AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

相続の際にかかってくる税金についての質問です。
とある本に、遺産を三億円とした場合、配偶者が5分の3を受け取り残りを子供
二人で均等に分け合うなら、基礎控除の8000万を控除すれば妻1億1千万、
子供二人で合わせて1億1千万で、
その場合にかかってくる税金は、


1億1千万×40%-1700万=2700万

子供二人
(5500万×30%-700万)×2=1900万で合計4600万になると
書かれていました。

ここまでは理解できます。

しかし次の計算の意味がよく判りません。

本には、納付しなければならない総勢額は、
4600万×(1億6000万÷3億)=2453万円になると書かれています


私は配偶者が1億6000万円までは特別控除されるのであれば、子供二人にの
み課税され、総税額は子供二人にかかってくる1900万円のみになるのではな
いかと考えてしまいます。

それとも基礎控除の8000万円を控除しなければ、妻の取り分は1億8000
万ですから、オ-バ-した2000万円分の課税でしょうか?
でもそれならば、この本はなぜ最初から基礎控除の8000万を控除し、妻と子
供二人の取り分をそれぞれ1億1000万で計算したのかが理解できません。

例えば遺産が1億2000万円で、妻が6000万、子供二人がそれぞれ300
0万円づつ受け取る場合は、子供二人と妻はいくら納付しなければならないので
しょうか?

どなたかその当たり詳しく解説していただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://homepage3.nifty.com/saito-law/souzokuzeik …
こちらのHPを順に追って 数字を当てはめていけば答えが出ます。
納得できると思います。
がんばってください。
    • good
    • 0

>本には、納付しなければならない総勢額は、


>4600万×(1億6000万÷3億)=2453万円になると書かれています。

この算式は、納付しなければならない総勢額(?)ではなく、配偶者の税額軽減額を
計算しています。


相続税の総額が4,600万円ですから、各人の納付額は、

妻 4,600万円×3/5-2,453万円(軽減額)=307万円

子 4,600万円×1/5=920万円

子 4,600万円×1/5=920万円

合計 2,147万円 となります。



下記のHPにて相続税の総額等の試算が出来ます。

No.4155 相続税の税率
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4155.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング