜には、精神病院などでは、患者のなかに容態の悪くなる人が統計的に有意に増えるという事実もあります。これは体内のバイオリズムというのではなく、それに加えて、実際の月の運動をフィードバックしているということになります。

太陽なら日光を浴びると、体内時計のずれが補正されるというのもありそうで、実際そうなのですが、月の光を浴びると、体内バイオリズムが補正されるということがあるのかという疑問になります。月の引力、太陽の引力を知覚している内部器官があって、それが、月周期バイオリズムを補正しているとすると、バイオリズムの維持が保証されます。

しかし、体内時計は25時間で、月日周期時計は、24時間48分で、12分ほど短いです。この短さは、体内時計の25時間が決定された地質時代の地球の自転周期の速さによる影響かも知れません。

地球や月の公転周期は、自転周期ほど変化しません。地球が、当時の自転周期の一日で、359日で公転していた時、地球の自転周期の一日は、23時48分となり、この周期が太陽時計の一日と換算された場合、月日周期は、当時の24時48分で、太陽時計の一日が、現在の24時間となった場合、この月日周期は25時間になります。

地球は、太陽系が構成された後、400日程度の公転周期だった時期があり、それは、現在から40億年以前のことと考えると、400から現在の356まで、44日が40億年で短縮したとすると(自転速度が緩やかになったとすると)、3日分、公転周期が長かった時期は、現在から4億年前ほどになります。

これは古生代であり、デボン紀か石炭紀で、陸上大型生物が登場した頃になります。体内時計の25時間に、このような意味があるのかないのかよく分かりません。しかし、生物は、海を故郷としており、海生生物にとって、月の満ち引きは重要な意味を持つリズムであったのは間違いないのです。

時間的にずれが少しあるようにも思えますが、デボン紀辺りで、大型動物の祖先は陸へと進んだはずで、当時の潮の満ち引きのリズムを、遺伝として記憶したとすると、25時間の一日周期と合います。

あるいは、25時間の体内時計は、夜間行動が行えた人類の祖先が、適応性が高かったので、そのような、夜にずれ込む活動時間を持つ生物が生き残ったのかも知れません。

25時間は、夜間活動が可能なように弾力性のため設けられた活動時計で、太陽の光で毎回補正し、また、夜間活動をし過ぎた場合は、参考1にあるように、「時刻非依存性」ホメオスタシス機構で、睡眠時計を調整しなおしたのだとも考えられます。

>参考1:No.182581 質問:ホメオスタシス性(時刻非依存性)って?
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=182581

>参考2:No.315271 質問:月の引力と体重について
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=315271

>参考3:人間の体内時計は1日25時間!
>http://d-inf.org/drug/tokei.html

>参考4:library
>http://www.so-net.ne.jp/TENGESHIRO/library/lib9709.html
 

参考URL:http://d-inf.org/drug/tokei.html,http://www.so-net.ne.jp/TENGESHIRO/library/lib9709.html

 
体内時計の25時間というのは、どこから来た数字かというと、多分、ここから来ている数字だというものがあります。別の数字もあり、それと一緒に示すと、かなり説得力があります。

しかし、この25時間は、何の意味かというと、少し分かりません。生物にとって、「時差ぼけ」修正などということは意味がありません。時差ぼけは、人間が飛行機を使って高速で移動することを行った結果、発生するものです。

渡り鳥などだと、かなり高速で長距離を飛行して、時差ぼけが生まれる鳥がいるかも知れませんが...続きを読む

Q最近寝た時刻の4時間後に目が覚めてしまいます。たまに5~6時間睡眠することもありますが4時間が多いで

最近寝た時刻の4時間後に目が覚めてしまいます。たまに5~6時間睡眠することもありますが4時間が多いです。どうしたら治りますか?

Aベストアンサー

睡眠時間は個人差があり、4時間でも十分な人もいれば7~8時間ないときついという人もいます。
睡眠時間が不足していることにより体がきついのであれば医師に睡眠薬を処方してもらうことでしょう。

不眠症ではありませんので軽い眠剤でいいと思います。そうであれば内科医でも処方してくれます。
一度、医師に相談してみてはどうでしょう。

QGWで体内時計が狂ってしまいました…

会社員です。

GWにぐーたらな生活していたら、体内時計が狂ってしまいました。
今日から仕事再開ですが、朝起きるのが非常に辛かったです。

皆さんはどの様な方法で体内時計を直しましたか?
参考にさせて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

GW中も普段通り早寝早起きしてたので問題なかったです。普段通りにしてれば1週間で元に戻りますよ。

Q朝の4時半頃にいつも目が覚めて困っています。

40代半ばの会社員、男性ですが、最近、朝の4時半頃になると目が覚めて、トイレに行って、それから眠れなくなります。夜は10時半頃、床についています。床についてから、寝入るのは特に問題はありません。4時半頃に目が覚めてしまうのが問題です。かなり疲れていても、ほとんど毎日4時半頃に目が覚めてしまいます。目が覚めても、それからもうひと寝入りできればいいのですが、ほとんど、それから眠れません。加齢にしたがって、メラトニンの分泌量が減少するため、早く目覚めるのは仕方のないことだと思うのですが、同じような状況の方、あるいは専門医の方から、アドバイスいただければ有難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は次の方法でどんな状況でも速攻で眠れるようになったので 紹介します。
一種のストレッチと思っていただいて結構です。
まず、息を思いっきり吸う。
胸に一杯吸ったら、おなかの上に乗せた手のひらが持ち上がるほどおなかにも一杯吸う。
そのまま息を止めておなかをますますぱんぱんに膨らめるようにがんばる。あごを上げる感じ。
体の形はそる感じ。
そのまま、苦しくて耐えられなくなるまで数をかぞえながら耐える。
息を吐く。ゆっくりおなかがぺちゃんこになるまで徹底的に時間をかけて思いっきり吐ききる。
背骨が丸くなる体形です。
そうすると、頭に血がじんじん流れていくような、地の底に引き込まれるような感じが何とも言えずいい気持です。
それを繰り返す。
間に自然の呼吸を入れてもいい。
というか、間に自然の呼吸を入れないと持たない。
ものすごくきついのでほかの事など考えられず、数回から十数回で必ず、すうーっと意識がなくなります。つまり、眠ってしまうのです。
腹筋背筋のストレッチと思っていただいて結構です。
だまされたと思って一度試してみてください。
こんなに極端でなくても、意識を集中して腹式呼吸ができればいいのですが。
でも、睡眠時間は十分取れているわけですから、枕もとに電気スタンドをおいて適当な本を読むとか、仕事がらみの本を開くとかすれば、有効利用できるのではありませんか。
睡眠は十分だと、自分自身に言い聞かせることも大事だと思います。
あと、横になったまま、腰だけ上げて、その腰を左右にゆっくり振るとか、足先を10センチくらい布団から持ち上げてしばらくそのままの姿勢を保つなど、いわゆるストレッチをするのも、適当に体の筋肉が疲れるので、ふっと息を抜いたとたんいつのまにか眠ってしまうということもあると思いますが。
のんきにいろいろ試してみたらどうでしょう。
「3億円当たったらどう使おうか」とか「神様が10の願いをかなえてくれるといったら何にしようか」などを真剣に考えるのも心が豊かになって、知らない間に眠れる気がしますが。
これはばかばかしいですか。

私は次の方法でどんな状況でも速攻で眠れるようになったので 紹介します。
一種のストレッチと思っていただいて結構です。
まず、息を思いっきり吸う。
胸に一杯吸ったら、おなかの上に乗せた手のひらが持ち上がるほどおなかにも一杯吸う。
そのまま息を止めておなかをますますぱんぱんに膨らめるようにがんばる。あごを上げる感じ。
体の形はそる感じ。
そのまま、苦しくて耐えられなくなるまで数をかぞえながら耐える。
息を吐く。ゆっくりおなかがぺちゃんこになるまで徹底的に時間をかけて思いっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報