某カー用品店のピット(作業場)でバイトしていたとき
他のメカニックが、バッテリー交換をするとき、エンジンを
かけたまま(アイドリング)古いバッテリーを外し、新しい
バッテリーに載せ変えるという作業をしていたのですが、
バッテリーのない状態でもエンジンはアイドリングしたまま
でした。不思議に思いマイカーでも実験してみたのですが、
確かにバッテリーを外しても、エンジンは切れませんでした。
ということは、このまま走行も可能ということでしょうか?

しかしではスパークプラグにいく電気はどこから得ているの
でしょうか?サンプルはここ10年ぐらいのガソリン乗用車です。

またある別のメカニックにこの話をしたら、原理はわからないが、
とにかく危険だからそんなことは絶対してはダメだと言われました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

エンジンが止まらない訳はNo.1の方が答えられていますので、省略します。



車のバッテリーを外すと、なぜ危険か。
それは、バッテリーも1つの負荷であるため、
これを外すと回路の電圧が異常に高くなり、ヘッドライトの玉が切れたり
電子回路が壊れてしまったりします。
また、発電される電気は半波交流であるため、本来直流専用で
設計されているカーステを含む電気回路の、内部のコンデンサーも壊れます。



アイドリングの状態では、発電電圧が小さいためバッテリーを外しても
問題無いのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なぜ危険なのかが、よく分かりました。
説明ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/18 09:52

エンジンがかかっているということは、オルタネーター(発電機)が発電しています。

よって、一時的にバッテリーをはずしてしまっても、オルタネーターからの電気でエンジンはかかったままだったと思われます。

但し、オルタネーター単体、つまりバッテリーが無い状態では、かなり高い電圧になってしまうはずです。(12Vのバッテリーでも、走行中の充電時では14V位になります。バッテリーが無いともっと高い電圧になってしまいます)

この状態が続くと、車の電装品が壊れてしまいます。ぜったいやってはならないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>オルタネーター単体、つまりバッテリーが無い状態では、かなり高い電圧>になってしまうはず

なるほど。そして電装品に悪影響があるわけですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 09:50

電気はオルタネーターから発電されたのからきているのでは?バッテリーはあくまで充電池としての役割しか果たしてないので電気は発電機から来ていると思います。

バッテリーがないとエンジンはかからないと思いますが、、、すでにかかっているのでしたら、バッテリーはあったほうがいいが、なくてもエンジンが切れるということはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございました。

やはり電気はオルタから来るので、エンジンは止まる事は
ないわけですね。

お礼日時:2002/03/18 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q管理機や高所作業機、乗用の草刈機などの農業用機械のエンジンについて質問です。

これらの機械には、ガソリンがエンジンの中に行くのを止めるコックがついています。そして、そのコックの下にプラスチックの小さなキャップ(?)がついていて、キャップには少量のガソリンがたまるようになっています。このキャップの正式名称は何というのでしょうか。また、どこで購入できるのでしょうか。

こんな説明でも分かる方いらっしゃいましたらぜひともご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

ストレーナーカップと呼んでますが、正式名称は・・・
エンジンメーカーさん取扱店で購入できると思いますが、単品で行けるかどうか分かりません。
ストレーナーassy(燃料コックを含む一式)交換になるかも。
最近はパッキンだの何だの単品では入りにくいです。
assyを注文した方がよほど早いです。

Q車のダイナモとバッテリーって、エンジンの回転数がアイドリングの状態でも12ボルトで発電して充電するのですか?

車のバッテリーは通常12ボルトで放電と決まっていますが、充電はエンジンの回転数が走行時や停車時によってまちまちなので、定格電圧で充電できないと思うのですが・・・?
車のダイナモとバッテリーって、エンジンの回転数がアイドリングの状態でも12ボルトで発電して充電するのですか?

また回転数が5,000回転でも6000回転でも12ボルトで充電しているのですか?

Aベストアンサー

>永久磁石をつけておけば、励磁電流なんて不要なのにね・・・。

いやいや、全部、電磁石をつかうのがミソなんですよ。
車のオルタネーターは真中のローター部分と外側のステーター部分にコイルが使われていて、
これらのコイルに流れる電流をICでコントロールして、磁束をコントロールすることで
どんな回転数でも、電圧を一定にするようにしています。
(ICはオルタネーターと一体化しています。車の場合これをレギュレターと呼びます。
いわゆる余分な電気を熱に変える3端子レギュレターとは違います。)

こうすることで、ライトを点灯するなど電力を消費するときには、コイルに流す電流をふやし、発電量をふやします。
逆に負荷が小さいときは電流を減らし発電量を減らします。
これにより、電気の負荷が小さいときはオルタネーターを回転させる負荷が小さくでき、
また、逆に電気の負荷が大きいときのみオルタネーターを回転させる負荷が大きくなります。

また、十分に磁束を斬ることが出来る高回転時の負荷を減らすことができます。

ちなみに、ダイナモは永久磁石です。
これは電圧を一定にするために3端子レギュレターを使っています。
余分な電力は熱に変えて放熱するため無駄が多すぎます。
また、勝手に負荷は変りますが、高速回転すればするほど、無駄に電気を捨てることになります。

以上、私がかき集めた情報と推測です。

>永久磁石をつけておけば、励磁電流なんて不要なのにね・・・。

いやいや、全部、電磁石をつかうのがミソなんですよ。
車のオルタネーターは真中のローター部分と外側のステーター部分にコイルが使われていて、
これらのコイルに流れる電流をICでコントロールして、磁束をコントロールすることで
どんな回転数でも、電圧を一定にするようにしています。
(ICはオルタネーターと一体化しています。車の場合これをレギュレターと呼びます。
いわゆる余分な電気を熱に変える3端子レギュレターとは違いま...続きを読む

Qアイドリング時のバッテリー上げを防ぐ(警告する)

アイドリング時のバッテリー上げを防ぐ又は警告する装置、オプションはないでしょうか。

 先日、出先の有料駐車場出口でバッテリーを上げた車に出会いました。時たま、渋滞に巻き込まれた車がバッテリーを上げたことを聞きますが、一旦エンジンがかかったのに再始動ができないのが不思議でした。

 私は寒冷地の住人ですので昔は、酷寒時のエンジン始動をミスらないようにマイカーに電圧計と電流計 (シャント抵抗で分流させ漏電・ショートには細心の留意をしていました) を取り付けてバッテリーの状態を監視していました。

 電圧計、電流計はおおげさですので、電子回路を使った装置はないでしょうか。

 

Aベストアンサー

>電子回路を使った装置はないでしょうか。

 低電圧の警報を組込んだアクセサリーがいろいろあります。有効利用してもらえばいいのですが。


 
なお、エアコン使用時の充電不足はエンジンルームのエアコンユニットを冷すファンモーターも原因の一つです。昔のカークーラー時代 (懐かしいですね。助手席にドンと設置されていました) はファンモーターは小型で低出力であった代わりにコンプレッサーの電磁クラッチは大食らいでした。

Q業務用と乗用車用のバッテリーの違いを教えて下さい

バッテリーの購入を考えています。
トラックやタクシーなどの業務用バッテリーは乗用車用よりも性能がいいと聞き、
乗用車用のハイグレードと、どちらにしようか思案しております。
どちらにどんな長所・短所があるか教えて頂けないでしょうか。


車はセドリックで月に数回しか乗りません。またチョイ乗りが多いです。何度かバッテリー上がりを経験した為、これからは充電を習慣づけようと考えています。
【現在の候補】
http://www.shinkobe-denki.co.jp/products/sbattery/car/tuflong_hg-2.html
http://gyb.gs-yuasa.com/product/carbattery/ghc/index.html

Aベストアンサー

各社、タクシー用は過充電に強い物というのが普通です。走りっぱなしで過充電になると、寿命が短くなりますから。
翻って、質問者さんは月に数回しか乗らないとの事で、真逆です。真逆でも使って悪いという事は無いはずですが、メリットも見当たりません。

その使用状況ではサルフェーションによって寿命を迎えると思いますから。高価なバッテリーと安価なバッテリーでの寿命の差は殆ど無いと思います。
バッテリーは安価なグレードで良いので、使いやすい充電器を購入して1~2週に1回でも充電してやればそれで良いと思います。

Qエンジンスタート時のアイドリング時間

エンジンが冷え切った状態でアイドリング時間ってどれくらい必要なのでしょうか?
車種によっても違いますか?
また夏と冬でも違いますか?
因みに車は毎日、使います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>車種によっても違いますか?
>また夏と冬でも違いますか?
その通りです。
また、「この車種でこの季節なら何分」と言うのはありません。利用している車の状況によって長さは全然違います。

なぜアイドリングが必要か?と言うことを考えればすぐわかります。
アイドリングは冷えたエンジンオイルが滑らかに動くようになるまで暖める為のものです。なので、同車種でもオイルの銘柄が違ったり交換時期などで全然変わってくるわけです。

まあ、基本的にはいまどきの車だったらそんなにアイドリングする必要ないんですけどね…
オイル自体も昔に比べるとかなり良くなっています。冬でも滑らかなオイルはいっぱいありますし、そういったのを売りにしているメーカーも結構あります。(冬になるとそういったCMが結構流れてますよね)
アイドリングが必要な車種と言えば、かなりチューニングした車で、特にターボ車(高速で回すので油温が高くなる為一般の人より粘度が高いものを選ぶ必要がある)・2ストエンジン(ってバイクのみだなwこっちは混合する為アイドリングしてなかったらかぶってしまう)位でしょう。
いわゆるエコカータイプのものだったら、使用しているオイルも粘度が低く常温でも十分滑らかなのでアイドリングはほぼ0でOKです。
それでも出だしに不安があるようだったらオイルを交換してみましょう。

参考までにこういったサイトを…
http://www.yellowhat.jp/service/product/knowledge/oil.html
5w系なら冬でもさらさらです。こういったタイプならアイドリング無しでも十分潤滑油の働きをしてくれますよ。

>車種によっても違いますか?
>また夏と冬でも違いますか?
その通りです。
また、「この車種でこの季節なら何分」と言うのはありません。利用している車の状況によって長さは全然違います。

なぜアイドリングが必要か?と言うことを考えればすぐわかります。
アイドリングは冷えたエンジンオイルが滑らかに動くようになるまで暖める為のものです。なので、同車種でもオイルの銘柄が違ったり交換時期などで全然変わってくるわけです。

まあ、基本的にはいまどきの車だったらそんなにアイドリングする必要...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報